マギアレコード アニメ 最終回。 『マギアレコード最終13話』さやかとホーリーマミ登場でアニメ2期への感想・考察~魔法少女まどか☆マギカ外伝 | すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

マギアレコード(マギレコ)の2期はいつ?アニメの続き・ストーリーは原作ゲームのどこからかネタバレ!

マギアレコード アニメ 最終回

あの子は?あれは?どうなったの?という気になるポイントだらけの終わり方。 全てはアニメ2期へ、そして2期はいつやるかの発表がなかったので、これは長期戦で焦らせて来ますわ~。 ということで、今回も気になったポイントに絞ってマギレコ第1期最終第13話の考察をしていきたいと思います。 ちなみに、わたくしは まどマギは全話見ましたが、マギレコの原作ゲームは一切やってない状態で考察しております。 >> >> やちよ到着もチームは解散よ 13話の始まりはいろは救出にやちよ到着。 前回の話は全て夢の中での出来事。 やっぱりみふゆとかは幻だったのね。 しかも、全員一か所にまとめず、鶴乃たちはバラバラで洗脳しようとは手の込んだやり方でございます。 それと同時に、敵の本拠地に来て全員眠られるとは、 いろは達は迂闊ー!そして、やっちゃん助けが遅いー! いろはに関しては何度も騙されているんで、いい加減学習しなさいという感じもありますけれど。 やちよがチームは解散よ!と言ったときは、一瞬そこにおこになってるのかな?と思っちゃいましたもんね。 やちよの願い けれど、優しいやちよさんですから、さすがにそんなことはなかった。 解散の理由は魔法少女となった願いが理由で、私といるとあなたが死ぬからと。 やちよの中でのいろはの存在が大きくなっているのを感じると共に、そこはみんなじゃなくてあなたなんだ。 みかづき荘の中でもいろはは特別なのか?それはそれで昔から付き合いがある鶴乃のことをホロリと来ちゃいますけれど。 そして、 やちよが魔法少女になった願いは生き残ること。 ここに関しては疑問が2つある。 モデルユニットのリーダーとして、みんなを引っ張る存在になりたかったということでしょうが、それにしちゃ生き残るという願いはちょっと曖昧過ぎる気がする。 そもそも モデルとしてという言葉を付けてないし、ストレートにモデルユニットを成功させたいと願えばいいと思うのですが、それを生き残ると解釈の多い願いにしている点が気になる。 あと、ランウェイで笑ってでも思ったけど、モデルの嫉妬が怖い! これからリアルでモデルを見ると、裏でギスギスしてんのかな?と想像しちゃうよw そして、疑問の2つ目はやちよの言う通り、他者を犠牲にして生き残るなら全員死ぬんじゃないのかな?と。 ピンポイントに死ぬのもおかしいし、それだったら付き合いが古いみふゆが生きているのがおかしな感じでございます。 その2つの点から、 他者を犠牲にして生き残るというのはやちよの思い込みじゃないのかなとわたくしは睨んでおります。 そして、あの白いヤツがどんな形であれ、魔法少女が死なないような願いの叶え方するとは思えんしね。 いろはパワーアップ そんな自分語りをしているやちよさんをウワサがパックンチョ! 急にびっくりさせるんじゃないよ!そして、全部語らせてあげて!! 今度は自分が助ける番といろはが張り切るわけですが、 でもぉ~、どうせいろはさんだからやられちゃうんでしょう? と思っていたら、いろはさんパワーアップしとるやんけと。 ボウガンが強力になってロックバスターや部分機械神みたいになってるし。 痛いのは嫌なのでボウガンに極振りしました。 みたいな感じでね。 ゲームのレベル上げみたいなものがアニメでも反映されているのでしょうか? やちよさんを助けたのはお見事でしたが、ソウルジェムが濁ってダウン…って、早くないっ!? さっき浄化したばかりだし、いろははこの1クールで一体何回ソウルジェム濁らせているんだよと。 やちよや鶴乃、他の主要メンバーも全然濁っとらんでと。 他のメンバーと比べて、よっぽど魔力が低いのか?それとも、よっぽどメンタルが弱いってことなんでしょうか。 マミさん、マギレコルートでもですか? いろはとやちよの脱出を邪魔するのはマミさん。 どうして悲しみと向き合おうとしないの?そこに悲しみを乗り越える道があるというのに! マミさん、そういうとこ!そういうとこやで!というマミさんの悪いところが出て参りました。 マギレコルートでもマミさん闇落ちですか?と。 マミさん、どのルートでも高確率でロクな目に遭わないということで、またホロリと来ちゃう。 同じく神浜市に来ていた杏子(きょうこ)はどこ行った? マミさんを助けてあげて! 美樹さやかがキター! と思ってたら、美樹さやかがキター! 私がキター!一番見た目は勇者っぽい、ヒーローっぽい魔法少女:美樹さやかが来たぜ。 まどマギメンバー5人の中で一番出番がなさそうでございましたけれど、1期の最終回で来ましたかと。 見ず知らずのいろはややちよを体を張って守るなど、あいかわらず正義に生きる女の子だぜと。 けれど、あいかわらず戦い方がエグい! マギレコでも腕飛ばされちゃってるし、しかもそれを回復しながら戦う。 まどマギでも見せたあの戦い方再び。 あいかわらず体張り過ぎ!でも、さやかのバトルシーンは神作画になってましたね。 でもぉ~、マミも言ってたけどまどかは?そして、ほむらは? 最終回になっても二人は出ないんかい!と。 さやか単独で行動していたのでしょうか? こうやって終わってみると、OPにその伏線があったんですね。 まどマギメンバーを3対2に分けて、手前の三人を画面に近い順に出し、奥の2人は1期では出ないよという。 ホーリーマミ降臨 さやかが来てちょっと落ち着くかなと見せかけて、マミさんさらに闇落ち、いや光落ち? なんだか光輝いてますし、千手観音みたいにえげつない量の銃を出しまくるし。 ガンダムかよっ!? という大変身ぶりに、ただでさえ強いのにもはや手が付けられません。 これドッペルなのかな?と最初思いましたが、ドッペルと違って内なる魔女を出してるというよりも変身しているって感じですもんね。 Twitterで流れてきた情報を見ると、 これホーリーマミという名称でドッペルとは違うみたいです。 聖なるマミさんのに大暴走、そして名前がクリィミーマミっぽいw 完全に洗脳されるってぽいし、この変身もマギウスの翼の魔法の一つなんでございましょうか。 どんだけ魔法という名の技術が発展してんだよ、マギウスの翼は。 いろはもやちよもドッペル大決戦 クリィミーマミならぬホーリーマミに対抗するにはアレしかない。 ドッペルじゃ~い! いろはだけでなく、やちよも解放。 11話で描写があった通り、やっぱりやちよも使えるのね。 そして、今回はマギウスの翼と同じく、ドッペルを出しても白い仮面のようなものは出なかった。 制御できれば仮面状態にはならないってことなんでしょうね。 また、 やちよはドッペルは危険、特に白い仮面状態が危ないみたいなことを言ってましたが、精神的な負担が大きいってことなんですかね。 いろははともかく、かえでの方はおかしな感じになってしまいましたし。 さて、ホーリーマミとのバトルの方は2人のドッペル解放でさやかも入り込めないぐらいの激しいものに。 ここの作画も気合入りまくりでございましたね。 が、 ドッペル二人がかりでもホーリーマミは止められず、どんだけ強いんだよと。 上から岩でガーン!押しつぶされても笑顔でしたし、いろはを道連れにするし。 もっとデリケートに好きしてと。 いろはさんの方はバッドエンドのように落ちていきましたが、まあここは主人公ですし生きてますよね。 謀ったな!里見灯花 そして、 謀ったな!里見灯花!! なんだかんだでマギウスの翼は犠牲は出さないと思っていたのに、 巴マミが研究に協力してくれたおかげで、もっと感情エネルギーの回収効率がいいウワサが作れそうなの。 魔法少女の解放の役に立つんだし、もし死んじゃっても分かってくれるよね カワイイ顔とカワイイ声して、キュゥべえみたいなこと言ってるじゃないのと。 くぎゅううううううめー! ういの友達と思って油断しちゃいました。 マギウスの翼の魔法少女に向かって演説する様は、どっかの独裁者のようでございました。 演説の後に、ジークジオン!という声が聞こえてきそうでございます。 アリナ・グレイだけでなくて、マギウスのトップは過激な奴らばかりなのか? あと、なんだかんだでねむだけは最後までまともに出ないのねと。 そして、 マギウスの翼のメンバーどんだけいんだよっ!? まどマギのときはもっと少ない印象でしたが、一つの市の中にこんなに魔法少女いるのかと。 まあ、神浜市の場合は他の場所から来ている魔法少女も多いんでしょうが。 最終回だよ、全員集合ー!(ただし、マギウスの翼に) 最終回だよ、全員集合ー! 最終回らしく、魔法少女勢揃い。 ただし、マギウスの翼に。 みんながずっと気にしていた黒江もやっと登場。 ローブの色から入るんだろうなと思ってましたが、ここはやっぱり!という感じでございました。 そして、 ももこチームもかえでに連れられてマギウスの翼に。 帰ろうとしていたレナに反して、ももこはやるぜ!という顔でその場に残っていたので、レナに真実を話した後に連れて行く予定だったのでしょうか。 となると、かえでにマギウスの翼を紹介したのもももこかもしれない。 そして、 鶴乃はやっぱり洗脳されちゃったー!? 一番心のダメージ受けやすそうでございますからね。 ただ、鶴乃だったらみふゆが説得すれば応じそうな気がしますけれど、洗脳したということは言うこと聞かなかったのか? そして、洗脳する魔法なんかもあるかいな。 フェリシアやさなも集会に参加しておりましたが、こちらは顔が見えなかった&拍手もしてなかったので洗脳されてない可能性が高そう。 あとは、 みたまはここにはいないので、中立っていう立場なんでございましょうか。 あれだけさんざん関わっておいて中立というのもどうかというのもありますが、アリナ・グレイや灯花がそんな中途半端な立ち位置を許すのが疑問ですが。 それなら洗脳しちゃえばいいじゃないとか言いそうでございますが。 そして、アニメ2期へ そんな気になる続きは2期で!と発表されたわけでございますが、 根本的な疑問としてあれだけ大人数のマギウスの翼をいろは達がやっつけることが出来るのか? こうなってくると、残った魔法少女が連合を組んで、魔法少女大決戦みたいな形になるんでございましょうか? そして、アリナ・グレイが言っていた ワルプルギスの夜がマギレコではどう絡んでくるのか? あとはマドカもね。 そんな気になる2期の放送日は未定とか焦らしプレイかっ!? >> >>.

次の

『マギアレコード最終13話』さやかとホーリーマミ登場でアニメ2期への感想・考察~魔法少女まどか☆マギカ外伝 | すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

マギアレコード アニメ 最終回

マギアレコード(マギレコ)の2期はある?分割2クール? まずは、 マギアレコード(マギレコ)の2期はそもそもあるのか?ということについて。 最終回放送後、 第2シリーズの制作が進んでいることが発表されました。 マギアレコード(マギレコ)の2期の放送日はいつ? では、 マギアレコード(マギレコ)の2期の放送日はいつになるのか?ということについて。 現状、まだ公式から詳しい時期の発表はありません。 その上で、分割2クールで 2020年10月からの放送になると考えています。 上に書いたように、既に制作が進んでいたため、既定路線の 分割2クールの可能性が高い。 その上で、2020年7月はシャフトがアサルトリリィという作品を制作するので、おそらく不可能。 その次のクールである 2020年10月からマギレコ2期(2クール目)が放送されるのではないか、と考えています。 次に、 マギレコの2期(2クール目)のストーリーについて、残された謎やいろはたちの成長、活躍を中心にご紹介していきます! マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー!アニメ1期の続きは原作のどこからかネタバレ! それではいよいよ、 マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリーについて! ネタバレを含むのでご注意ください。 では、今放送されてるペースを見る感じ、だいたい原作ゲームの 6章くらいまでがアニメ化されそうです。 みんながマギウスに洗脳されてしまい、やちよが自分のせいでみんなが犠牲になってしまうから、と チームの解散を宣言する。 ……みかづき荘のみんなが、バラバラになってしまうという、絶望的な状況。 だけど、 いろはが初めて自分の意見を叫んで、やちよの心を救い出す! このあたりが最終回になると現時点では予想しています。 そして、 マギレコの2期では、ゲームの7章から。 やっと出来た、かけがえのない友人たちを助けるため、いろはは頑張ることを決めた。 まずは、マギウスの翼に近づくことができれば、きっといつかはフェリシアたちに近づけるはず。 そう思って、いろはとやちよは、見つけたウワサを片っ端から倒していく! そうしているうちに、ウワサが密集している場所に気付く。 そこに、黒羽根となったフェリシアとさなが現れる。 しかし、 彼女たちの洗脳は既に解けていた! 「ハンッ!ざーんねーんでした! オレは最初っからいろは側だ、バーカ!」 「私もです……ここで、お家に帰らせてもらいます……!」 二人は、みふゆによって洗脳を解かれていたのだ。 四人は再会を喜ぶ。 みふゆはそれを知り、ついに一線を越えてしまったマギウスを、裏切った。 せめて、鶴乃以外の二人だけでも。 そう思って、彼女は洗脳を解いていたのだった。 しかし。 鶴乃だけは、灯火たちによってウワサと同化させられてしまう。 遊園地にはびこる、キレーションランドのウワサ。 生気のない、どこか虚ろな表情ばかりを浮かべる鶴乃。 全く別人のような彼女。 ウワサを倒せば、きっともとに戻るはず。 「いつも元気で、笑顔な鶴乃に戻ってきてほしい!」。 そう願って、いろはたちはウワサの鶴乃へと攻撃する。 ……だが、ウワサが鶴乃から離れることはなかった。 それが意味することは、つまり。 鶴乃自身が望んで、この「やる気を奪う」ウワサとなっているということだ。 笑顔で、元気で、頑張って。 そう、違ったのだ。 当然だ。 大好きだったおじいちゃんを亡くし、実家のお店は廃れていく。 魔法少女になったときに願って手に入れたお金は、母と祖父に散財されてしまう。 やちよと一緒に組んでいたチームも……かけがえのない仲間が、少しずつ減っていく。 摩耗したやちよは、事情も話さず、独りで孤高の魔法少女になってしまう。 ずっと、鶴乃は辛かったんだ。 父やみんなのために、最強の魔法少女じゃなきゃいけない。 その義務感だけで、鶴乃はずっと立ち続けていた。 ……それが、折れてしまった。 「(みふゆは)まだわたしが頼りないから、本当のことを教えてくれないのかな。 頑張らないと、もっと頑張らないと」 「不安になっちゃだめだ、わたし最強なんだから。 むしろ陰でししょーを支えるんだ」 「いろはちゃん、大変だな、わたしが先輩として力にならないと。 なんたって最強だからね」 「ひとりで生き抜くなんてわたしより大変。 わたしがフェリシアのししょーとして勉強も仕事も鍛え上げないと!」 「(さなは)まだ不安なんだろうな、ここはやっぱりやちよチームの潤滑油、由比鶴乃が居場所を作らないと!」 「わたしが頑張らなきゃ、不安になってるヒマはない、だって最強なんだから、偉業を成すんだからこれぐらい、みんなに幸せになって欲しい」 鶴乃の本当の想いを知ったいろはたちは、決意する。 今度は一緒に手を取り合って、支え合って進んでいこう! 今度は鶴乃を支えてあげたい、その思いを一人ひとり、伝えていく。 「今度は……今度は私に……お返しさせてください……鶴乃さん」 「いちいち、んな心配すんなよな!オレだって、もう店の戦力だろ!?」 「ごめんね、鶴乃。 鶴乃は目を覚まし、ウワサに立ち向かう。 今度は、みんなに助けてもらいながら。 ウワサを倒すと、マギウスの独り、柊ねむが現れた。 彼女がウワサを作り、そのエネルギーを使って魔法少女の解放を目指しているという。 これが孵化すれば、キュゥべえの役割を肩代わりすることになる。 灯火は、世界の真実を知ることができる。 ねむは、あらゆる物語を具現化できる。 アリナは、あらゆるアートを創造することができる。 魔法少女よりも、価値のない人間。 それを虐げることで、野望を実現しようとしたのだ。 ……その在り方を、いろはは認めない。 だが、マギウスは止まらない。 ……伝説の魔女、ワルプルギスの夜を神浜へ呼び出すことも、厭わない。 マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー:8章「偽りに彩られ神浜」のネタバレ 遊園地での計画を邪魔されたマギウスたちは、ついに手段を選ばなくなった。 神浜の魔法少女たち全員を標的に、マギウスの翼たちを放った。 魔法少女になるという真実を。 暴走するマギウスの翼たち。 操られているかのような彼女たちの様子から、やちよはウワサが関わっていると疑い、調べていく。 ……そうして、行き着いた先には。 ウワサと同化した巴マミがいた。 彼女との戦いの中で、やちよは自分の本当の固有魔法に気づく! 声が、聞こえたのだ。 懐かしい声が。 体の中から、誰かの声が、魔力が溢れてくる。 「うまく言えないけど、今の私は支えられているわ」 これまで圧倒されていたマミを圧倒する力を発揮します。 かつて彼女のために身を捧げた、かなえやメルは、決して犠牲になったわけじゃなかった。 ずっと、彼女の中で息づいていた。 ……そして。 神浜の魔法少女たちも駆けつけ、マミに取り付いていた神浜聖女のウワサを撃退した! マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー:9章「サラウンド・フェントホープ」のネタバレ 連れ去られたいろはを助けるため、マギウスの本拠地に突入するやちよたち。 さなは能力を使って羽根を襲い変装。 いろはを助け出すことに成功する。 しかし、いろはのソウルジェムは別の場所にあった。 ソウルジェムから離れてしまったことで、いろはは意識を失ってしまう……。 マギウスの翼に連れられ、いろはは目を覚ます。 だから、解放を望む。 自分の宿命とは向かい合えない……。 いろははそれでも言う。 「私の妹は願わないと思うよ。 沢山の人を犠牲にしてまで、救われることは……」 「そういい切れるのは、あなたたち姉妹が強いからです……私達姉妹は嘆き崩れ、この宿命から逃れたいと思った。 その現実を愚弄するのは許しません……あなたと一緒にしないでください」 彼女は、神浜市の外からやってきた魔法少女だった。 ドッペルの存在を知り、この上なく救われたと言う。 平行線な二人。 だが、この羽根の少女との会話でいろはは確信する。 マギウスの計画は、どこかで必ずういにつながっている、と。 一方、やちよたちは、みふゆと合流する。 みふゆはワルプルギスの夜を呼び寄せたマギウスの行いに、ついに離反する。 「ワタシも、やっちゃんたちを手伝わせてください!」 ついに、みふゆも戻ってきた。 真実を知ってしまったあの日以来の共闘。 かつての仲間と一緒に戦える喜びに、鶴乃は涙を流す……! しかし、女王グマのウワサと対面し、強力な力で分断されてしまう……。 マギウスのもとへ向かおうとすると、過去の自分が悩みをささやきかけてきた。 「無能でダメダメな私が幸せそうにしてていいんですか?」 「みかづき荘の中で、私はもうそんなことで悩んだりしません……!」 「オマエ親の仇のこと忘れてるだろ マギウスなら魔女がいなくなるぞ」 「でも、そっちにはいろはたちがいねーからヤだよ!」 「どうせみかづき荘の人たちは本当のわたしを理解してないって」 「実はそれは解決済みなんだよー」 「このままじゃあなた、また仲間を殺してしまうわよ」 「いろはたちが居ない生活が、今の私には……」 「そんな強い人間なんて、環いろはじゃないよ」 「これが今の環いろはなんだよ」 「学校に行くのを楽しみにしてるういに、ウソを吐き続けていた。 楽しい学校生活を送るお姉ちゃんを演じてた……。 私はもう、そんな自分に戻るつもりなんてないんだよ。 自分の意見を貫かないといけなくなった時から、私の周りは変わっていったの。 いろんな魔法少女と出会って、かけがえのない仲間と出会って。 だからね、ビクビクしていた頃の自分とはもうサヨナラするよ。 ういと再会した時に、紹介できる親友ができたから!」 みかづき荘のみんなに、もう迷いはなかった。 過去の悩みは、もうみんなと出会って、一緒にいるうちに解決していった。 だからもう、そんなところで立ち止まってはいられない! しかし。 自分たちの欲望を叶えるため、ワルプルギスの夜を呼び、人々の絶望をエネルギーへと変換する。 それこそが、マギウスの目的。 魔法少女は救われるし、マギウスは望みを叶える。 しかし、人間は、神浜の人々は犠牲となってしまう。 それは、 いろはたちにとって許せることではなかった。 「私は未来の人類を救う!イブにワルプルギスの夜を食べさせて魔女にはさせない!」 目覚めたイブに掴まれるいろは。 しかし掴むだけで何もしてこない。 いろは、うい、灯火、ねむの4人が揃ったときにだけ、咲くはずの桜。 それが咲いたということはつまり。 イブが、うい なの……? マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー:10章「浅き夢の暁」のネタバレ いろはがずっと探してきた、妹は。 エンブリオ・イブへと成り果てていた。 信じたくない。 けれど間違いなく、万年桜は咲いてしまったのだ。 イブの拘束具は外れ、神浜には使い魔があふれる。 更に、ワルプルギスの夜さえも近づいてくる。 神浜の魔法少女や、まどかたち見滝原の魔法少女たちは、町を救うため各々の場所で戦う。 イブを倒して、中からういを救出する。 それが唯一の、ういを助ける方法だった。 イブの胸元にある大きな赤い宝石。 それこそがコアとなる場所。 いろはたちはそこを狙うため、みんなで力を合わせる。 町は燃え、みんなは傷つき倒れしまう……。 唯一立っていたのは、いろはだけ。 狙いを定める。 でも、みんなの穢れを受け入れ、助けてくれた。 そんなういを、撃ち抜けない。 いろはは、ういのいる宝石を直接取りに行くことを決意した。 3人の本当の目的は、魔法少女を、いろはを救うことだった。 しかし、ういの「回収」の力が暴走した。 穢れの集まる彼女を、ねむは「ストーリーの具現化」という形で、小さいキュゥべえの中へ閉じ込めたのだ。 結果、二人はういのことを忘れてしまう。 記憶を取り戻した二人の協力で、ついにういを救い出す! しかし、まだ。 アリナはイブを諦めていなかった。 アリナはホーリーアリナとなり、世界の滅亡を望んだ。 人々は深層心理で、滅びを望んでいるのだから。 これまでのことを後悔していたねむは、自らの身を犠牲にアリナを倒す。 残されたイブは、感情を持たないキュゥべえを取り込み、全ては浄化された。 消耗しきった魔法少女たち。 絶望するほむら。 しかし、別次元のアルティメットまどかの力によって、希望を取り戻す! 神浜に集った魔法少女たちが協力し、ワルプルギスの夜と戦う。 心を一つにし、力を一つに。 そしてやちよは、ついに自分の能力に気付く。 仲間を犠牲に生き残るなんて、醜い力ではなかった。 「希望を受け継ぐ力」。 託された希望を、その身に宿す。 それに今、彼女は気づいたのだ。 みんなの力を注いだ一撃で、ワルプルギスの夜は消えた。 ういは戻ってきた。 みかづき荘のみんなも、また一つになれたのだった。 そんな、魔法少女たちの記録。 それが、マギアレコード。 アニメ開始時のストーリーの更に前、マミさんと杏子の出会いから師弟関係を築くところまで、じっくり見ることが出来ます。 (アニメ本編でもこの二人は師弟関係。 公式設定です) (C)Magica Quartet・ハノカゲ まだ初々しい頃の杏子がマジかわいくて最高。 スレてなくて、 マミさんにめちゃくちゃ懐いてるんですよ。 可愛くないですか?? (C)Magica Quartet・ハノカゲ マミさんの方も杏子にベッタリだったりして尊い。 お互いを思い合う、重めの百合要素とか、 3話のとき、もしマミさんが生きてたら……っていう誰もが妄想した展開とか、最高な要素がつまってます! 全3巻でかなり読みやすいのでぜひ。 まとめ マギアレコード(マギレコ)の2期についてでした! おそらく 分割2クールで、2020年10月からの放送となるんじゃないか、と予想しています。 ストーリーとしては、原作ゲームの7章あたりから。 鶴乃がずっと隠していた本心を聞き届けて、その上で手を差し伸べたり、 やちよさんが本当の固有魔法に気づいたり、 ワルプルギスの夜にみんなで立ち向かったりと、 むしろ1期以降が本番みたいなところあります! ぜひお楽しみに。 ちなみに、 マミさんがもし生きていたら……っていうスピンオフ漫画があります。 まどマギ好きなら超おすすめです。

次の

アニメ・マギアレコード(マギレコ)13話の感想・考察!

マギアレコード アニメ 最終回

マギアレコード(マギレコ)の2期はある?分割2クール? まずは、 マギアレコード(マギレコ)の2期はそもそもあるのか?ということについて。 最終回放送後、 第2シリーズの制作が進んでいることが発表されました。 マギアレコード(マギレコ)の2期の放送日はいつ? では、 マギアレコード(マギレコ)の2期の放送日はいつになるのか?ということについて。 現状、まだ公式から詳しい時期の発表はありません。 その上で、分割2クールで 2020年10月からの放送になると考えています。 上に書いたように、既に制作が進んでいたため、既定路線の 分割2クールの可能性が高い。 その上で、2020年7月はシャフトがアサルトリリィという作品を制作するので、おそらく不可能。 その次のクールである 2020年10月からマギレコ2期(2クール目)が放送されるのではないか、と考えています。 次に、 マギレコの2期(2クール目)のストーリーについて、残された謎やいろはたちの成長、活躍を中心にご紹介していきます! マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー!アニメ1期の続きは原作のどこからかネタバレ! それではいよいよ、 マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリーについて! ネタバレを含むのでご注意ください。 では、今放送されてるペースを見る感じ、だいたい原作ゲームの 6章くらいまでがアニメ化されそうです。 みんながマギウスに洗脳されてしまい、やちよが自分のせいでみんなが犠牲になってしまうから、と チームの解散を宣言する。 ……みかづき荘のみんなが、バラバラになってしまうという、絶望的な状況。 だけど、 いろはが初めて自分の意見を叫んで、やちよの心を救い出す! このあたりが最終回になると現時点では予想しています。 そして、 マギレコの2期では、ゲームの7章から。 やっと出来た、かけがえのない友人たちを助けるため、いろはは頑張ることを決めた。 まずは、マギウスの翼に近づくことができれば、きっといつかはフェリシアたちに近づけるはず。 そう思って、いろはとやちよは、見つけたウワサを片っ端から倒していく! そうしているうちに、ウワサが密集している場所に気付く。 そこに、黒羽根となったフェリシアとさなが現れる。 しかし、 彼女たちの洗脳は既に解けていた! 「ハンッ!ざーんねーんでした! オレは最初っからいろは側だ、バーカ!」 「私もです……ここで、お家に帰らせてもらいます……!」 二人は、みふゆによって洗脳を解かれていたのだ。 四人は再会を喜ぶ。 みふゆはそれを知り、ついに一線を越えてしまったマギウスを、裏切った。 せめて、鶴乃以外の二人だけでも。 そう思って、彼女は洗脳を解いていたのだった。 しかし。 鶴乃だけは、灯火たちによってウワサと同化させられてしまう。 遊園地にはびこる、キレーションランドのウワサ。 生気のない、どこか虚ろな表情ばかりを浮かべる鶴乃。 全く別人のような彼女。 ウワサを倒せば、きっともとに戻るはず。 「いつも元気で、笑顔な鶴乃に戻ってきてほしい!」。 そう願って、いろはたちはウワサの鶴乃へと攻撃する。 ……だが、ウワサが鶴乃から離れることはなかった。 それが意味することは、つまり。 鶴乃自身が望んで、この「やる気を奪う」ウワサとなっているということだ。 笑顔で、元気で、頑張って。 そう、違ったのだ。 当然だ。 大好きだったおじいちゃんを亡くし、実家のお店は廃れていく。 魔法少女になったときに願って手に入れたお金は、母と祖父に散財されてしまう。 やちよと一緒に組んでいたチームも……かけがえのない仲間が、少しずつ減っていく。 摩耗したやちよは、事情も話さず、独りで孤高の魔法少女になってしまう。 ずっと、鶴乃は辛かったんだ。 父やみんなのために、最強の魔法少女じゃなきゃいけない。 その義務感だけで、鶴乃はずっと立ち続けていた。 ……それが、折れてしまった。 「(みふゆは)まだわたしが頼りないから、本当のことを教えてくれないのかな。 頑張らないと、もっと頑張らないと」 「不安になっちゃだめだ、わたし最強なんだから。 むしろ陰でししょーを支えるんだ」 「いろはちゃん、大変だな、わたしが先輩として力にならないと。 なんたって最強だからね」 「ひとりで生き抜くなんてわたしより大変。 わたしがフェリシアのししょーとして勉強も仕事も鍛え上げないと!」 「(さなは)まだ不安なんだろうな、ここはやっぱりやちよチームの潤滑油、由比鶴乃が居場所を作らないと!」 「わたしが頑張らなきゃ、不安になってるヒマはない、だって最強なんだから、偉業を成すんだからこれぐらい、みんなに幸せになって欲しい」 鶴乃の本当の想いを知ったいろはたちは、決意する。 今度は一緒に手を取り合って、支え合って進んでいこう! 今度は鶴乃を支えてあげたい、その思いを一人ひとり、伝えていく。 「今度は……今度は私に……お返しさせてください……鶴乃さん」 「いちいち、んな心配すんなよな!オレだって、もう店の戦力だろ!?」 「ごめんね、鶴乃。 鶴乃は目を覚まし、ウワサに立ち向かう。 今度は、みんなに助けてもらいながら。 ウワサを倒すと、マギウスの独り、柊ねむが現れた。 彼女がウワサを作り、そのエネルギーを使って魔法少女の解放を目指しているという。 これが孵化すれば、キュゥべえの役割を肩代わりすることになる。 灯火は、世界の真実を知ることができる。 ねむは、あらゆる物語を具現化できる。 アリナは、あらゆるアートを創造することができる。 魔法少女よりも、価値のない人間。 それを虐げることで、野望を実現しようとしたのだ。 ……その在り方を、いろはは認めない。 だが、マギウスは止まらない。 ……伝説の魔女、ワルプルギスの夜を神浜へ呼び出すことも、厭わない。 マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー:8章「偽りに彩られ神浜」のネタバレ 遊園地での計画を邪魔されたマギウスたちは、ついに手段を選ばなくなった。 神浜の魔法少女たち全員を標的に、マギウスの翼たちを放った。 魔法少女になるという真実を。 暴走するマギウスの翼たち。 操られているかのような彼女たちの様子から、やちよはウワサが関わっていると疑い、調べていく。 ……そうして、行き着いた先には。 ウワサと同化した巴マミがいた。 彼女との戦いの中で、やちよは自分の本当の固有魔法に気づく! 声が、聞こえたのだ。 懐かしい声が。 体の中から、誰かの声が、魔力が溢れてくる。 「うまく言えないけど、今の私は支えられているわ」 これまで圧倒されていたマミを圧倒する力を発揮します。 かつて彼女のために身を捧げた、かなえやメルは、決して犠牲になったわけじゃなかった。 ずっと、彼女の中で息づいていた。 ……そして。 神浜の魔法少女たちも駆けつけ、マミに取り付いていた神浜聖女のウワサを撃退した! マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー:9章「サラウンド・フェントホープ」のネタバレ 連れ去られたいろはを助けるため、マギウスの本拠地に突入するやちよたち。 さなは能力を使って羽根を襲い変装。 いろはを助け出すことに成功する。 しかし、いろはのソウルジェムは別の場所にあった。 ソウルジェムから離れてしまったことで、いろはは意識を失ってしまう……。 マギウスの翼に連れられ、いろはは目を覚ます。 だから、解放を望む。 自分の宿命とは向かい合えない……。 いろははそれでも言う。 「私の妹は願わないと思うよ。 沢山の人を犠牲にしてまで、救われることは……」 「そういい切れるのは、あなたたち姉妹が強いからです……私達姉妹は嘆き崩れ、この宿命から逃れたいと思った。 その現実を愚弄するのは許しません……あなたと一緒にしないでください」 彼女は、神浜市の外からやってきた魔法少女だった。 ドッペルの存在を知り、この上なく救われたと言う。 平行線な二人。 だが、この羽根の少女との会話でいろはは確信する。 マギウスの計画は、どこかで必ずういにつながっている、と。 一方、やちよたちは、みふゆと合流する。 みふゆはワルプルギスの夜を呼び寄せたマギウスの行いに、ついに離反する。 「ワタシも、やっちゃんたちを手伝わせてください!」 ついに、みふゆも戻ってきた。 真実を知ってしまったあの日以来の共闘。 かつての仲間と一緒に戦える喜びに、鶴乃は涙を流す……! しかし、女王グマのウワサと対面し、強力な力で分断されてしまう……。 マギウスのもとへ向かおうとすると、過去の自分が悩みをささやきかけてきた。 「無能でダメダメな私が幸せそうにしてていいんですか?」 「みかづき荘の中で、私はもうそんなことで悩んだりしません……!」 「オマエ親の仇のこと忘れてるだろ マギウスなら魔女がいなくなるぞ」 「でも、そっちにはいろはたちがいねーからヤだよ!」 「どうせみかづき荘の人たちは本当のわたしを理解してないって」 「実はそれは解決済みなんだよー」 「このままじゃあなた、また仲間を殺してしまうわよ」 「いろはたちが居ない生活が、今の私には……」 「そんな強い人間なんて、環いろはじゃないよ」 「これが今の環いろはなんだよ」 「学校に行くのを楽しみにしてるういに、ウソを吐き続けていた。 楽しい学校生活を送るお姉ちゃんを演じてた……。 私はもう、そんな自分に戻るつもりなんてないんだよ。 自分の意見を貫かないといけなくなった時から、私の周りは変わっていったの。 いろんな魔法少女と出会って、かけがえのない仲間と出会って。 だからね、ビクビクしていた頃の自分とはもうサヨナラするよ。 ういと再会した時に、紹介できる親友ができたから!」 みかづき荘のみんなに、もう迷いはなかった。 過去の悩みは、もうみんなと出会って、一緒にいるうちに解決していった。 だからもう、そんなところで立ち止まってはいられない! しかし。 自分たちの欲望を叶えるため、ワルプルギスの夜を呼び、人々の絶望をエネルギーへと変換する。 それこそが、マギウスの目的。 魔法少女は救われるし、マギウスは望みを叶える。 しかし、人間は、神浜の人々は犠牲となってしまう。 それは、 いろはたちにとって許せることではなかった。 「私は未来の人類を救う!イブにワルプルギスの夜を食べさせて魔女にはさせない!」 目覚めたイブに掴まれるいろは。 しかし掴むだけで何もしてこない。 いろは、うい、灯火、ねむの4人が揃ったときにだけ、咲くはずの桜。 それが咲いたということはつまり。 イブが、うい なの……? マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー:10章「浅き夢の暁」のネタバレ いろはがずっと探してきた、妹は。 エンブリオ・イブへと成り果てていた。 信じたくない。 けれど間違いなく、万年桜は咲いてしまったのだ。 イブの拘束具は外れ、神浜には使い魔があふれる。 更に、ワルプルギスの夜さえも近づいてくる。 神浜の魔法少女や、まどかたち見滝原の魔法少女たちは、町を救うため各々の場所で戦う。 イブを倒して、中からういを救出する。 それが唯一の、ういを助ける方法だった。 イブの胸元にある大きな赤い宝石。 それこそがコアとなる場所。 いろはたちはそこを狙うため、みんなで力を合わせる。 町は燃え、みんなは傷つき倒れしまう……。 唯一立っていたのは、いろはだけ。 狙いを定める。 でも、みんなの穢れを受け入れ、助けてくれた。 そんなういを、撃ち抜けない。 いろはは、ういのいる宝石を直接取りに行くことを決意した。 3人の本当の目的は、魔法少女を、いろはを救うことだった。 しかし、ういの「回収」の力が暴走した。 穢れの集まる彼女を、ねむは「ストーリーの具現化」という形で、小さいキュゥべえの中へ閉じ込めたのだ。 結果、二人はういのことを忘れてしまう。 記憶を取り戻した二人の協力で、ついにういを救い出す! しかし、まだ。 アリナはイブを諦めていなかった。 アリナはホーリーアリナとなり、世界の滅亡を望んだ。 人々は深層心理で、滅びを望んでいるのだから。 これまでのことを後悔していたねむは、自らの身を犠牲にアリナを倒す。 残されたイブは、感情を持たないキュゥべえを取り込み、全ては浄化された。 消耗しきった魔法少女たち。 絶望するほむら。 しかし、別次元のアルティメットまどかの力によって、希望を取り戻す! 神浜に集った魔法少女たちが協力し、ワルプルギスの夜と戦う。 心を一つにし、力を一つに。 そしてやちよは、ついに自分の能力に気付く。 仲間を犠牲に生き残るなんて、醜い力ではなかった。 「希望を受け継ぐ力」。 託された希望を、その身に宿す。 それに今、彼女は気づいたのだ。 みんなの力を注いだ一撃で、ワルプルギスの夜は消えた。 ういは戻ってきた。 みかづき荘のみんなも、また一つになれたのだった。 そんな、魔法少女たちの記録。 それが、マギアレコード。 アニメ開始時のストーリーの更に前、マミさんと杏子の出会いから師弟関係を築くところまで、じっくり見ることが出来ます。 (アニメ本編でもこの二人は師弟関係。 公式設定です) (C)Magica Quartet・ハノカゲ まだ初々しい頃の杏子がマジかわいくて最高。 スレてなくて、 マミさんにめちゃくちゃ懐いてるんですよ。 可愛くないですか?? (C)Magica Quartet・ハノカゲ マミさんの方も杏子にベッタリだったりして尊い。 お互いを思い合う、重めの百合要素とか、 3話のとき、もしマミさんが生きてたら……っていう誰もが妄想した展開とか、最高な要素がつまってます! 全3巻でかなり読みやすいのでぜひ。 まとめ マギアレコード(マギレコ)の2期についてでした! おそらく 分割2クールで、2020年10月からの放送となるんじゃないか、と予想しています。 ストーリーとしては、原作ゲームの7章あたりから。 鶴乃がずっと隠していた本心を聞き届けて、その上で手を差し伸べたり、 やちよさんが本当の固有魔法に気づいたり、 ワルプルギスの夜にみんなで立ち向かったりと、 むしろ1期以降が本番みたいなところあります! ぜひお楽しみに。 ちなみに、 マミさんがもし生きていたら……っていうスピンオフ漫画があります。 まどマギ好きなら超おすすめです。

次の