領収 書 書き方。 領収書の書き方・実務上のポイントと書き方のルール|ビジネスフォーマット(雛形)のテンプレートBANK

領収書の書き方から収入印紙までを完全網羅!パーフェクトガイド【Q&A付き】|業種・職種別領収書の書き方

領収 書 書き方

Contents• 領収書は個人でも発行しても良いの? 領収書は代金の受領を証明する物ですので、もし 取引相手が領収書を要求すれば出品者は発行する義務があります。 しかし、 ヤフオクの簡単決済の場合はクレジットカードの明細や、決済の画面をプリントアウトする事で領収書になり得るので、 断る事も可能です。 ただ、どうしても相手の方が必要なのであれば、 備考欄にクレジットでの支払いの旨を記載しないと領収書の二重発行となってしまう可能性がありますので、気をつけましょう。 出来れば 相手の方がどういった形の領収書を希望しているのかを確認してから、作成すると良いでしょう。 例えば、正式な形の物が良ければ文房具屋さんや百円ショップで所定の用紙を購入したり、簡易な物で大丈夫であれば手元のメモ用紙などでも可能です。 また、領収書を発行した事によって、副収入としての確定申告が必要なのではないかと、心配されている方もいらっしゃるかもしれませんが、 フリマでの販売で得た収入が1年で20万円以上でなければ、確定申告の必要はありません。 領収書は個人でも印紙は必要? 通常、課税文書である領収書を作成する場合には 収入印紙を付ける必要があります。 万が一、収入印紙を貼っていない場合には印紙の額面の3倍にあたる金額を払わなければいけない場合があるので、注意が必要です。 また、平成26年4月1日以前は3万円未満の領収書に対して、印紙が必要でしたが、法律の改正により現在は 5万円以上の物から印紙が必要となっています。 では、 ヤフオクなどで個人的に5万円以上の領収書を作成する場合にも、印紙は必要なのでしょうか。 個人の場合ですと「その売買を営業としていない場合」には印紙を貼る必要はありません。 しかし、継続的に商品を売り続けた場合には営業とみなされますので、印紙が必要となります。 領収書の書き方で注意点は? 領収書を作成する場合には、 専用の用紙を購入しても良いですし、 手書きで自分でメモ用紙などに作成することも可能です。 取引相手の方が求めている物があるのであれば、なるべく対応してあげると良いでしょう。 作成する時に 記入する項目としては、「日付・会社または相手の名前・金額・但し書き・領収書を発行する側の住所と氏名」となります。 印鑑は一般的には押すことが多いですが、 印鑑がなくても領収書としては有効です。 金額の部分は商品代と送料を合計した金額を書くと良いでしょう。 ヤフオクの決済手数料は管理会社の収益となりますので、記載する必要はありません。 また、最初にもふれましたが 簡単決済の場合に領収書を作成するのであれば、クレジットでの支払いという事を忘れずに記載しましょう。 まとめ 最後に要点のおさらいです。 おさらい• 書く用紙は、どうしてもこれでないといけないという物はありませんが、もし 取引相手の方が希望している物があればそれに近い物を用意してあげると良いでしょう。 また、ヤフオクでは簡単決済があると思いますが、こちらはクレジットカードの控えが領収書として有効ですので、相手に求められたからといって必ず作成しなければならないわけではありません。 しかし、出来る限り希望に応えてあげるなどして、最後まで気持ち良く取引が出来ると良いですね。

次の

領収書の正しい書き方とは?ただし書きについても解説します

領収 書 書き方

領収書の役割とは 領収書は金銭支払いを証明する文書で、領収証ともいいます。 現金やクレジットカードを使って商品やサービスを受けた証拠として、会計上管理し、法人は法人税法、個人の場合は所得税法で定められた期間、保管しなければならない書類でもあります。 また、印紙税法によって金額に応じた収入印紙を貼る必要があります。 ビジネスパートナーやお客様にとっては、支払いを証明する大切な書類ですし、自社にとっても物品やサービスを提供し、売り上げを計上したことを証明する書類になるので、正しい書き方を覚えて、作成しましょう。 発行した領収書の控えは社内で保管します。 「お品代」という曖昧な表現は避けましょう。 また、再使用できないように割印(消印)を押します。 収入印紙が必要かどうかは税抜金額での判断となるため、きちんと記載しましょう。 担当者が個別に発行する場合でも、社名を記載します。 管理がしやすくなります。 例えば、クレジット払いなどのときに「クレジットカード」と記載し、カードの利用控え伝票も一緒に保管しておくとよいでしょう。 【宛名】 法人・個人それぞれの書き方 会社の場合は正式な会社名、個人の場合はフルネームが望ましいです。 名刺などを見せて貰い、正しく書きます。 商習慣として見受けられる「上様」という表記は、支払う方(宛先となる方)が望んだ場合にだけ使用するようにしましょう。 また、金額が大きい場合は「上様」を使うと問題になる場合もありますので、可能な限り正式な名称を記載することが望ましいでしょう。 【但し書き】 飲食代はお客様に書き方を確認しよう 商品の販売であれば商品名となりますが、飲食の場合には、支払う方に予め確認することをお勧めします。 お食事代とご飲食代は同じように見えますが、ご飲食代にはお酒が含まれる印象を与えます。 特に記載のルールはありませんので、出来るだけわかりやすく具体的に記載するように心がけましょう。 【収入印紙】 必要になる場合 領収書の内容が、5万円以上の売上代金の場合に、必要となります。 これは印紙税法で定められた印紙税を支払うためで、印紙を購入し貼付することで納税をしたことになります。 収入印紙を購入できるのは郵便局や法務局のほか、切手類を扱っているコンビニやタバコ屋でも購入することができます。 なお消費税は売上代金ではないため、税抜金額が5万円未満の場合は「非課税」となるため収入印紙は不要ですが、5万円以上100万円以下は200円の収入印紙が必要です。 通常、領収書を発行する側が負担をします。 具体的な印紙税額については国税庁のホームページで確認することができます。 引用元:国税庁「」 【印鑑】 領収書への押印方法 通常、手書きやパソコン等で作成する領収書であれば、会社の角印や担当者の印鑑を押印します。 昨今では、メールにPDFで添付するなど、紙で出力しないケースもあるため、簡略化されることもあります。 また、店舗でレシートを発行する場合には、領収書という記載や、店舗名・住所なども併せて印字することで、印鑑を押さなくても正式な領収書とすることができます。 押印はシャチハタでもOKです。 【保管期間】 領収書の控えの保存期間 領収書の控えが必要になるのは、領収書を受け取った人や会社が何らかの都合でその金額を両者で確認する必要が出た場合です。 領収書自体の税法上保存期間は7年が原則となっています。 (青色申告、白色申告、売上高などによって少し異なります) そのため、領収書の控えも7年間は保存しておくことで様々な状況でも対応できるでしょう。 領収書の再発行を依頼されたら? A. 金銭支払いを証明する文書のため、原則、重複して発行しません。 金額修正や汚損してしまったことを理由に、やむを得ず再発行する場合には、先に発行したものを回収します。 店舗などで、「レシートではなく、領収書を」と求められた場合には、必ずレシートを回収しましょう。 また、紛失してしまい、回収ができない場合の対応は、再発行の可否、発行するときの履歴の残しなどのルールを社内で決めておくとよいでしょう。 領収書を受け取ったらどこを確認すればいい? A. タイトル、日付、金額、但し書き、受領者(発行者)が明記されていることを確認します。 店舗でもらうレシートに、店名が入っていないものは、経理部門や税務署に「無効」と判断されることもあるため、その場合には領収書の発行を依頼しましょう。 また、新幹線や、電車、バス、高速道路などの公共交通機関の領収書が必要なときには、自動券売機の「領収書発行ボタン」や、有人改札で依頼をすれば発行してもらえます。 ETCを利用の場合は、クレジットカード会社の明細請求書で代用することが多いようです。 領収書は支払いを証明する文書です。 正しく発行し管理しましょう。 領収書でも割り印をすることはあるの? A. 領収書にも原本と控えにまたがって割り印を押すことで、整合性を証明し悪用されるのを防ぐことができます。 割り印についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 個人事業主が領収書を発行する場合、発行者の情報として何を書くと良い? A. 個人事業主の場合は、屋号、氏名、事務所として使っている住所を記載しましょう。 印刷して手書きして使うこともできますし、Excelであれば入力してから印刷することも可能です。 飲食店の店舗等で利用しやすい内訳・消費税も記載できる領収書(PDF) 一番シンプルな領収書です。 飲食店や小売店で領収書を求められたときに便利な領収書です。 宛名、日付、金額、但し書き、内訳、税別金額、消費税額を記入することができます。 A4サイズで3枚の領収書を作成できます。 ExcelですのでPCで入力してから印刷すれば手書きする必要がありません。 また、何も入力せずに印刷をすれば手書きでの使用も可能です。 Excelに必要項目を入力し印刷してから捺印して提出しましょう。 必要な項目に漏れのないよう、しっかりと記載しましょう。 領収書の書式やスタイルにも様々ありますので、是非ご自身や事業内容にあったものを利用してください。

次の

【保存版】フリーランスのための領収書の書き方を徹底解説 1/3

領収 書 書き方

領収書はフリーランスの活動証明書になる 領収書は金銭の授受証明としての役割だけを果たしているのではありません。 フリーランスとして働くということは、全てを個人で管理しなければならないということです。 特にクライアントとの関係では、これまでそのクライアントとどのような取引をしてきたのかということを整理しておかなければ、良好な関係を築くことができないでしょう。 その手助けとなるものが領収書です。 何年何月何日に何の仕事に対して、どれだけの金銭を受け取り、領収書を発行したのか。 言ってみれば、業務日誌代わりになってくれます。 もちろん領収書を発行する際に複写を取っておくことが重要です。 領収書の複写をキッチリとナンバリングして保管し、月単位で整理しておけば、それだけで年度末に行う確定申告にかかる時間を短縮する強い味方となってくれます。 領収書には必ず記載しなければならないものが6つありますので、ご紹介します。 (1)領収書発行日:必ず発行日を記載しましょう。 (2)受け取り側の名前:「上様」という表記は経費として認められない場合があります。 (3)ルールに基づいた金額:金額の前後に「¥」や「-」を付け、三桁ごとに「,」で区切るといった数字の改ざんができないような表記をします。 (4)支払いの対象:但し書きに何に対する支払いなのかを明記します。 (5)印紙の添付(平成26年4月1日以降は5万円以上):迷うのが5万円って税抜?税込?ということですが、領収書に「税込」といった記載があったり、消費税が別に明記されている場合、税抜金額が5万円以上の場合に必要となります。 収入印紙を張らずにいると、過怠税を支払わなくてはならなくなる場合があります。 (6)領収書を発行する側の住所と氏名:これも必須です。 ルールを守って正しい領収書が発行できるようにしておきましょう。 税務調査って突然やってくるもの? 税務調査はフリーランサーといった個人事業主のところにもやって来ます。 特に個人事業主の場合は家族も調査の対象となるようです。 個人で仕事を受けている場合、家族が経理などを担当するということが多いのも理由のようです。 では、税務調査は突然やってくるものなのでしょうか。 結論から言うと、やってきます。 税理士が顧問としてついている場合には、その税理士にいつ何時にといった連絡を入れてからやってくるのが原則のようですが、税務署側の言い分では、調査上必要な場合にはこれを省略できるとしています。 というわけで、「税務調査は突然に」となるわけです。 普段から収入支出の整理・管理をきっちりと行っていて、やましいことが何もない場合は怖がる必要はないのですが、ただやはり役人が突然やってくると一般庶民には怖いものです。 変なところでつっこまれないように、普段から帳簿の整理・管理はしっかりとしておきましょう。 また机の周りも整理整頓しておいてください。 調査官はそのへんにあるちょっとしたメモにも興味を示します。 税務調査でつっこまれないための領収書管理 フリーランサーとして働く場合、経費は仕入費のように一気にどかんと出ていくものではなく、パソコン関連の消耗品や文房具類の購入費、交通費といった感じでこまごまと毎日出ていくものです。 そういった購入などの際に受け取るのが領収書やレシートです。 この領収書やレシート、財布の中に入りっぱなしになっていることが多いんですよね。 そしてちょっと気を抜くと何十枚と溜まってしまいます。 そこへ突然の税務調査。 整理ができていないと突っ込まれ、整理をするのに何日も徹夜する。 こんな悲しいことにならないように、日頃からその日のうちに整理をする癖をつけましょう。 領収書やレシート管理の方法として、項目別に分けたり、月毎にまとめたりして封筒に入れるとか、様々な方法があるようですが、一番のお勧めは遅くとも3日以内にコピー用紙などの白紙にぺたぺたと日付順に糊付けしていくことです。 そして貼った横に何に対する領収書やレシートなのかを記入していきます。 これだけで、かなり管理しやすいものになります。 さらに経費別に色をつけておくなどして、税務調査が入った場合にもちゃんと説明ができるようにしておけば安心です。 ペーパーレスビジネス時代の到来!領収書電子化解禁! 平成26年冬、これまで3万円未満しか認められていなかった領収書の電子保存が、平成27年以降全てのものについて認める方針が政府より発表されました。 領収書の保存については電子帳簿保存法に規定されており、今回の法改正によって、「全ての領収書を電子保管することで原本が廃棄できる」ようになります。 実際にされている方はお分かりだと思いますが、領収書などの税務書類は7年間保存しなければなりません。 フリーランスとして働いている場合、自宅を事務所としていることも多く、1年分ならともかく7年分となると少なくとも段ボール3つ分くらいのスペースが必要となるのではないでしょうか。 結構邪魔ですよね。 それがパソコンの中に保存することで場所の問題が解決され、しかも管理しやすくなります。 パソコンでのデータ管理には注意を払わなければなりませんが、こういったペーパーレスへの動きは大歓迎です。 領収書の発行についてもデータでのやり取りとすると印紙税もかからず、コスト削減にもつながります。 これからはペーパーレスビジネス時代へ対応できるように知識を身に付けていかなければなりませんね。

次の