メルカリ 評価してくれない。 メルカリで「受け取り評価をしてくれない!」時の対処方法は?

メルカリで受取評価が遅い・こないときの対処法 [メルカリの使い方] All About

メルカリ 評価してくれない

メルカリでは購入者が商品を受け取った際、受け取り評価をすることがルールとなっています。 ですが、受け取り評価を巡っては様々なトラブルが起こることもあります。 例えば、購入者が受け取り評価をしてくれない、受け取り評価の期限が過ぎてしまっているなどです。 このような場合、メルカリ出品者さんはどのように対処すれば良いのでしょうか?• メルカリで起こる受け取り評価トラブルとは?期限はいつまで? まず、メルカリの受け取り評価とは、購入者が商品を受け取った際に中身を確認して「無事に受け取りました。 問題ありませんでした」という意味を込めて出品者へ評価をつけることです。 購入者がその受け取り評価をする際、メルカリでは「良い・普通・悪い」の3つから評価を選択することができます。 私はこのメルカリ以外にもラクマやヤフオク(以前はフリルも)でも不用品販売をしていており、今までに出品者として2000件近くの取引をしてきましたが、 購入者の受け取り評価のタイミングは本当に人それぞれです。 私の経験上、商品が到着してすぐに受け取り評価をしてくださる方もいれば、「追跡番号を調べても3日前には荷物が到着してるのに全然受け取り評価をしてくれない・・・」と思ってしまうくらい受け取り評価が遅い方もいます。 また、中にはいつまでたっても受け取り評価をしてくれない方もいて、事務局に相談したケースもあります。 このようにメルカリでは、ユーザーの中には受け取り評価をいつまでもしない人も稀にいるのです。 メルカリは購入者の受け取り評価がないと商品代金が出品者に入らない メルカリでは、購入者が受け取り評価をしてくれない限り、出品者に商品代金が支払われないようになっています。 これは出品者からすれば何がなんでも購入者に受け取り評価をして欲しいですよね。 ちなみに、メルカリで商品代金が出品者に支払われる流れは下記となっています。 つまり、出品者としては早く売上金を受け取るためにも、必ず購入者に受け取り評価をつけてもらう必要がありますし、出来るだけ早く受け取り評価をしてもらいたいものです。 メルカリの受け取り評価の期限がある!それはいつまで? 上でもご紹介した通り、メルカリでは購入者が受け取り評価をしない限り、出品者に商品代金が支払われないようになっています。 そうなると「購入者が受け取り評価をし続けなければ、ずっと出品者に代金は支払われないのか?」と思ってしまいますが、メルカリでは購入者の受け取り評価の期限が設けられていて、それを過ぎるとメルカリ事務局が対応してくれます。 メルカリの受け取り評価の期限 ・発送通知をした 8日後13時以降 ・購入者の最後の取引メッセージから 3日後13時以降 受け取り評価の期限を過ぎた場合はどうなるの? 商品が届いているはずなのに購入者から受け取り評価やメッセージがない場合、上記の「発送通知をした8日後13時以降・購入者の最後の取引メッセージから3日後13時以降」の条件を満たすことで、 取引画面上に事務局に取引完了を依頼するためのフォームが表示されます。 出品者は、そのフォームからメルカリ事務局に連絡を入れると、取引完了の申し出をすることができます。 フォームから事務局へ連絡後、「明らかに購入者に商品が届いているのに期限を過ぎても受け取り評価をしていない」と事務局が確認できれば、 事務局側が自動で取引を完了してくれます。 ただしその際、売上金は出品者へ入りますが、お互いの評価は反映されないため評価は増えません。 何らかの問題がある場合は事務局が評価をしてくれないことも 上でもご紹介した通り、購入者に荷物が届いているのに購入者が受け取り評価の期限を過ぎても評価やメッセージを送ってこない場合は、メルカリ事務局が代わりに取引完了の手続きをしてくれます。 ですが、下記の場合は事務局は対応してくれない場合があるので注意が必要です。 そのため、事務局が下手に自動で取引完了としてしまうと何らかのトラブルになると判断されるため、事務局が対応してくれないことがあります。 返品や返金をする予定であるのに事務局側が取引完了手続きをしてしまうと、商品代金が出品者に支払われてしまい、返金手続きが事務局側でできなくなってしまいます。 そのため、これら2つのパターンの場合は、フォームから事務局に連絡をしても事務局側で取引完了の手続きをしてもらえない可能性があるので注意です。 実はフォームから事務局に連絡をしなくても自動で取引が完了する 上では、「発送通知をした8日後13時以降・購入者の最後の取引メッセージから3日後13時以降」の条件を満たすと取引完了の依頼ができると説明しましたが、実はメルカリでは 「発送通知をした9日後の13時」を過ぎると自動的に取引が完了します。 そのため、フォームから事務局へ依頼をしなくても、あと1日待てば自動で取引が完了し、出品者に売上金が支払われる仕組みなっています。 ですが、 購入者が意図的に評価をしないことはメルカリでは迷惑行為に該当します。 その行為が何度も繰り返されれば、メルカリ事務局から警告や利用制限を行うケースもありますので、必ず購入者は荷物を受け取り中身を確認したら受け取り評価をつけるようにしましょう。 購入者が受け取り評価をしてくれなければ事務局に任せよう 上でもご紹介した通り、メルカリでは購入者が一向に受け取り評価をしてくれず、条件を満たしていれば、取引完了手続きを事務局に任せてOKです。 購入者がなかなか受け取り評価をしてくれなかったり、急に連絡が取れなくなったりすると出品者は不安になってしまいますが、事務局が状況を判断できれば取引完了の手続きをしてくれますし、売上金もきちんと入るので安心してください。 ですが、私はメルカリで1000件以上取引をしていますが、過去に取引してきた中で受け取り評価をしてくれない購入者は2〜3人しかいなかったので、頻繁に起こることではないと思います。 受け取り評価を一切してくれないという購入者本当にごく少数ですが、中にはそういうユーザーも少なからずいますのでその場合は上記のことを参考にしてみてくださいね。

次の

メルカリで受取評価をしてくれないトラブル

メルカリ 評価してくれない

メルカリで受取評価されない場合お金はどうなる? メルカリでは商品が購入され、代金が支払われると、いったんメルカリがお金を預かるシステムになっています。 そのお金は、購入者と出品者がお互いに受取評価をしてはじめて、出品者に入金されるわけです。 ですので、購入者から特に申し出がない場合を除いては、たとえ商品の受取評価をしてくれない場合であっても、 商品を発送してから9日以上経つと、メルカリ事務局による自動取引終了となります。 メルカリが預かっているお金は、ちゃんと出品者に支払いがされますので安心してくださいね! メルカリの受取評価が遅いのを催促すると悪い評価がつくことも・・・ 取引画面でメルカリ便が『配達完了』になってすぐに「もう商品届きましたよね?」「早く受取評価してください!」と取引メッセージを送っったり、定形外郵便で商品が届いていないのに「まだ届いてないですか?」などと言われると、購入者も気分がいいものではありません。 あまりせっかちだったり、しつこかったりすると「ちょっとうざいなぁ」と思ってしまいますよね。 催促したのが原因で 『普通』や『悪い』の評価をつけられてしまうこともあります。 評価の理由がきちんと書かれていたのであれば、評価を変更してもらえることもありますが、無言で評価のみされていると、購入者が何に不満を持って評価したのかわからないので、評価は変更してもらえないでしょう。 メルカリで受取評価してくれない場合のメッセージ例文 メルカリでは商品が発送されて一定期間が経つと、メルカリ事務局から購入者に『取引はどうなっているのか?』とのメッセージが入ります。 ですので、 無理にこちらからメッセージを入れる必要はないのですが、気になるようでしたら、購入者の方にメッセージを送ってみて下さい。 受取評価が遅くても感情的にならず、メッセージは慎重に入れましょう。 文頭に 『お忙しいところ失礼します』や、 『お手数おかけしますがよろしくお願いします』など、相手の都合も考えながら、下記の例文と組み合わせしてみてくださいね。 商品が届いているようですので、ご確認頂けましたら受取評価して頂けると助かります。 受取評価を頂いていないのですが、何か商品に不都合がございましたらお知らせください。 商品は無事に届いていますでしょうか?郵便事故があったのではないかと心配しております。 もし、届きましたら、受取評価の方でご連絡いただけると幸いです。 メルカリで受取評価されない場合には何日くらい待つ? メルカリ便の場合 らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便で商品を発送したのであれば、取引画面を見ると、ちゃんと商品が届いたのかどうかわかるようになっていますよね。 でも、たとえメルカリ便で送っていて『配送完了』となっていたとしても、購入者の手元に届いている訳ではないんですよね。 追跡のある配送方法で送った場合でも、 ポストに投函したり、マンションの宅配ボックスの中に入れた時点で『配達完了』になります。 仕事で遅くなったり、週末に出かけたりと、人にはいろいろな生活ペースがあるので『配達済み』になっていても、 2~3日待ってから取引メッセージを入れた方がいいでしょう。 定形外郵便の場合 定型郵便や定形外郵便など補償のない普通郵便で送った場合は、思っている以上に時間がかかるものです。 もともとヤマト運輸や佐川急便などと比べると、郵便局の配送は時間がかかり、 土日を挟むと5日かかるというようなこともざらにあります。 商品を発送してから1週間くらいして、取引メッセージを入れた方がいいでしょう。 メルカリで受取評価をしなかった購入者にペナルティはある? メルカリで購入者が受取評価をしてくれなかったために、 自動取引終了になった場合には、購入者・出品者、お互いに評価がつくことはありません。 出品者からすると「受取評価をしてくれないんだから悪い評価をつけたい!」と思うのも無理ないですし、今後、取引する人が同じような思いをしないためにも、評価欄で知らせるべきとの要望も出ているようですが、今のところ、そのようなシステムはありません。 ただ、再出品をしすぎたり、キャンセルの頻度が多かったりすると、ペナルティがつくのと同じで、期限内に評価をしない場合も取引を滞らせる迷惑行為ですので、ペナルティは科せられるでしょう。 ペナルティが増えるとメルカリの利用制限や警告を受ける場合があります。 さいごに 今回は『メルカリで受取評価されない場合お金はどうなる?出品者が催促すると悪い評価も!』と題してお送りしましたが、いかがだったでしょうか? ずっとメルカリで取引していると、受取評価してくれない人はたくさんいますので「またか!」くらいの気持ちでいたらいいと思いますよ。 だいたい商品が届いて何日も評価してくれない人に何かメッセージを送っても、こちらがトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。 受取評価の催促をすると逆に『悪い評価』をつけてくる人もいるので、私は基本的には受取評価されなくても放置し、メルカリ事務局の強制取引終了を待っています。 今後、取引したくないのであれば『ブロック』すれば大丈夫ですよ。

次の

メルカリで多いトラブル事例8選!解決のための回避策や対処法を伝授 [メルカリの使い方] All About

メルカリ 評価してくれない

メルカリの評価とは メルカリの評価は、どのくらいユーザーが信頼できる人であるかを表します。 というのも、メルカリでは顔のわからない方と取引をするため、大勢の方が相手のユーザーの評価をチェックして売買を行うからです。 なお、評価は1件の取引ごとに1つ増えるシステムのため、評価の数=取引件数となります。 評価の詳細を確認する方法は、下記の画像の通りです。 メルカリで大切なのは悪い評価の予防 メルカリを長期的に利用していく場合、最も大切なのは「悪い評価」をつけられないことです。 なぜなら、悪い評価が増えるほどに相手のユーザーからは、「この人から商品を買うと問題ありそう」と思われてしまい、販売のチャンスを失うからです。 実のところ、同じ商品で同じコンディションだったとしても、悪い評価が増えるほどに売れる確率が減りますし、売るためにどんどん値下げを繰り返すいう悲惨な事態に陥ります。 そのため、メルカリでお小遣い稼ぎをしていく場合には、相手ユーザーのことを思いやった取引の積み重ねがとても大切になります。 悪い評価をつけられないための取引メッセージ活用法 悪い評価をつけられないために、有効的な方法は取引メッセージをうまく活用することです。 というのも、取引メッセージを使うことによって、相手ユーザーの不安を取り払ったり、心象を上げることができるからです。 実際、顔が見えないうえに無言のまま取引が進むとなんだか不安になりますよね。 具体的には、次の2つのタイミングではで、必ず取引メッセージを送付しましょう。 「お待たせいたしました。 本日、発送手続きを完了いたしました。 到着まで今しばらくお待ちくださいませ。 また、受領後にはお手数ですが、受領通知をよろしくお願いいたします。 この度は、ご購入いただき誠にありがとうございました。 」 受領通知を催促しつつ、感謝の言葉をいれることで、相手ユーザーに「丁寧でやさしい人だ。 迷惑をかけないように忘れずに受領通知しよう。 」と思ってもらえます。 相手ユーザーが受領評価してくれない場合の対応 メルカリでは、受領評価してくれないと入金されないので、とてもストレスを感じます。 しかし冒頭で述べた通り、メルカリで大切なのは「悪い評価をつけられないこと」です。 そこで、相手ユーザーが受領評価をしてくれない場合、下記の流れで対応しましょう。 <受領評価をしてくれない場合の対応の流れ>• 流れ1:受領2日後に催促メッセージを送付• 流れ2:メルカリ事務局の自動取引完了を利用 具体的な内容については、下記で順番に説明していきますね。 流れ1:受領完了2日後に催促メッセージを送付 メルカリでは、受領評価の催促メッセージは受領完了となった2日後に一度だけ送付することをオススメします。 というのも、あまりにも早すぎると相手ユーザーが急かされて不快に感じ、遅すぎると今更受領通知しても大丈夫かなと不安になってしまうので、2日後が最適なタイミングだからです。 実際、相手ユーザーがサラリーマンの方で、残業や出張から帰宅してクタクタの時に、「届いていると思うので早めに受領通知してください」とメルカリからのメッセージを見たらとてもイライラすると思いませんか。 そこで、下記のような相手をいたわった優しいメッセージを2日後に送ってあげましょう。 「お世話になっております。 先程、確認しましたら2日前にお品物が届いているようなのですが、無事お受け取りいただけましたでしょうか? 商品に破損等があった場合、ご連絡くださいませ。 お忙しいところ恐縮ですが、ご確認いただけますと幸いです。 」 流れ2:メルカリ事務局の自動取引完了を利用 上記のメッセージを送っても、受領評価されない場合、発送から9日間待ってメルカリ事務局に取引を自動完了してもらいましょう。 なぜなら、取引完了に時間はかかりますが、自動完了の場合、双方のユーザーに評価がつかないまま取引を終えることができるからです。 何回も受け取りの催促メッセージを送ると、「出張で不在だったのに、何回も催促されて不快でした。 」といった具合で悪い評価をつけられる可能性が高いからです。 繰り返しますが、メルカリで最も大切なのは「悪い評価をつけられないこと」です。 メルカリ事務局を介せば、問題なく取引を終えることができますので、目先の1商品にとらわれず長期的な良好な運営を大切にしましょう。 補足:なぜ受領評価してくれないかを相手目線で考えてみた 補足となりますが、メルカリでなぜ相手ユーザーが受領評価をしてくれないかを、過去の取引メッセージから炙りだしてみました。 <メルカリで相手ユーザーが受領評価してくれない原因>• ケース1:マンションのポストに入っていて気づかなかった、もしくはまだ受け取っていない。 ケース2:家族が代理受領していて気づかなかった。 ケース3:すっかり忘れていて、気まずくなり受領評価ができなかった。 ぼくも実際にメッセージで急かしてしまい、「マンションのポストに入っていたんですが、出張で回収できていなかったんです」と相手ユーザーを不快にさせてしまったことがあります。 ケース1とケース2については、2日後の催促メッセージでカバーでき、ケース3については諦めてメルカリ事務局に任せましょう。 まとめ この記事では、メルカリでは悪い評価をさけることが大切であることと、取引メッセージの有効な使い方についてご紹介しました。 大切な点をまとめさせていただきますね。 メルカリの長期的な運営で最も大切なことは「悪い評価をつけられないこと」です。 相手ユーザーに心配や不快を感じさせないために、取引メッセージは取引開始後と商品発送後は必ず送りましょう。 受領評価がない場合でも催促メッセージは2日後に1度だけとしましょう。 メルカリでは受領評価をしてくれないと入金されず、ストレスを感じますが、相手ユーザー優先で取り組むことが長期的な運営には大切です。 また、良い評価と魅力的なプロフィールをかけあわせると、メルカリで売り上げをグッと伸ばすこともできます。 魅力的なプロフィールの作り方については、でご紹介していますので是非ご覧ください。 この記事の内容がお役に立ちましたら幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の