ポケモンgo イベント。 GO Fest2020情報解禁!!『ポケモンGO』夏の恒例イベントがデジタルイベントとして開催決定 [ファミ通App]

【ポケモンGO】台中ランタンフェスティバルの開催内容まとめ

ポケモンgo イベント

昨今の情勢を鑑みて今年はバーチャルなデジタルイベントとして実施される。 2019年はシカゴ、ドルトムント、そしてアジア初となる横浜で開催され、合計で60万人以上のトレーナーが参加した「ポケモンGO」の夏のお祭りとも言えるリアルイベントだ。 だが今年は新型コロナウイルスの影響などを鑑みて、初めての試みとしてすべての地域のトレーナーがどこからでも参加できるバーチャルイベントとして7月25日と26日(日本時間)に開催される。 99(約1,600円)で販売される予定で、チケットを持っているトレーナーは2日間のイベントに両日参加することができる。 そのために様々なサポートを受けながら、ゲーム業界初のバーチャル体験を作り上げたという。 順番に要素を追っていこう。 ポイントとなるのは「生息地がローテーションし登場するポケモンが変化」という要素だ。 「ポケモンGO」上のポケモンたちのバーチャルな生息地が1時間毎に変化する。 バーチャルな冒険については「ポケモンGO」アプリを中心に、ソーシャルチャンネルなども利用して新しいストーリーと冒険を楽しめるように現在準備を進めているとのことだ。 グローバルチャレンジアリーナは世界中のプレーヤーと協力してゲームのタスクを完了させることを目的としたコンテンツだ。 タスクが完了すると特別なボーナスがもらえる。 ローカルビジネスのサポートを打ち出したNiantic。 「ポケモンGO」の盛り上がりはさらなるものに 今年の3月以降、ポケモンGOは外に出て集まらなくてもゲームを楽しめるようなアップデートが実施されてきた。 そのアップデートもあり現在の「ポケモンGO」はさらに盛り上がっている。 記者説明会では「トレーナー間で10億回のバトル」、「3,000万のリモートレイドの参加」、「20億個のギフト交換」、「290億の場所の訪問、サービス以来合計で28億キロの歩行」など、「ポケモンGO」のスケールの大きさが伝わってくる数字も発表された。 また、説明会で明かされた大きな発表のひとつは、「地域リカバリープログラム『Niantic お店応援プログラム~お気に入りのお店をゲームに登場させよう~』」だ。 Nianticが地域社会のビジネスをサポートするというプログラムで、地域のトレーナーから推薦された上位1,000社は1年間無料で「ポケモンGO」に登場することができる。 また今後のロードマップとして、Nianticは「ポケモンGO」への投資を引き続き行ないながら、10タイトル以上の開発を行なっている。 今後毎年2つのタイトルが発表される予定だという。 先日Nianticが買収したARスタートアップの6d. aiの買収により、ARの開発スピードも上がっているとのことだ。 他にも人種差別問題に立ち向かうための寄付なども行なわれる。

次の

【ポケモンGO】台中ランタンフェスティバルの開催内容まとめ

ポケモンgo イベント

これまでのイベントと違い、様々なポケモンが出現している。 各会場ともに3つのゾーンに分かれ、「水ポケモン」「氷ポケモン」「空ポケモン」がそれぞれ登場しやすいエリアができている 会場にはこの日を待ちわびたトレーナー(ポケモンGOのプレーヤー)が猛烈な暑さにもかかわらず数多く押し寄せ、イベントを楽しんでいる。 ポケモン社が横浜で開催するポケットモンスターのイベント「ピカチュウ大発生チュウ」(主催:横浜市、ポケモン社)の併催イベントという扱いで、Pokemon GO Fest Yokohamaは8月12日まで開催される。 横浜でのポケモンGOイベントは、2年ぶり2回目。 2017年の前回イベントでは、7日間で200万人を集めた。 今回は混乱を避けるため、招待制にして参加人数を絞っており、「最終的な集客数は前回より少なくなる見込みだ」と、ナイアンティックの広報は話す。 それでも会場には朝から多くのトレーナーが集結した。 最終的な参加人数は、イベント終了後に公表する予定だ。 事前申し込みと抽選で参加者を絞る招待制を導入しており、参加者はイベントの特別なタスク「スペシャルリサーチ」をクリアすることで、特別なポケモンを入手できるといった特徴がある。 「イベントを世界的に同じフォーマットで開催し、ポケモンGOが『世界中で楽しまれている』ことをアピールしたい」と須賀氏は話す。 なお、シカゴとドルトムントは参加チケットを有料で販売したが、横浜は同じ招待制だが無料のイベントになっている。 そのため、参加者には快適にゲームを楽しんでもらうため、様々な工夫をしている。 例えば、無料の給水所を会場内の各所に設置。 また、霧水を噴射し、暑さをしのぐミスト装置を合計35機設置した。 トレーナーへの招待メールで事前に熱中症対策を喚起したほか、会場内の音声アナウンスでは20分に1回、ゲーム内の通知やメールでは1時間に1回、給水を促している。 「ゲームに夢中になり過ぎると、給水を忘れがちになる。 だからゲームの中で水分補給に気付けるようにしている」(ナイアンティック)。 通信面の配慮も万全である。 通信が遅くなると、ゲームを楽しめなくなるからだ。 NTTドコモが会場内に設置したWi-Fi基地局(写真:日経 xTECH) 各会場には、NTTドコモとKDDI、ソフトバンクがそれぞれ移動基地局を配備。 さらに各社が会場内にWi-Fiの基地局も設置している。 通信の混雑状況はナイアンティックと各キャリアの間で随時、情報共有しており、状況の変化に臨機応変に対応できるようにしている。 例えば、会場内では「バトル」の要素をなるべくなくしている。 トレーナー同士が自分のポケモンを使って闘う場である「ジム」はあえて用意していない。 しかも19年7月になってゲーム内に突然登場し、活性化に一役買っているトレーナーの敵役である「GOロケット団」も会場内では姿を見せない。 通信負荷が高いバトルを廃し、混雑を避けるのが狙いの1つと思われる。 2年前のイベントでは会場内に設置した特別なジムで、多くのトレーナーが協力し合って強いポケモンと闘う「レイドバトル」に参加することにより、みんなで倒すと特別なポケモンをゲットできる仕組みを用意していた。 だがそのせいで、ジム周辺にたくさんのトレーナーが集まり過ぎてしまい、レイドバトルへの参加自体か困難になるという事態が起きた。 そのような混乱は今回の初日には起きておらず、イベントは「想定通りの動員数で、スムーズに運営できている」(須賀氏)という。 ナイアンティックは具体的な対策までは明かしていないが、「我々は過去のイベントを通じて、どうしたら快適なゲーム体験ができるかを考え、現場経験を積んできた。 その時々の変化に応じて、ゲームの内容はいろいろ変えている」(須賀氏)。 須賀氏はせっかくのリアルイベントなので、「今回はトレーナー同士の交流を促す仕掛けを加えた」と話す。 具体的にはスペシャルリサーチで「フレンド」(トレーナー同士の友達)を増やすというミッションを設けたり、普段は1日に1回しかできない「特別なポケモンの交換」が会場内では1日5回までできるようにしている。 見知らぬ人同士が交流することへの安全面の懸念については、「ポケモンGOのフレンドになっても、交換される個人情報は最小限で済む。 しかも実際に対面しないとフレンドにはなれないので、心配はないとみている」と話す。

次の

【ポケモンGO】ゼクロムの日程が発表!6月のイベント内容まとめ

ポケモンgo イベント

ポケモンGOリリースから現在までの歴史まとめ ポケモンGOリリースから現在に至るまでの様々な出来事をまとめた記事です! 最新月までジャンプ! 2016年 7月 すべてはここから始まった・・・ 2016年7月22日にポケモンGOが日本でリリースされました。 リリース2日目にサーバーが落ちたり、ツイッターのトレンドがポケモンGO一色になるなど、社会現象となりました。 第一回 ポケモンの巣変更・技修正 7月29日から30日に日付が変わったと同時に、全国各地のポケモンの巣が変更されました。 ポケモンの巣が定期的に移動することはまだわかっていなかったので、初回の巣の変更はかなりインパクトがありました。 特にミニリュウの巣には多くのトレーナーが連日訪れることになったため、これ以降ミニリュウの巣は廃止されました。 同時に技の威力に修正が入ったことで 、多くの通常技が弱くなり、ゲージ攻撃が強化されました。 特に印象的なのはギャラドスから「りゅうのいぶき」が削除された点と、ラッキーのサイケこうせんが「はかいこうせん」に変わった点でしょうか。 第二回 ポケモンの巣変更 第二回のポイントは、カブトとオムナイトの巣が誕生した点です。 以前まではカブトやオムナイトは巣が存在しなかったので、プテラやポリゴンに次ぐレベルで激レアポケモンと考えられていました。 巣が登場したことで進化の難易度も下がり、図鑑を埋めるのが楽になりました。 2016年 9月 相棒ポケモンが登場 2016年9月2日に「相棒ポケモン機能」が実装されました。 これにより、トレーナーが歩くことでどのポケモンでもアメを増やすことができるようになり、野生では出現しづらいポケモンの育成難易度が緩和されました。 野生ポケモンの個体値修正 9月23日から、野生で出現するポケモンに個体値修正が入りました。 変更前は、図鑑の番号によって攻撃個体値が低めに設定されていて、番号が後ろになるにつれて個体値が高くなる仕様でした。 そのため、図鑑番号が前の方である御三家はほぼ低個体値で、図鑑番号が後ろの方であるイーブイやミニリュウは高個体値が入手しやすい状況でした。 この時の修正で、それらが全てランダムになりました。 図鑑番号が後ろのポケモンにはラプラスやカビゴン、ミニリュウなどバトル向きのポケモンが多く存在するため、厳選の難易度は一気に上がりました。 2016年 10月 ハロウィンイベント ポケモンGOで初となるイベント「ハロウィンイベント」が10月26日から一週間開催されました。 ハロウィンが似合うポケモンの出現率がアップし、ゴースがポッポ以上に出現したことで、イベント中はゴースマラソンが定番になりました。 2016年 11月 東北でラプラス大量発生 11月11日~23日までの間、岩手県・宮城県・福島県の沿岸部でラプラス大量発生イベントが行われました。 当時は最大CPがPL40で2980で設定されていたため、カイリュー対策に無類の強さを誇りました。 初の出現率アップイベントということもあり、多くのトレーナーが東北へ向かいました。 デイリーボーナス実装 11月18日より、デイリーボーナスが実装されました。 最初はやや物足りない印象でしたが、7日目ボーナスでは多くの経験値が貰うことができ、今では進化アイテムが確定でもらえるようになりました。 特にフーディンとサイドンに関しては1000以上の上方修正になりました。 この修正によって以前よりもバトルで使うポケモンの選択肢が増えました。 ジョウト地方のべビィポケモンが登場 12月13日より、第二世代のべビィポケモンが登場しました。 初となるタマゴでのみ入手できるポケモンということで、入手するのはかなりの運要素が絡んでいました。 特に、ブビィ・ムチュール・エレキッドが10km枠だったので、入手難易度が高めでした。 トゲチックを入手するには、トゲピーをたくさん孵化させる必要がありました。 年末年始イベント開催 12月26日(月)から、年末年始イベントが開催されました。 26日から1月3日まで1度しか使えない孵化装置が無料配布されました。 また、26日から30日までの5日間サンタピカチュウの出現率アップ、2017年の1月3日までべビィポケモンの出現率がアップしました。 ポケモンGOではやや不遇ですが人気は高いので、アメ集めには絶好のチャンスとなるイベントでした。 2017年 2月 バレンタインイベント 2月9日(木)から16日(木)までの一週間、バレンタインイベントが開催されました。 アメ2倍やルアーモジュール6時間に加え、ピンク色のポケモンの出現率が上がるといった内容でした。 目玉は激レアポケモンのラッキーでした。 この時の頑張り次第で、金銀実装後のハピナスの育成に大きな差が生まれることとなりました。 待望の金銀ポケモンが実装 バレンタインイベントが終了した翌日の2月17日の朝から、待望のジョウト地方のポケモンが登場しました。 新たなポケモンが84種類追加されたのと同時に、初代ポケモンの覚える技が変更されたり、進化アイテム・性別・新たなきのみなど多くの項目が追加されました。 技に関しては、2月22日(水)に再度調整が入りました。 「りゅうのいぶき」や「みずでっぽう」などの発動時間が元に戻ったことで再び人気が出ました。 ポケモンの誕生日 「ポケットモンスター赤・緑」が1996年2月27日に発売されたことを記念して、ポケモンGOでも2月27日からとんがり帽子を被ったパーティーピカチュウが登場しました。 3月6日までの1週間限定で登場し、ライチュウに進化させても帽子は被ったままと、サンタピカチュウと同じ仕様でした。 2017年 3月 熊本・大分復興イベント 熊本県と・大分県の一部の地域で、カビゴンが大量発生するイベントが開催されました。 イベント中は対象地域以外でカビゴンは出現しないので、多くの方が九州に向かいカビゴンを捕獲しました。 みずポケモン祭り 3月22日が世界水の日であることから、3月23日(木)から3月30日(木)の間にみずポケモンの出現率がアップしました。 陸上にラプラスが出現し、初の色違いポケモンとして金のコイキングや赤いギャラドスが登場したことで大いに盛り上がりました。 一方、初日の数時間は出現率が上がっていたミニリュウが、途中から一気に出現率が下げられてしまったのは残念でした。 2017年 4月 ポケモンのタマゴを探せ! 2017年は4月16日がイースターだったこともあり、タマゴにちなんだお祭り「ポケモンのタマゴを探せ!」が開催されました。 ラプラスなどの10kmタマゴ枠のポケモンが2kmタマゴから出現したり、昨年の感謝祭以来の経験値2倍イベントが開催されました。 この時までアメを溜めていた方も多く、一気にトレーナーレベルを上げる方も見られました。 また、金銀御三家が5kmタマゴから出現するようになりました。 近くにいるポケモンのサーチ機能が追加 海外ではすでに実装されていた、「ポケストップのちかくにいるポケモン」機能が実装されました。 しかし、ポケストップの近くにいないポケモンは対象外なので、本当に近くにいるポケモンが表示されないといったデメリットもある機能になっています。 トレーナーレベルによって個体値・技が変化 トレーナーレベルによって、ポケモンの個体値や技が変化する仕様になりました。 最終的に、トレーナーレベルが30以上であれば、同じポケモンを捕まえた場合のデータは同じです。 TL1~29の場合はすべてランダムになる仕様になりました。 この時アンケートを取った結果、55%の方がTL30以上という結果になりました。 2017年 5月 ゴールデンウイークイベント GW期間の4月29日 土 から5月7日 日 までの間、「ルアーモジュールコラボイベント」が開催されました。 全国のマクドナルド約2500店舗のポケストップが、6時から24時までルアーモジュールが使用された状態になりましたが、アンケートを取った結果、大多数のトレーナーは聖地でレアポケを狙うなど、普段通りのポケ活を行っていました。 くさポケモン祭り 日本時間で5月6日から8日にかけて、くさタイプのポケモンが通常よりも多く出現しました。 上記の画像のフシギダネが若干色が薄いことから、みずポケモン祭りに続き色違いが登場するといった話や、金のナッシーの画像が出回るなど情報が錯綜しましたが、通常のくさポケモンが大量に出現するイベントとなりました。 アドベンチャーウィーク くさイベント終了から10日後に、今度はいわタイプイベントが開催されました。 このイベントでようやくバンギラスを作れた方も多いのではないでしょうか! 2017年 6月 ほのお&こおりタイプのイベント 唯一2つのタイプが同時に出現率が上がったイベントになりました。 しあわせタマゴのセール・捕獲ボーナス3倍・タマゴ孵化でもらえる経験値が5倍になる内容だったので、経験値的にもおいしいイベントでした。 ヒトカゲやガーディ、ウリムーやラプラスなどの普段はなかなか出会えないポケモンが対象に多く含まれていました。 レイドバトルが登場! 6月23日から、待望のレイドバトルが実装されました! 難易度3以上は複数のトレーナーと協力しないと攻略が難しく、ボスポケモンを倒すとゲットするチャンスが貰えます。 難易度4ではバンギラス・カビゴン・ラプラスなど、レア度が高く強力なポケモンを入手できるため、一気に環境を変える要素となりました。 わざマシンなどの豪華アイテムが登場 レイドバトルに勝利することで、豪華アイテムが入手できるようになりました。 特にわざマシンの実装により、今まで一切変更できなかったポケモンの持ち技を変更することが可能になりました。 高個体値だけど技ガチャを外したために倉庫番になっていたポケモンたちが救済され、厳選の方法も個体値がより重視されるようになりました。 ジムシステムがリニューアル! トレーニング&名声システムが廃止され、常時ポケモンが6体配置できるようになりました。 また、同じポケモンが配置できなくなったり、やる気システム&ジムバッジの実装など新たなシステムも追加されました。 ショップでは「アニバーサリーボックス」が販売されましたが、1200コインと高価で中身が微妙なので購入する人は限られそうです。 シカゴフェス開催! シカゴでポケモンGOFEST開催! シカゴイベントの結果、伝説のポケモンの登場や経験値2倍・ほしのすな2倍・アメ2倍などのメダルボーナスが発生しました。 伝説のポケモンが登場 7月23日より、伝説のポケモンが登場! 第1弾としてルギアとフリーザーが登場、続いてファイヤー、最後にサンダーが実装されました! 2017年 8月 リアルイベント!ポケモンGOパーク開催! 8月9日~15日までの間、横浜のみなとみらいエリアで「ポケモンGOパーク」が開催! ヨーロッパ限定のバリヤードやアンノーンなどの激レアポケモンが登場したため、大賑わいのイベントとなりました。 GOパークで色違いピカチュウも登場 通常 色違い ポケモンGOパークのイベント対象エリアでは色違いのピカチュウが登場しました。 同時に色違いライチュウと、タマゴ限定で色違いピチューも登場しました! ポケモンGOスタジアムでミュウツーが登場 8月14日に横浜スタジアムにて 「ポケモンGOスタジアム」が開催! 伝説のポケモン「ミュウツー」のレイドバトルが実装され、参加者は確実にミュウツーがゲットできるという特典付きのイベントでした。 EXレイドのフィールドテスト開始! 9月7日からEXレイドのフィールドテストが開始されました! 最初のボスポケモンとして、ミュウツーが登場しています。 オータムイベント開催 9月23日から10月2日にかけて、秋イベントが開催! ほしのすな2倍や、スーパーふかそうちの実装、2kmタマゴからレアポケモンが出現といった内容です。 第三世代• 伝説のポケモン• おすすめ攻略情報• レイドバトル攻略• ジムバトル攻略• ランキング• データベース• 各世代別ポケモン図鑑• タイプ別ポケモン一覧• タイプ別わざ一覧• 初心者向け攻略情報• 掲示板•

次の