血液 クレンジング 水素。 血液クレンジングって? 「がんや老化を防ぐ」は本当か:朝日新聞デジタル

血液クレンジングの効果とデメリットを理解したら献血しようと思った

血液 クレンジング 水素

自己血にオゾンガスを混ぜて再び体内に戻す「血液クレンジング」は数年前から密かなブームに 科学的根拠がないにもかかわらず、あたかも科学的に正しいかのようにと思わせる「疑似科学」。 なかでも、この1ヵ月ほど話題となっているのが「血液クレンジング」だ。 11月6日には衆院厚生労働委員会でもそのリスクについての議論がなされた。 「血液クレンジング」とは、自分の血液を抜き、そこにオゾンガスを混合した後、体内に戻すという施術。 「日本酸化療法医学会」という団体の医師などが中心となって提唱しており、同会ホームページでは〈活性酸素種〉が発生し、〈それが赤血球、白血球、血小板に働きます〉と説明されている。 アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、頸椎ねんざから進行性肺がんにまで効果があるとしているのだ。 明治大学・石川幹人 まさと 大学院長と共同で『疑似科学とされるものの科学性評定サイト』を運営する、明治大学科学コミュニケーション研究所の山本輝太郎研究員が言う。 「私が初めて血液クレンジングという言葉を聞いたのは5年前。 私たちが開設しているサイトに対して『どういう内容なのかを調べてほしい』と連絡が来たのです。 当時はあまりその名も知られていませんでした。 その後、血液クレンジングのエビデンス(証拠)とされる論文を国内外問わず可能な限り入手して検証しましたが、いずれの論文でも『作用機序はわかっていない』と書かれています。 これは平たく言えば、効果を及ぼすメカニズムはわからないということ。 しかし理論以上に問題だったのはデータのほうです。 ほとんどが動物実験や血液クレンジングを受けた人の感想を並べているだけでした」 なかには論文の体を成していたものが4本あったが、その4本も実験方法に致命的な欠陥があったという。 「血液クレンジングは、注射針を刺して血液を抜き、オゾンを混ぜて体内に戻すというものです。 その効果をきちんと見定めようとするのであれば、血液クレンジングをした人と、抜いた血液にオゾンを混ぜずに再び体内に戻した人を比べてみないといけません。 ところが4本の論文では、いずれも偽薬被験者には注射をせず、著しく異なる条件で両者を比較していた。 注射針を刺された患者には『治療されている』という思い込み、いわゆるプラセボ効果が発生するということは、医療関係者であれば誰でも知っている常識です。 人気の秘密は、血液がオゾンを混合した後、鮮やかな赤色になることだろう。 見た目にも血液がクレンジング=洗浄されているように見える。 『暮らしのなかのニセ科学』などの著者で、東京大学講師の左巻健男氏は言う。 「血液は身体中の細胞に酸素と栄養分を運びます。 赤血球の中にあるヘモグロビンが、肺で酸素を結びつけて血が赤くなり(=動脈血)、身体中を駆け巡って細胞に酸素を放出すると赤みが減って(=静脈血)、また肺に戻ってくるのです。 血液クレンジングは、静脈から血液を抜き、酸素(O2)の同素体で、酸素より酸化力のあるオゾン(O3)を入れて、身体に戻すというもの。 要するに血液クレンジングは、私たちの体内で肺が行っていることを、わざわざ注射針を入れて身体の外でやっているだけで、血液が赤くなるのはあたりまえです。 それを、あたかも血液がキレイになっているかのように比較画像を出して、人々をたぶらかしていた」 〝デトックス〟という言葉も近年、よく聞くようになった。 体にため込んだ毒素を出して健康になる、というのが謳い文句で、さまざまな療法や機器、サプリなどが販売されている。 左巻氏が続ける。 「デトックスバスという機器があります。 足湯のような感じで機器の中のお湯に足を入れてスイッチを入れると、汚いドロドロした物質が浮き上がってくる。 販売業者は『体内に蓄積された毒素を足裏から排出しているのです』と説明しています。 ですがこれは、一言で言うと、食塩水の中で電極の鉄が溶け出す現象です。 これが販売業者が言うところの毒素=ドロドロの正体であり、毒素などではありません。 しかし疑似科学では見た目のインパクトで信じてしまう人が多い。 そういうところも血液クレンジングと似ています」 毒にも薬にもならない 血液クレンジングやデトックスバス、健康サプリなどが話題になるのには、芸能人や有名人がSNSなどで体験談を披露していることが影響している。 「藤原紀香さんが結婚披露宴の引き出物として水素水生成器を配って話題になりました。 疑似科学の中でも、水は基本的に無味無臭ですし、毒にも薬にもならない製品が多い。 高い金を払うという代償はあるけれど、健康被害が出ないので絶えることがないのです」(左巻氏) 一般人では新しいものに対する情報感度が高く、海外から入ってきた先端科学などといった言葉に興味を持つ、今風に言えば、〝意識高い系〟がターゲットとして狙われることが多いのだ。 ですが、一般の人々に科学として見られていたかといえば疑問が残ります。 代表的なものは健康食品、サプリメントです。 日本で最初に健康食品の基準というものが注目されたのは特定保健用食品(トクホ)でした。 しかしトクホは基準が厳しく、多くの企業にとってはハードルが高い。 そこで機能性表示食品が生まれ、科学的根拠のハードルがかなり下げられました。 ちょっとしたデータがあれば機能性表示食品と謳えるようになったのです。 今や2000を超える届け出がなされていて、ドラッグストアの店内を一周するだけでいくつもの機能性表示食品が陳列されていることが分かります」(前出・山本氏) 次々と登場する新しい「科学的」なるもの。 その擬態はますます巧妙を極めるようになっている。

次の

飽和水素水点滴療法について

血液 クレンジング 水素

血液クレンジングの話をすると、透析ですね、フィルターを通すんですね、毒素を取るんですね。 という話を言われますが、全部違います。 違いが分からず、血液クレンジングを知った気になると、大きく損をするので解説します。 情報が欲しい方はすべての疑問が解決するまでこちらのまとめを呼んでみてください。 血液クレンジングのすべてを網羅しているつもりです。 血液クレンジングと人工透析の違い一覧表 まず根本天気な違いからみていきましょう。 赤字で示している通り「行ってる内容と時間」はまったく違いますね。 種類 人工透析 血液クレンジング 内容 人工的に老廃物を除去する治療法 自分の血を活性化させ戻す治療 時間 週3回の1回4時間ほどが標準的 月1回で1回30分 なかなかイメージがわかないかと思いますので、続けて両方の治療内容を簡単にご説明します。 人工透析とは? 人工透析とは、腎臓機能の一部分を人工的に代用することですね。 腎臓が弱い人は以下のような体の機能をうまく調整できません。 血中の余分な水分・塩分を排泄する• 当廃物など毒素を排泄する• ホルモンを産生する そのため血液中の有害物質が溜まり「むくみ・高血圧・気分が不快・食欲低下・貧血・嘔吐」などの症状を感じるようになります。 この症状を緩和するには、腎機能を代用した人工的な処置が必要になるわけです。 これが「透析」となります。 人工透析は一度行うと、死ぬまで続けなければなりません。 透析施設での血液透析は週3回、1回4時間程度が標準的と言われていますので、付き合いとしては非常に苦しいものとなります。 まずはこの前提を踏まえてください。 次にご紹介する血液クレンジングは、はっきり言って 完全に別物ですので。 血液クレンジングとは? 血液クレンジングの手順を示しますね。 100ml~150mlほど静脈より採血• 点滴で戻す 実際に血液クレンジングを行う際のステップはこちらです。 もう1度表を見てください。 種類 人工透析 血液クレンジング 内容 人工的に老廃物を除去する治療法 自分の血を活性化させ戻す治療 時間 週3回の1回4時間ほどが標準的 月1回で1回30分 医療用オゾンで採取した血液の酸素を最大限に増やし、きれいに浄化された新鮮な血液を体内へ戻すのが血液クレンジング。 ドロドロ血の状態というのは、血液中の脂質コレステロールや中性脂肪が増え過ぎた状態で、赤血球が変形し連結してしまっています。 ここに医療用のオゾンを注入することにより血液が浄化され、サラサラ血に。 下の写真を見てください。 血液クレンジング前後の色もまったく違いますね。 オゾンで活性化しサラサラになった血は酸素を沢山含んでいます。 体内にゆっくりと戻すことで身体中の血液という血液が反応し、もっとサラサラになっていきますよ。 ここまでお話をすると大抵の人が「血を戻す?」「怖い!」 と言われますね。 では人工透析は怖くないのですか? むしろ人工透析の方が 「死ぬまで永遠に行う治療」という意味では恐怖に近いですよ。 血液クレンジングは歴史も実は長いのです。 血液クレンジング(オゾン療法)は約70年前にドイツで開発されました。 本来身体に備わっている免疫力を上げる効果があり、ガンなどの難病への治療や予防としても注目されているのが現状の事実ですね。 苦しかった偏頭痛や重い治療薬の副作用から開放された人もいますので、見てください。 血液クレンジングにより治療効果の期待できる症状・疾患 血流の圧倒的な改善によって得られる効果は万能的で逆に怪しさが募る気持ちはよくわかります。 ですが、以下のような方には改善効果が期待できることは忘れないで欲しいと思っています。 肩こり、慢性疲労、冷え性血液循環の改善、細胞の修復効果 慢性関節リュウマチ、頚椎捻挫、腰痛等の症状改善局所の血流を改善、消炎、鎮痛効果あり 更年期障害の治療不定愁訴、頭痛、肩こりなど ガン、悪性リンパ腫、白血病への効果免疫機能を活性化する 肝炎、HIV、インフルエンザウィルスの除去効果血液とオゾンの反応でインターフェロン等が産生 動脈硬化に起因する脳血管疾患脳循環を改善する 狭心症、心筋梗塞等の冠動脈疾患冠血流を改善する 末梢循環の改善糖尿病性末梢神経障害、下肢静脈瘤の症状の改善 抗アレルギー作用アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症 血液クレンジングが怖いのは無知だから 透析=病気=怖い=血液クレンジング なんだかよくわからないけど怖いと考えている人は、本当に多い。 知らないと損をすることが世の中にはいっぱいあります。 しかし、知らないので損をしていることも気がつきませんよね。 血液クレンジングに限ったことじゃない。 知らないと損をする。 間違った先入観で判断すると損をする。 もったいないですね。 まとめ 血液クレンジングは、患者様に喜ばれることが多い。 それにも関わらず、ネット情報に踊らされて、無知ゆえに拒否してしまうのはもったいないですよ。 このブログを読んでも、納得できない方は受けない方がいいでしょうね。 不安が薄れてきた方で、もし体調に問題があれば一度、血液クレンジングを真面目にやっているクリニックをお勧めします。 情報が欲しい方はすべての疑問が解決するまでこちらのまとめを呼んでみてください。 血液クレンジングのすべてを網羅しているつもりです。

次の

メディアージュ福岡|血液クレンジング

血液 クレンジング 水素

血液クレンジング(自己血オゾン療法) 自己血オゾン療法は、イギリス、ドイツ、スイス、イタリア、オーストリア、ロシア等のヨーロッパ諸国では、既に確立、認知された治療法で、エイジング、動脈硬化疾患、関節、筋肉などの運動器疾患、そして癌治療にまで応用されています。 オゾン治療は、オゾン治療の専門病院が存在するほど、スタンダードな治療法なのです。 自己血オゾン療法は、まず、左右どちらかの腕から、100~150mlの血液を専用のオゾン耐性ボトルを用いて採血します。 採取した血液に代謝と免疫系を活性化するためにもっとも効果のある量のオゾンを正確に投与します。 血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。 そして、オゾンで活性化された血液をボトルから再び、体内に戻します。 これだけでも脳と目にも酸素がいきわたり、視界が明るくなり、また、冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを実感していただけます。 実は、自己血オゾン療法 は、エイジングの効果ももちろんの事、保険診療の治療では改善しない更年期等の症状や冷え性、肩こり、頭痛、腰痛等に大きな効果が期待できる治療法です。 血液クレンジングの働き、期待できる効果 血管内が拡張し、赤血球(ヘモグロビン)がより多くの酸素を運ぶようになるよう、血管と血液に働きかけます。 また、活性酸素を分解する酵素を増加させます。 それにより、抗酸化力の向上・血液の流れの改善・免疫力のアップなどの効果が期待できます。 体内の酸素化 血液クレンジング後の赤血球は、末梢で酸素を離しやすくなり、体の各部位に酸素が供給されます。 特に普段、酸素が行き渡らない虚血部位での酸素化がとても良くなります。 そのため全身の疲れ、筋肉の疲れが改善され、ダメージを受けた筋肉の修復を促します。 また乳酸の蓄積を減少させ筋肉の老化を防ぎます。 血液流動性の改善による末梢循環の改善 手足の血液の循環を改善します。 治療の最中から脳と目にも酸素が行き渡り、視界が明るくなり、また冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを実感する方が多いです。 免疫機能の向上 オゾンが白血球の単球や顆粒球などに反応し、インターフェロンなどのサイトカインの産生を促し免疫機能を活性化する。 体内の免疫機能、デトックス機能が活性化され病気にかかりにくい体質に改善します。 アンチエイジング効果 細胞の若返りを促進します。 細胞の呼吸を正常化する。 活性酸素を減少させ細胞の老化を防ぐ。 各臓器と内分泌機能の代謝を亢進する。 また細胞活性化、細胞内ATP上昇、抗酸化力上昇などの効果もあり、アンチエイジングとして使用されています。 しかし、細胞の新陳代謝に合わせて点滴を行うことで、元気で強い健康的な細胞が増えていきます。 そのため、回数を重ねるとより高い効果が期待できるところが、この点滴の特長です。 当院では、症状にもよりますが、月に1~2回程度の点滴を定期的に続けることをおすすめしています。 血液クレンジングの流れ 1. 医師の診察 現在の身体の状態・病歴など、医師がじっくりと診察いたします。 検査 点滴を安全に行うために『G6PDスクリーニング検査』を行います。 専用ボトルに採血 点滴を安全に行うために『G6PDスクリーニング検査』を行います。 100~150ccの血液を採血します。 静脈血のため、血液は暗い色をしています。 医療用オゾンを注入 医療用オゾンを血液と混ぜ合わせます。 すると血液は酸素濃度が上がり、鮮やかな赤色に変化します。 血液を体内に戻す 医療用オゾンを混ぜて酸素を含んだ血液を、点滴で体内に戻します。 この段階で、指先がポカポカしたり、視界がクリアになるのを体感する方もいらっしゃいます。 点滴の所要時間は、約30分です 6. 継続 月に1~2回程度の点滴を定期的に続けることをおすすめしています。 最適な頻度は症状によって異なるため、医師とご相談ください。 患者様の安全のために (治療のリスクと副作用について) オゾンによる副作用 治療を始めたばかりの段階では、血流が改善されることで 温泉に長く入った時のように 体全体がだるく感じる場合があります。 時間とともに回復していきます。 オゾン療法 自己血オゾン療法 では、現在まで大きな副作用が報告されておりません。 しかしながら、基礎代謝が亢進しますので、コントロールされていない甲状腺機能亢進症の方は治療を受けることはできません。 また、高濃度ビタミンC点滴と同様にG6PD欠損症の方は溶血性貧血を起こす可能性がありますので、禁忌です。 そのため、治療前にG6PD検査を初回に行ないます。 本治療に使用する同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。 この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。 日本では未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。 使用する以下の抗凝固剤による副作用 添付文書によると下記以外にも副作用が指摘されています。 添付文書をご確認をお願いいたします。 自己血オゾン療法について 自己血オゾン療法についての詳細は、をご参照ください。

次の