ミツバチ マーヤ。 みつばちマーヤの冒険

新みつばちマーヤの冒険 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】 | いっぱいアニメを楽しもう

ミツバチ マーヤ

検索 YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your quota. テレビ大阪初の自社制作アニメ。 提供スポンサーは桃屋一社提供。 そのため、「桃屋ファミリー劇場」という冠が付いている。 そこで生まれ育ったマーヤはやがて、外の世界に出てみたいと思いが生まれてきたのだった。 彼女は、毎日毎日同じ事の繰り返しのお城での生活が、馴染めないのだった。 ある日マーヤは、隙をついて逃げ出し親友のウイリーと一緒に外の世界で生活していくことに。 バッタのフィリップとの出会い、自然の中で繰り広げられる騒動などいろいろな事を通してマーヤとウイリーは、一歩ずつ成長してゆく…。 やがて、自分のお城へ帰るときが来るのであった。 登場人物 (説明はWikipediaより) マーヤ 声 — 秋山るな 主人公。 メスのみつばち。 好奇心にあふれている。 ウイリー 声 — 野沢雅子 準主人公。 オスのみつばち。 いつものんきだが、お城の中では優秀で通っている。 フィリップ 声 — 沢りつお 外の世界で知り合ったバッタ。 マーヤとウイリーにいろいろと世話する。 カッサンドラ先生 声 — 山田礼子 マーヤとウイリーの先生。 年配のメスみつばち。

次の

みつばちマーヤの冒険 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】 | いっぱいアニメを楽しもう

ミツバチ マーヤ

連休はいかがお過ごしになりましたか。 今年は祝日の組合せがよかったので、旅行が多かったようですね。 私も4月には、今年こそ温泉にでも行こうかしらなどと話していたのですが、「出かけるより家でのんびりして祖師谷温泉へ行ったほうが楽だなあ」となりました。 祖師谷温泉は家から歩いて20分ほどのところにあります。 そして結局は家のお風呂に「名湯の素」を入れて、ゆっくり入るというところに落ち着いたという、、、実はこれ毎年のパターンなのです。 連休の恒例作業は庭の草取りです。 この時期花や緑が最高に美しくて気持ちがよいので、これが楽しい。 まず隅の方にある筍掘りから始めるのですが、同じ草でもその年によって特徴があります。 と草の話だけでもいろいろあるのですが、今年はいつもと違う「事件」があったので話はそちらにとびます。 中は見えないのですが、小さな口から出たり入ったり、せっせと花粉を運んでくるのを眺めていると見飽きません。 「ニホンミツバチは刺しませんよ」という専門家の言葉通りです。 ところが4月30日、巣の近くで、ちょうどよく育った小松菜を収穫していたら、頭のまわりをブンブンブンブン、、、いつもと様子が違うのです。 そして、ついに首を刺されてしまいました。 なんだかおかしい。 いつもは低いところをまっしぐらに花の咲いているところへ飛んでいくのに大勢で高いところを飛び回っています。 分蜂に違いないと手元にある百科事典などを調べましたがよく分かりませんでした。 5月3日、たまたま訪ねてきていた高校の同窓会の方たちが、藤棚に大きな蜂の巣があると騒ぎ出しました(写真1)。 まわり中ハチだらけ、皆で羽をバタつかせるのでかなり大きな音がします。 これは何ものか。 わからないままに翌朝また草取りに外に出たら巣だと思っていたものは影も形もありませんでした。 キツネにつままれたようです(写真2)。 専門家に教えていただきました。 まさに分蜂、 だいたいこの季節に起きるのだそうです。 新しい女王蜂を中心に巣を出ていく群が魂を作って一時休憩。 この時、偵察隊が新しい巣を作るのに適した場所を探しに出かけているのだそうです。 巣だと思ったのは全部ハチの塊だったわけで、びっくりしました。 本当ならこの塊を箱の中へ入れてしまえばそこを巣にして暮らすようになり、観察もできるし、ハチミツも分けてもらえたのに惜しいことをした、でもそういう現場を見られたのは運がよかったのですよ、、、小学校の先生でミツバチ飼育のベテラン、新子谷先生に慰められました。 次の機会には先生が箱を下さるということになり、楽しみにしています。 分蜂があるということは教科書的には知っていましたが、実物に接したのは初めてで、そうなると文献を見ていてもミツバチという文字が眼にとびこんでくるからふしぎです。 ミツバチの脳の遺伝子を調べて社会性を支える分子メカニズムを探る研究が行われていることにも初めて気がつきました。 これから少し勉強してみようと思います。

次の

キャラクター紹介

ミツバチ マーヤ

「 」とは、 の ワルデマル・ボンゼルス氏が1912年に発表した 、および同作を とした ・ です。 第1 は、1975年4月~1976年4月の期間日本で ・ されたもので、正式な は「みつばちマーヤの冒険」です。 この第1シリーズは44カ国語に吹き替えられ、日本以外でも多数の国で放映されました。 1982年10月~1983年9月には同じく日本で第2シリーズ「新みつばちマーヤの冒険」が制作・放映されます。 2012年に の で 版が制作・放映され、これを元に2015年にフルCGの長編映画が制作され、日本でも2016年に公開されます。 主人公はメスの 「マーヤ」で、オスのミツバチで親友の「ウイリー」とともに、外の世界への憧れと好奇心から城 巣 を抜け出し冒険の旅に出ます。 その旅の道中で様々な たちとの絆や友情を深め、仲間の昆虫たちと協力して、敵の昆虫を倒し、少しずつ成長していくマーヤの姿を描いた です。 「 」とは、1970年4月~1971年12月の期間放映された日本のテレビアニメ・映画で、第1シリーズの正式なタイトルは「昆虫物語 みなしごハッチ」です。 1974年4月~1974年9月には第2シリーズ「昆虫物語 新みなしごハッチ 」が、1989年7月~1990年8月には第1シリーズの 版が制作・放映されます。 2010年にはリメイク版を元に、劇場版の長編映画が制作され、公開されています。 主人公はオスのミツバチ「ハッチ」で、卵の頃に に襲われ、母親と離れ離れになってしまいます。 シマコハナバチのおばさんに拾われ育てられていたハッチが、本当の母親を探す旅に出て、その旅の道中で出会う昆虫たちとの絆や友情、弱肉強食の の世界の残酷さや、大自然の厳しさなどを通し、少しずつ成長していく姿を描いたストーリーです。 「みつばちマーヤ」…メスのミツバチ「マーヤ」が主人公のドイツの児童文学作品、および同作を原作としたテレビアニメ・映画 「みなしごハッチ」…オスのミツバチ「ハッチ」が主人公の日本のテレビアニメ よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 439.

次の