下腹 痩せ ない。 お腹は腹筋で痩せない?効果的に痩せるための腹筋ダイエットと回数

お腹が痩せない原因を分析!実はそのやり方、間違いだらけです!

下腹 痩せ ない

ダイエットしているのに痩せない !原因は「間違った食習慣」 運動は毎日できない人でも、食事は毎日摂っているはず。 痩せるためには食事のコントロールが必要不可欠!とはいえカロリーばかりを気にして極端に食べる量を減らすダイエットは挫折しやすいし、そもそも間違った知識に振り回され て、かえって痩せにくくなっている場合も。 当てはまるものがないかチェックしてみましょう。 油脂だけを摂らないようにしても炭水化物やアルコールの過剰摂取は中性脂肪の合成を促し、体脂肪が増えやすくなります。 基礎代謝量(じっとしていても消費されるエネルギー量)を維持するためにも、『カロリー控えめの高たんぱく食 』を意識しましょう。 また、 水分やミネラルの不足も便秘の原因に。 そのほかハードなダイエットによるストレスから自律神経のバランスが悪くなると、便秘を引き起こしやすくなります。 特にお腹痩せを目指す人は極端に食事を減らすのではなく、野菜やきのこ類、玄米などで食物繊維をたっぷり摂取したり、ストレスを溜めないなどの対策も重要です。 便秘を解消するためには積極的に摂りたい食物繊維。 でも胃 腸の働きが弱っているのに根菜類などに含まれる不溶性食物繊維を摂りすぎると、人によっては胃が痛くなったり便秘になってポッコリお腹の原因に。 お腹が空いて眠れないから、夜中に甘いものを一口だけ。 夜遅く食べると太ることは知っているけど、少量ならカロリーはそれほど摂っていないから大丈夫…なんて思っていたら大間違い。 夜遅くに食べると太りやすいだけでなく、 食欲中枢や睡眠、体温調節などを司る視床下部のリズムが乱れて、過食を引き起こす原因にも。 夕食を極端に減らすのではなく、腹八分目の食事を 3 食バランス良く摂り、理想としては 21 時以降は食べ物を口にしないよう心がけましょう。 最近増えている糖質ゼロ系の飲料や食品。 もしあなたが本当に痩せたいと思っているなら、ゼロ系食品に頼りすぎると痩せにくくなってしまいます。 理由は適度に糖質を摂取しないと、 いずれスイーツなどに手が伸びてダイエットに失敗する可能性が高いため。 ごはんや麺の半量を置き換えるなど、カロリーを減らしてボリュームを維持したい時などに上手に利用しましょう。 とはいえ、 お腹いっぱいになるまで食べる習慣から抜け出せなければ、痩せてもリバウンドする可能性大。 1 口につき 30 回以上噛んで食べるなど、食事量を減らしても満腹感を得られる工夫も忘れずに! 徐々に胃を小さくしていきましょう。 大量にかければ 1 食分のカロリーにも!分離タイプのドレッシング(和風やイタリアンなど)やノンオイルドレッシング、ポン酢などを利用して、摂取カロリーを控えるように気を つけて。 【水切りが不十分だと、油の付着率がアップ!】 サラダを作る時に気をつけたいのが、野菜の水切り。 余分な水分が残ったままだと、ドレッシングをかけた時に油の付着率が高くなるため、 油やドレッシングの摂取量が増える可能性が。 水洗いした野菜はキッチンペーパーで拭き取るなどして、しっかり水分を取り除きましょう。 休日も規則正しい生活を心がけて! 2. 腹筋しても凹まない!原因は「間違った運動法」 頑張って運動しているのに、ちっともお腹が凹まないという人は、やり方に問題があるのかも。 自分ではきちんとやれていると思っていてもフォームが乱れていたり、運動する時間や期間が短かったりと、やってるつもりだけの場合も…。 例えば腹筋運動の場合、 お腹周りの筋肉は、前後左右あらゆる方向に付いています。 一般的な腹筋運動の場合、 正面の筋肉(腹直筋)にしか働きかけないため、横腹についた贅肉には何の変化もなし…なんて事も。 体脂肪は身体全体から落ちるので、気になる部分の脂肪だけを優先的に減らせるとは限りません。 特に身体に脂肪がたっぷりついている場合は「食事のコントロール」と「運動」、両面からアプローチすることをお忘れなく! しかし意外と正しいフォームで行っている人は少ないとも言われています。 まずは自分のフォームを確認してみましょう。 【腹筋運動の正しいフォーム】 脚を固定した状態で腹筋運動をするのは NG。 腹筋以外の部分(太ももや股関節など)が使われてしまうため、お腹には効きにくくなってしまいます。 また、 仰向けになった時に床にべったり上体をつけたり、背筋を伸ばして起き上がるのも効果が半減してしまうので注意しましょう。 より多くの脂肪をエネルギーとして消費させるには、有酸素運動は必要不可欠! とはいえ、普段運動していない人に「毎日走りましょう」と言っても、長い時間走り続けられるはずもなく、辛くなって挫折…ということに。 しかも筋肉量が少ないと、有酸素運動をしても肝心のエネルギー消費量も多くは望めません。 運動経験のない人は、まずは軽い筋トレからスタートし、 30 分のウォーキングをプラス。 慣れてきたら途中でランニングを加えて疲れたらウォーキングするなど、歩きと走りを組み合わせて徐々に運動量を増やしていきましょう。 電車で立っている時、椅子に座っている時、歩いている時、上体をまっすぐに保ち、お腹に力を入れて腹筋を意識してみましょう。 日頃からお腹を使っているか、いないかで、ボディラインはかなり違ってくるはずです。 食事を改善して体脂肪を落とした場合は、もう少し早く効果が出るといわれています。 また、痩せたからといって運動を止めてしまうのは NG。 継続的に筋肉に刺激を与えないと、せっかく運動で高めた基礎代謝量をキープすることは難しくなってしまいます。 軽い運動でいいので、毎日の生活に上手に取り入れるよう心がけましょう。 ] 姿勢が悪い&運動不足の人は、上半身の筋肉が硬くて動かないため、姿勢を良くしようとしても下腹が出て背中が反るだけ…なんてことに。 筋肉が凝り固まったままでは、運動しても十分な効果は得られません。 まずはストレッチでお腹回りや背中、脇の筋肉をほぐし、凝りを取ることから始めましょう。 どれも簡単にできて気分もリフレッシュできるので、仕事の合間にやってみるのもオススメです。 お腹やせ&ダイエットの疑問 Q & A 食事や運動以外にも「体質だから」と諦めたり「思い込み」や「手軽さ」で間違ったやり方をしていることも。 ここではお腹痩せ&ダイエットに関するちょっとした疑問に、エステティシャン&テクニカルアドバイザーがズバリ回答!正しい知識を習得しましょう。 何をしても下腹が凹みません… A. 呼吸法で下腹筋を動かす訓練を! 腹筋運動や腹式呼吸を頑張っても、 おへその周りしか力が入らない人は、下腹筋を動かせていない可能性が。 下腹筋が動かないと下腹は凹みません。 関節と連結していない下腹筋は自分では動かしにくい筋肉なので、まずは呼吸法で動かす訓練をしてみましょう。 太いのは体質だから痩せられない… A. 生活習慣を変えれば痩せられます! 脂肪細胞は一旦増えてしまうと減ることはほとんどないといわれています。 特に子供の頃から太っていた場合、太りやすい傾向にあることは確かです。 でも 太る原因の多くは、日頃の食生活や運動量など生活習慣がほとんど。 原因を改善していけば、脂肪細胞の数は減らせなくても、太って肥大した脂肪細胞を小さくすることはできるので、全体的な体脂肪量は減少。 誰でも痩せることは可能です!全ては自分の努力次第。 頑張れば効果は必ず出るので諦めないで! Q. 痩せるサプリやお茶って効果がある? ついている脂肪は落ちない! 頼り過ぎると逆効果に! 飲むだけで痩せられるイメージから、人気の高いダイエット用サプリメントやお茶。 でも、それだけに頼っていては効果はあまり期待できません。 そもそも市販のダイエット食品は、 食べたものを脂肪になりにくくすることはできても、ついてしまっている脂肪を落とす効果はほとんどないため「サプリやお茶を飲んでいるから」と油断して食べ過ぎると逆効果に!あくまでもサポート用として利用しましょう。 運動は毎日やらないと効かない? 週 2 〜 3 回でも長期間続ければ OK ! できるだけ早く効果を出したい場合は毎日行うことが理想ですが、運動経験のない人や運動が苦手な人は週に 2 〜 3 回からスタートし、身体を慣らしていきましょう。 肝心なのは継続してやり続けること。 運動する時間がないという人は 「 エスカレーターより階段を利用する」「正しい姿勢を意識する」「大股で歩く」など日常生活の中でできることを続け、身体を動かす生活習慣を身につけましょう。 サウナや岩盤浴に定期的に行けば、痩せてお腹も凹む? A. 単に汗をかくだけでは体脂肪は落ちません! 汗の成分は 99 %が水分です。 汗をかく=体重が落ちる=ダイエット効果があると思い込みがちですが、 身体を動かさずに汗をかいても体内の水分が出ただけ。 むくみは解消できても、体脂肪を落とすだけの効果はありません。 ダイエット効果を求めるなら、サウナや岩盤浴中に下腹を使う呼吸法を行ったり、終了後にストレッチや軽い運動を!身体が温まった状態で行えば、エネルギー消費もアップしますよ。 補正下着やコルセットを付ければ、お腹痩せできる? お腹をむくませる可能性が! 補正下着やコルセットでお腹を締めつければ一見痩せたように見えますが、脱いだら体型は元通り。 脂肪が落ちるわけではないので、お腹痩せできるわけではありません。 特に 締めつけ感がキツいものは血流を悪くしてしまい、むくみにつながる場合も!即効性を求めず、地道にダイエットをして本物のスリムボディを手に入れましょう。 下剤を使えば痩せる? 脂肪が落ちるわけではありません! 便を排泄した分だけ体重は減り、お腹まわりがスッキリすることもありますが、体脂肪には影響しません。 そもそも下剤は便秘を解消するためのもので、ダイエットとして使用するのは大間違い。 乱用していると腸の機能が低下して慢性的な便秘になったり、低ナトリウム血症や低カリウム血症を引き起こし、健康を害することも! 下剤は薬です。 まずは自然なお通じが出るように食習慣や生活習慣を改善しましょう。 まとめ お腹痩せできなかった原因を色々ご紹介してきましたが、いかかでしたか? ダイエットのやり方や知識など、信じられていることが人によって合わなかったり、間違っていたりすることも多いもの。 身体の機能を正しく知り、正しいやり方で理想のボディを手に入れましょう。 また、お腹痩せしようと短期集中でダイエットしても生活習慣が変わらなかったり、痩せた後に食生活を戻してしまってはせっかくの努力が水の泡に…。 ダイエットに近道はありません。 太りにくい身体を手に入れたい!と思うなら、目新しさや手軽さに惑わされることなく 「規則正しい生活を送る」「バランスの良い食事を摂る」「適度な運動をする」といった【健康の常識】を実践し続けることが大切です。

次の

【下腹痩せ】痩せても〇〇を解消しないとぽっこり下腹は凹まない!その根本原因と毎日のセルフケア♪

下腹 痩せ ない

でも、それはあなたが悪いのではなく、体質的にしょうがない部分もあるんです。 人によって脂肪がつきやすい場所には差があるという研究があるので、あなたは下腹に脂肪がつきやすいだけなんです。 ということは下腹の脂肪さえ落としてしまえば、スタイルの良い痩せた体に見えるかもしれません。 下腹の脂肪を落とすなら筋トレだけではなく、食事も改善しなければいけません。 今まで様々なことに挑戦しても下腹が凹まなかった方向けに、下腹の脂肪を落とす食事と筋トレをご紹介していきます。 今度こそは成功させて、もうスタイルに悩まないような体を作りましょう! 目次• 下腹だけに脂肪がつく原因は個人差にあった 下腹だけ痩せずにポッコリしてしまう理由のほとんどが、下腹に脂肪がついているからです。 上半身は痩せているのになんで下腹の脂肪は落ちないんだろう…と悩んでいる方もいるはずです。 実は、私たちの体は人によって脂肪がつきやすい場所が違うんです。 人によって脂肪がつく場所は違う 女性はそもそも男性より脂肪がつきやすい体質です。 そして、人によって脂肪がつきやすい場所も違うんです。 出典: あなたが下腹だけポッコリしてしまうのには、体質が関係しているのかもしれません。 脂肪がつきやすい場所は脂肪が落ちやすい 下腹の脂肪は落ちにくいイメージがある方もいるかもしれませんが、研究によると脂肪がつきやすいところは落ちやすいとされています。 もしあなたが下腹だけやけに脂肪が多いな…と感じているなら下腹の脂肪は落ちやすいはずです! え、頑張っても全く下腹が痩せないんだけど、と思う方もいるかもしれません。 今まで頑張っても下腹が凹まなかった人は、少しだけ頑張り方が間違っていた可能性があります。 部分痩せはできないため普通にダイエットすると下腹は凹む 下腹痩せをしたくて頑張る人の大半が筋トレを頑張っていると思います。 しかし、筋トレをいくら頑張っても下腹の脂肪は減ってくれないんです。 部分痩せは非常に難しく、成功することはほとんどありません。 筋トレはあくまでも筋肉を成長させる方法なので、脂肪を燃焼してくれる効果はないのです。 だからと言って筋トレをしないでいると、代謝が上がらないので脂肪が落ちにくい体になってしまいます。 筋トレをするのは代謝をあげるため!と割り切り、をしましょう。 下腹痩せができる!スタイルが良くなる簡単な筋トレ13選 筋トレをすると代謝が上がって痩せやすい体を作ることができます。 そのほかにも体のラインを整え、スタイルの良い体を手に入れることが出来るので、下腹痩せには必須の運動です。 上半身は痩せてるから後は下腹と太ももが痩せられれば良いのに、と思ってる方が多いので、スタイルをよく出来る筋トレをご紹介していきます。 下腹痩せに効果的な腹筋の筋トレ 種目 回数 セット数 5回 3セット 10回 3セット 20回 3セット 10回 3セット 20回 3セット 20秒 3セット 20回 3セット ドローイン フィニッシュ• 足と肩幅よりも広めに開く• 胸の前て手を組み、お尻を後ろに引いてからしゃがむ 筋トレだけでは脂肪が落ちない!食事制限が必要な理由 下腹痩せをしようとすると、どうしても筋トレだけを頑張りがちです。 ですが、筋トレだけだと脂肪は落ちないので、食事制限が必要になります。 食事制限と聞くとツラい想像をしがちですが、下腹痩せにはツラい食事制限は必要ありません。 簡単に始められる食事方法をご紹介するので、明日からでも試してみてはいかがでしょうか? 脂肪が多いのはカロリーオーバーが原因 下腹に脂肪がついてしまっているのは、カロリーオーバーが原因です。 下腹以外が痩せている人は、下腹に脂肪がつきやすい体質なので、他の部分には脂肪がつかずにいるんです。 脂肪を1Kg落とすのには約7000Kcal消費する必要がありますが、運動だけで落とすのには時間がかかります。 ジョギング1時間でも300Kcal前後しか消費できないので、毎日ジョギングをしてやっと1Kg弱しか痩せられません。 食事制限であれば簡単に300Kcalを抑えることが出来るので、運動と組み合わせることで早く下腹を凹ませられるんです。 一番簡単なのは置き換えダイエット 食事制限と聞くと毎日、鳥のササミと野菜だけの生活のような想像をする人もいると思います。 ですが、下腹痩せには過酷な食事制限は必要ありません。 一番簡単なのは置き換えダイエットです。 置き換えダイエットは1日1食だけカロリーの低い食品に食事を置き換え、他の2食は好きなものが食べられます。 ストレスなく食事制限が出来るので下腹痩せには効果的です。 上半身が痩せ細ることがないから安心 痩せたいのは下腹痩せなのに、他の部分も痩せるのは困るという方は安心してください。 私たちの体は脂肪が多い部分から優先して脂肪が使われるので、あなたが痩せる時は下腹から痩せていきます! 上半身が痩せ細ってバランスが悪くなることはありませんので、安心して食事を制限できます。 それでも下腹が痩せない人は便秘かも? 筋トレをしても食事制限を頑張っても下腹が痩せない人は、便秘が原因かもしれません。 もうこれ以上何をすれば良いのかわからなくなっている人は、便秘の解消に力を入れてみましょう。 便秘は食べ物で解消する ダイエット中は便秘になりやすいです。 特に女性は便秘になりやすく、便秘が原因でなるポッコリお腹が多いのです。 食物繊維をしっかり摂らないと便が硬くなったり、腸の動きが悪くなるので注意が必要です。 腹筋が弱くて内臓が下がって下腹がポッコリする? よく腹筋が弱くなっていて内臓を支えられず、内臓が骨盤の中に落ちてしまうという話を聞くことがあります。 もしかすると本当に内臓が落ちてしまって、下腹がポッコリしている人もいるかもしれません。 ですが、このような人は稀でほとんどありえません。 よくよく考えてみると、内臓が支えられないほど腹筋が弱くなっているなら、私生活にも問題が出ていそうではないですか? 恐らくベッドから起き上がることもできず、立って歩くことも困難なはずです。 どちらにしても腹筋の筋トレを頑張って入れば予防、改善が出来るはずなので筋トレは欠かさずに行いましょう! 下腹痩せが短期間にできる方法は? ここまで下腹痩せの方法をお伝えしてきましたが、今すぐにでも下腹を凹ませたい人もいるのではないでしょうか。 短期間に下腹痩せが出来るならそのほうが良いですよね。 一番早いのは便秘の解消 一番短期間で下腹を凹ませられるのは便秘を解消することです。 食事に気をつけて便を出してしまえば解決出来るので、短期間で効果が出やすいです。

次の

下腹ダイエット短期間でお腹を引き締めるコツ!

下腹 痩せ ない

でも「頑張って体重を落としても、気になる部分に限って変化しなかった……」という話を本当によく耳にします。 私は60以上のモデル事務所と契約し、芸能人やアスリートから一般人まで数多くの人を、理想とする体形へ導いてきました。 なかには週2回、10分以内のエクササイズをしただけで20㎏のダイエットに成功した人もいます。 だからこそ言えることですが、モデルや芸能人のように全身のバランスを美しく整えてスラリとした体形をつくるのは、難しいことではありません。 ただ、ダイエットの方法や手順を間違えている人があまりに多いのです。 「体のクセ」を正さないことには細くなれない 部分太りのほとんどは「体のクセ」が原因です。 たとえば体幹が弱いと骨盤は前後に傾いてしまい、働きすぎの筋肉と働かない筋肉を生じさせます。 これは一部の筋肉ばかり四六時中筋トレして、わざわざゴツくしているようなもの。 骨盤のポジションは、地面に垂直な「正常タイプ」と、前に傾いた「前傾タイプ」、後ろに傾いた「後傾タイプ」の3つに分けられます。 もし傾いているとしたら、多少体重が落ちても気になる部分は太いまま。 体幹をしっかり使って「正常タイプ」に戻さないかぎり、同じ所に負担がかかり続けるので、体形の悩みは永遠に解消されません。 日本人女性に多く見られる「骨盤前傾タイプ」を例に、使えている筋肉と使えていない筋肉を比べてみましょう。 骨盤前傾タイプは、おもに腰と太もも前面の筋肉が過剰に使われます。 これが、ヒップや太ももが張り出して太くなる原因です。 逆に、肩の後ろや胸の上部、お腹、背中、ヒップの上部、太ももの内側、太ももの裏側、すねの筋肉は、まったくと言っていいほど使われていません。

次の