エクセル シート 移動 キーボード。 【Excel】なぜかカーソルキーでセルを移動できなくなった!エクセルがいつも通りに動かないときの対処法

【Excel】マウスは使わず、キーボードだけでワンランク上の高速操作:Tech TIPS

エクセル シート 移動 キーボード

「働き方改革」として、労働時間の削減に取り組む企業が増えています。 とはいっても仕事の量が減るわけでなし……多くの人が、従来の業務をいかに効率化するかに頭を悩ませています。 「Excelスキルを高めることで大幅な時間短縮が可能」と提唱するのが、DIK代表/株式会社morich 働き方改革プロデューサーの中田元樹さん。 日本IBMに在籍時代、「社内一のExcelの使い手」と称され、社内Excelセミナー講師として活躍。 現在は、企業/個人向けにExcel研修を手がけていらっしゃいます。 「Excelスキルを向上させれば、事務作業などの業務時間が削減され、お客様とのコミュニケーションや企画立案などにかけられる時間が増えます。 つまり生産性が上がり、利益アップへの貢献度が高くなるというわけです」 そこで中田さんに、作業時間短縮、生産性向上につながるExcelのワザを教えていただきました。 ExcelはAltキーを使いこなせば20倍速くなる 中田さんのExcel操作ポリシーは 「マウスを一切使わない」ということ。 右手をキーボードからマウスへ移し、マウスからキーボードに戻すだけでも数秒かかります。 ところが、99%の操作は、マウスを使わずキーボード操作だけでショートカットすることが可能。 そのワザを身につければ、例えば、セルの色を変えるのに0. 5秒、指定範囲に罫線をつけるのに0. 8秒しかかからないとか。 また、Vlookup関数を活用したデータベースの統合が30秒以内に完結できるとのことです。 1つ1つの操作を短縮できるのはわずか数秒でも、積み重ねていけば大幅な時間削減につながります。 ちなみに、このワザをマスターした人からは「顧客先でExcel表を見せながらプレゼンする際、キーボードのみでスピーディに操作できるだけでも『デキる人』と思ってもらえる」という声も聞こえてきます。 では、ショートカットのためのキー操作の一例をご紹介していきましょう。 Excelで作成する表の内容は人によって異なりますから、自分がよく使うものについて取り入れてみてはいかがでしょうか。 Macには対応していません。 ただし、ショートカットキーを頭で覚えるだけでは使いこなせません。 「これをマスターしたい」と思ったものについては、「指が操作を覚える」レベルまで反復して練習してください。 野球・テニス・ゴルフなど、スイングを繰り返すことで身につくのと同じ。 身体に覚えさせることで自然に指が動き、スピードもアップしていきます。 例えば、ExcelだけでなくWordやPowerPointでも、フリーズなどのアクシデントに備え、こまめに上書き保存をしている人は多いはず。 このとき、マウスを画面左上まで持っていき、フロッピーディスクマークをクリックするのは時間のムダ。 [Ctrl]を押しながら[S]を押せば上書き保存ができます。 また、直前の操作を元に戻す場合、マウスを使うなら、画面左上の矢印のマークをクリックしますが、[Ctrl]&[Z]で戻すことができますし、一旦戻したものをやはり復活させるなら[Ctrl]&[Y]を押せば一瞬で完了します。 [Ctrl]のほか、[Shift][Alt]を駆使することで、マウスに手を移すことなくスピード操作が可能になります。 セルの「移動」と「選択」をスピードアップ 行や列が長く連なっている表を扱う場合、最終セルに移動したり最初のセルに戻ったりするのに時間がかかっているのではないでしょうか。 [Shift]&矢印を押すと、その行または列で入力数値がある最終行に飛ぶことができます。 また[Ctrl]&[Shift]&矢印で、その行または列で入力数値がある最終行までを「選択」することができます。 Excelでは「上のセルをコピー」「左のセルをコピー」などが2つのキーで可能です。 Excel操作に割く時間が長い人は、ぜひ取り入れてはいかがでしょうか。 中田元樹氏/DIK 代表、株式会社morich 働き方改革プロデューサー 東進ハイスクール校舎長、社長室担当を歴任、その後日本IBMを経て、NTTデータ経営研究所にて業務改革のコンサルティングを行う。 業務改革、システム構築、固定費削減、グローバル物流改革など多岐にわたる分野において、データ分析にもとづいた意思決定支援プロジェクトに従事。 日本IBMでは社内講師をつとめ、150名のコンサルタントにExcelや統計解析ツールを用いたデータ分析を指導した実績あり。 多くの企業や各種団体への導入事例も多数。

次の

キーボードの操作でシートやウィンドウを切り替える:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

エクセル シート 移動 キーボード

Q a b c d....... 1行目 : ヘーダー 1 2 3 4........ 2行目以降: データ 5 6 7 8......... 一行目は項目が入力してあり、2行目以降はデータが入っています。 このようなシートがあったときに、一行目の項目の文字を縦表示にして(通常はマウスで行を選択して書式設定から変更しています)、さらにそれぞれの列の横幅をデータの幅に合わせて調整(通常はシート全体を選択した状態で境目をダブルクリックして調整しています)し、さらに一行目にオートフィルターを入れるという動作をショートカットキーのみでやりたいと考えています。 残りの、縦表示への変更、列の幅調整のショートカットキーを教えてください。 [Shift]と方向キーで A1:E1 を選択します。 [Alt]を押しながら [O]、[E] の順に押します。 方向キーで"配置"タブを開きます。 [Alt]を押しながら [O]、[C]、[A] の順に押し、セル幅を最適化し、 [Alt]を押しながら [O]、[R]、[A] の順に押し、行高を最適化します。 A ベストアンサー こんにちは。 (1)の場合は、下記のコードを ThisWorkbook に記述してください。 どのワークシートでも機能します。 Range "A1". Value End Sub (2)場合は、下記のコードを標準モジュールに記述しボタンにマクロ登録してください。 (すべてのシートにボタンを貼り付けるのは面倒でしょうから、ツールバーにボタンとして追加すると良いと思います。 ) Public Sub SheetName ActiveSheet. Value End Sub A ベストアンサー CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。 その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが) 印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。 いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。

次の

Excelで矢印キーを押しても動かない(セル移動できない)時の対処法

エクセル シート 移動 キーボード

そう、これだけ。 これだけでマジで作業時間変わるから。 目をつぶっても使えるように、反復練習しとけよ。 ということで、シート移動をするショートカットです。 超シンプルですが、凄まじく重要です。 このショートカットを使うだけで、本当にストレスから開放されます。 シート名が番号だけとか短いものだと、シートの幅がものすごくクリックしにくくなるじゃないですか。 もしくは逆にシート名が超長い場合、シートが全部表示されなくて、みみっちい矢印を押してシートを探す必要があるじゃないですか。 で、たまにオーバーランして、またみみっちい矢印を押して戻ったり。 何かとめんどくさい。 ということで、出てくるのが今回のショートカット! シートの幅が狭かろうが、確実にサクサクとシートを切り替えてくれます。 若干シートをオーバーランしても、 Ctrlを押しっぱなしで Pageupや Pagedownを押すだけなのでサクっと戻る事ができます。 使う頻度がすさまじく高いので、かなりの時間を短縮することができます。 作業グループにする操作にも使えます ・シート移動をするショートカット ・そのショートカットを使った作業グループの作り方 ・おまけ(シート名一覧を出すテクニック) の3つをご紹介しました。 シート移動は本当に頻度が高い操作なので、これを短縮できればかなりの業務効率化につながります。 ぜひとも指が勝手に動くまで練習してください! ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 エクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!.

次の