日本 ルノワール。 印象派と浮世絵 (4)

女性のお尻と胸を誰よりも愛した幸福の画家ルノワール

日本 ルノワール

実際の作品の鮮やかな色彩に、小さい作品ながら、色彩の鮮やかさが多くの人を魅了する作品である。 このモデルとなった人物は、コメディー=フランセーズの人気女優であったジャンヌ・サマリー。 当時流行していた英国風タータンチェックの旅行着を着ている姿や、手に持たれた日本の団扇など、当時の流行を取り入れた作品といえる。 1878年のパリ万国博覧会の開催によって、ジャポニスム(日本趣味)が大流行していた時期でもあり、団扇のほか、当時の流行の花でもあった日本の菊を思わせる花々が描かれている。 ルノワールは、元々磁器の絵付職人であったのだが、くしくも日本とフランスを含んだ西洋諸国との通商条約が締結された1858年、産業革命や機械化の影響は伝統的な磁器絵付けの世界にも影響し、職人としての仕事を失ったため、画家に転向した。 ルノワールは、職人としての確かな目で、当時の流行であった日本の工芸品に対しては興味を持っていたのである。 一時、この 《 団扇を持つ少女 》 や 《 読書するカミーユ・モネ夫人 》 で団扇を効果的に使ったり、他にも日本の屏風や唐傘などを使った絵を描いている。 ところが、ルノワールは、当時評判が高かったシャルパンティエ夫人が自邸で催すサロンに出入りし、文化人や芸能人の知己を得ていたのだが、当時の裕福な家では、日本趣味が流行っており、裕福な出版業者ジョルジュ・シャルパンティエ家も例外ではなかった。 そして、あるときルノワールは、シャルパンティエ家などで、あまりに日本の物が溢れかえっていたので、辟易して、かえって 嫌いになってしまったそうである。 《シャルパンティエ夫人と子供たち》1878年、メトロポリタン美術館 《団扇を持つ少女》は1881年の製作なので、シャルパンティエ夫人のサロンに出入りしだしてから、すぐに日本趣味が嫌いになったわけではないようである。 当時、いかに団扇が流行っていたか。 もちろん、団扇のみが流行っていたのではなく、大流行していた日本趣味のうちの一つのアイテムとして流行っていたわけだが、団扇への熱狂振りは注目すべきものがある。 「扇子」ではないのである。 下の絵画たちは、同時代の様々な画家の手による「団扇を持った女たち」である。 美術品の日仏貿易は、19世紀後半には圧倒的に仏側の輸入超過であった。 当時のパリの人口は、1851年105万3000人、それが産業革命期の人口大増加で、 1881年には224万に倍増である。 ほぼ、現在のパリ市の人口と変わらない。 そして、前述したように、1872年の明治政府による輸出統計によれば、扇子が約80万本、団扇が100万本である。 すなわち、仮に1872年のパリ市人口を150-200万人と推測すると、子供や老人を除けば、ほぼ一人に団扇1本となる。 もちろん、この輸出統計は、対フランスのみではないので、欧米数カ国分として割り引いても、いかに団扇や扇子が大ブームであったか容易に想像できるであろう。

次の

ピエール=オーギュスト・ルノワールの「団扇を持つ少女」

日本 ルノワール

実際の作品の鮮やかな色彩に、小さい作品ながら、色彩の鮮やかさが多くの人を魅了する作品である。 このモデルとなった人物は、コメディー=フランセーズの人気女優であったジャンヌ・サマリー。 当時流行していた英国風タータンチェックの旅行着を着ている姿や、手に持たれた日本の団扇など、当時の流行を取り入れた作品といえる。 1878年のパリ万国博覧会の開催によって、ジャポニスム(日本趣味)が大流行していた時期でもあり、団扇のほか、当時の流行の花でもあった日本の菊を思わせる花々が描かれている。 ルノワールは、元々磁器の絵付職人であったのだが、くしくも日本とフランスを含んだ西洋諸国との通商条約が締結された1858年、産業革命や機械化の影響は伝統的な磁器絵付けの世界にも影響し、職人としての仕事を失ったため、画家に転向した。 ルノワールは、職人としての確かな目で、当時の流行であった日本の工芸品に対しては興味を持っていたのである。 一時、この 《 団扇を持つ少女 》 や 《 読書するカミーユ・モネ夫人 》 で団扇を効果的に使ったり、他にも日本の屏風や唐傘などを使った絵を描いている。 ところが、ルノワールは、当時評判が高かったシャルパンティエ夫人が自邸で催すサロンに出入りし、文化人や芸能人の知己を得ていたのだが、当時の裕福な家では、日本趣味が流行っており、裕福な出版業者ジョルジュ・シャルパンティエ家も例外ではなかった。 そして、あるときルノワールは、シャルパンティエ家などで、あまりに日本の物が溢れかえっていたので、辟易して、かえって 嫌いになってしまったそうである。 《シャルパンティエ夫人と子供たち》1878年、メトロポリタン美術館 《団扇を持つ少女》は1881年の製作なので、シャルパンティエ夫人のサロンに出入りしだしてから、すぐに日本趣味が嫌いになったわけではないようである。 当時、いかに団扇が流行っていたか。 もちろん、団扇のみが流行っていたのではなく、大流行していた日本趣味のうちの一つのアイテムとして流行っていたわけだが、団扇への熱狂振りは注目すべきものがある。 「扇子」ではないのである。 下の絵画たちは、同時代の様々な画家の手による「団扇を持った女たち」である。 美術品の日仏貿易は、19世紀後半には圧倒的に仏側の輸入超過であった。 当時のパリの人口は、1851年105万3000人、それが産業革命期の人口大増加で、 1881年には224万に倍増である。 ほぼ、現在のパリ市の人口と変わらない。 そして、前述したように、1872年の明治政府による輸出統計によれば、扇子が約80万本、団扇が100万本である。 すなわち、仮に1872年のパリ市人口を150-200万人と推測すると、子供や老人を除けば、ほぼ一人に団扇1本となる。 もちろん、この輸出統計は、対フランスのみではないので、欧米数カ国分として割り引いても、いかに団扇や扇子が大ブームであったか容易に想像できるであろう。

次の

【店舗レビュー】パティスリールノワール|日本人に合わせたフランス菓子の絶品クリームを体感せよ!出雲市渡橋町

日本 ルノワール

バラ色の肌と幸福を描く印象派 印象派を代表するフランスの画家。 柔らかな陽光に輝くバラ色の肌の女性画に代表されるルノワールの絵画は日常の素朴な幸福、女性美への賛歌など喜びに満ち溢れ、日本でも高い人気を誇ります。 晩年ルノワールの中で女性はますます理想化、神聖化され、彼は自分の描く裸婦をニンフとさえ呼びました。 モネとともに印象派の代名詞ともいえるルノワール。 しかし光そのものを追及したモネに対して、ルノワールは、民衆の日常の喜び、陽気さ、素朴さを際立たせる道具として光を用いました。 ルノワールが最も得意としたジャンルは女性画です。 独特の柔らかな筆遣いで、女性の優しさとたおやかさを表現しました。 40代でイタリアに旅行すると、そこで見た数々の宗教名画の影響か、以降モチーフは、日常風景の素朴なひとこまから、自然の中の裸婦というような、より恒久的に女性賛美を歌ったものへと移行していきます。 女性は母性、生命の源となり、自然の中で豊穣の女神として神聖化されました。 ルノワールの絵は喜びで満ち溢れ、人生の苦悩や葛藤は微塵もありません。 これを偽善的だといった批評家に対してルノワールは「世の中は醜いことだらけなのに、なぜ絵の中にまでそれを表現する必要がある? 絵くらいは、愛らしく、喜びで満たされ、綺麗なものでなければならない」と言ったそうです。 晩年は体が思うように動かず、絵筆を手にくくりつけて作業に望んだというルノワールですが、最後まで、彼の作品は幸福と女性賛歌に包まれていました。 全商品一覧.

次の