アルペジオ おすすめ曲。 おすすめ!アコギ弾き語り曲 ~男性ボーカル編~|サウンドハウス

初心者でも必ず弾ける!アルペジオの弾き方と練習方法を解説するよ

アルペジオ おすすめ曲

練習曲「赤とんぼ」 アルペジオで弾いてみよう アルペジオの練習曲として「赤とんぼ」の伴奏を弾いてみましょう。 まずは基本的なアルペジオの下の譜を練習し、右手の動きをマスターしましょう。 基本のアルペジオの動きに慣れてきたら、下の譜の「赤とんぼ」のコード進行に合わせて弾いてみましょう。 楽譜のダウンロード: こちらのmp3音源も参考にしてください。 伴奏のアルペジオは「絶対にこれじゃないとダメ」ということはありません。 あくまでも練習ですので、弾きやすいように弾いてください。 この曲は3/4拍子ですので、そこを意識してください。 キーはGで弾いてみました。 キーがGの曲でよく出てくるコードはG、Am、Bm、C、D、Emの6つです。 そのうち5つが登場しています。 テンポもゆっくりですので、コードチェンジの練習になりますね。 アルペジオがマスター出来たら「」にも挑戦してください。 関連記事 の練習一覧 赤とんぼについて 作曲:山田耕筰、作詞:三木露風の、日本人なら誰もが知る童謡です。 名曲ですね~。 ウィキペディアによると三木が1921年(大正10年)に詩を作り、山田が1927年(昭和2年)に曲を付けたようです。 1番で「おわれてみたのは」という詩が出てきますが、これは「負われてみたのは」であり、「追われてみたのは」ではありませんね。 3番の歌詞で出てくる「姐や(ねえや)」に背負われて見た赤とんぼのことのようです。 子供のころから歌っていましたが、全く理解していませんでしたね。 ちょっと恥ずかしいですね。 とほほ…です。

次の

【アコギ】ギター初心者に超おすすめ練習曲『10選』あわせて練習法も解説

アルペジオ おすすめ曲

ストロークはアップとダウンの2つの動きだけ ストロークは下の2つの動きしかありません。 ダウンストローク(上の6弦から下の1弦へ向かってかき鳴らす) アップストローク(下の1弦から上の6弦へ向かってかき鳴らす) 基本はとってもシンプルなんです。 1秒で1回のダウンストロークを4秒で4回繰り返します。 16ビートは4ビートの4倍の速さ、8ビートの2倍の速さです。 実際には基本パターンを組み合わせて使います。 アルペジオもストロークもコードを押さえて行うので、コードを覚えるのが先です。 はじめての人はまずは「Am」などの基本的なコードを押さえられるようになりましょう。 慣れてくると、コード記号(C、Dm、など)を見ただけで自然に押さえられるようになります。 アコギでは指弾きでのアルペジオは必須なので、「自然に押さえられる」というのをぜひマスターしましょう。 アルペジオ 基本パターン コードの構成音を低い音から高い音に弾く、というのがアルペジオの基本の弾き方です。 たとえば「Am」というコードは『ラ・ド・ミ』という3つの音で構成されます。 「Am」のルート音は「A(ラ)」です。 低いルート音はベース音にもなっていて、ベース音は安定した和音の響きを作るという大切なはたらきをします。 スリーフィンガーとフォーフィンガー スリーフィンガー 親指・人差し指・中指、の3本の指を使うので、スリーフィンガーピッキング。 フォーフィンガー 各指の担当は以下のようにするのが基本。 4、5、6弦…親指 3弦…人差し指 2弦…中指 1弦…薬指 ソロギターをやってるという人はフォーフィンガータイプが多いんじゃないかと思います。 アルペジをどうマスターするか アルペジオというのは指の1本1本を使って行うので、かき鳴らすだけのストロークよりも難しくなりますが、練習すればちゃんと弾けるようになります。 ここで感じをつかみましょう。 と簡単に書いちゃっても文章の説明ではなかなかわかりづらいものです。 しっかりマスターしたい方はこの本がオススメです。 このやり方は挫折の可能性がかなり高い。 スタートはかなりの勢いがあるのですが、息切れするのも早いんです。 これだと気軽な気持ちで練習できるし、十分に力をつけることもできます。 最低でも内容を覚えるくらいまでは同じ個所の練習を繰り返してくださいね。 アルペジオがなかなか上手にならない 教則本の通りにやってるのの上手にならない、という場合の一番大きな原因はひとつしかありません。 それは 練習不足。 アルペジオっていうのは日ごろやっていないような指の動きをすることなので、最初はできなくて当たり前。 焦らないでゆっくり自分の体に教えていきましょう。 継続は力っていうのは本当です。 ある日必ず「出来た!」ってなりますよ。 人間の脳や体って、繰り返せばちゃんと覚えてくれます。 逆にいうと、脳や体が覚えるまで繰り返しましょう。 ストロークとアルペジオの使い分けをフォークソングでみてみよう ストロークとアルペジオはどうやって使い分けるのか、実際に聞いたほうが理解は早いので、名曲といわれるフォークソングで紹介します。 激しさを表現するならストローク。 静かな感じならアルペジオ。 という認識の人が多いかも知れませんが、実際はそんなカッチリ決まったものでもなくて、弦へのタッチを変えることでストロークで優しさを表現することも可能です。 ずっとストロークのフォークソングの名曲 井上陽水『東へ西へ』 心のモヤモヤを訴えかけるような激しい曲です。 力まかせにかき鳴らすようなストロークで激しさを表現しています。 バンバン『いちご白書をもう一度』 激しかった学生運動や当時の彼女を思い出す内容の歌。 思い出を語るような優しいストロークです。 アルペジオで始まるヒット曲はアルペジオでやるのがオススメ 青春時代に流行った曲ならサウンドごとしっかり記憶の奥に刷り込まれているはず。 青春時代の名曲は誰でも自然にその時の情景を思い出しながら聞いてしまうものです。 思い出にどっぷり浸ってもらうためにはオリジナルに忠実であるのが一番。 ・山本コータローとウィークエンド『岬めぐり』 ・風『22歳の別れ』 ・シグナル『二十歳のめぐり逢い』 こんな名曲をアルペジオで再現すると、買い物途中のオバさんたちの多くがピタリと足を止めて制服の青春時代にタイムトリップしていくことでしょう。 ここをストロークでやっちゃうと反感しか買いません。 アルペジオからストロークへの変化もあり 前半はアルペジオ、サビはストローク、という使い方もあります。 歌の流れに合わせて、徐々に高ぶる気持ちに合わせて、という感じですね。 ひとりで弾き語りをする場合だと、歌も演奏も自分でやることになるので、演出としてアルペジオからストロークへの変化はアリですね。 上の2つのパターンからわかること いろいろアコギのストロークとアルペジオについて書いてきましたが、 ・激しい曲(激しいパート)はストローク ・静かな曲ならアルペジオもストロークも両方あり。 強弱をつけて調整する。 というのが結論じゃないでしょうか。 曲の雰囲気を損ねないように演奏する、というところをしっかりおさえておけば問題ないでしょう。 まとめ ここまでの説明でアルペジオとストロークの使い分けはある程度分かってもらえたのではないでしょうか。 コードを覚える• 激しい内容の歌、メッセージ性の強い歌はストローク• 静かな歌は弦へのタッチでストロークの強弱を調整する• ソロ演奏ならアルペジオとストロークの併用もあり• 原曲に忠実に再現できるほど当時のことが鮮やかによみがえるものです。 意図的に感動を狙って演奏するのも技のうちです。

次の

基本のギターアルペジオだけで弾ける曲!

アルペジオ おすすめ曲

ギターを手にして最初にやらなければならないことは、やはり基礎的なエクササイズです。 もちろん、効率的に基本テクニックを身につけることのできる練習フレーズを繰り返すのもいいですが、それだけでは飽きてしまいます。 基礎練習が退屈に感じられてしまう理由は、やはりその単調さにあります。 どんなに効率的な練習フレーズであっても、単調な作業を延々と続けるのは辛いものですよね…。 そこで、楽曲を演奏しながら基本的なテクニックを学んでみましょう。 今回はギター初心者の方におすすめの練習曲をピックアップしてご紹介したいと思います。 ギター初心者の方は、こちらの記事も参考にしてみてください! ところで、 ギターの練習に悩んでいる方へ!EYSのギター教室の無料レッスンを受けてみませんか?好きな曲にあわせてメキメキと上達するだけでなく、入会するとなんと 無料で楽器がもらえちゃうんです。 もくじ• 初心者向けの練習曲を選ぶポイントは? 具体的な曲をご紹介する前に、まずは初心者向けの練習曲を選ぶポイントについてチェックしていきましょう。 あまりテンポの速い曲は避けよう ハードロックやメタルなどのジャンルが好きな方は、最初からテンポの速い曲に挑戦したくなるものです。 ですが、ピッキングやフィンガリングなどの基礎ができていない状態でいきなりテンポの速い曲やフレーズを練習すると、身体に負担をかけてしまったり、悪い癖がついてしまう可能性が高いのです。 フレーズやリズムを自然に口ずさむことができる程度のテンポまでにしておきましょう。 どうしてもテンポの速い曲を練習曲にしたい場合、無理のないテンポまで落として練習するといいでしょう。 最近ではピッチはそのままにテンポを変えて再生できるスマホアプリなども登場しています。 うまく練習に活用してみましょう。 リズムはできるだけシンプルなものを テンポだけでなくリズムも練習曲選びでは大切なポイントです。 最初はできるだけシンプルなものを選ぶようにしましょう。 近年ではJ-POPやロックなどでも複雑なリズムパターンを多用したものが多くなっていますが、初心者の方にはあまりおすすめできません。 ロックであれば8ビートのシンプルな曲で「リズムの基礎」を身体で覚えることが大切です。 基本的なリズムを身につけ、理解できれば自然と複雑なリズムパターンにも対応できるようになります。 できるだけ好きなジャンル・アーティストの曲を選ぼう 最後のポイントは、できるだけ好きなジャンル・アーティストの曲を選ぶという点です。 どんなに練習曲にふさわしい楽曲であっても、あまり興味のないジャンルやアーティストでは、一般的な練習フレーズと同じように退屈に感じられてしまうもの。 それに対して、好きなジャンルやアーティストの楽曲であれば高いモチベーションを維持して練習することができるでしょう。 同じアーティストでも、さまざまなタイプの曲があるはずです。 その中から練習しやすそうなものを選んでみてください。 初心者におすすめのギター練習曲(邦楽編) それではいよいよ初心者の方におすすめのギター練習曲を具体的にピックアップしてご紹介していきましょう。 まずは邦楽アーティストの楽曲を5曲ほどセレクトしてみました。 スピッツ「チェリー」 邦楽編のラストにご紹介するのは3人組ガールズバンド・SHISHAMOの「明日も」。 ほとんどがシンプルなコードストロークで構成されている楽曲です。 ですが、イントロやキメをしっかりと合わせないとサマにならない曲ですので、リズムを意識した練習にはぴったり。 一部コードチェンジが速い部分もありますので、コードをしっかりと覚え、最初は少しテンポを落として練習するのがポイントです。 初心者におすすめのギター練習曲(洋楽編) 洋楽というと少しレベルが高いといったイメージを抱いてしまう方も多いかもしれません。 ですが、初心者向けの曲はいくつもあります。 そこで、続いては洋楽のおすすめギター練習曲を5曲ほどご紹介しましょう。 Green Day「American Idiot」 日本でも「レッチリ」の愛称で知られるRed Hot Chili Peppers。 メンバー全員、非常に高いテクニックを持つ素晴らしいプレイヤーですので、初心者にはとても弾けないのでは?なんて思っていませんか? 「Dani California」は比較的シンプルな曲となっています。 音源では何本ものギターが重なっていますが、基本はコードストローク。 使用されているコードもそれほど多くありませんので、初心者向けの練習曲としても人気なのです。 ラストのジミ・ヘンドリックスを彷彿させるギターソロはちょっと難易度高めですが、極端に難しいフレーズではありませんし、指板を広く使ったソロとしてチャレンジしてみる価値は十分にあるでしょう。 Nirvana「Smells Like Teen Spirit」 最後にご紹介するのは「ギターの神様」とも称されるエリック・クラプトン。 ソロキャリアの中でも特に高い人気を集めている代表曲が「Wonderful Tonight」です。 この楽曲を初心者向け練習曲にピックアップするか否かは少し悩ましいところですが、じっくりと練習したい要素がたっぷりと詰まっています。 イントロから美しいアルペジオ、そしてチョーキングを組み合わせたリードと、エレキギターの基本的なテクニックが満載です。 決して簡単な曲とはいえませんが、初心者の方にこそ、腰を据えて挑戦していただきたい1曲となっています。 脱初心者を目指す方にもおすすめです。 曲が弾けるようになるとギターはもっと楽しくなる! 基本的に音楽は日々の生活を楽しくするためのものです。 もちろん、基礎的な練習はギター上達のために欠かせないものですが、それだけでは楽しくありません。 そこで、好きな楽曲を練習に取り入れるだけで、初心者の方でもすぐに音楽の楽しさを実感することができるでしょう。 曲を通して弾けるようになると、自信にも繋がりますので高いモチベーションを維持できます。 もちろん、今回ご紹介した10曲以外にも、初心者ギタリストの練習曲にぴったりな楽曲はいくつもあります。 ここでご紹介したポイントをチェックしながら、あなたにぴったりな練習曲を探してみてはいかがでしょうか? すると、もっとギターを、そして音楽を好きになることができるかもしれません。 【無料で楽器がもらえるって本当?】ギター習うならEYS音楽教室を.

次の