むずむず 脚 症候群 ストレッチ。 最近話題の「むずむず脚症候群」 実はあの習慣が原因だった!

むずむず脚症候群

むずむず 脚 症候群 ストレッチ

見出し• むずむず脚症候群はただの睡眠障害?そうではありません! ためしてガッテンでむずむず脚症候群が取り扱われたとき、その内容は「睡眠障害」を起こす原因という感じでした。 番組的には「睡眠の悩み」ということで、むずむず脚症候群以外の原因についても触れられていました。 睡眠障害は障害を起こしている原因を明確に断定することが難しく、現在でも患者さんに正しい診断が出るのに4年近くの時間がかかるというのは珍しいことではないのです。 ただ現在は都市部を中心に「睡眠障害専門」の診療科をもつクリニックや病院も増えてきているので、睡眠障害の原因に関しては診断が早めに出ることも聞かれるようになりました。 ムズムズア症候群に限らず、何らかの原因によって睡眠障害を起こしている人は、国内に推定200万人~500万人いるとされ、多くの人が足の不快感で不眠を起こしていると言われているのです。 足の不快感と不眠……これで思い浮かぶのは「むずむず脚症候群」ですよね。 しかし、色々と調査をしてみると、ぐっすり眠れないという人の中にはまだむずむず脚症候群とまでは言い切れない症状の人も結構な割合で存在しています。 例えば足のほてりや引きつり、ちょっと足がピクピクするというような不快感は、むずむず脚症候群の症状の中にもありますが、代表的な「虫が這う感覚」はないという人も多くいます。 けれども、ここで注意をしたいのは「それはまだむずむず脚症候群が軽度である」というだけなんですよね。 ほてりや引きつりを「ただの疲労」として放置しておくと、それは紛れもなくむずむず脚症候群の主要症状を引き起こすことにつながっていくのです。 むずむず脚症候群のカギを握るのは脳 不眠症状や睡眠の悩みを引き起こすことに大きくかかわっているのは「脳」です。 むずむず脚症候群に関しては、神経伝達物質であるドーパミンの量などによってきちんと刺激の授受ができていなかったりすることが症状を発現させてしまったりするのです。 私たちは生活の中で、自分ではさして気づいていない刺激をたくさん受けて生きています。 例えばそよ風の刺激や、衣服を着脱するときの刺激は「命に危険のある刺激」ではないとわかっているので、たとえ刺激を受けていても私たちは意識しすぎることがないようになっているのです。 どうしてこのような刺激の選択ができているのかというと、私たちの脳にA11という神経細胞が存在しているから。 A11は脊髄の興奮を抑える信号を出している神経細胞で、このA11が正しく働いてくれることにより不必要な刺激の信号が「意識を阻害するほど」脳に入らないようにブロックしてくれているのです。 もしこうした刺激の取捨選択ができなかったり、少しの刺激をすごく大きな刺激として受け取ってしまうと、日常生活がままならなくなりますよね。 最近の研究で、むずむず脚症候群のような症状に関しては、何らかの理由でA11の働きが弱まっているのではないかという仮説があるということです。 A11がしっかりと働かないと、ブロックするべき刺激や脳に入ってしまい、脳は過敏状態に。 こうなると本来は意識するほどのない刺激が徐々に強い刺激に感じられるようになり、最終的に我慢しがたい不快感になり、不眠を引きおこすことになってしまったのではないかと考えられるようになっています。 また、A11によって脊髄の興奮を抑制できなくなると、脊髄反射という体の反射運動によって足が勝手に動くようなぴくつきが起こることにもなります(脊髄反射とは刺激が脳まで行くことなく、生体的に反応してしまうことで、膝の一部をたたくと勝手に足がポンと上がるような反射のことです)。 ではなぜA11の働きは弱くなってしまうのでしょうか? これにはむずむず脚症候群の対策法としてよく用いられる「鉄補給」が深くかかわっているのでした。 ためしてガッテンで紹介されたむずむず脚症候群はどうして寝入りばなに不快感がくるの? 基本的にむずむず脚症候群の症状が見られやすいのは「夜」とか「夕方~夜にかけて」と言われています。 中でも私たちがその症状にしっかり気づいて不快感を得るのは就寝時が多いでしょう。 実はこの「夜」という時間帯がA11や鉄分にとって大きなキーワードになる時間帯なのです。 というのも、夜というのは日中に比べて血中の鉄分濃度が低くなる時間帯だったんですね。 ドーパミンの生産についても、A11神経細胞の働きにとっても、鉄分というのは欠かせない栄養素で、鉄分が不足するということはむずむず脚症候群の症状を出やすくするということだったのです。 鉄分不足が症状の出現に関わっていることから、実際にむずむず脚症候群に悩む人は割合的には女性が多くなっています。 女性には必然的に血液が少なくなる月経があるため、血中の鉄分濃度が男性より少ないことが多いですからね。 ただし、現代は偏食が通常になっているので、男性でもむずむず脚症候群に悩む人は増えています。 そして、残念なことですが、中にはバランスの良い食事、リズムの良い生活を送っているにも関わらず、遺伝や加齢にA11神経細胞の働きが低下、むずむず脚症候群を発症する人もいます。 ガッテン流のむずむず脚症候群対策はコレだった! むずむず脚症候群の引き起こす原因の1つと言われるA11神経細胞の働きを弱めないために、番組でも紹介されていた対策方法は次の通り。 自分に合った治療方法を見つけるのが何よりも大事なのは大前提ですが、ここからご紹介する対策はむずむず脚症候群の症状改善に当たって基本的かつ代表的なものも多いので、まだ対策をとったことがないという人は何か1つからでも試してみると良いですね。 むずむず脚症候群対策1:鉄分の補給 むずむず脚症候群の症状が発現する人の多くは血中の鉄分や血清フェリチン(別名「貯蔵鉄」)が少ない人が多いようです。 ですから、食生活の改善や鉄剤の補給によって症状が改善できることは多いですね。 遺伝や加齢によってA11神経細胞の働きが低下している時は、鉄補給だけで症状を改善することは難しいので、必ず医師に相談をして治療をするようにしてくださいね。 また、肝臓疾患などで治療をしている人は食事に気を付けるポイントがたくさんあるので、勝手に鉄剤を飲み始めず、必ず担当医に相談を。 むずむず脚症候群対策2:ドーパミン受容体作動薬 働きの弱まっている神経細胞に直接刺激を与えることで足の不快感のもとになる刺激をブロックすする機能を取り戻させます。 現在は2つの薬がむずむず脚症候群の症状改善薬として使われていて、貼るタイプの薬は副作用も少なく人気です。 保険も適用されますし、臨床実験では症状の改善効果は約8割の患者さんにみられたとされる期待の薬です。 むずむず脚症候群対策3:就寝前のストレッチなど行動療法を用いる これは経験則な対策ではありますが、多くのむずむず脚症候群の患者さんがある程度効果があったという方法です。 就寝前にマッサージやシャワー、お風呂、短時間歩くというような適度な刺激を負荷を与えることで、夜間の症状が改善するというものです。 症状が軽度の人は、こうした行動療法と鉄剤の補給で症状が大分改善されることもあるようなので、まだまだ症状が軽めだなと自覚している人にはおすすめの方法でしょう。 では重症の人には全く効果のない方法かというと、そうではなく、重症の人は薬の量を増やさないためとか、これ以上症状を重くしないためにも、こうした行動療法をとるのが大事です。 刺激の程度は個人によって異なるので、ちょっとしたストレッチでOKの人もいれば、15分ほどウォーキングをした方がよい人など様々。 自分の症状が改善しやすい「程度」を自分で見極めるように色々と試してみると良いですね。 むずむず脚症候群対策4:夕方以降の刺激物摂取をひかえる 夕方以降、夜間の刺激物摂取を控えるのは、むずむず脚症候群対策の基本。 カフェインやアルコール、ニコチンを過剰に摂取すると血流の悪化を招き、症状が悪化することはよくあります。 働いていると付き合いの飲みで夜間の飲酒NGを守るのは難しくなる場合もありますが、症状が出ている期間については、できるだけこうした刺激物の摂取を控えることが症状の改善につながります。 美めぐり習慣は、むずむず脚症候群の原因となる鉄分不足を強力にサポートしてくれる 一度は試してもらいたい効果の高いサプリメントです。 単体では身体に吸収されにくい鉄分を、吸収しやすくしてくれる栄養素をバランスよく配合。 まさにむずむず脚症候群に悩む方のために開発された商品です。 病院で治療を受けているけど、なかなか改善しなかったけど、美めぐり習慣に助けられたという声も多く寄せられています。 身体の中から対策できるので根本的な悩み解決が期待できます。 そんな、むずむず病に悩む方にとっては必須とも言える「美めぐり習慣」は 今だけの特別キャンペーンで申し込むことができるので、絶対に一度はチェックしてみてくださいね。

次の

【むずむず脚症候群は神経内科へ】原因・症状・治療法と生活上の注意点|ケンカツ!

むずむず 脚 症候群 ストレッチ

私がむずむず脚を発症したのは、今から10年程前のこと。 まだ、バリバリのキャリアウーマンで、ハイヒールを履いて、朝から終電まで、働きづくめの生活でした。 最初は、ハイヒールのせいで、脚が疲れているだけ、と思っていました。 とにかく、なかなか、眠れない。 眠いのに、脚が、ムズムズ(正確にいうと、私の場合、ウズウズ・・・でした)して、気持ち悪くて仕方がない。 隣の布団の下に足を入れてみたり、脚をたたいてみたり、伸ばしてみたり・・・。 眠りにつけるまで、いつも1時間以上、そんなことを繰り返しながら、最後は眠すぎて、寝てしまう。 そんな、毎日が、3年以上、続いていました。 仕事をやめて、ハイヒールをやめても、症状は、続きました。 妊婦時代は、特に、症状が、重かったように記憶しています。 産後間もなくの頃も、酷かった。 その頃には、夜だけではなく、日中も、ウズウズ・・・。 立っている時も、脚を伸ばしたくて、脚をクネクネ・・・。 さらには、脚だけではなく、腕も、ウズウズしてくる。 気持ちが悪くて、1日中、落ち着きのない、私でした。 今、思い出しても、辛かった。 そしてある日、やけくそな気持ちで、自分なりのストレッチを、やってみました。 そしたら何と、むずむずの症状が、消えたのです!! 3年間も苦しんだむずむずが、消えた!! そんな、私が偶然に発見した、の克服法を、お伝えします。 scentoflotus.

次の

お腹や足がむずむずして眠れない!それって自律神経の乱れが原因かも?自律神経に良い食べ物やむずむず症候群解消法をまとめます!

むずむず 脚 症候群 ストレッチ

皆さんは、「むずむず脚症候群」という病気をご存知ですか? そもそもこの病気を知らない方が多いのではないでしょうか。 むずむず脚症候群とはふくらはぎや足の裏、太ももなどに不快感が起こることによって、じっとしていられなくなる病気です。 症状は様々ですが、かゆみや痛みを伴うことが多いと言われています。 特に夕方から夜にかけて症状が出ることが多く、そのため睡眠障害になっている方もいるのです。 放置していると、不眠症やうつ病などになる可能性があると考えられています。 そのため生活習慣からしっかりと見直す必要があるのです。 そんなに難しいことではないので、日々の食事やケア方法など、些細なことを見直すことで、改善されると言われています。 今回はその原因と、むずむず脚症候群の改善方法や予防方法など詳しく紹介します。 もくじ• むずむず脚症候群とは? むずむず脚症候群とは聞き慣れない方も多いですよね。 どのような病気かと言いますと… 脚の不快感やまたは、脚を動かしたいという強い欲求が生じることによって、寝ている間にこれらの症状が強くなることがあります。 その結果睡眠障害を、引き起こしてしまう病気なのです。 またむずむず脚症候群は、別名レストレスレッグス症候群、下肢静止不能症候群とも呼ばれます。 ですが、何らかの治療薬やアルコール、またはニコチンやカフェインもむずむず脚症候群になる原因ではないかと考えられています。 現在日本国内には、むずむず脚症候群の患者さんが人口の約4%いると言われています。 ただ実際には、もっと多いと考えられているのです。 むずむず脚症候群の症状 それでは気になるむずむず脚症候群の症状とは一体なんでしょうか。 そのため夜中に何度も目が覚めてしまうことがある。 ただ、歩いたりするとその感覚はなくなってくる。 止めようとすると脚に違和感を感じるため、止めることができない。 もしこれらの症状に思い当たるなら、それは「むずむず脚症候群」という症状になっているかもしれません。 この症状は、脚の不快感だけではありません。 不眠症状を訴える患者さんが多くいるので、少しでも気になった方は病院で受診されることをお勧めします。 むずむず脚症候群 の原因とは? では一体何が原因で、むずむず脚症候群になるのでしょうか? 調べてみると今現在、はっきりとした原因がまだ明らかになっていませんでした。 そんな中、現在ある2つの原因がむずむず脚症候群に繋がるのではないかと言われています。 なので、 鉄分が足りないとドーパミンも作られなくなります。 その結果、むずむず脚症候群の原因となると言われています。 次にドーパミンは、運動機能のコントロールに関わる物質のことを言います。 神経伝達物質であるドーパミンの合成が正常に行われなくなることによって、脚の感覚がおかしくなるのではないかと言われているのです。 そんなむずむず脚症候群のために開発された専用の栄養機能食品に「 ムズムズシラズ」というものがあります。 こちらで詳しくご紹介していますので、ぜひご確認ください。 この2つ以外にもむずむず脚症候群の原因になる可能性があるのです。 ・妊娠 ・糖尿病 ・抗うつ薬を使用している(副作用) ・遺伝の可能性(家族の中でむずむず脚症候群になったという人は要注意!) これらのように他の症状などから、二次的に発症することもあるため注意が必要なのです。 むずむず脚症候群の対策 ご家庭でも簡単にできる対処法として、3つあります。 これらの方法は一般的な睡眠障害を防ぐ対処法にもなるので、ぜひ試してみてくださいね。 そのためなるべく、 寝る前の夜に摂取することは控えましょう。 アルコールを摂取すると熟睡できるという方がいますが、眠りにつくまでは良くても、アルコール分解中に交換神経が刺激されてしまうため、眠りが浅くなってしまうのです。 日々の努力で、 鉄分不足が解消されれば症状が自然と改善されますよ。 栄養バランスを考えて日々の献立を立てるのも一苦労ですよね。 そういう場合は、市販のものでもいいので 鉄分サプリを飲むこともお勧めです。 サプリさえ飲めば、食生活を適当にしていいということではないので、あくまで補うものとして飲み続けてくださいね。 それでも時間がない方は、浴槽に浸かっている際にマッサージをしてみるのもいいですよ。 むずむず脚症候群を予防するには むずむず脚症候群を予防するためにおすすめしたい生活習慣を紹介します。 特に就寝前に適度な運動や簡単なストレッチを取り入れるといいです。 そのため家族の中に、同じような病気または症状がある人がいる場合、なる前にしっかりケアしておくこともお勧めします。 まとめ いかがでしたか? 今まで「なんだか脚に違和感があるけど…。 」と言って、そのままにしていた方もいるのではないでしょうか? 確かに今現在、むずむず脚症候群の原因はわかっていません。 ですが、事前に予防することも出来ます。 もちろんなったからといって、改善されないわけではありません。 生活習慣の中で、気をつけることによって改善されると言われています。

次の