アドセンス 効果的な貼り方。 アドセンスの広告ユニットを自動で挿入させる、効果的な貼り方と設定方法

ワードプレスの記事中に!アドセンス広告の貼り方や効果的な配置について

アドセンス 効果的な貼り方

こんな感じで、 赤枠内にアドセンスで取得したコードを貼り付けします。 貼り付けが完了したら、保存を忘れずに! これで投稿記事の下部にアドセンスが設置されました。 (ダブルレクタングル) 投稿記事の下部で2つのアドセンス広告が横並びにならなかった場合 ウィジェットのアドセンス広告用(A)と(B)の2つがあります。 2つにアドセンス広告コードを貼り付けした時に、 横並びにならなかった場合の解決手順を説明していきます。 《 サイト全体のレイアウト一括設定 》の項目の1番上、「 PC閲覧時のサイトの幅」の欄に「 1114」と入力します。 チェックが完了したら、保存を忘れずにクリックしましょう。 これで(A)と(B)のアドセンス広告が横並びになってます。 確認してみて下さい!! サイドバー広告 サイドバーにアドセンス広告を貼り付ける手順です。 上記で説明した手順と全く同じです。 アドセンスから広告コードを取得して、ワードプレスのウィジェットから「 カスタムHTML」でコードを貼り付けすれば完了です。 「 サイドバートップ」と「 サイドバーウィジェット」があります。 ここのアドセンス広告のサイズは、 336pxだと途切れます。 「 サイドバートップ」の場合は、 300pxがジャストなので、横幅が「 300px」のサイズを選択しましょう。 「 サイドバーウィジェット」に、横幅が「 300px」のサイズを貼り付けると途切れちゃいます。 縦の長さは、好みで大丈夫です! Googleアドセンスのスマホ用300px スマホ用も手順は同じです。 アドセンスから広告コードを取得して、「カスタムHTML」で貼り付けすれば完了です。 スマホは1つだけの項目なので、そのまま「300px」のサイズで、コードを取得して貼り付けして下さい。 スマホの場合、画面いっぱいに広告が表示されてしますとGoogleの規約違反に繋がるので気を付けましょう! Googleインフィード広告 インフィード広告というのは、記事内に紛れさせて表示させる広告です。 記事一覧のように、同じスタイルで表示されている項目の中にさりげなく追加できる表示方法です。 このインフィード広告も、ウィジェットエリアに項目があります。 アドセンスからコードを取得する際は、作成する広告の種類を「 インフィード広告」に選択してコードを取得して下さい!.

次の

AFFINGER5(WING)アドセンス広告の貼り方

アドセンス 効果的な貼り方

アクセスを集めることがアドセンスで稼ぐ基本ですが、だからといって適当なところにアドセンスを貼り付けていてはまるで収益は得られません。 貼り方にもコツがあり、我流でやると失敗する可能性が高いです。 間違った貼り方をすれば、最悪アドセンスのアカウント停止が起きてしまうことも十分にあります。 安全かつ、最大限にアドセンスの収益を引き出すためにもぜひこの記事を参考にしてください。 僕はアドセンス歴7年、アドセンスのみで生活しているので、信頼できるかなと思います。 実際に僕が設置しているアドセンスの場所と、そこに貼る理由を解説していきます。 ちなみにアドセンスを始めたばかりの頃は、サイドバーのみに貼っていて1日に50~100円程度のものしかありませんでした。 あまりにもやってられないと思ったある日、アドセンスの設置場所をヘッダー下、記事本文の真上、「続きを読む」の真下の計3ヵ所に貼ったところ、いきなり1日600円から1000円に跳ね上がりました。 やはり設置場所を考えるのは、アドセンスでは欠かせない要素です。 ぜひ今回の記事を参考に、どこに広告を貼るのか考えてみてください。 もくじ• 効果的な貼り方 広告サイズは大きめを選んで目立たせる やはり広告をクリックしてもらうためには、目立たせる必要があります。 そのためには大きいサイズの広告を選んでいくことになります。 300x250よりも336x280のサイズを選ぶようにしてください。 最近では「自動サイズレスポンシブ」という広告によって自動でサイズが切り替わるタイプのものが追加されたので、そちらでも構いません。 またテキスト広告よりもディスプレイ(画像)広告のほうが、サイト閲覧者の目を引くので、広告タイプは「ディスプレイ広告のみ」を選択するようにしましょう。 サイト訪問者さんがせっかく自分のサイトに来ているチャンスなのに、広告に気づいてもらえなければ押してくれるかどうかの機会さえなくなってしまいます。 大きめのサイズを選んで、広告は画像タイプのものにする。 これを守るようにしてください。 設置場所はサイト上段に貼るように サイト訪問者さんの7割は、サイトを最後まで見ることなく離脱すると言われています。 すなわちサイトから出ていかれる前に、アドセンスの広告を見てもらう必要があるわけです。 サイトを見る流れとして、トップのヘッダー、記事タイトル、そして記事本文を下にスクロールしてみていくわけです。 つまりヘッダーと記事タイトル周辺、記事本文の上のほうにアドセンスを貼るのが効果的だと言えます。 フッターや記事本文の終わりにアドセンスを貼っても、この7割の人たちからは見てもらえないため、あまり効果的ではありません。 なのでサイトの上のほうにアドセンスを貼るように意識してください。 とにかく閲覧者さんにアドセンスの広告を見てもらう機会を増やすことです。 パソコンからだと2カラムのデザインなのに対し、スマホから見たら本文のみの1カラムで表示されていることが大半です。 なのでパソコンのみを考慮したアドセンスの貼り方だと、2カラムのサイドバーにアドセンスを設置している場合があります。 これだとスマホから見た場合、1カラムに自動切換えしているので記事本文よりも真下にサイドバーが表示され、アドセンスが下のほうに表示されていることになります。 アドセンスをクリックしてもらうなら、なるべくサイト上段へ。 それはスマホユーザーに対しても同じなので、スマホから見た時のアドセンスの設置位置も意識するようにしてください。 要するにサイドバーにアドセンスを貼るよりも、ヘッダーと記事タイトルの間、記事本文中にアドセンスを貼ったほうが良いということです。 また記事本文中に貼る時も、文章とアドセンスの間が狭くなりすぎないように3~5行程度の幅を空けておく必要があります。 そうしないと閲覧者さんがアドセンスを、サイトのコンテンツと誤解してクリックしてしまう可能性があるからです。 誤クリックを促すような行為は当然、グーグルも認めていません。 くれぐれも誤クリックさせるような貼り方はやめてください。 間違ってもアドセンスを貼ったところに、「ここの広告をクリックしてください。 」なんて書いてしまわないようにしてください。 警告なしで即刻アカウント凍結される行為です。。 まとめ アドセンスの貼る位置で収益の差は2~3倍ほど違う サイドバーや本文の終わりの広告を貼ることが無難とも言われていますが、それではクリックしてもらえません。 アドセンスで稼ぐためにサイトを運営している以上は、クリックしてもらわないとモチベーションが続きません。 僕は5年ほど「記事の目次下、冒頭下、記事本文の最後」の計3ヵ所にアドセンスを設置して稼いでいて、これがアドセンスで最大限稼ぐための設置場所だと思っています。

次の

【要注意!】グーグルアドセンスの効果的な配置方法を図解

アドセンス 効果的な貼り方

・グーグルアドセンスの収益が上がらない ・配置場所や個数、種類に悩んでいる ・広告を自由な場所に貼りたい といった方の悩みを解決するために本記事は作成しています。 グーグルアドセンスの合格方法については、こちらの記事をご参照ください。 グーグルアドセンスの収益は、 配置や広告の数、種類で大きく変わります。 しかし、ネットに出回っているアドセンス広告の貼り方は古い情報も多く、僕自身どうするか悩んでいました。 そこから、ツイッターでブロガーさんからアドバイスをもらったり、高い収益を得ている方の分析を行い 配置を大幅に変化させた結果、 収益を大幅に上げることに成功しました。 本記事では、そんな クリック率を上げて収益を伸ばす広告の貼り方を紹介していきます。 Google Adsenseで作った広告のコードを貼り付ける• 広告を表示したいページにチェック Postsならサイトの記事内、Homepageならサイトのトップページ• 配置の設定です。 他のオススメプラグインについては、下記で紹介しています。 アドセンス広告を考える際に忘れてはいけない事 今回は、アドセンス広告についてお話させていただきました。 アドセンス広告の配置は、収益に直接繋がってくるところなので色々と工夫する必要があります。 ただし、その際に必ず頭の片隅に入れておきたいことがあります。 それが、 ユーザーがブログを読むのを阻害しない広告配置の徹底です。 アドセンス収益は、ユーザーがサイトに訪ねてきてくれてこそ発生します。 ですから、ユーザーの離脱率を上げるのは得策ではありません。 「 ユーザー第1」を忘れずブログを楽しんでいきましょう。 ブログの運営法については下記でまとめています。 ぜひ、ご参照ください。

次の