マガポケ 評価。 マガジンポケット(マガポケ)

第103回新人漫画賞大発表!! 入選2本、佳作4本を含む総勢18名が雑誌とWEBで掲載決定!! 特別奨励賞は12本!! 奨励賞は7本!! 受賞者のすべてをここに発表!!

マガポケ 評価

獅鬼童 裏那 圭(23) 50P 先生コメント 絵が一番上手い。 デザインセンスも個性も有る上に現代的なキャラ感を含めた作風と一貫性が有るのが尚素晴らしい。 無駄に舞台を拡げず、キャラのやり取りで作られたネームも自分の武器を分かってる。 瞳の描き方が好き。 でもこの瞳を描く人の課題は感情移入。 でも読者に優しい話作りが出来ているし出来るはず。 画力が羨ましい。 編集部コメント 圧巻の画力だ。 特徴的な絵柄で、刀を携えたキャラ達が実に生き生きと原稿用紙の中で駆け回っている。 最強の称号「獅鬼刃」を目指す主人公とそのライバル達によるバトル漫画。 題材としては非常にオーソドックスだが、前述の通り、圧倒的な表現力が作品に個性を与えている。 実際、この作品を読むと、少し自分が強くなった気分になる。 そしてその感覚は、バトル漫画に求められる最も重要な要素の一つでもある。 バトルの展開に少しアイディア不足を感じたものの、今回の受賞の勢いそのままに、一刻も早く連載を獲得してほしい。 ブルー 大熊サイヤ(22) 50P 先生コメント 状況ではなく価値観が移り変わっていく筋が書けるのは作家として強い。 両者ともエグ味の有るキャラなのに嫌味の無い描き方が上手い。 詰め込みの割に読み易い。 「楽しくしてなきゃ死ぬ程惨め」は向こう半年自問自答したい。 感情移入のピークがヒロインにあるのが寂しい。 結局はお互いが与え合ってるという着地は爽やかだけどもう一歩見たい。 ラスト鳥肌、絵だけでその意味を伝え切った見開きは最高。 編集部コメント 傑作。 主人公の物語とヒロインの物語が共鳴して進み、最後には彼らだけの結末を得る。 絵を描くだけの物語が、ここまでの深みに達した。 特に主人公が葛藤する1枚絵がすごい。 感情がダイレクトに伝わってくる、技巧を越えた魂のこもった表情に震えた。 明るく読みやすい導入部、丁寧な画面作り、キャラの掘り下げ、好感度の高い絵、そして読者を引き込む展開力。 ケチのつけようがない。 またひとり、素晴らしい才能を世に送り出せることに喜びを感じています。 編集部一同、連載を心から楽しみにしています。

次の

マガジンポケット(マガポケ)の評価!使いづらさを感じる...

マガポケ 評価

獅鬼童 裏那 圭(23) 50P 先生コメント 絵が一番上手い。 デザインセンスも個性も有る上に現代的なキャラ感を含めた作風と一貫性が有るのが尚素晴らしい。 無駄に舞台を拡げず、キャラのやり取りで作られたネームも自分の武器を分かってる。 瞳の描き方が好き。 でもこの瞳を描く人の課題は感情移入。 でも読者に優しい話作りが出来ているし出来るはず。 画力が羨ましい。 編集部コメント 圧巻の画力だ。 特徴的な絵柄で、刀を携えたキャラ達が実に生き生きと原稿用紙の中で駆け回っている。 最強の称号「獅鬼刃」を目指す主人公とそのライバル達によるバトル漫画。 題材としては非常にオーソドックスだが、前述の通り、圧倒的な表現力が作品に個性を与えている。 実際、この作品を読むと、少し自分が強くなった気分になる。 そしてその感覚は、バトル漫画に求められる最も重要な要素の一つでもある。 バトルの展開に少しアイディア不足を感じたものの、今回の受賞の勢いそのままに、一刻も早く連載を獲得してほしい。 ブルー 大熊サイヤ(22) 50P 先生コメント 状況ではなく価値観が移り変わっていく筋が書けるのは作家として強い。 両者ともエグ味の有るキャラなのに嫌味の無い描き方が上手い。 詰め込みの割に読み易い。 「楽しくしてなきゃ死ぬ程惨め」は向こう半年自問自答したい。 感情移入のピークがヒロインにあるのが寂しい。 結局はお互いが与え合ってるという着地は爽やかだけどもう一歩見たい。 ラスト鳥肌、絵だけでその意味を伝え切った見開きは最高。 編集部コメント 傑作。 主人公の物語とヒロインの物語が共鳴して進み、最後には彼らだけの結末を得る。 絵を描くだけの物語が、ここまでの深みに達した。 特に主人公が葛藤する1枚絵がすごい。 感情がダイレクトに伝わってくる、技巧を越えた魂のこもった表情に震えた。 明るく読みやすい導入部、丁寧な画面作り、キャラの掘り下げ、好感度の高い絵、そして読者を引き込む展開力。 ケチのつけようがない。 またひとり、素晴らしい才能を世に送り出せることに喜びを感じています。 編集部一同、連載を心から楽しみにしています。

次の

千田大輔がマガポケで新連載をスタート!タイトルは『ヒロインは絶望しました。』

マガポケ 評価

獅鬼童 裏那 圭(23) 50P 先生コメント 絵が一番上手い。 デザインセンスも個性も有る上に現代的なキャラ感を含めた作風と一貫性が有るのが尚素晴らしい。 無駄に舞台を拡げず、キャラのやり取りで作られたネームも自分の武器を分かってる。 瞳の描き方が好き。 でもこの瞳を描く人の課題は感情移入。 でも読者に優しい話作りが出来ているし出来るはず。 画力が羨ましい。 編集部コメント 圧巻の画力だ。 特徴的な絵柄で、刀を携えたキャラ達が実に生き生きと原稿用紙の中で駆け回っている。 最強の称号「獅鬼刃」を目指す主人公とそのライバル達によるバトル漫画。 題材としては非常にオーソドックスだが、前述の通り、圧倒的な表現力が作品に個性を与えている。 実際、この作品を読むと、少し自分が強くなった気分になる。 そしてその感覚は、バトル漫画に求められる最も重要な要素の一つでもある。 バトルの展開に少しアイディア不足を感じたものの、今回の受賞の勢いそのままに、一刻も早く連載を獲得してほしい。 ブルー 大熊サイヤ(22) 50P 先生コメント 状況ではなく価値観が移り変わっていく筋が書けるのは作家として強い。 両者ともエグ味の有るキャラなのに嫌味の無い描き方が上手い。 詰め込みの割に読み易い。 「楽しくしてなきゃ死ぬ程惨め」は向こう半年自問自答したい。 感情移入のピークがヒロインにあるのが寂しい。 結局はお互いが与え合ってるという着地は爽やかだけどもう一歩見たい。 ラスト鳥肌、絵だけでその意味を伝え切った見開きは最高。 編集部コメント 傑作。 主人公の物語とヒロインの物語が共鳴して進み、最後には彼らだけの結末を得る。 絵を描くだけの物語が、ここまでの深みに達した。 特に主人公が葛藤する1枚絵がすごい。 感情がダイレクトに伝わってくる、技巧を越えた魂のこもった表情に震えた。 明るく読みやすい導入部、丁寧な画面作り、キャラの掘り下げ、好感度の高い絵、そして読者を引き込む展開力。 ケチのつけようがない。 またひとり、素晴らしい才能を世に送り出せることに喜びを感じています。 編集部一同、連載を心から楽しみにしています。

次の