手足口病 初期症状。 手足口病の初期症状は痛い?子供がうつったら食べ物や外出に注意!

重症化しやすい!大人の手足口病の症状と対処法。仕事はどうする?

手足口病 初期症状

スポンサーリンク 手足口病とは? 手足口病とは、手や足、口の中に多くの発疹ができてしまう感染症です。 ウイルス性の感染症ともされていて主に子供が感染しやすいとされていますが、大人でも感染します。 主に夏場に手足口病が流行ったりします。 手足口病が大人が感染した場合、重症化しやすい人もいます。 手足口病の初期症状は? 手足口病の初期症状としては赤かったり、水泡のような「 発疹」ができることです。 発疹ができてしまうのは、手足口病の特徴でもあります。 手足口病は言葉通り、手や足、口の中にでき水泡性の発疹のような発心ができます。 手と足にできる場合は、水泡性の発疹でが多く、 口の中は口内炎のようなものができます。 手や足、口の中にできるものですが、例外として 手の甲、腕、足の甲、お尻などにもできることもあります。 手足口病はなぜできる? 抵抗力があると感しやすい場合だと、免疫力なども落ちているのでできやすくなります。 手足口病は感染症でもあるので、『 うつる場合』があります。 子供さんから大人へ・・と逆もありきなのでうつされた場合もあります。 手足口病には潜伏期間がある 潜伏期間は1~3日ほど潜伏期間があり、手足口病だと3日以降から発疹ができてしまいます。 そのため初期症状が見つかりにくい場合もあり、手足口病の人と触れたり関わったりした場合は、うつっている場合もある場合もあります。 手足口病の初期症状以外の症状 手足口病の場合、初期症状の発疹以外にも人によっては様々な症状が出てしまう場合もあります。 大人の代表的な症状は、発疹による「 かゆみ」や「 痛み」です。 そのほかに、• 倦怠感• 筋肉痛・関節痛 などが起きやすく、普通の風邪と勘違いしやすいですが発疹が多くできてしればかゆみや痛みも生じることも多く、 何割かの人は40度以上の高熱がでる場合があります。 すでに発疹ができていて高熱がでているなどは初期症状ではなく、少し悪化していることになります。 発疹の症状は大人と子供で違う 子供でもできやすい手足口病ですが、大人と子供では症状が違います。 それは「 痛み」の有無です。 子供の場合は手足口病でも痛くないケースが多いのですが、 大人の場合は痛みが生じるなど重症化しやすいこともあります。 特に熱が出ていると患部に痛みがあったり、痛みが強くなる人も多いです。 患部によって痛い場合があるなど、人それぞれによって違ってきます。 足に手足口病ができた場合、靴を履いた時などか発疹を踏んでしまったり、口の中だと食べ物が食べにくい、手だと水洗いが困難など辛い面もあります。 なぜ手足口病でかゆみが起きる? 発疹からのかゆみが起きるのかというと、夏場なので汗をかいたり、体温があがるためです。 また石鹸やシャンプーなどが手足口病の時の皮膚の弱い状態だと合わないことがあり、それが合わずにかゆみが生じてしまう場合もあります。 手足口病のかゆみ対策やかゆみが生じた場合どうすればよい? かゆみが生じてしまった場合、下記の対処方法がおススメです。 ・患部を冷やす ・お風呂はぬるま湯 ・お風呂は石鹸を使わず汗だけ流す ・かゆみ止めを塗る 温かいとどうしてもかゆみが生じやすくなるので、お風呂はできるだけ気持ち塗る湯が手足口病のかゆみケアには良いです。 患部を冷やす場合は、冷やしたものをタオルで巻いて患部に当てた方が安心です。 当てすぎると逆に刺激になる場合もあるので、長くは当てない方が無難です。 手足口病はどのくらい続く? 手足口病は2週間~1ヶ月程度で治るとされています。 初期症状の潜伏期間1~3日で、初期症状の水泡性の発疹ができます。 その後、完全に発疹などが悪化したり、かゆみ痛みが生じて熱が上がったりするのが7~10日程度。 その後熱が下がって発疹が消失という感じになります。 口の場合は剥がれずに体の中に吸収されやすく、発疹も徐々に回復していきます。 ただ大人の場合、子供と違い年齢によっては肌の代謝が遅くなるので、治るには若干時間がかかる可能性もありますが、1ヶ月程度できれいになることが多いです。 手足口病が発症した場合どう対処する? 手足口病は免疫力が低下しているとうつりやすいので、 ・マスクをつける ・タオルなど患部を他の人との接触に気を付ける ・くしゃみなどはハンカチで抑える ・手洗い・うがいをする ・栄養を取る ・病院へ行って薬をもらう などがあります。 口の中に水泡ができている場合、ヘルペスなどの場合もありますが、まずは手足口病っぽい症状が出たら病院で診察してもらうのが安心です。 市販の薬は売っている? 手足口病かはわからないけれど、病院に行くのはめんどいという方もいらっしゃると思って薬局やドラックストアに行かれるのではないでしょうか。 残念ながら、かゆみ止めなどの薬は売っていても、 手足口病の専用の薬は売っていません。 自己判断で別の薬をぬったりするのは危ないので、まずは病院で手足口病かを診察してもらって薬などをもらった方がいいですよ。 もしかゆみ止めが欲しい場合は、薬局やドラックストアの薬剤師さんに説明して選んでもらうと良いですよ。 大人初期症状の状態で病院に行けば、そこまで重症化する確率は下がると思います。 初期症状を超えて悪化している場合は、できるだけ行った方が薬など処方されるので治りも違ってきます。 なので発疹を確認した場合はすぐに病院に行くと良いのですが、手足口病の場合はどこの病院に行けばよいのか? 手足口病はどこの病院へ行けばよい? 手足口病の場合は、• 皮膚科 のどちらかに受診すれば大丈夫です。 発疹がすごいできてかゆみや痛みがものすごく生じている場合は、皮膚科の方が皮膚の専門なので詳しいこともありますが、病院の内科の受診でもOKです。 ちなみに子供の場合は、小児科でもOKです。 手足口病の場合仕事には行ける? 大人の場合「仕事」はつきものですが、手足口病ができてしまった場合は会社に出勤して大丈夫か? 手足口病は子供・大人関わらずうつる場合があるので、疲れている人が会社にいるとうつしてしまう可能性もあります。 初期症状であっても、まずは会社に行っても大丈夫かどうかの 病院で確認してみること。 もしダメな場合は、診断書などを書いてもらえるかもしれません。 万が一大丈夫で薬を塗っているとしても、一応会社と相談した方が安心なので相談してみてくださいね。 まとめ 手足口病は大人でもできてしまう感染症です。 できてしまうと発疹からのかゆみ・痛みなどが生じて熱も出るなど苦しい状態になります。 特効薬というものがないので、初期症状でも発疹が多くできていれば病院で診察してもらった方がいいですよ。 もしかしたら口の中にできている水泡や口内炎は、ヘルペスなどの場合もあるので、手や足、口にしろ自己判断で他の薬などは塗らない方がいいです。 日ごろ栄養を取って体調を管理していれば、他人が手足口病でもうつるリスクは減ります。 ただ逆にうつす場合はあるので、薬と栄養をとって一日でも早く回復できるように休んだりしてくださいね。

次の

手足口病の初期症状|学校やお風呂は?皮膚科と小児科どっち?【医師監修】

手足口病 初期症状

手足口病は「コクサッキーウイルス」が感染することで発症します 手足口病(てあしくちびょう)は子供に多く見られる病気。 主に「コクサッキーA6ウイルス」「コクサッキーA10ウイルス」「コクサッキーA16ウイルス」と呼ばれるコクサッキーウイルスA群と「エンテロウイルス71」というウイルスが原因で起こります。 これらのウイルスの特徴は胃腸炎を起こしやすいウイルスです。 このウイルスは保持者のツバなどからうつる飛沫感染と、便からうつる経口感染によって人から人に感染します。 水疱から直接感染する場合もあります。 また、ウイルスに汚染されたものを触ることで感染する接触感染です。 唾液からの感染力は通常、1週間未満、便による感染力は長く、2~4週間に渡ってウイルスが排出されるので、子どもの排便後は保護者も含めてしっかり手洗いをする必要があります。 手洗いなどの基本的な予防がしっかりできていれば、集団感染予防のための隔離などは必要ありません。 手足口病の症状・潜伏期間・治るまでの期間 手に赤い盛り上がった湿疹が手足口病の湿疹です 手足口病は名前の通り、手・足・口の中だけに、水を持った発疹(水疱)が見られるのが特徴です。 主な症状は以下の通り。 発熱、あっても軽度な場合がある• 食欲低下• 倦怠感• 口内痛• 水をもった湿疹(水疱)、治っても、あまりカサブタになりにくい ウイルス感染から発症までの潜伏期間は3~5日。 初期症状では口内に痛みを感じるだけですが、1~2日後には手足に発疹が出てきます。 中に水が溜まった発疹なので水ぼうそうと勘違いする方も多いようですが、手足口病の場合はお腹や背中には発疹が出てこないので、簡単に区別することができます。 ただし、乳児の場合はお尻にも発疹が出ることがあります。 見た目の症状として最初に現れるのは、口内の白い点々。 その後、歯ぐき、舌、ノド、手の指の間、手のひら、手の甲、足の指の間、足の裏などに同様の点々ができ、水疱に発達していきます。 ウイルスの種類によっては、肘を越えて脇ぐらい、膝を越えて足のつけ根ぐらいまで、また、肘や手首に集中していたり、膝や足首に見られることもあります。 さらに、爪がはがれることもあります。 治れば、多くは爪は生えて元に戻ります。 この現象は、コクサッキーA6型で見られます。 手足にはあまり痛みの症状は出ませんが、口内は痛みが出やすいのが特徴。 物を食べる時にしみることが多いので、食欲が低下してしまう子どもも少なくありません。 口内炎ですから、よだれが非常に多くなります。 発熱がなくて、手足にあまり湿疹が無くてもよだれの多さで気づかれることがあります。 手足口病の検査・診断方法 手足口病は症状で診断します。 ほとんどが発疹の範囲と特徴を見るだけで確定診断できますが、はっきりしない場合は血液検査を行います。 血液検査の場合は2週間程度空けて2度採血を行い、原因となるウイルスに対する抗体が1度目より2度目の検査で上昇していた場合、手足口病だと確定診断します。 過去にかかったかどうかを調べたい場合は、1度の血液検査で十分です。 便やノドを擦った綿棒などからウイルスを分離して確認する方法もありますが、時間と費用がかかるため現実的ではなく、現在では行われていません。 手足口病の治療法・対策法については「」をご覧ください。

次の

【小児科医監修】食欲が落ちた、手にポツポツは手足口病のサイン!?初期症状や潜伏期間など|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

手足口病 初期症状

手足口病で水ぶくれ以外の症状は出ないことが多い では発熱は3分の1くらいの人に出現し、たいていの場合は高熱になることはありません。 数日から1週間ほどで自然と治っていくのがほとんどです。 水ぶくれが目に見える前に、痛みやかゆみを感じる人もいます。 まれに、で下痢になることもあります。 さらにごくまれなことですが、で激しい頭痛、意識がぼーっとするなどの症状が出たときは緊急事態を疑って、すぐに病院に行ってください。 水ぶくれ以外の症状は、では出ないことが多いです。 子供の年齢によってはかゆみなどを感じていてもうまく伝えられません。 「水ぶくれの前に発熱やかゆみが出るはずだ」と思っていると、水ぶくれが出たときに「発熱がなかったからではない」と間違った考えが浮かんでしまうかもしれません。 手足口病のこんな症状は急いで病院へ はごくまれに重症になります。 の初期症状に気付くのが遅れてもあまり問題にはなりませんが、危険な症状は見逃さないように気を付けてください。 で(ずいまくえん)、小脳 失調症(しょうのうしっちょうしょう)、脳炎、、神経原性(しんけいげんせいはいすいしゅ)、急性弛緩性 麻痺(きゅうせいしかんせいまひ)といった 合併症を起こした場合は、全身の状態が悪くなります。 この場合の症状は、 ひどい頭痛が出たり、意識がぼーっとしたり、息苦しくなったりするというものです。 また、特に子供ではで口の中に水ぶくれができると、痛いことで飲食ができず脱水になることがあります。 1日以上飲食ができないような状態になった場合も要注意です。 皮膚や口の中が乾燥していたり、ぐったりしていたら脱水かもしれません。 の悪化した状態が疑われる時は、迷わずに行ってください。

次の