ハグ ヒーリング。 【極嬢エステ体験談】代々木『Hug Healing School ハグヒーリングスクール』~メンズエステをもっと好きになる!抱きしめられる幸せなぬくもり♡~

【極嬢エステ体験談】代々木『Hug Healing School ハグヒーリングスクール』~メンズエステをもっと好きになる!抱きしめられる幸せなぬくもり♡~

ハグ ヒーリング

ページコンテンツ• 春乃はるかさんとは? まず、春乃はるかさんはメンズエステ業界では有名なUno先生の考案したハグヒーリングの認定セラピストさん。 メンズエステ大好き!と公言するセラピストさんは貴重な存在。 ・ゆっくり眠りたい ・たまには愚痴も言いたい ・ストレスを解消しリフレッシュしたい ・大切にされたい ・誰かに甘えさせてほしい そんな気持ちをハグヒーリングは優しく包み込みます。 母なるセラピストに誘導され、大人から子供へと戻る。 懐かしいあの感覚を思い出し、心も身体も安らかに緩めてください。 在籍店では講師も兼ねており、若いながらも経験豊富な彼女の魅力は技術だけでなく、明日元気に頑張れる力を与えてくれます。 印象的で美しい瞳はUnoも度々見とれて会話を忘れてしまいます。 ハグヒーリングを体験した感想 はるかさんにお会いしてみて、ハグヒーリングを受けて個人的に感じたこと。 「安心感と抱擁感」が凄かった! とにかく心身ともに癒されるのだが、その癒しの深度が深い。 どう表現しても体験してみるのが一番わかりやすいのですが、個人的な感覚で紹介するとこんな感じ。 何も気にせずこちらは楽しく、癒され、ドキドキ感も味合わせてもらったが、 日々の努力が凄いのだと後々気づく。 安心感と抱擁感、体験されれば「あ~言ってたのはこの感じね!」となるはず。

次の

【実体験談】恵比寿 LeCiel

ハグ ヒーリング

繋がりとは? Uno. 先生「繋がりというのは、技と技を繋ぐ技や、トリートメント内容の組み立てを指します。 例えば脚から上半身に移動するとき、移動もトリートメントの内とハグヒーリングでは考えています。 」 脚から上半身への移動 Uno. 先生「移動してみます。 まず外側の膝をお客様の足首まで下げて、両脚でぎゅっとお客様の脚を挟みます。 外の膝でお客様の腓骨のライン、お膝は圧を緩めて、太ももの外側のライン、そしてお尻は仙骨のラインを狙って、膝で強擦しながら、マッサージ感を出して進みます。 」 内容の組み立て Uno. 先生「内容の組み立てについては、ハグヒーリングではお客様が楽しんで受けてくれる工夫をしています。 例えば、片方の足が終わると、もう片方の足はひとまず置いておいて、上半身の背中やお尻のトリートメントを先にします。 その後、また足に移り、また上半身へと。 なぜそうするかというと、脚はお客様から一番遠い位置ですよね。 お話もしづらいし。 それにメンズエステ的に言えば、ドキドキ感の演出もあります。 お顔が近い上半身のほうがドキドキ感がありますよね。 ドキドキとリラックスを交互に入れていくことで、最後まで飽きさせない、充実したトリートメントになります。 」 『繋がり』について Uno. 先生「技と技の繋ぎをスムーズにすることで、トリートメントが途切れることなく展開されていいきます。 まるで物語のようなトリートメントですね、とお客様に言われたことがあります。 次々と飽きさせず、止まることなく、続くトリートメント。 そのためには繋がりがとても大切になってきます」.

次の

ハグヒーリング レッスンDVD 販売中

ハグ ヒーリング

タオル越しで背中に体重圧をかける体勢 Uno. 先生「まずは、姿勢から。 膝をついた状態でしっかりと開き、下半身を安定させましょう。 下半身が安定することで、圧が入れやすくなったり、ブレづらくなったりします。 脊柱の横についている筋肉(脊柱起立筋)に圧をかけていきます。 押す圧と書いて押圧 おうあつ と言います。 押圧のポイントは手で押そうとせず、体重を乗せる、というところです。 」 押圧の練習の仕方1 Uno. 先生「手や腕の力を抜きづらい方は、おへその下あたりの丹田(たんでん)というところに力を入れてみましょう。 また、それでも力が抜けないと感じる方は、人の身体ではなく、マットに手をついてみてくだい。 ポイントはマットを押すのではく、手をつくというところです。 何度か手をついて、離してを繰り返してみてください。 その感じで人の身体を間に挟んでいきましょう。 この場合やりやすいのは足ですので、ふくらはぎで練習します。 マット、マット、ふくらはぎ、マット、マット、ふくらはぎ、マット、ふくらはぎ、マット、ふくらはぎ、ふくらはぎ、ふくらはぎ、またわからなくなったら、マットに戻してみてください。 こうやって練習するといい具合に力の抜けた押圧に仕上がってきますよ!」 押圧の練習の仕方2 Uno. 先生「また座った状態で自分の太ももを使っても練習できます。 太ももに手を置いて、身体を前に倒します。 このときも手をつくという感覚で行いましょう。 違いを分かるために、まず手の力でぎゅーっと押してみるのもいいですね! 手でぎゅーっと押したときの太ももの感覚と体重を乗せて押圧したときの感覚、比べてみてください。 手に力をいれて押したときは皮膚のつっぱりや押しつぶされる感がありますよね。 それに比べて体重を乗せいたときは、皮膚を超えて奥の筋肉に自然にアプローチがきている感覚がありませんか? これは私の感覚ですので、皆さんも皆さんなりの違いを感じてください。 」 圧入れるときの加減について Uno. 先生「押圧をかけるときに、どのくらい圧をかけていいのか分からない、難しいとよく聞きます。 その場合は、まずはお客様の背中の硬さに意識を向けてみましょう。 まずは手をセット。 脊柱の横にある脊柱起立筋を押圧します。 フラットな状態から前に身体を傾けて徐々に体重を乗せていきます。 このときに自分が押している筋肉を感じてみてください。 どれくらい沈むのかな?と考えながら、筋肉が潰れてしまう直前を意識します。 これ以上押したら潰れる、というところで筋肉も反発があると思いますのでストップ。 潰れるイコール痛い、と最初は目安にしておくとよいと思います。 自分の身体でもできますね。 ぎゅーっと痛気持ちいところまで筋肉をつまんでみてくだい。 自分では気持ちいい圧がわかりますよね。 そこからさらにぎゅーっと筋肉をつまみます。 そうすると筋肉が潰される感じがわかりますか?痛いですよね。 この感覚を手に覚えさせていきましょう。 」 圧を抜くとき Uno. 先生「圧を入れたら、手を離して抜きますよね。 そのときにパッと手を離してしまわないように筋肉を感じながら圧を抜きます。 筋肉の戻りを感じると私はスクールでお伝えしています。 押したら、手を離すときに、筋肉の戻りと一緒について圧を抜いていきます。 そうすることで、筋の反発力を感じることもできますし、とても丁寧でリラックス効果の高い押圧になります。 押して、パっ、押して、パッという押圧が悪いわけではないですが、リラクゼーションなら最後まで丁寧に触れてもらえるほうがいいですよね。 」 『圧の加減』について Uno. 先生「圧の加減が何も考えなくても自然と出来るようになるには、ある程度の練習と経験が必要です。 最初はしっかりと筋肉に意識を向けて押圧してみてください。 お客様の身体は人それぞれ違います。 筋肉の硬さも反発力も。 そのそれぞれをたくさん感じて押圧することで、ぐんっと上達しますよ!」.

次の