青 あざ 湿布。 青あざが出来たときは温シップですか冷シップですかどちらがいいのでょうか?

打撲であざが出来た!色の変化はどうなる!?黄色は治るサインです!

青 あざ 湿布

スポンサーリンク 打ち身はその名のとおり、どこかにぶつけた時のことを指します。 ぶつけ具合によっては、患部が腫れてしまうことも少なくありません。 特に、顔をぶつけてしまうと見た目の印象にも繋がってしまいます。 次第にあざとして残ってしまうこともあります。 少しでも状態を和らげるためには、早急に治療することがポイントです。 もちろん、自分でも治療できます。 打ち身による腫れが起きている状態の時には、とにかく腫れを少しでも早く抑えることです。 患部を冷やします。 冷やせば次第に腫れが引いてきます。 引いてくると今度はその部分が青くなってきます。 これがいわゆる青あざという状態です。 青から紫に変わっていけば、だんだんと治ってきている証拠です。 その間、できるだけ患部は触らないようにします。 顔なので他人からの視線が辛く感じられるかもしれません。 しかし包帯を巻くようなケガではないので、そのまま放置することが一番です。 下手に薬を塗ったり、いじったりすると、状態が悪化してしまうかもしれないからです。 スポンサーリンク 打ち身によって腫れている間は、安静に過ごします。 場合によっては患部がズキズキと脈打つように痛みを生じることもあるはずです。 炎症が起きているからこその痛みなので、腫れが引いてくればこの痛みもなくなっていきます。 顔のどの部分にできているかによっても違ってきますが、部位によっては寝るスタイルにも注意が必要になります。 うつ伏せはもちろん、横向きになって寝るのも控えるべきです。 あまり何かに触れないようにします。 青あざになってくると、触らないかぎり痛みを感じることはなくなってきます。 ただ見た目が痛々しく感じられるものです。 ここまでくれば、後は色が変わっていくのを待つだけになります。 特に治療は必要ありません。 放置していても自然と治ってきます。 ただし、その部分をまたぶつけないように気をつけなくてはなりません。 まだ弱っている状態だからです。 それから、洗顔にも注意します。 あまり力強くゴシゴシとこするような洗い方は避けるべきです。 スポンサーリンク.

次の

青あざの治し方!いち早く「青あざ」を消すために効果的な方法

青 あざ 湿布

スポンサーリンク 青あざを早く治す方法は? 青あざはそもそも何なのか?っていうと、皮下出血なんです。 皮膚の下で出血している状態なので、見た目にもすごくわかりやすいってワケ。 青あざって見た目に反してそれほど痛くないのはいいのですが、とにかく痛々しく目立つのであまり人には見られたくないものです。 着る予定だったワンピースやスカートを、青あざのせいであきらめるのも残念ですし。 その青あざどーしたの?!なんて誰かに指摘されないうちに、さっさと治してしまいたいですね。 対処法が間違っていると、青あざがかえってひどくなってしまうこともありますので気をつけないといけません。 すぐに冷やすものを用意できないときは湿布のほか、自動販売機の冷たい缶ジュースなどでもOK。 先ほどご紹介したように青あざは皮下出血ですから、冷やして血液のめぐりを鈍らせ内出血が広がるのを防いで青あざが大きくならないようにします。 どこかにぶつけてできた青あざはその衝撃で腫れや痛みもあるので、冷やしてその炎症を取り除いたほうがいいですしね。 患部を冷やすのは24時間~72時間位が目安となります。 せっかく一生懸命冷やしたのに今度は温めるのか!とびっくりされるかもしれませんが、早く治すにはこの方法がいいのです。 青あざができてから日にちが経っている場合も、温める方法で対処しましょう。 打ち身の炎症が治まってきたところで患部を温めると、血流が良くなることで新陳代謝を高めて青あざを消えやすくなる手助けとなります。 水で濡らしたタオルを電子レンジでチンして、患部を温めると簡単です。 ・・・が温めたタオルだと5分か10分もすれば冷たくなってしまいますので、何度もやらなきゃいけないのがちょっと面倒・・・。 そんな時におすすめなのが湯たんぽ。 夜寝るときに幹部の近くに湯たんぽを置いておくと、青あざを1晩中ほんわか温めてくれます。 シャワーでちゃちゃっと済ますのではなく、湯船にお湯をためてゆっくり浸かるのがポイント。 血流が良くなれば、血液が全身の周り酸素や栄養を届けられるので治りやすいです。 腹式呼吸をして酸素を取り込み、体の機能がうまく働くように整えれば青あざも消えやすくなります。 ゆっくり鼻から息を吸いお腹を膨らませ、限界まで来たら口から少しずつ息を出します。 腹式呼吸をすると内臓のマッサージにもなり体の機能も向上します。 氷を入れた冷たい水は内臓を冷やしますので、常温かちょっと温めたお湯がいいです。 青あざができているときは、その修復力を活かせるようしっかり睡眠時間を取りましょう。 つまようじ20~30本をまとめてゴムで縛り、尖っている方で痛くない程度に青あざをトントン叩きます。 血流が良くなることで、青あざ早く治す効果があるとされています。 他の方法と同時進行でやってみてください。 お肌のシミと同じでメラニン色素にはビタミンCが有効です。 フルーツや野菜を食事にとりいれて、体の中から治していきましょう。 おすすめは生でそのままビタミンCをとることができるフルーツです。 キウイ・みかん・いちご・りんご・レモン・柿などを食前に食べるとよいです。 毎日少しづつとり入れてみましょう。 おわりに 青あざを治すための薬も売られていますが、個人的には体の新陳代謝を活発にして治していく方が早いような気がします。 血流をよくしていけば、青あざだけでなく体全体が調子よくなって一石二鳥ですしね。 色々な方法を組み合わせて対策していくと、思っている以上に青あざが早く治ると思います^^.

次の

打撲であざが出来た!色の変化はどうなる!?黄色は治るサインです!

青 あざ 湿布

スポンサーリンク 打撲をした場合には痛みの他にも腫れや内出血の症状が起こります。 完治するまでの期間は軽度なもので1週間〜2週間ほどで治ります。 しかし、内出血の症状がある場合には「あざ」となって残ってしまうことがあります。 その場合には色の変化が起こります。 あざについてお話していきましょう。 【内出血とは…】 内出血というのは皮膚の下で出血している状態をさします。 打撲のように外的な強い力などによっても起こりますし、内因的な要因(内臓や臓器からの出血)の場合もあります。 多くの場合には腫れを伴います。 これは血液が損傷を修復しようとするために起こるもので、血液が集まってきます。 ただし、血管が細かったり、ビタミン不足の場合にはあざが出来やすいと言えます。 【あざの色の変化】 あざが出来た場合には色が徐々に変わっていきます。 主に下記のような変化をたどります。 青くなったものを青タンと言います。 スポンサーリンク 基本的に皮膚の表面近くで起こった場合は赤や青、皮膚の深くで起こった場合には黒っぽくなることもあります。 ここで注意しなければならないことは赤から色が変わらない場合です。 打撲の完治までの期間はおよそ1週間〜2週間ほどですが、この期間中に色の変化がない場合には出血が止まっていない可能性があります。 赤や紫のように見える場合には注意しましょう。 【対処方法】 あざに関しては基本的に自然に治癒していくことがほとんどです。 腫れや痛みも同時に徐々に治癒へと向かっていくでしょう。 内出血した際の応急処置は冷やすことです。 しかし、腫れや痛みが落ち着いてきたら今度は温めることが必要となります。 上述しましたが血液が修復に必要なものを運んできますので温めることによって血行を促進させます。 温かいタオルなどで温めましょう。 ただし患部の場所や深さによっては色が異なる場合もあります。 打撲が完治したとしてもあざだけが残っていることもあります。 その場合には上記のように温めることも試してみましょう。 スポンサーリンク.

次の