チャンネル登録者数 100人。 YouTubeチャンネル登録者数と収入の目安とは!? レベルごとに階級化

チャンネル登録者数1万人までの道のり

チャンネル登録者数 100人

チャンネル登録者と1か月の収入の金額の目安 YouTubeのチャンネル登録者数ごとの月間収入の目安 レベル チャンネル登録者数 1か月間の収入 概要 スタート ~100人 なし 体験入学 ビギナー 100人~ 数十円 初心者 ミドル 1,000人~ 1千円 初心者の中ではトップ 準アマチュア 1万人~ 5千~3万円 いよいよ中級者へ アマチュア 5万人~ 3~10万円 中級者レベル エキスパート 10万人~ 10万円~ 中上級者の域 準プロ 30万人~ 30万円~ 上級者へ プロ 50万~ 50万円~ 完全に専業 スター 100万人~ 100万円~ スター選手 神 300万人~ 500万円~ トップユーチューバー YouTubeにおけるチャンネル登録者数とその段階での1か月あたりの収入(月額報酬)の目安はこのようになる。 当たり前だが、ファンの数が多ければ多いほど大きな収益が入ってくる。 ユーチューバーが職業として認識されるようになった今日では、月収が数百万円というレベルになっている大物もいる。 >> 実際のところはチャンネル登録者数よりも再生回数や直帰率の方が広告収入の金額と直接関係するものの、固定客の目安を知る上では重要な指標。 チャンネル登録者数と再生回数は基本的に比例するからこそ、これら多いほどYouTubeにて獲得できる収入額が大きい。 1,000人以下は初心者 初心者レベルのチャンネル登録者と収入の目安 100人:初心者としてのスタートライン 300人:初心者の平均 500人:毎日数回は見てくれる視聴者がいる 700人:初心者の最終段階 YouTubeのチャンネル登録者数は1,000人以下というレベルは「初心者」に該当する。 まだ、多くの人が動画を見てくれているとは言い難い。 収入に関しても、広告を貼るための条件は満たせない。 Google AdsenseをYouTubeで利用するための最低基準が次のようになっている。 チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間• チャンネル登録者が 1,000 人 このように、チャンネル登録者数が1,000人に満たない数では広告すら貼れない。 もし動画を投稿する際にコストがかかっているのであれば、完全な赤字になるだろう。 スタート:100人以下 100人に満たない人はまだスタートラインに立っている状態になる。 ユーチューバーともいえるレベルではない。 ビギナークラスになる。 体験入学程度と考えてよいだろう。 これからどんどん頑張らないと、YouTubeで継続的に動画をアップロードすることすら難しくなってしまう。 ただし、「誰もが最初は初心者」という言葉がある通り、初めては例外なくみんなこのレベルからスタートする。 始めたばかりでチャンネル登録者数が少ないのは当たり前なのも確か。 恥ずかしいことでは決してない。 ビギナー:100人から 100人以上ならやっとビギナーに入る。 とはいえ、それでもまだまだ初心者であることには変わりない。 毎日のように動画をアップロードしている場合でも、このレベルならまだ「YouTuber(ユーチューバー)」とは到底言えない。 収入もゼロに等しい。 そもそも広告を導入できる条件をまだ満たせないエリアにある。 1,000人からは中級者へレベルアップ 中級者の基準となるのはおそらくYouTubeのチャンネル登録者数が1,000人以上になった場合になると考える。 この辺りになると、いよいよ収益を手に入れる方法が出てくる。 専業ユーチューバーとして活動するのは無理だが、ちょっとした副業としては条件を満たすはず。 中級者レベルのチャンネル登録者と収入の目安 1千人:初報酬、いよいよ中級者 5千人:小学生の1か月のお小遣い 1万人:中学生・高校生の1か月のお小遣い 5万人:子供たちがもらうお年玉くらい 7万人:大学生のアルバイト代くらい ミドル:1,000人から チャンネル登録者数が1,000人に達すれば、YouTubeの動画に広告を貼れる条件を満たす。 したがって、広告収入が獲得できるようになる。 このレベルは「ミドル」といえるだろう。 初心者の範囲は卒業していよいよ中級者の仲間入りを果たすこととなる。 ただし、収入の金額は1か月あたり数十~数百円程度に過ぎない。 まとまった収益額とは言えない。 準アマチュア:1万人から 1万人のチャンネル登録者数を獲得すれば、いよいよ「アマチュア」の領域へと突入する。 副業として、あるいはお小遣い稼ぎとしてYouTubeに動画配信を行っていくのであれば、概ね十分な金額になってくる。 最低でも中学生や高校生のお小遣いの金額にはなるはず。 最近は小中高校生でも自称ユーチューバーとして頻繁に動画を載せる人たちが増えているが、おそらくほとんどの人達はこのレベルで満足する。 学生としては満足のいく収入が獲得でき、再生回数もまとまった数値になるためだ。 アマチュア:5万人から 5万人を超えてくると、数万円の収益が入る。 高校生までの学生ならここまでくると100%満足するに違いない。 大学生のバイト代くらいの金額になる。 大学生としてユーチューバーを目指している人も、この領域に突入すると報酬の面では概ね満足するの行くものになる。 アマチュアユーチューバーとしては1つのゴールにもなるかもしれない。 ただ、専業ユーチューバーを目指しているのであればまだまだ上がある。 ここで満足して動画の投稿を怠るようになってはいけない。 あくまでも趣味や楽しみとしてYouTubeに動画を投稿している人だけがゴールに設定できる水準。 つまり、「アマチュア」として活動する場合の最終目標になるという意味だ。 エキスパート(中級者の上位) 中上級者レベルのチャンネル登録者と収入の目安 10万人:パート社員の1か月分の給料くらい 20万人:大卒初任給くらい 30万人:中堅社員の基本給くらい ここからは本格的にYouTubeへの動画投稿による収入で暮らしていくことを目指している人の1つの目標になるレベルになる。 チャンネル登録者数が十数万単位になってくると、月額報酬も最低限度の生活ができるくらいのものになりやすい。 ユーチューバー界でもある程度は名前が知られるようにもなる。 エキスパート:10万人から YouTubeのチャンネル登録者数が10万人以上になると「エキスパート」のレベルと判断できる。 中級者では上位ランクになってくる。 広告による収益も月10万円から20万円ほどは入ってくることが多くなる。 再生回数によっても異なるため、正確な目安とまではいかないものの、平均だとパート社員から正社員の1か月分の基本給並みになる。 ちょっとした有名ユーチューバーともいえる。 ここまで達成できる人は少ない。 ほとんどの人はこの手前で終わってしまい、いつの間にか動画をアップしなくなる。 個人で取り組んでいる人なら、ここを1つのゴールとして考えてもいいかもしれない。 しかも、エキスパートレベルになると再生回数が伸ばすためのコツも身についてくる。 ただ、UUUMに所属していて世間一般で広く知られているような有名ユーチューバーの一員になりたいという気持ちがある人なら、もっと上を目指したい。 プロユーチューバー、それは50万人から 上級者レベルのチャンネル登録者と収入の目安 50万人:正社員の1か月の所得 100万人:会社役員、上場会社の管理職クラス 200万人:大衆車1台分、大企業の役員クラス 300万人:中位クラスの自動車1台分 400万人:高級国産車1台分 500万人:高級外車1台分、億万長者 チャンネル登録者数が50万人以上からは「専業ユーチューバー」になってもOKな領域になる。 獲得できる収入も正社員の基本給とボーナスを含めた1か月あたりの給料と同じ程度かそれ以上になる。 ユーチューバーとしての1つのゴールにもなる目安ともなる。 プロユーチューバーとしても名乗ることができるだろう。 どんな動画を投稿していようと、YouTubeにおける成功者なのは確か。 プロ:50万人 チャンネル登録者数が50万人に達成すれば、収入は小さく見積もっても1か月あたり30万円になると考えられる。 サラリーマンの1か月分の給料を獲得することができる。 生活もおおむね支障なく遅れるレベルになるはず。 このレベルに達すればもはや「プロ級」と判断できる。 専業ユーチューバーとして動画の投稿で食っていく1つの基準にもなる。 「好きなことで、生きていく」というキャッチフレーズがあるが、これを実現できる最低限の目安もチャンネル登録者数=50万人という数値ではないか。 上級者のボーダーラインもこの辺りになると考える。 今後はYouTubeへの動画の投稿を辞める理由が見当たらない。 毎日あるいはそれに匹敵するくらいの頻度でアップロードしていくのが好ましい。 そして、クオリティーの高さもこの領域では追求される。 テレビ番組並みの編集力も問われる。 100万人はもはや有名ユーチューバー チャンネル登録者数が100万人に達したのであれば、それは完全100%有名ユーチューバーの証拠になる。 顔出しで動画を投稿している場合、街中ではだれか知らない人から声掛けされる目安にもなる。 簡単に言えば芸能人レベルともいえる。 収入は毎月100万円以上は入ってくる。 最低でも軽自動車1台分の金額が収益として入ってくるため、いつでも好きなものを買える人生が送れる。 チャンネル登録者数が300万人を超えると、有名中の有名ユーチューバーになるだろう。 あなたを知らない人はほとんどいないと言っても過言ではない。 1か月に普通車1台分は余裕で買えるほどの金額にはなる。 しかも、収入源はYouTubeへの投稿だけではなくなるだろう。 企業とのタイアップもかなり多くできる。 先方からオファーが殺到する目安にもなる。 もはや「神」の領域とも言える。 流れる広告の種類によっても収入は変動 YouTubeにおける広告収入は視聴者の元で流れる広告の種類、表示回数、クリック回数によっても変動する。 大きく分けて、YouTubeでは以下の種類の広告が配信される。 インストリーム広告• オーバーレイ広告• サイドバー広告 これらの3つが誰もが目にする媒体。 YouTuber(ユーチューバー)にとっては貴重な収入源。 チャンネル登録者数が多いことに越したことはないが、以下の3つでは得られる金額の大小が変わってくる。 インストリーム広告 最も広告収入が多いといわれるのがこのインストリーム広告。 インストリーム広告とは、 ある動画が再生される前または再生途中にて全画面で流れるCMのことです。 CMの長さは短いもので5秒、中ぐらいで15秒、30秒、長いものだと1分から3分ほどで広告配信主によってバラツキがある。 「スキップ」ボタンが付いていてCMが流れ始めてから5秒後に飛ばせるものとスキップ不可で完全に飛ばせないものがある。 後者の場合だとCMが一旦流れはじめると15~30秒ほど待たないといけない。 動画の本篇が流れるのを止めてまでCMが出現する性質上、広告配信者によっては宣伝効果が高く、さらにYouTuberへ入る収益の金額も3つの中で最も大きい。 特にスキップ不可の広告、2回連続で流れる広告は収益額はそうではない媒体よりも高い傾向。 しかし、視聴者にとっては「邪魔」と感じることが多い媒体でもある。 特にスキップ不可のもの、CMが2回連続で流れるものは不評。 YouTuberにとっては「神」の存在で、視聴者によっては「邪魔物」なのがこのインストリーム広告ではないか。 オーバーレイ広告 オーバーレイ広告とは、 動画の下のエリアに出現する広告のこと。 しかし、しばらくすると再度登場してくる。 テキストのみのタイプ、画像のタイプ、簡易的な動画(アニメーション)のタイプがあるが、いずれも動画の下に表示されるという点では同じ。 ほとんどのオーバーレイ広告ではクリック報酬型となっている。 視聴者が広告をクリックして広告のウェブサイトへアクセスすることで収入が生まれる。 インストリーム広告に比べるとクリックされた分しか報酬が出ないのが多いため、収益性はやや低い。 しかし、動画の再生時間が長いものだと短い動画に比べてクリック率が上がり、まとまった収入につながる。 サイドバー広告 サイドバー広告とは、PC画面では右側(サイドバー)の関連動画一覧の上側、スマホ画面では下側の関連動画と動画本篇の間に表示される広告のこと。 視聴者の目線上に位置する動画本篇上の位置ではないために視認性が低い。 オーバーレイ広告と同じくクリック報酬型が多いものの、サイドバーにあることでクリック率は低い。 YouTuberにとって収益性が悪いことから、あまり重要視されてはいない。 一方で関連動画を豊富に出しているYouTuber、そもそも再生回数が多いYouTuberには広告をクリックするポテンシャルの母数(視聴者数)が多いため、サイドバー広告から獲得できる収入も少ない金額ではないはず。 また、サイドバーに表示される広告と関連性のある内容の動画をアップロードしている場合は、そうではない動画よりもサイドバー広告のクリック率が高い。

次の

最速で行く!YouTubeチャンネル登録者1,000人までの道

チャンネル登録者数 100人

どうも、マスクド・ニシオカです。 約半年前に始めたYouTubeへの動画投稿ですが、このたびやっとチャンネル登録者が100人を越えました。 もちろん有名なユーチューバーなんかに比べたら桁が4つも違いますし、はっきりいって ウンコちゃんレベルなのはわかっていますが、全く知識のないところからコツコツやってきたことなので、100人を越えたときは単純に純粋にPCの前でガッツポーズをとって喜びました。 会社を辞めて再就職もしていない主夫としては、そんな「金にならないこと」をしている暇があったら、アルバイトでもして生活費を稼ぐべきだとは思います。 実際YouTubeの収益化のルールが変わって、チャンネル登録者1,000人以上じゃないと収益化すらしてもらえなくなりますので、100人で喜んでいる場合ではありません。 しかし! それでも今回、YouTubeのチャンネル登録者が100人を越えたことを、喜ぼうと思うのです。 世間的にはダメ人間と思われるかもしれませんが、自分のことを褒めてやろうかと思うのです。 そして、もっと上を目指そうと思うのです。 会社で褒められることが馬鹿馬鹿しくなる (かなり関係のない話のように思えますが、ちゃんと繋がっていますので・・・) これまで20年以上会社勤めをして、それなりに真面目にやってきたので、たまに会社の偉い人から褒められることもありました。 (数えれる程度ですが・・・)• 社内プレゼンの内容を褒められて• 担当した企画が成功して褒められて• 責任者を務めた現場の数字がトップになって褒められて そりゃあ嬉しくないといえば嘘になりますが、いつからか心から喜べない自分がいました。 もちろん社会人ですから嬉しい演技はしていますが、本当に心から喜んでいるわけではなく、酷いときには馬鹿馬鹿しく感じるときでさえありました。 例えば現場(スイミングスクールの)責任者を務めていたとき、クリスマスの時期に普通に考えればスタッフがサンタの格好をして、お客さんの9割を占める子どもにプレゼントを配ったりするのですが、 「子どもがクリスマスに何かもらえるのは当たり前、それよりも子どもをプールまで連れてきてくれる親に何かプレゼントしよう」と考え、自腹(良い子はマネしちゃダメ)で子どもに配るお菓子より、ちょっとだけ高いお菓子を買って、保護者に日頃の感謝の気持ちとして配ったことがあります。 いろいろと面倒くさいので、会社には何の相談もせず行いましたが、あとでややこしくなるのはイヤなので、簡単な事後報告だけはしていました。 それを他の現場の誰かが嗅ぎつけて会議の場で取り上げてくれて、会社の偉い人からみんなの前で褒めてもらいました。 もちろん、嬉しくないとは言いません。 でも、それが目的じゃないのです。 会社に褒められたいからやったのであれば、ガッツポーズです。 でも、喜んでもらいたいのはお客さんです。 なので、あまりよくわかっていない会社に褒められても・・・なのです。 でも、元の会社はそうじゃなかったのです。 お客さんを大事にすることが優先順位のトップだったのに、会社が大きくなって考え方が変わり、「偉い人に気に入られることが、会社で偉くなる方法」となり、いつしか「お客さんから褒められること」よりも「偉い人に褒められること」の方が優先順位が上になりました。 その考えについて行けなかった自分は、会社から褒められても嬉しくもなんとも思いませんし、そこに感じる「ほら、褒めてあげてるよ!喜んで!」みたいな空気に対して、馬鹿馬鹿しく感じていました。 スポンサーリンク YouTubeのチャンネル登録に利害関係はない 少なくとも自分がいた会社には利害関係(というのが正しいのか?)がありました。 というか世間一般の会社では当たり前のことですかね? 上司に気に入られるために部下や同僚を犠牲にしたり 本当に凄いと思っていないのに、気分を乗せて扱いやすくするために褒めてみたり 自分は気に入らない部下だけど、上司のお気に入りだからすり寄ってみたり こういう環境に身を置くと、本心で褒められているのか利害関係のために褒めているのか、自分にはわかりませんし、わかってそれに乗ることもできません。 しかし、YouTubeのチャンネル登録に利害関係はありません。 いや、深読みすればあるかもしれませんが、自分のような弱小チャンネルにすり寄っても何のプラスにもなりません。 だから自分が編集した映像を純粋に面白いと感じて、「登録ボタン」を押してくれた人が100人いると純粋に思うことができます。 たったの100人ではありますが、褒められることを純粋に感じられる100人なのです。 そんなに大げさな話じゃないけれど・・・ ここまでちゃんと読んでくださった方は、「そんなに大げさな話じゃないだろ」と呆れることでしょう。 それが普通です。 ですがYouTubeのチャンネル登録者数に限らず、このブログを読んで下さっている方にも、どこかで「本当に役に立ったり面白いと思っているぅ~?」 と軽くではありますが、思っている自分がいるのです。 これを世間では人間不信というのであれば、立派な人間不信です。 (違う?) しかし! 今回チャンネル登録者が100人を越えたことを機に、もうそういう考え方はやめよう!と、それでも考えてしまうだろうけど、信じよう!と決めました。 たかだか弱小ブログとウンコレベルのYouTubeで何を・・・と思われるでしょうが、人から褒められることを出来るだけ素直に受け取ろうと思う、いや!思うじゃない!受け取ります!だ。 最後に とりあえずここまで無料ソフトで編集してきましたが、このブログのアマゾンアフィリエイトで稼いだポインがそこそこ貯まっていたので、有料ソフトを買ってみようかと思ってみたりしております。 でわ、股!! クリックしてもらえると助かります。 maskednishioka.

次の

YouTubeチャンネル登録者数と収入の目安とは!? レベルごとに階級化

チャンネル登録者数 100人

長くなったのでまず結論だけ書いておきます。 でチャンネル登録者100人を超えるには「面白い動画を投稿すること」 この一点です。 以下、登録者100人突破する過程だとか、それまでに色々試したこと・考えたことなどを書いていきます。 こんばんは、のチャンネルを本格的に運営しだして半年ほど経過し、ようやく チャンネル登録者100人を突破したすやすやです。 今回は、YouTuberになりたい方のために、でチャンネル登録者100人を超える方法について話していこうと思います。 youtuberとなり収入を得るためには、 パートナープログラムの審査に合格する必要があります。 その 条件として、「 チャンネル登録者数が1000人以上」と「 過去12ヶ月間 の総再生時間が4000時間以上」この2つがあります。 (2018年2月時点) 本当は「チャンネル登録者数1000人を目指すためには」という路線で記事を書きたいのですが、まだ未達なので、まずは100人を目指すという内容で記事を書きます。 チャンネル登録者100人は簡単か まず初めに皆さんは、チャンネル登録者100人のYouTuberと聞くとどんな印象を持つでしょうか。 おそらく多くの方が「無名」だとか「新人」、よく言われる言い方をすれば「下層YouTuber」「 底辺YouTuber」といったイメージを持つと思います。 私も動画投稿を始めるまではそのような考えでした。 有名YouTuberのチャンネル登録者数を見てみれば100万だとか500万とかとんでもない数字が出てくるので、それに比べれば100人なんてすぐ達成するだろう、そんな風に思ってました。 しかし、全体で見て、チャンネル登録者が100人を超えているチャンネルというのは、5%しかないそうです。 私の場合ですと、チ ャンネル登録者が100人超えるのに約半年かかりました。 その間に投稿した動画の総数は150本にものぼります。 ちなみに、ほとんど100再生も超えてないような動画ばかりです。 このような錯覚は、おそらくやインスタグラムなどののフォロワー数の感覚を持ってチャンネル登録者というものを考えるからだと思います。 しかし、には相互フォローやフォローバックという文化はありません。 チャンネル登録してもらうということは、フォローされるということよりも とても難しいことなのです。 【正確には、相互チャンネル登録といって動画投稿者同士でチャンネル登録しあっている人もいますが、なので垢BAN(チャンネルを運営停止)されるリスクがあります。 オークションサイトなどで、チャンネル登録者を販売している業者というのもありますが、これも垢BANリスクは免れません。 そもそも、このような方法でチャンネル登録者を水増ししても動画の再生数が増えません。 YouTuberは動画を再生してもらって、その間に表示される広告から収入を得ているので、再生数が稼げないのであれば結局意味がありません。 】 また、ネットで「 チャンネル登録者 増やす方法」などと検索すると様々な情報が出てきます。 一部紹介すると、対策で「チャンネルの説明を500字程度書きましょう」だとか「動画の概要欄を2000字書きましょう」「概要欄にチャンネル登録リンクを貼りましょう」「終了画面を設定しましょう」「良いカメラやマイクを買いましょう」「オープニングとエンディングを作りましょう」「毎日投稿しよう」「最低でも週1は投稿しよう」「サムネをで作りましょう」「を活用してアクセスアップを」などなど他にも色々ありますがこのへんで。 私も自分のチャンネルを大きくするために、これらを参考に様々なことを行いましたがほとんど効果はありませんでした。 10000再生取れれば、チャンネル登録者100人行ける 私がチャンネル登録者100人を超えるきっかけになったのはこの動画ですが、 この動画を投稿した 当時、チャンネル 登録者は30人程度でした。 また、 動画投稿に対する意識改革も行って、今までは「自分が楽しんでるところを動画にしよう」だったのに対して、「自分も楽しみつつ 視聴者が面白いと思う動画を作ろう」という風に意識を変えました。 忘れた頃にバズる 路線変更して、1本目の動画も100再生程度で全く伸びなかったのですが、 このシリーズ2本目の動画の再生数もアップしたその日は100再生程度、視聴者が増えそうな金土日を過ぎても300再生程度でした。 それでも今まで投稿していたゲーム実況動画に比べれば初動から勢いが違いましたので、このままこのジャンルの動画を投稿し続けていけば、以前よりはもっと早くチャンネルを大きくすることが出来そうだ。 そんな自信がありました。 その日に 1000再生超え、次の日には1900再生超え、また次の日には 5800再生超えを記録。 コメントも「何これ面白い」「(再生数)伸びてほしい」等たくさんついていました。 (バズった!この動画、まだまだ伸びるぞ!)そう確信しました。 その後も1日に1500~2000再生ほどされる日が続き、ついに 10000再生を突破しました。 再生数の増加とともにチャンネル登録者も増え(1日10人づつくらい)、10000再生突破と同時に チャンネル登録者100人も突破。 またその3日後にはチャンネル登録者200人超え(2018年6月24日現在)、を記録しました。 結果として、 路線変更してから 約1ヶ月で170人ほど 急増したということになります。 後日アナリティクスを確認してみると、関連動画から多くのユーザーがしていることがわかりました。 関連動画から約10000再生• 検索で500再生• 機能(主にトップページ)100再生 正確な数字は覚えていませんがこのような感じでした。 このような例を見てもらうと、先程書いたような「概要欄を2000字書きましょう」みたいな小手先の対策はあまり意味がないことがわかると思います。 また、さきほどの動画も当時は「終了画面も設定していない」上に「高い機材も使っていません」。 「動画も10日に1本ほどしかアップしていません」さらには「サムネも作ってませんし」「やインスタグラムから私のチャンネルを見に来た人もほとんどいませんでした」 ネットで検索して得た知識・コツをガン無視しています(笑) ここまで見ていただいた所でまとめとして 結論を言わせていただくと チャンネル登録者100人を達成するには「面白い動画を投稿する」です。 ただ1つ、これだけです。 これが私の実体験です。 「面白い動画とは」についてはいずれ記事を書くかもしれません。 最後までご覧いただきありがとうございました。 おすすめ記事.

次の