キリンビール 事業。 2020年 キリンビール事業方針|2020年|ニュースリリース|キリン

【業界研究:飲料メーカー】サントリー・アサヒ・キリン・サッポロ。業界再編の動きが激しい飲料業界を率いる4社の違いを徹底比較!|就活サイト【ONE CAREER】

キリンビール 事業

国内市場では発泡酒で高シェア。 課題はビールシェアと海外展開 キリンビールは日本を代表するビールメーカーの1社。 2015年12月期決算ではグループ会社も含めたキリンホールディングスとしての売上高は2兆1,969億円で業界1位、営業利益は1,247億円でに次ぐ業界2位となっています。 キリンはビールの国内シェア2位であるものの、発泡酒のシェアは圧倒的で強みとなっています。 ビールの国内市場自体は近年縮小が進行していますが、今後の酒税法改正によりビールは減税、発泡酒・新ジャンルは増税になる可能性があり、再びビールへと経営資源を集中させる傾向が業界に広がりつつあります。 また、世界市場は再編の真っ只中。 世界トップのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)が世界2位のSABミラー買収の合意を得たことで、日本企業への影響も高まっています。 また、日本企業自身も買収の動きを見せており、2016年にはアサヒが欧州ビールメーカー4社を買収し海外展開を急速に加速させています。 アジア・オセアニア地域での海外事業や国内地域深耕型の戦略に注目 次に、キリンビールの主な事業を見ていきましょう。 キリングループは、平成25年1月にキリン株式会社を発足させ、グループ企業全体でのブランド価値向上とシェア拡大を目指しています。 その中で、キリンビールの売上高が占める割合は33. 多角化戦略を取っているため、昔に比べるとその割合は減ってはいますが、まだまだ中核事業として重要な役割を担っています。 グループの中核を担うビール事業の注力テーマは「海外展開」です。 一方で国内市場も酒税法変更の可能性が高いため、ビールのシェア再獲得が大きな課題の1つとなっています。 キリンでは看板商品である「一番搾り」を47都道府県それぞれのバージョンを作るなど、地域深耕型の戦略を取っており、今後の成果が期待されているところです。 『会社四季報 業界地図 2017年版』/東洋経済新報社/2016年出版• 多角的な事業展開 投資をお考えの皆様・株主様へ IR・投資家情報 キリンホールディングス,• 世界への飛躍 投資をお考えの皆様・株主様へ IR・投資家情報 キリンホールディングス,• 長期経営構想と中期経営計画 KIRIN REPORT 2015 KIRIN REPORT[統合報告書] IRライブラリ IR・投資家情報 キリンホールディングス,• キリン、ブラジル事業の売却発表 ハイネケンに770億円で :日本経済新聞,• キリンビール株式会社|会社概要|企業情報|キリン,• キリンビール 異動ニュース,.

次の

2020年 キリンビール事業方針|2020年|ニュースリリース|キリン

キリンビール 事業

キリンホールディングス(HD)に対し、英投資会社が6千億円の自社株買いなどを求める株主提案をした。 多角化路線をやめて「ビール事業に注力すべきだ」と主張。 自社株買いの原資として医薬子会社の協和キリンなどの株式売却を求めた。 キリン経営陣は反対する方針を示している。 ハッサン・エルマスリーCEO(最高経営責任者)が、18日までに朝日新聞の電話取材に答えた。 FPが問題視するのはキリンの多角化戦略だ。 キリンは酒類と医薬とともに、健康食品などの「ヘルスサイエンス事業」を拡大する計画を掲げる。 昨年には約1280億円を投じ協和発酵バイオを子会社化。 これに対し、FPのエルマスリー氏は「多角化戦略は間違っている」と批判する。 相乗効果が不明確な上に株価も上がっておらず、市場の支持も得ていないと主張した。 昨秋、キリンに対して経営の多角化に反対する書簡を送った。 その後、水面下で交渉をしてきたが、1月下旬に決裂し、株主提案に踏み切ったという。 総会には4議案を出し、医薬事….

次の

保険事業

キリンビール 事業

キリン 一番搾り(「Amazon」サイトより) キリンホールディングス(HD)社内は3月27日に開催する定時株主総会を前にして、緊迫の度が高まっている。 磯崎功典社長は3月3日、医薬・健康事業を売却してビール事業に集中するよう求めている英投資運用会社フランチャイズ・パートナーズ(FP)の株主提案を拒否する考えを改めて示した。 人口減やアルコールに対する規制強化の動きを踏まえ、収益源を多角化する必要があるとして、「健康食品などヘルスサイエンス事業に注力する」と強調した。 FPはキリンHDの長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」の「医と食をつなぐ」戦略について経営陣に説明を求めた。 各種報道によれば、取締役会を独立取締役が過半数を占める構成にするというFPの提案をキリンは受け入れた一方、キリングループ・ビジョンの見直し要求は退けた。 FPは「健康事業を売却して6000億円を自社株買いに使うこと」や「独自の社外取締役候補の擁立」を株主提案しているが、今年2月には社外取締役2人の受け入れなどを求める書簡を送り、健康事業の拡大を目指す多角化戦略について、「新たな取締役会での再検討」を求めた。 キリンHDが要求を受け入れれば、自社株買いなどの株主提案を撤回するとした。 キリンHDは2月14日、FPの株主提案に反対すると表明。 「社外取締役を新たに4人選任し、取締役の過半数を社外出身者とする方針」を発表した。 FPが提案する2人の社外取締役候補は会社側の発表には含まれていない。 FPは要求を却下されたため、社外取締役の役割に的を絞って、攻勢を仕掛けた。 3月27日の株主総会でFPへの賛成票が一定程度集まれば、キリンの多角化戦略に影響を与える可能性がある。 ブラジルキリンの失敗で脱ビールに舵を切る キリンの大変身は海外でのM&A(合併・買収)の失敗に始まる。 2011年11月、ブラジル2位のビール会社スキンカリオール(現ブラジルキリン)を3000億円で買収した。 キリンが数多く手がけてきたM&Aのなかでも、「高値づかみの典型的な失敗例」(海外のM&Aに詳しいアナリスト)となった。 キリンHDの2代目社長の三宅占二氏がスキンカリオールを手に入れるという決断をした。 海外M&Aの失敗の責任を取り、三宅氏は15年3月末の株主総会で社長を退任した。 後任社長に傘下の事業会社キリン ビールの社長だった磯崎氏が就任した。

次の