静か なる ドン ぼったくり バー。 [新田たつお] 静かなるドン 第001

新宿歌舞伎町のぼったくりバー、オルウェイズ ミーで40万円取られた!

静か なる ドン ぼったくり バー

最近SNSの広告などでよく見かける「静かなるドン」というタイトルの漫画。 実際面白いのかどうか、漫画アプリ「マンガKING」で一巻分読んできましたので、少し書いていきます! 主人公は下着をデザインしている下っ端会社員? 今作の主人公は女性用の下着を販売している会社でデザイン企画部に所属しています。 しかし、そのデザインされた下着は「おしめショーツ」や乳首が露出した「授乳用ブラ」など、正直に言ってセンスの「セ」の字も感じられません 笑。 物語は、そんな主人公の「近藤静也」の父親である広域暴力団新鮮組の二代目組長「近藤勇足」が関西の鬼州組系長州会の組員に狙撃されて亡くなるところから始まります。 カタギとヤクザの二足のわらじ 父である二代目が亡くなったことによって跡目争いが水面下で行われ始めます。 「もっと争い方があるだろ・・・!!」 そうツッコみたくなりますね 笑。 このように跡目争い 笑 を終息させるため、母の妙は静也を新鮮組三代目組長に後押しし、「カタギの生活を続けること」を条件に三代目を襲名します。 ここからサラリーマンとヤクザの板挟み生活が始まるわけですが、ここからのコメディが本当に面白い! 第二話では同僚たちとバーでぼったくりされたとき、両親に電話すると言ってバーの人間がヤクザの豪邸に電話するシーンがあるんですが、ここは正直吹きだしちゃいましたね 笑。 この後の展開は想像できますよね? 笑 とまぁこんな具合で板挟みのコメディ生活が続くわけですが、この作品はコメディ以外にも見どころがありそうです・・・ 秋野明美と恋愛事情 静也の同僚に秋野明美という綺麗な女性がいるのですが、どうやら彼女が静也に恋心を抱いているようですね~ ニヤニヤ。 と言っても、秋野の恋する相手は静也であって静也ではないんです。 そう、同僚の近藤静也ではなく、新鮮組三代目組長の近藤静也に惹かれているんです!もどかしいですね~! 一巻分の中ではどうやら静也は気付いていないようですが、ここから先がどうなるのか、気になるところです! まとめ さて、タイトルにある通り、「最近広告でよく見る静かなるドンは面白いのか?」。 コメディが好きな方は是非、「マンガKING」で読んでみてください!•

次の

無料で『静かなるドン』が185話読める | 公式漫画サイト リトコミ

静か なる ドン ぼったくり バー

東は、昼間から酔っ払いが大手を振って歩くことのできる上野・御徒町。 西は、名門校が点在する静かな文教エリア。 その狭間にあるのが、飲み屋とラブホテルをわんさか抱える湯島である。 東から西へと徒歩で移動中、一本裏の筋を通り抜けようとして目に飛び込んできたのが、怪しく光る「湯島でワイン」の文字。 場所が場所だけに、ピンク色であることの解釈にとまどいつつも、入店したらば実際は普通のワインバーだった。 湯島界隈に歴史あるオーセンティック・バーはあれど、ワインバーとしては、この「マ・シェリ」が先駆けだろう。 ドアを開けて2Fへ上ると、木目を生かした重厚な雰囲気の店内。 客筋も悪くないのは、1000円と高めなお通しがヘンテコな客を撃退してくれるからか。 早めの時間帯は男性一人客が多く、遅くなるにつれ、クラブから流れたアフターっぽい艶やかな面子がちらほらと。 それもまた湯島流だ。 グラスワインの品揃えが代わり映えせず、連続して通うと飽きがくるのは難点だけれど、ラブホテルを通り過ぎてこの店に入った瞬間の、外との異次元っぷりが魅力ではある。 最初こそ「当店はインターネット上の広告など一切やりません」と隠れ家的ニュアンスを強く打ち出していたのだが、いつの間にやら方向転換し、ネットでの広報活動を解禁。 そして、お隣にスパークリングワインバー「レフア」を展開、さらには歩いて1分の距離に3軒目のワインバー「バーガンディ」をオープンさせた。 それはまるで、御茶ノ水のワインビストロ「竹とんぼ」を出発点とし、銀座移転後からガンガンと店舗を広げていったオザミ・グループの昔をほうふつとさせる勢い。 あっという間に湯島を席巻しかかっていたマ・シェリ・グループだったが、先日マ・シェリへ向かっていた道中、別系列の新たなワインバーを発見した。 オーガニックワインバー「旬」。 自然志向を微塵にも感じさせないダークで無機質な内装ながら、ソムリエとお客さんとの距離感が絶妙で、居心地は悪くなかった。 「でもさ、このあたりでワインバーといったら、マ・シェリでしょ」 と振ってみると、 「マ・シェリさんとは関係良好です! ご指導いただき、お世話になっております、本当に!」 と、それまで物静かだったソムリエが、ここの部分だけは熱い口調に。 それって、同業者への仁義をちゃんと重んじてるというアピール? じ、仁義……そうか、それを大事にしないといけないエリアなのか……と勝手に深読みし、おとなしくなる私。 ついでにご紹介すれば、さらに西の湯島天神入口へ向かったところにある「ビストロ コウゾウ」では、17〜19時のハッピーアワーならグラスワイン100円。 ワイン業界的にはそのサービスの在り方に物議を醸しだす「なみなみに注がれたスパークリングワイン」も、1杯200円なら文句は出まい。 とまあ、今の湯島ではワインがさまざまなスタイルで提供される魅惑の地となっている。 監視カメラ設置前の歌舞伎町に似た、ちょっぴり危険で猥雑な空気のなかをスタスタと歩くことができる人には、湯島でのワイン探訪がオススメだ。 文・山本ジョー マ・シェリ レフア バーガンディ オーガニックワインバー 旬 ビストロ コウゾウ.

次の

【緊急潜入ルポ】不夜城・新宿歌舞伎町「ぼったくりバー」は…

静か なる ドン ぼったくり バー

最近SNSの広告などでよく見かける「静かなるドン」というタイトルの漫画。 実際面白いのかどうか、漫画アプリ「マンガKING」で一巻分読んできましたので、少し書いていきます! 主人公は下着をデザインしている下っ端会社員? 今作の主人公は女性用の下着を販売している会社でデザイン企画部に所属しています。 しかし、そのデザインされた下着は「おしめショーツ」や乳首が露出した「授乳用ブラ」など、正直に言ってセンスの「セ」の字も感じられません 笑。 物語は、そんな主人公の「近藤静也」の父親である広域暴力団新鮮組の二代目組長「近藤勇足」が関西の鬼州組系長州会の組員に狙撃されて亡くなるところから始まります。 カタギとヤクザの二足のわらじ 父である二代目が亡くなったことによって跡目争いが水面下で行われ始めます。 「もっと争い方があるだろ・・・!!」 そうツッコみたくなりますね 笑。 このように跡目争い 笑 を終息させるため、母の妙は静也を新鮮組三代目組長に後押しし、「カタギの生活を続けること」を条件に三代目を襲名します。 ここからサラリーマンとヤクザの板挟み生活が始まるわけですが、ここからのコメディが本当に面白い! 第二話では同僚たちとバーでぼったくりされたとき、両親に電話すると言ってバーの人間がヤクザの豪邸に電話するシーンがあるんですが、ここは正直吹きだしちゃいましたね 笑。 この後の展開は想像できますよね? 笑 とまぁこんな具合で板挟みのコメディ生活が続くわけですが、この作品はコメディ以外にも見どころがありそうです・・・ 秋野明美と恋愛事情 静也の同僚に秋野明美という綺麗な女性がいるのですが、どうやら彼女が静也に恋心を抱いているようですね~ ニヤニヤ。 と言っても、秋野の恋する相手は静也であって静也ではないんです。 そう、同僚の近藤静也ではなく、新鮮組三代目組長の近藤静也に惹かれているんです!もどかしいですね~! 一巻分の中ではどうやら静也は気付いていないようですが、ここから先がどうなるのか、気になるところです! まとめ さて、タイトルにある通り、「最近広告でよく見る静かなるドンは面白いのか?」。 コメディが好きな方は是非、「マンガKING」で読んでみてください!•

次の