快気祝い お返し おすすめ。 快気祝いおすすめ15選|実際にもらった人からの口コミを紹介!

快気祝いのプレゼントおすすめ22選。退院や回復時の感謝をこめた贈り物

快気祝い お返し おすすめ

快気祝いは「病気(ケガ)全快の報告・お見舞いのお礼」 快気祝いは本来、病気やケガが全快したことを喜んで、本人からお世話になった方へ「お祝いのお裾分け」(=内祝い)をするもので、快気内祝いともいわれます。 現在ではそれが転じ、全快したことをご報告するあいさつや、療養中のお見舞いに対するお礼として贈られることが一般的になっています。 快気祝いは「繰り返したくない・残したくない」お祝い 今回限りにしたいお祝いには「結び切り」の熨斗(のし)を お祝いとはいえ、そもそも病気やケガをしてしまったからこその「快気祝い」。 二度とない方がよいお祝いですから、熨斗はちょう結びではなく、ほどけにくい「結び切り」の水引がついたものを使います。 表書きは、上に「快気祝」、下に「病気(ケガ)をした方の姓(名まで入れることも)」を記すのが一般的です。 食品・洗剤・タオルなどの消耗品が快気祝いの定番 快気祝いは「病気やケガがきれいになくなった」ことを祝うものですから、 後に残る記念品ではなく「消えてなくなる品」を選ぶのがマナー。 中でもお菓子や飲みものなどの食品、洗剤、タオルなどが定番のアイテムとなっているようです。 せっかく健康になったのですから、お相手の健康にも気遣った品を選ぶといっそう喜んでいただけるでしょう。 商品券・ギフトカードよりもカタログギフトが無難 便利なギフトとして、商品券やギフトカードを快気祝いに贈りたいと思うこともあるかもしれません。 ただ、こうした 金券類は、基本的に「お金を贈ってもよい場合に、お金に代えて贈る」もので、特に目上の方へお贈りするのは失礼にあたるという見方が大半です。 お相手に好きなものを選んでいただきたいのであれば、金券類よりもカタログギフトを選ぶのが無難です。 そこで、食品・洗剤などの「消えてなくなる品」が含まれているカタログギフトを紹介します。 価格: 3,300円 税抜 カタログに掲載されている約1140点の商品に加えて、インターネット上から閲覧できる「e-Gift」には約480点の商品が掲載されています。 e-Giftなら忙しい人でも簡単にギフトを選べるので便利です。 価格: 5,800円 税抜 豊かな暮らしや人生についての情報を扱う月刊誌「サライ」とリンベルのコラボレーションによるカタログギフトです。 こだわりの詰まった上質な商品が多く掲載されており、どんな方でも満足感を得られる内容となっています。 価格: 5,800円 税抜 「婦人画報」で実際に掲載された商品の中から、ギフトとしてふさわしい商品が集められています。 優れた商品が多数掲載されており、快気祝いの気持ちを伝えるのにもぴったりだといえるでしょう。 のしを希望しない場合、リボンで包装された華やかな雰囲気で発送 快気祝いのマナーまとめ 快気祝いで物を送る場合、「消えてなくなる品」を選ぶのがマナーです。 そのため、特定の品物を選ぶのであれば、お菓子や飲みものなどの食品類、洗剤、タオルなどを選ぶのが基本であるといえるでしょう。 快気祝いとしては金券類も選択肢のひとつではありますが、送るお相手が目上の方である場合は失礼にあたるため注意が必要です。 品物選びに困るのであれば、カタログギフトを選ぶとよいでしょう。 カタログギフトならお相手に好きなものを選んでもらえるうえに、失礼になることもありません。 快気祝いのマナーをしっかり守りたいと思うなら、カタログギフトを選ぶのが最も無難だといえます。 快気祝いの気持ちをしっかり伝えるためにも送るお相手に適した品物を選ぶことが大切です。

次の

快気祝い|内祝い|大丸松坂屋オンラインショッピング

快気祝い お返し おすすめ

次に、お見舞い返し(快気祝い)を送る際のマナーについてご紹介します。 一般的に何が送られているのか お見舞い返しは全快のお祝いとはいえ、原因となった病気やケガを繰り返すのは避けたいものです。 「病気が消えてなくなるように」、「ケガが後に残らないように」といった意味で、食べ物や洗剤などがお返しに選ばれています。 また、お見舞い返しの品を送る際には、簡単なお礼状やメッセージカードなどを添えて送るのが一般的です。 いつ送るべきか お見舞い返しを送るタイミングとしては、「元気になったと報告できる頃」または「退院して落ち着いた頃」となり、具体的には退院、または転院後およそ1週間から1か月以内に送ります。 「早くお返しをしなくては」と考えるよりも、「お陰で快方へ向かっています」と報告できる状態になることの方が大切です。 焦ってお返しを準備しようとせず、体調と相談しながら無理のない範囲で手配をするようにしましょう。 相場はどのくらいか お見舞いのお返しとして送る品の相場としては、およそいただいた金額の1/3から半分くらいまでが目安となります。 お見舞いが5,000円であれば1,500~2,500円、10,000円の場合は3,500~5,000円ほどです。 もし数十万円単位のような大きな金額をいただいた場合には、1/3~半分にこだわらなくても構いません。 その場合は1~数万円程度の範囲で無理のないお返しを用意し、心を込めた丁寧なお礼状で感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。 連名でいただいた場合は全員で分けられるようなものか、個別に人数分で割った金額を1人分としてお祝いを用意するとよいでしょう。 のしは必要か のしについては、退院後全快している場合と自宅療養・転院の場合とで表書きが変わります。 退院後全快している場合は「快気祝い」「御礼」「全快祝い」、退院後も引き続き療養が必要な場合は「御見舞御礼」「退院内祝」などとなります。 お見舞い返し(快気祝い)に選ばれる定番商品についてご紹介します。 お菓子・飲み物 お菓子は「食べるとなくなるもの」「後に残らないもの」として、お見舞い返しで定番となっているものの1つです。 マドレーヌやフィナンシェ、クッキーといった焼菓子やゼリー、ようかんなど、比較的日持ちのするお菓子を選ぶとよいでしょう。 コーヒーや紅茶、ジュースなどの飲み物も、お見舞い返しとして人気があります。 相手の好みを考慮して、連名の場合は個包装のものを選ぶようにしましょう。 タオル 形として残るものではありますが、何枚あってもよいタオルも快気祝いの定番となっています。 「今治った」という意味合いと、タオル自体が持つ品質のよさから「今治タオル」が人気です。 石鹸・入浴剤 「溶けてなくなるもの」として、石鹸や入浴剤もお見舞い返しとして選ばれています。 香りの好みや肌に合うかどうか、といった点に注意が必要ですが、個別に分けやすいため、連名でのお見舞い返しとして選びやすい品の1つです。 砂糖 溶けてなくなるものとして、砂糖も人気のある商品です。 スティックシュガーや角砂糖、花や動物の形に固めた砂糖菓子など、上品で可愛らしいイメージのものがあります。 快気祝いにおすすめの「にんべんギフト」 近年では健康上の理由からお砂糖を控えている人や、肌が弱く石鹸や入浴剤が合わない人なども増えています。 にんべんのかつお節やだしのギフトなら、甘いものが苦手な人や健康志向の人にも安心して送ることができるため、お見舞い返しとしておすすめです。 お見舞い返しにおすすめのにんべんギフトには、以下のようなものがあります。 ・ 上質なかつお節から血合い部分を除き、削ったばかりのような風味が楽しめる削りぶしのギフト用パックです。 1,080円~5,400円と価格帯が選べるのも嬉しいポイント。 上品な化粧箱でお届けします。 ・ 国産のかつお節と昆布を使用した、上品な味わいのお味噌汁とお吸い物のセットです。 「わかめ」や「焼きなす」、「豚汁」などバラエティ豊かな詰め合わせで、連名でのお見舞い返しや職場へのお返しに喜ばれます。 9個・16個入りが選択可能です。 ・ 手に入れる機会の少ない削る前の本節は、1度使うと削りぶしには戻れないほど。 削り器を使って削るのも楽しく、専用の削り器とセットにすれば、大きな額のお見舞い返しにも対応可能な1品となります。 ・ 電子レンジで本格だしを簡単にとることができるポットと削りぶしのセットです。 ポットに水と削りぶしを入れ、電子レンジでチンするだけで、本格だしがひけます。 後片付けも簡単で、冷蔵庫での保存も可能です。 セット内容にはかつお・昆布の2種類が入っているので、様々な料理で活用することができます。

次の

快気祝い|内祝い|大丸松坂屋オンラインショッピング

快気祝い お返し おすすめ

快気内祝いと快気祝いは、字面が似ていることからよく同一のものと思われがちです。 どちらも病気やケガをした人から、お世話になった人に対して贈るものということは変わりません。 しかし、これらの言葉は状況によって使い分けることがあるものです。 #快気祝い 快気祝いは、病気やケガが治って全快したときに贈るお返しのことです。 このケースでは、全快したことの報告もかねているため、入院中にお見舞いをしてくれた人を自宅やレストランに招待して会食をするなどのおもてなしをする場合もあります。 食事などを用意しておもてなしをするのであれば、お返しの商品は用意しなくても構いません。 #快気内祝い 一方、快気内祝いの場合は病気やケガはある程度良くなったものの、今後も通院が必要とされるときに使われることもあるのです。 さらに、快気祝いよりも内々で行われるときに、あえて快気内祝いという言葉を使うこともあります。 ただ、現代においては、どちらも入院中にお見舞いをいただいた場合のお返しという意味合いが強くなっていると理解しておくと良いでしょう。 ほかにもある!快気祝いに関連する贈り物の種類 快気祝いに関連する贈り物には主に「全快祝い」「退院祝い」「御見舞御礼」の3つがあります。 #全快祝い まず、「全快祝い」は快気祝いとほぼ同じシーンで使われる言葉です。 「快気」という言葉からも分かるように、病気やケガが完全に回復した場合、お世話になった人に対して「全快した」という状況を知らせたいときに用いられます。 #退院祝い 「退院祝い」は、退院した人への贈り物です。 退院する人は、全快した人ばかりではありません。 なかには、自宅療養を続ける人もいます。 入院中にお見舞いをしようと思っていたにもかかわらず退院をしてしまった場合などには、退院祝いを贈って「早く元気になってほしい」という気持ちを伝えましょう。 #御見舞御礼 「御見舞御礼」は、入院中にお見舞いをいただいたことに対するお礼の贈り物です。 御見舞御礼をするときというのは、たとえば、入院期間が長引きそうなときに用いられます。 ほかに、退院することができずに亡くなってしまった場合にも、御見舞御礼として贈り物をしましょう。 このように、快気祝いに関連している贈り物には複数の種類があるため、シーンによって正しく使い分けていくことが大切です。 快気祝いや快気内祝いを贈る際のマナー 快気祝いや、快気内祝いを贈る場合は適切なタイミングで送ることが欠かせません。 快気祝いには、入院中にお見舞いをいただいたことに対するお礼や、お世話になった人に病気やケガが回復したことを報告するなどの意味があります。 そのため、退院したらあまり時間を空けることなく、心身が落ち着いてきたら贈ることが大切です。 一般的には、退院から7~10日ほどが目安といわれています。 ただし、贈る時期は地域によって若干の差が見られます。 具体的には、「2週間以内に贈る」などの風習がある地域もあるため、贈る時期で迷ったときには家族や親戚に相談してみることがポイントです。 また、快気祝いや内祝いは遅くても1カ月以内には贈るようにするのが理想です。 退院後に体調がすぐれないのであれば、家族に商品を選んでもらい、郵送するなどしても良いでしょう。 何を贈ろうか悩んだら、内祝いやお祝いの品物を取り扱う通販サイトを利用すると良いでしょう。 郵送する場合は、のしや包装紙でラッピングをして、お店から直接贈りたい相手に郵送してもらえるので大変便利です。 また直接お礼の言葉を言えない代わりに、メッセージカードを一緒に添付して贈ってくれるサービスもあるので、利用するとより丁寧な贈りものになるでしょう。 なかには送料無料の品物もあるので、お得に内祝いを準備できそうですね。 マナー2:金額相場 金額相場を理解しておくことも、快気祝いや快気内祝いを贈るときは重要なポイントです。 入院中にいただいたお見舞いの品物の額の3分の1~半額程度が、快気祝い・快気内祝いの一般的な金額相場といわれています。 金額にすると、大体1500円から2500円前後になります。 入院中は、お見舞いとして現金をいただくことばかりではありません。 現金のほかに、お菓子やフルーツ、お花、雑誌などの品物をいただく場合もあります。 いただいた品物の金額が分からないときには、インターネットで調べるなどしてある程度の金額を把握しておき、快気祝いの品物選びの参考にしてみましょう。 ただし、複数人からまとめてお見舞いをいただいている場合は、個別に金額を算出したうえでまとめて贈るという選択肢もあります。 たとえば、職場の同僚からお見舞いをいただいたときには、まとめてお返しをすると相手も不要な気づかいをしなくてすむでしょう。 いただいた品物や現金が1人あたり1000円前後になるようなら、個別にお返しをするのが一般的と覚えておきましょう。 マナー3:のしの選び方と書き方 快気祝いや快気内祝いを贈るときには、のし紙をかけるのがマナーです。 ただ、のしには複数の種類があるため、目的に合ったものを選ぶ必要があります。 快気祝いや快気内祝いの場合は、紅白の結びきりの水引がついたのし紙を選ぶことがポイントです。 病気やケガは、誰にとっても二度と起こってほしくないものです。 そのため、「もう二度と繰り返すことのないように」という意味も込めて、結びきりの水引が選ばれます。 また、のしの下部には名前を書き、のしの上部には「快気祝」や「快気内祝」という目的を記します。 これらは、状況に応じて使い分けるようにしましょう。 加えて、のしの下部には入院していた本人の苗字を書きます。 本人の体調などから家族が商品を用意する場合でも、本人の名前を記載するのが一般的です。 快気祝いや快気内祝いで避けたい商品 快気祝いや快気内祝いで贈るもののなかには、避けたほうが良いとされている商品もいくつかあります。 まず、現金や商品券は避けるのが無難です。 入院中、お見舞いとして現金をいただくことはよくあります。 しかし、お返しに現金などはあまりふさわしいものではありません。 特に、目上の人に対して現金や商品券を贈ることは失礼にあたるため、控えるようにしましょう。 次に、シーツやパジャマなども縁起が悪いことから、避けるのが一般的です。 これらの商品は、病気やケガのイメージが強いため、昔から縁起が悪いものとされていました。 お返しとしてシーツやパジャマなどの寝具類を受け取ってしまうと、それを受け取った側も「まだ体調が悪いのではないか」とあらぬ心配をしてしまいます。 そのため、特に入院中にお世話になった人には贈らないようにしましょう。 続いて、鉢植えの花や植物は「根付く」ものであることから、「寝付く」というイメージにつながりやすいものです。 病気やケガは、二度と繰り返さず健康で過ごしていけるのが理想であるため、あえて「寝付く」というネガティブなイメージを連想するものをお返しに選ぶのは控えましょう。 また、後に残るものの快気祝いや快気内祝いでは避けたほうが賢明です。 病気やケガは、本来ならばないほうが良いことですから、病やケガを残さないという視点からも後に残る商品を贈らないのがマナーといえます。 快気祝いや快気内祝いでおすすめの商品 快気祝いや快気内祝いのお返しでは、おすすめの商品もたくさんあります。 「病やケガを水に流す」という意味では消え物が良いとされているため、商品選びの参考にしましょう。 ここでは、消え物として人気がある商品を紹介します。 おすすめ1:消耗品 消耗品は、お返しとして人気がある定番の商品です。 具体的に入浴剤や洗剤、せっけんなどのアイテムは特に喜ばれる傾向にあります。 これらの商品は毎日使う人も多く、家庭にたくさんあっても困ることはありません。 また、タオルは快気祝いだけではなく、出産や結婚の内祝いにも人気がある消耗品の代表格です。 上質なタオルやオーガニックコットンのタオルなどは肌にも優しいことから、もらうとうれしいと感じる人はたくさんいます。 特に、「今治タオル」は「いまなおる」という言葉をイメージするもので、縁起物とされています。 入院中にお世話になった人に商品を選ぶのは、時間も手間もかかります。 退院後の体に大きな負担をかけるのは避けるべきであるため、商品を選ぶ手間のかからないカタログギフトを贈るという選択肢も検討してみましょう。 カタログギフトは、贈る相手が好きな商品を選べるという点が最大の魅力です。 そのため、相手の好みが分からない場合でも贈りやすいというメリットがあります。 ただ、お返しの商品を検討している人のなかには、「カタログギフトは味気ない」と感じている人もいるでしょう。 しかし、相手が好きな商品を自由に選ぶことができるという点から、カタログギフトは、通販サイトの内祝いランキングで上位を占めるほど今ではスタンダードなお返しの一つです。 カタログギフトはソムリエアットギフト! カタログギフトには、さまざまな商品が掲載されています。 商品選びで悩んだら、ソムリエアットギフトで注文してみましょう。 ソムリエアットギフトは、カタログギフトのほかにも、贈りものに定番のタオルや、両親への出産内祝いのお返しに人気の赤ちゃんの名前を入れることが出来る「名入れ」ギフトなど、品揃えも豊富です。 贈りものに迷ったらぜひ利用してみましょう。 それでは、ソムリエアットギフトで扱っているカタログのなかからおすすめを紹介していきます。 おすすめカタログギフト1:THE CHOICE(ザ チョイス) 豊富なジャンルのなかから商品を選んでもらいたいなら、「THE CHOICE(ザ チョイス)」のカタログギフトが最適です。 THE CHOICEは、最大商品数が880アイテムと豊富であり世界的に有名な一流ブランドのアイテムも掲載されています。 また、毎日の生活で使えるアイテムのほかにも、温泉やクルーズなどの体験型ギフトが選べる点もこのカタログの魅力です。 さらに、THE CHOICEには、日本の匠の技が光る工芸品などのアイテムも掲載されています。 おしゃれで個性的であることはもちろん、ワンランク上の商品を多数扱っています。 2800~50800円(税抜き)の全13コースから選べるため、快気祝いや快気内祝いで利用してみましょう。 3,386円(税込)• おすすめカタログギフト2:AS YOU LIKE(アズユーライク) 流行に敏感な人に対してのお返しや、話題になっている商品を贈りたい場合は、「AS YOU LIKE(アズユーライク)」のカタログギフトを検討してみましょう。 AS YOU LIKEでは、ブランドアイテムをはじめとして、バイヤーズセレクトや日本製のアイテムなどが多数掲載されています。 年代や性別を問わず、幅広いニーズに対応していることから自信を持って贈れるカタログギフトといえるでしょう。 また、AS YOU LIKEなら体験型ギフトやグルメも充実しています。 たとえば、有名ホテルでの宿泊やレストランでの食事、エステ、クルージングなど選択肢は非常に豊富です。 AS YOU LIKEの総掲載点数は、1万8000点以上とボリュームがあることから自分が欲しい商品に出会いやすいという魅力もあります。 2800~100800円(税抜き)の全14コースから選べるため、予算に合わせてカタログギフトを贈ってみましょう。 3,080円(税込)• おすすめカタログギフト3:47CLUB(よんななクラブ) グルメの人には、「47CLUB(よんななクラブ)」を贈ってみましょう。 47CLUBとは、日本全国の地方新聞社が推薦するご当地グルメのことをいいます。 日本各地には、さまざまなご当地グルメがありますが、地元の人しか知らない隠れたグルメも盛りだくさんです。 テレビや雑誌などでは、地方のグルメが紹介されることも多く「食べてみたいけれど、現地まで行くことは難しい」と感じている人もいるのではないでしょうか。 47CLUBの魅力は、地域の根差した地方新聞社だからこそ、知っているおいしい特産品が多数掲載されている点です。 47CLUBには、肉や海鮮、フルーツ、デザートなど、さまざまなグルメが掲載されているため、47CLUBではこれらのなかから自分が食べてみたい商品を自分のタイミングで選ぶことができます。 3500~10000円(税抜き)の全3コースから選択できるため、お返しの品として一度検討してみてはいかがでしょうか。

次の