ドコモ光 ポケットwi-fi。 ドコモ光のWi

【ドコモ】「ギガホ VS ギガライト+ポケットWiFi」どっちがお得か徹底比較

ドコモ光 ポケットwi-fi

基本プラン・・・1,200円• インターネット接続サービス・・・200円• パケットパック・・・3,500円〜8,000円 新規でお申込みの方はこれらの合計金額が月額料金となります。 パケットパックは自分が必要なデータ量を選びましょう。 ドコモのポケットWiFiの月額料金は 1,400円+パケットパック料金となります。 パケットパックの料金は以下になります。 5Gプランで契約した場合• 基本プラン・・・1,200円• インターネット接続サービス・・・200円• パケットパック・・・5,000円• 合計・・・6,400円 他社のポケットWiFiの料金を知っている方はびっくりするほど高いです。 ドコモのサービスは昔から高いイメージがありますが、ポケットWiFiもやはり料金は高いですね。 20Gプランで契約した場合• 基本プラン・・・1,200円• インターネット接続サービス・・・200円• パケットパック・・・6,000円• 合計・・・7,400円 5GBと20GBの差はたった1,000円です。 容量を気にせずインターネットを利用したい場合は20GB以上を選択されたほうが良いでしょう。 ドコモユーザーの場合は2台目プラスで料金が安い 既にドコモを契約されている方は 2台目プラスというサービスがあり、ポケットWiFiを安く利用することが出来ます。 2台目プラスはシェアオプション(月額500円)に加入することで、 スマホとポケットWiFiでパケットパックのデータ通信量をシェアすることができるサービスです。 【2台目プラスを使った料金シュミレーション】 例えば、あなたがドコモでiphoneyやAndroidなどのスマホを契約されていて、データ通信5GBのプランに加入をされているとします。 ドコモのポケットWiFiの料金• 基本プラン・・・1,200円• インターネット接続サービス・・・200円• シェアオプション・・・500円• 合計・・・1,900円 スマホの料金に プラス1,900円でポケットWiFiを利用することが可能になります。 ただ、この場合スマホと合わせて5GBしかできません。 プラス1,000円でウルトラパック(20G)にプラン変更ができます。 その場合 スマホの料金+2,900円で20GBのポケットWiFiを契約することができるというわけですね。 ドコモユーザーにとってはソフトバンクの7GBのポケットWiFiなどを利用されるよりはドコモのポケットWiFiを利用されたほうがお得になります。 ドコモのポケットWiFiのメリット 速度が速く超高速 ドコモのポケットWiFiの最大通信速度は 下り1,288Mbps、上り131. 3Mbpsです。 光回線が1Gbpsなのを考慮にいれてもかなりの速度です。 インターネット接続で困ることはないでしょう。 エリアが広く電波が繋がりやすい FOMA・LTE、docomo Wi-Fiで可能なので、 ドコモの電波が入る場所ならばどこでも利用できるのが魅力です。 ワイモバイルやWiMAXが利用できないエリアでも接続できる事が多いです。 特に地方にお住まいの方におすすめできるのがドコモのポケットWiFiです。 海外でも利用可能 国際ローミング対応していますので、海外に持ち運びして利用することが可能です。 (海外で利用できる機種と出来ない機種があります。 ) アメリカ本土で利用をされた場合の料金は、 1日最大2,980円です。 月2,980円ではなく1日あたり2,980円なのでご注意を。 海外でもインターネットをよく利用される方にはおすすめです。 ドコモのポケットWiFiがおすすめできない理由 エリアが広くドコモのLTEでインターネットに接続できるドコモのポケットWiFiですが、結論としてはあまりおすすめできません。 料金が高すぎる ドコモのポケットWiFiは料金が高すぎます。 通信業者 データ通信量 月額料金 ドコモ 5G 6,400円 au 7G 3,696円 ソフトバンク 7G 3,696円 ワイモバイル 無制限 4,380円 WiMAX 無制限 1〜2ヶ月目:2,726円 3ヶ月目〜:3,411円 これから新規契約をされる場合5GBのプランの料金で6,400円と、他社ポケットWiFiと比較してもかなり高額となっています。 au、softbank、ワイモバイルなどは7GBの通信量で3,696円です。 その差は2,700円以上になります。 データ通信量を増やすことでお得にはなっていきます。 20GB・・・7,400円• 30GB・・・9,400円 しかし、Broad WiMAXならば月々2,726円〜無制限で利用ができます。 ドコモユーザーの場合は割安になりますが、新規契約をするメリットはほぼないです。 無制限では利用できない ポケットWiFiを選ぶ時に多くの方が気になるのは速度制限ではないでしょうか?• スマホで速度制限にかかってしまった・・・。 速度制限でインターネットにまともに繋がらない・・・。 こんな時イライラしてしまいますよね。 ポケットWiFiは無制限で利用したいという方は多いと思いますが、 ドコモのポケットWiFiに無制限のプランは用意されていません。 ウルトラデータLLパック(30GB)が上限となります。 データ通信量の上限を超えてしまうと128Kbpsの通信制限となります。 速度制限を気にせずにポケットWiFIを利用したい場合は無制限で利用できるポケットWiFiを選ぶことが重要です。 スピードモードで実質無制限にはなるけれど・・・ データプランは月の途中で変更することはできません。 5GBのプランに申込みをされていた場合、月5GB以上のデータ容量を利用してしまうと速度制限になります。 速度制限になってもスピードモードを利用することで 1GBにつき1,000円で容量をプラスすることが可能です。 2台目プラスならばテザリングで十分では? ドコモのポケットWiFiはスマホのデータ容量を利用します。 回線も同じスマホと回線を利用します。 テザリングができるスマホをお持ちであれば、特にポケットWiFiを契約しなくてもスマホをポケットWiFiの代わりとして利用ができます。 通常ポケットWiFIを契約する場合• スマホの速度制限が気になる• スマホのパケットを抑えて料金を安くしたい という使い方をされる方が多いと思いますが、ドコモのポケットWiFiの場合データー通信量が共有というところがデメリットですね。 ドコモのモバイルWiFiルーターのスペック比較 現在ドコモで用意されているポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)は2種類です。 HW-01L N-01J 発売日 2019年3月 2017年3月 最大通信速度 1,288Mbps(下り) 131. 3Mbps(上り) 788Mbps(下り) 50Mbps(上り) 連続通信時間 6時間 11時間 重量 150g 110g 機種代金 25,920円 26,568円 今から申込みをされるのであれば 最高速度1,288Mpsで利用できる『HW-01L』がおすすめです。 『N-01J』は、PREMIUM 4Gでの接続でも11時間と、バッテリーのもちは良いです。 しかし、『N-01J』は2年以上前に販売された機種になりますので、『HW-01L』をおすすめします。 ドコモのポケットWiFiとスマモバを比較 ドコモのポケットWiFiと同じく、LTE回線を利用したモバイルWiFiルーターで『 スマモバ』というサービスがあります。 利用可能エリアも同じです。 こちらは 月額3,980円で無制限で利用可能となっています。 ドコモのポケットWiFiを新規契約されるのでしたらスマモバの方が、安くてお得の用に感じますね。 『ドコモのポケットWiFiが無制限!!』ということで話題になったサービスなのですが、あまり利用者の口コミはよくありませんでした。 月間のデータ通信量は無制限なのですが、 インターネットが混み合う夕方・夜の時間帯は速度が遅くなり快適に接続はできないようです。 あくまでスマモバは速度にこだわりはないが安く利用したい方向けのポケットWiFiとなります。 同じ電波を使っていてもモバイルWiFiルーターを通すと違うようですね。 こないだ色々と実験する意味で、docomoのWi-FiのN-01J契約してきた。 スマホはau、んで、既にauのWi-Fi持ってるけど、色々と比べたら瞬間的な速度はauの方が速いかもだけど、全体の速度の安定性は断然docomoだね。 — リンちゃんと結婚したい電信P punirin1227 やはりドコモの回線は安定性が売りです。 ドコモのポケットWiFiの解約方法や解約金 ドコモのポケットWiFiの契約期間は2年間となっています。 解約をしたい場合はドコモショップかインフォメーションセンターへ連絡をしましょう。 2年以内の解約で9,500円の契約解除料が発生します。 違約金のみではなく、ドコモのモバイルルーターを分割払いしている場合は、残債分を支払う必要があります。 ドコモのポケットWiFiを他社のポケットWiFiを比較 ドコモのポケットWiFiは• データ通信量が無制限ではない• 料金が高い といったデメリットがありました。 ソフトバンクのポケットWiFiも無制限プランはありませんし、auのポケットWiFiは『au WiMAX』というWiMAXサービスになります。 無制限で利用できるポケットWiFi• 最大速度708Mbs• 月額料金は2,726円〜 総合的にWiMAXの方が優れていますので、これからポケットWiFiを新規契約されるのでしたらおすすめはWiMAXです。 関連記事: ドコモユーザーがポケットWiFiを無制限で利用するおすすめ方法 ドコモのポケットWiFiを20GBで契約された時の料金は Broad WiMAX• 1〜2ヶ月目:2,726円• 3ヶ月目〜24ヶ月目:3,411円 ドコモのスマホと無制限のポケットWiFiを 総額9,226円〜9,911円で持つことができるのです。 スマホもWiMAXで接続することが多くなりますので 2GBもあれば十分です。。 スマホ、タブレット、ノートパソコンも全部WiMAXで接続できるようになりますし、一人暮らしならば自宅のインターネットまで全部まとめて1万円以下に抑えることも可能です。 これからポケットWiFiを契約するのであれば、ドコモユーザーもWiMAXの方がお得に快適に利用できるはずです。 まとめ ドコモのポケットWiFiはドコモのLTE回線が利用できるので、とても回線的には優れているのですが、料金が高く、月間でのデータ制限があるのでポケットWiFiとしては使いづらいです。

次の

ドコモ光かポケットWi

ドコモ光 ポケットwi-fi

NECのWi-Fiルータ同士で中継(Aterm 9500N)。 中継先のWi-FiルータからデスクトップパソコンまでLAN接続(コンセントに挿すだけの安いWi-Fi中継機よりも速度がでます)Wi-Fiルータの親機(1F東側)-中継先(2F西側)なので結構距離が離れています。 Wi-Fi子機は何個か購入して試しましたが大したパフォーマンスが出ませんでした。 利用しているプロバイダ ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBを利用しています。 申込当時(2016年12月)はv6プラス対応しているプロバイダはGMOとくとくBBだけでした。 まとめ:2020年ドコモ光は速さが復活していた これまでの検証結果を見ていただいたならもうわかると思いますが、ドコモ光は決して遅くなく速さも改善されていました。 「ドコモ光のWi-Fiが遅い=嘘」だったということです。 仮に、マンションの配線方式がVDSL方式だったら100Mbps止まりですが、それはどの光と契約しても同じこと。 重要なのは、プロバイダと環境によって速さに差がでてくるということです。 もちろん、80Mbps程度でもYouTubeの4K動画は一瞬で再生されますので、そこまで速度にこだわらなくていいというのも正しいです。 とはいえ、複数人でネット使用するには、ベースの速度が速くないともたつく可能性があるというのはお忘れなく。

次の

ドコモのWi

ドコモ光 ポケットwi-fi

メリット• デメリット 光回線とポケットWiFiの違い 光回線 ポケットWiFi 下り回線速度 最大1Gbps 最大220Mbps 速度の安定性 安定している エリアにより不安定 LAN環境 基本的に有線LAN 無線LAN(有線LANも可) 開通工事 必須 不要 開通までの期間 3週間〜4週間 1週間以内 月額料金 6,000円程度 4,000円以下 利用制限 なし プランによってはあり 光回線は下りの回線速度速度が非常に高速で安定しやすい傾向があります。 ネット上でよくダウンロードしたり、動画を見たり、オンラインゲームをしたりする人には光回線がオススメです。 ポケットWiFiはどちらかというとライトユーザーにオススメ。 ネットサーフィンには十分な速度がでますが、エリアによっては圏外のケースもあります。 ポケットWi-Fiは動画をあまり見ない、移動中にネットがしたい。 一人暮らしで通信費を節約したいという人にオススメです。 実は 快適にネットサーフィンするには10Mbpsあれば十分! ですので、ネットサーフィンやTwitter、LINEくらいならポケットWiFiでも問題ありません。 管理人の使っているY! mobileの305ZTで30Mbps。 UQ WiMAXのNAD11で10〜20Mbpsでています。 ネットサーフィンには十分です。 もちろん、youtubeなども快適に視聴できます。 光回線は回線工事後で使えるのは契約してから3週間〜4週間後に開通となります。 ポケットWiFiは契約してから1週間以内に自宅などに届きますのですぐ利用可能です。 引越しなどですぐネット回線を利用したいという人にはポケットWiFiがとても早いのでオススメですし、どうしても安定した高速回線が必要で光回線を契約したという人でも つなぎのネット回線として利用しても便利です。 光回線は基本的に家のコンセント部分にネット回線を引き込みます。 モデムという機器につないで有線LANとなり、無線LANにするには無線LANルーターを別途購入する必要があります。 これに1万円程度の追加費用が必要となります。 これが結構設定が面倒くさいのでPC初心者は結構ネットが大変かと思います。 ポケットWiFiは電源を入れれば勝手に初期設定してくれるルーターが多いので、スマホやタブレット側で無線LANの英数字を入れれば設定完了と非常に簡単です。 光回線とポケットWiFiのメリットを比較 光回線 安定した回線速度 速度制限がないので使い放題 ポケットWiFi 家でも外でもネットが使える 回線工事不要ですぐつながる 月額料金が安い 光回線は非常に安定した回線速度がでます。 時間帯によっては使う人が多いと回線速度が下がる傾向もありますが、光ファイバーによる通信で大容量のデーターの取り扱いにも問題なくスムーズにやりとりできます。 速度制限もなく利用できますので大量の動画(youtubeやニコニコ動画など)を観たり、ダウンロードするというヘビーユーザーは光回線がオススメです。 ポケットWiFiは家の中でも外でもネットがつながるので非常に便利です。 外に外出してもタブレットやノートパソコンをネットにつなぎたい人にはピッタリです。 ルーター1台あればOKなので回線工事が必要がありません。 契約してルーターが届けば、すぐネットにつなげます。 月額料金も光回線より安いプロバイダが多く、単身赴任や一人暮らしの通信費節約にピッタリです。 光回線とポケットWiFiのデメリットを比較 光回線 外ではネットにつなげれない 初期費用、月額料金が高い ポケットWiFi エリアによっては圏外で使えない 使いすぎると利用制限がかかる ビルや地下鉄ではつながりにくい 光回線はプランによっては下り最大回線速度が1Gbpsと非常に高速で安定しやすいんですが、家の中だけしかつながりません。 月額料金も結構高いので一人暮らしの方にはちょっともったいないです。 ポケットWiFiはエリアによっては圏外になる場所もあります。 これは事前にエリアチェックしたり、UQ WiMAXのTry WiMAXを利用してみたりして自分の住んでるエリアでつながるのかは契約前にチェックしてください。 使いすぎると速度制限がかかりますが、プランによっては月間の速度制限がありません。 例えば、UQ WiMAXのUQ Flatツープラス ギガ放題プランやY! mobileのPocket WiFi 305ZTはキャンペーンで制限解除料が無料です。 月7GB以上通信しそうだという人は検討してみてはいかがでしょうか。

次の