イオン銀行カードローン 借り換え。 イオン銀行カードローンは低金利で借り換えにおすすめ!借り換えると利息はどのくらい減る?

借り換え先としておすすめ低金利銀行カードローン!絶対に損をしない選び方

イオン銀行カードローン 借り換え

カードローンには消費者金融系と銀行系の2種類がありますが、 借り換えに使うなら銀行系カードローンが断然おすすめです。 消費者金融系カードローンは即日融資などの利便性が高いというメリットがある一方、金利が高いというデメリットがあります。 逆に銀行系カードローンは審査に最低2営業日程度の時間がかかりますが、 消費者金融系よりも低い金利で借りることができるため、利息を節約できるのです。 おすすめは三井住友銀行カードローン カードローンを選ぶとき参考にしなければならないのは、最低金利ではなく最高金利です。 なぜなら、最低金利が適用されるには借入額が大きく、返済を重ねていないといけないなど、 条件が厳しいからです。 銀行系カードローンの中でも一番おすすめなのは、三井住友銀行カードローンです。 超大手の三井住友銀行グループだけあって、銀行系カードローンの中で 良心的な金利設定であることが特徴です。 「言葉は聞いたことあるけど、いまいち借り換えが何か分かっていない」という人も多いのではないでしょうか? カードローンの借り換えとは、今利用しているカードローンから、よりメリットのある別のカードローンへと乗り換えをすることを言います。 新しいカードローンで借りたお金をこれまでに借りていた金額の返済にあてることで、カードローンを変更することができるのです。 カードローンは商品によって、限度額や金利(実質年率)などが異なるので、利用する商品を変えることで返済の負担を楽にできる可能性があります。 一般的には、 金利が高めの傾向にある消費者金融から、低金利の銀行カードローンへと借り換えをするケースが多いでしょう。 借り換えとおまとめの違い ローンと一口に言っても、カードローン以外にも様々あります。 ・住宅ローン ・自動車ローン ・クレジットカードのキャッシング枠 ・メディカルローン ・スマホや家電の分割払い など 借り換えやおまとめを検討するときに注意したいのが、どのローンが対象となるかです。 具体的な対象は、商品の詳細を確認する必要がありますが、これらの中には 借り換え・おまとめができないものもあります。 借り換えの場合には、そもそもの対象が1社のカードローンになるので気にする必要はありませんが、 おまとめの場合には、カードローン以外の借金も対象にできるかどうかを確認しておくと良いでしょう。 例えば、年収が600万円の場合には、総量規制によって借り入れができる金額は200万円までになるのです。 もし、すでに110万円の借り入れをしていて、この全額を借り換えしようと考えたとします。 すると、一時的に契約限度額の合計が220万円となり総量規制を超えてしまうので融資を受けることができないのです。 ですが、総量規制にはいくつかの例外が存在します。 その例外は「顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付け」とされていて、 金利が下がるなどの利用者にとって有利な条件での返済ができる借り換えローンも対象になるのです。 カードローンの借り換えには、金利が下がる可能性があるという以外にも、たくさんメリットがあります。 しかし、借り換えにはデメリットもあるので、契約をする前に 長所と短所の両方を把握しましょう。 毎月の返済金額は、借りている金額(元金)と金利(実質年率)によって決定されます。 そのため、金利が高いと、その分だけ元金以上の金額が返済に上乗せされることになります。 消費者金融で言えば、 多くのカードローンの上限金利は年18. 一方で、低金利と言われる 銀行カードローンの場合には、上限金利でも年15. 実質年率18. 今回は、50万円を36回で返済するケースを例に説明していきます。 返済条件によって、金額が異なる場合があるので参考値としてご覧ください。 1 実質年率18. 元金の50万円に加えて約14万円の利子が上乗せされ、毎月の返済金額は19,000円となります。 2 実質年率15. 毎月の返済金額も18,000円と少し下がり、利子は117,598円となるので約2万円の差になります。 今利用しているカードローンを借り換えるだけで、毎月の返済金額や、最終的な返済金額を下げられるのは大きなメリットですね。 また、借り入れしている金額や返済期間、借り換え後の金利によっては、より大きく負担を減少させる効果が期待できるのです。 そのため、ローンカードを持っているとついついお金を借りてしまうという人は、借り換えすることで安易な借金癖をなおすことができるかもしれません。 借り換えの目的で消費者金融から銀行カードローンへ借り換える場合には、限度額の範囲内であれば繰り返し借り入れと返済ができます。 もしものときのお守りと考えることもできますが、カードローンに頼る癖があるなら借り換え専用ローンを利用した方が良いでしょう。 場合によっては、 ATMや振り込みなどで手数料がかかることもあります。 1回あたりのATM手数料は100円〜200円程度なので小さいかもしれません。 もし、完済するまでに3年間を要したなら、合計72回の利用となるので甘く見てはいけません。 ATM手数料を216円(税込)として計算をすると、 72回の利用で15,552円という大きな金額になってしまうのです。 無料のATMや手数料0円の返済方法を選択するのがポイント そこでポイントとなるのが、できるだけ借り入れや返済の手数料が無料となる方法を利用することです。 カードローンはサービスを提供する金融機関によって、無料で利用できるATMと、有料のATMが異なります。 よく利用するATMを無料で利用できた方が手数料を節約しやすいので、金利だけでなく、返済するときのことまでを視野に入れて借り換え先を選ぶようにしましょう。 また、口座振替での返済ができるかなど複数の返済方法を利用できるかも重要です。 その理由は2つあります。 1 カードローンの限度額が大きくなる 初めてカードローンを利用するときは、10万円〜30万円程度の限度額になることが多く、期日を守って返済をしていくことで実績を積み、徐々に限度額を増額していくケースが一般的です。 しかし、借り換えをする場合には、最初から今借りている金額と同程度の枠で契約をする必要があるため、自ずと審査は厳しくなります。 2 借り入れの総額が大きくなる また、借り換えをする段階ではすでに1社以上からの借り入れがある状態です。 総量規制の対象外とは言っても、借り入れ金額が多いと、「借り換えをしても返済ができないのでは?」と審査で判断されてしまう可能性が十分に考えられます。 そのため、借り換えをしても審査結果によっては、今と大きく変わらない可能性も十分にあるのです。 借り換えによって金利を下げることに成功しても、 毎月の返済額を低くすれば返済期間は長くなる可能性が高いでしょう。 また、カードローンによって、毎月の最低返済金額は異なります。 借り換えで毎月の返済金額を小さくすることもできますが、 毎月の負担を減らすと完済までの期間が伸びるので、最終的な返済総額は借り換え前よりも大きくなる可能性があることを覚えておきましょう。 できるだけお金に余裕があるときは多めに返済するなどの工夫をして、借り換え後は早期完済を目指してください。 失敗しない借り換え先を選ぶポイント これらのメリットとデメリットを踏まえて、失敗しない借り換え先を選ぶのであれば 「上限金利の低さ」と「総量規制の対象外」であることを重視しましょう。 上限金利の低さで選ぶ 上手く借り換えをするには、まずは、今の金利よりも良い条件で契約する必要があります。 ただ、 申し込みをしてみないことには契約できる金利は分からないので、できるだけ上限金利自体が低いところを選ぶようにすると良いでしょう。 もし、実質年率18. 借り換えは総量規制にも注意 ただし、借りている金額が100万円を超えるようなケースでは、総量規制の対象外となるようなローンでないと借り換え自体が難しい場合があります。 すでに返済に困っているような状態であれば、総量規制の例外となる 消費者金融の借り換え専用ローンを含めて検討すると良いでしょう。 また、 カードローンによっては商品自体の限度額が低いこともあるので、十分な限度額かもあわせて確認してください。 以上のような決まりがあるので、 今の限度額が90万円であれば、あと10万円ほど増額することで金利を下げることが可能です。 増額にも審査がありますが、方法の1つとして覚えておくと良いでしょう。 返済ができない場合は債務整理も視野に入れる また、どうしても借金を返済することができないときは、債務整理によって返済の負担を小さくすることもできます。 債務整理にはいくつか方法がありますが、多くのかたが利用するのは 任意整理です。 任意整理は、弁護士などの専門家が金融機関と交渉をすることで、利息をカットして、元金だけの返済になるように条件を調整してくれます。 返済できる見込みがない段階まで進んでしまっているなら、このような方法も検討すると良いでしょう。 カードローンの借り換えに必要な書類 カードローンの借り換えに必要な書類は、基本的には新規契約時と一緒です。 ネットや無人契約機から申し込みできるケースも多く、特別な書類などを準備する必要はありません。 借り換え時に必要な書類は、 本人確認書類と 収入証明書類の2つです。 現在の借入金額によっては、収入証明書類を提出していなかった人もいるかもしれませんが、借り換えの場合には、他社からの借り入れがあり、 限度額も大きくなるので源泉徴収票などの書類を用意しておいた方が良いでしょう。 また、これらの書類以外にも、カードローンの利用状況を把握するために契約書などの提出が求められることもあります。 必要な書類については、あらかじめ借り換え先に確認しておくとスムーズです。 借り換えをすると他社カードローンは解約しなくてはいけない? 加えて、借り換えをするための契約条件の中に、「 借り換え後、今利用しているカードローンを完済し、解約すること」が含まれていることもあります。 せっかく借り換えローンによって完済をしても、また借り入れをしてしまっては意味がありません。 金融機関としても返済が滞るリスクがあるので、完済し解約したことを証明する 「解約証明書」を提出しなければいけない場合もあるのです。 カードローンの返済の負担を減らすには、契約している金利よりも低い金利の商品へと借り換えをしましょう。 借り換えに利用するローンは、主に2種類あります。 消費者金融よりも金利が低い傾向にあるので、今の金利よりも低くできる可能性が高いです。 延滞はしていないものの、毎月返済に追われているというときは借り換え専用ローンが良いでしょう。 契約後は返済だけを行っていく仕組みなので、安易に借金をしてしまうのを防ぐ効果もあります。 ただし、 借入金額が大きいと審査が厳しいことは確かです。 そのため、返せる範囲で先に返済をして、借入金額を小さくした状態で借り換えの審査を受ける方が望ましいでしょう。 借り換えによって返済の負担が減少するかは、借り換え先の契約条件によります。 金利は低いか、限度額は十分にあるかなど、自分の状況にあった借り換え先を選びましょう。

次の

イオン銀行カードローンで借り換え,おまとめ。口コミのおすすめは?

イオン銀行カードローン 借り換え

年利 3. 8%~13. 5% 借入上限 30万円~700万円 担保・保証人 不要 返済方法 毎月元利均等返済 担保や保証人は要りませんので 年収が200万円以上の継続して安定した収入がある人ならだれでも申し込むことが出来ます。 最高融資額は700万円となっており、借入期間も最長8年以内となっていますし、年会費や手数料、保証料なども無料となっています。。 使い道は自由となっているので、新車購入だけでなくバイクの購入や車の修理、車検費用などとしても利用する事が可能です。 実はカーライフプランとは名ばかりで、イオン銀行のネットフリーローンと全く同じ商品であることは知っておきましょう。 それ故、自動車購入などの車目的の用途でなくても、 「海外旅行」「借り換え」「リフォーム」など事業資金目的でなければ使い道は自由です。 金利は変動式で、4. 8%から13. 5%となっています。 残高スライド方式の返済方法なので、余裕ががあるときに元金を早く返せばそれだけ払う利息も少なくて済むと言う事になります。 コンビニのATMや郵貯銀行のATMを利用することが出来ますので、借入時も返済時もとても便利になっています。

次の

低金利な銀行カードローンに借り換える方法とデメリット

イオン銀行カードローン 借り換え

もうすぐミツ・アミさんの誕生日だからプレゼントを買いたいんだけど、お給料日まではまだ日があるし……こういうときこそキャッシングに頼るべきだよね?• そうだね。 でも、なにか迷っている様子だけど。 実は今、既にいくつかの会社からキャッシングしているんだ。 返済日もそれぞれ違うし、これ以上増えてしまうのはどうも面倒で……。 それなら、キャッシングの借り換えをしたら?• 「借り換え」って?• 今、借り入れている先のお金を全額、または一部返済して借り入れの会社を変えることだ。 えっ、そんな使い方ってしても大丈夫なの? さらに返済が大変になったりしないの?• 借り換えは全然悪いことじゃないし、むしろ賢い借り換えをすればメリットがたくさんあるね。 借り換えをすると今までとどう変わるの?• かりいれ君は今、それぞれの借入先の返済日がバラバラなんだろ?• しかも、お給料日は月初なのに返済日がみんな月末だから、返済分の金額を1ヶ月間キープしておかなきゃいけないのがキツくて。 借り換えをして、借入先を1社に絞ると、返済日もひとつになるだろ? それにジャパンネット銀行なら、毎月の返済日を自分で設定できるから、給料日の後に返済日を設けることも可能だ。 そうすれば無理なく返済できるはず。 へぇ! 自分の都合が良い日に設定できると、ずいぶん気持ちが楽になりそう! 他にはどんな場合に借り換えを検討すればいいんだろう?• 返済の仕方にしろ金利にしろ、今の借入先になにか不便を感じている場合かな。 ところで、かりいれ君は電気料金や水道料金なんかの支払いはどうしてる?• クレジットカードにまとめて、毎月10日に引き落としされるようにしているよ。 そうやってクレジットカードにまとめている理由って、毎月何回も引き落としがあって「今日は電気料金だ」「今日は水道料金だ」って、そのたびにいくらを何日にどの口座に入れておかなきゃいけないっていうのを気にしなくていいからだろ?• そうだよ、毎月10日までに必要な額をまとめて入金しておけばいいから。 借り換えもそれと同じように考えてみたら。 同じ日に返済できたら便利だと思わない? 小まとめ 借入先が複数にわたるキャッシングは、返済日がバラけていることで管理の手間がかかったり、残高不足で引き落としがされなかったりする可能性が。 借り換えをしてまとめて引き落とされるようにすれば、ぐっと返済の手間が省けるうえ、返済日を給料日の後に設定すれば、無理なく自分のペースで返済できるというメリットも……!• かりいれ君は返済のときはどこのATMを利用しているの?• 返済できるATMが近所にないから、わざわざ隣の駅のATMまで行っているよ。 職場と反対方向だからとっても面倒なんだ。 だったら、近所に返済できるATMがあるかとか、返済のしやすさも含めて借り換える先を選ぶべきだ。 ちなみにジャパンネット銀行なら、コンビニのATMを使える。 やった! コンビニなら近所にあるぞ。 複数箇所から借りていると、返済に必要な口座がバラバラだから、いろんな口座にお金を入れておかなきゃいけない。 でもジャパンネット銀行で借り入れを1本化すれば、そのわずらわしさが全部省ける。 それはとっても助かるね。 ジャパンネット銀行を給与の受取口座にしていない人は多いけど、「定額自動入金サービス」といって、給与受取口座からジャパンネット銀行の普通預金口座へ自動的に入金する無料のサービスもある。 どんなに忙しくても、返済の手間が省ければうっかり延滞しちゃうことも防げるはずだ。 イメージとしては引き落としに近いのかな?• 借入先を変えるということは、金利や利息も変わったりするの?• 借り換えを検討する人の多くが、金利を気にしているらしい。 やっぱりみんな、少しでも金利が低いところを利用して、利息金額を減らしたいんだな。 でも、必ず金利が低くなるわけじゃない。 だから審査の結果、現状よりも低い金利が提示されたらそっちに乗り換えればいい。 返済の時の不便さを解消しようと乗り換えたところで、金利が高くなってしまったら元も子もないからね。 返済の仕方と金利、両方の面で自分にあう借入先を見極めないといけないんだね。 あとは、毎月の返済額が高くて困っている場合にも、借り換えることで毎月の返済額が減る場合もある。 自分のライフスタイルにあわせて借入先を選ぶのがポイントだな。 うまく借り換えした場合、金利はどれくらい安くなるの?• そこは審査の結果次第だからなんとも言えないな。 ただ、条件次第では金利が下がることもあるから、とりあえず審査申込してみるのがいいと思う。 小まとめ 自分のライフスタイルにあわせ、返済できるATMが近所にあるかといった返済方法のしやすさも考えると、より賢い借り換えができる。 金利ばかり重視するのではなく、返済日の設定や使えるATM等の返済方法も必ず確認しよう。 なんだか興味がわいてきたぞ。 借り換えするにはどうすればいいの?• 新規の申し込みと仕組みは同じだよ。 でも、キャッシングしていることが他の人にバレたら嫌だなぁ。 だから、ネットでの申し込みだって言ったじゃん。 窓口に行って手続きするわけじゃないから、誰にも知られずに申し込みできる。 それに申し込みをしたら必ず借り換えなきゃいけないという決まりもないから、一度試しに申し込んでみるのがオススメ。 そうなんだ! だったら安心。 でも、新規の申し込みと同じということは審査もあるんだよね?• もちろん審査はある。 審査でどんな部分を見るのかは各社違うけど……。 審査はちょっとドキドキだな……。 もし、審査に落ちたとしても、そのときの状況が審査内容にそぐわなかっただけなので、いちいち落ち込まないように。 小まとめ 借り換えは一般のキャッシングと手順は同じ。 ジャパンネット銀行ならわざわざ窓口に行く必要はないので、人にバレる心配もなし。 ネットで手軽に申し込めるので、今の状態から返済が楽になるのなら乗り換えるくらいの気持ちでもOK。 無事審査に通って借り換えするとなったら、できるだけ負担を少なくしながら返済する方法があったら知りたいな。 毎月少額を返していくより、少し大きな金額を短期間で返すほうがおトクではあるよね。 例えば、ボーナスが出た月は追加で返済するのも手だ。 追加で返済した場合は、どんなメリットがあるの?• 当然だけど、残高が減るよね。 そうすると、今後の総支払金額や利息も少なくなってくるから、トータルで考えるとおトクになる。 一番良い返し方ってどんな返し方なんだろう?• ジャパンネット銀行には返済額が少なめに設定されていてゆとりを持って返済できる「残高スライド元利定額返済方式(A)」と返済額が多めに設定されていて短期間で返済できる「残高スライド元利定額返済方式(B)」という返済方式があって、どちらか好きなほうを選べる。 残高スライド元利定額返済方式(A) 返済額が少なめに設定されており、 ゆとりを持って返済できます。 約定返済日前日の 最終借入残高 約定返済額 (元本+利息合計) 10万円以下 3,000円 10万円超30万円以下 6,000円 30万円超50万円以下 10,000円 50万円超80万円以下 15,000円 80万円超100万円以下 20,000円 100万円超150万円以下 25,000円 150万円超200万円以下 30,000円 200万円超250万円以下 35,000円 250万円超300万円以下 40,000円 300万円超400万円以下 45,000円 400万円超500万円以下 50,000円 500万円超600万円以下 55,000円 600万円超700万円以下 60,000円 700万円超800万円以下 70,000円 800万円超900万円以下 75,000円 900万円超1,000万円以下 80,000円 残高スライド元利定額返済方式(B) 返済額が多めに設定されており、 短期間で返済できます。 約定返済日前日の 最終借入残高 約定返済額 (元本+利息合計) 50万円以下 10,000円 50万円超100万円以下 20,000円 100万円超200万円以下 30,000円 200万円超300万円以下 50,000円 300万円超400万円以下 60,000円 400万円超500万円以下 70,000円 500万円超600万円以下 80,000円 600万円超700万円以下 90,000円 700万円超800万円以下 100,000円 800万円超900万円以下 110,000円 900万円超1,000万円以下 120,000円• さっき、短期間で返したほうがおトクだってことだったし、Bが良さそうだね。 それもそうなんだけど、実はもっといい方法があるぞ。 Aを選んでお金に余裕がある月だけプラスで返済するんだ。 Bの方法だと、例えば5万円を借りた場合「月に1万円ずつ返します」ってもう宣言しちゃっているから、出費が重なってしまった月でも1万円を返済しないといけない。 でも、Aを選んだら毎月3,000円の返済でいいから1万円返していくよりも心理的負担は少なくなるよね。 月々の返済額が少ないと精神的な余裕は出るかもしれないけど、それって実際におトクになるわけじゃないよね?• だから、Aの方法で毎月ゆっくり返しながら、ボーナスが出たタイミングで一気に返す。 それで、その後またお金が必要になったら、その分をローンでもう一度借りることだってできるんだ。 毎回の固定返済額は少なくしておいて、返せるときにガンガン返す、そして借りたいときは借りる。 同じ金額を借り続けるよりも、こまめに返してまた借りるほうが、実は返済総額って少なくなる。 より金利を下げたり、より返済の負担を少なくできたりするような裏技ってないのかなあ?• 一つ挙げるとしたら、キャンペーンを利用することだ。 会社によっては新規申込でポイントプレゼントとか、キャッシュバックしますよというキャンペーンをやっているところもあるから、チェックしてみるといい。 借り換えのタイミングって大きな金額で申し込む場合が多いから、キャンペーンを利用しない手はない。 ジャパンネット銀行でもなにかキャンペーンをやっているの?• ジャパンネット銀行では新規契約で50万円以上を借りると、現金と交換できる「JNBスター」というポイントが5,000円分プレゼントされるキャンペーンをやっていたこともある。 今後も要チェックだ。 えっ! 5,000円は大きい! ミツ・アミさんと食事に行けちゃうよ。 小まとめ ポイントプレゼントやキャッシュバックなど、キャンペーンをやっている会社は多い。 借り換えの際はまとまった金額を借り入れすることになるので、キャンペーンを利用するとおトクになる可能性が。 こまめにチェックしてみよう。 それはそうと、「おまとめローン」という言葉も聞いたことがあるよ。 それと借り換えの違いってなんなの?• おまとめローンは、複数の業者からの借り入れを1本化して返済することが目的。 相手の会社に交渉して借入残高が記載されている書類を出してもらったり、ちょっと複雑な手続きが多い。 借り換えは単に新しく契約したローンの限度額内で借り入れて他社の返済にあてるだけ。 さっき説明したように返済日や月の返済額を調整できたり、返済のわずらわしい手間がなくなったりするんだ。 限度額内だったら追加借入もできるよ。 ジャパンネット銀行でも借り換えできるの??• もちろんだよ。 ジャパンネット銀行でキャッシングの限度額が200万円と出たら、その200万円の使い方は、言ってしまえば自由。 他社の返済に充てることもできる。 じゃあ、ミツ・アミさんへのプレゼントの費用にあててもいいってことだね!• 一応、ルール上はね。 でも、いくら金利が低くても借入残高が大きければ利息が膨らんでしまうので、計画的に返済して利息を減らすのも忘れずに。 借り換えがどんなものかはわかったけど、今借り入れしているところを変えるのって少し面倒くさいような気もしてきた……。 今さらなにを言ってるんだい、かりいれ君。 それはそうだけど……使い慣れているものを変えるのは抵抗があるなぁ。 毎月5回返すより、1回で返せるほうが楽だろ。 携帯電話のキャリアだって月々の料金や便利さを比較して、その時の自分に一番あってるものが別にあったら変更するだろ? キャッシングの借り換えはそれと同じような感覚だ。 初期費用を抑えることにこだわる人もいるけど、月々のランニングコストを気にする人もいるよね。 ATMに行く回数も人によって違うから、頻繁に行く人はATM手数料が余計にかかってしまう。 でも、調べると手数料無料のATMだってある。 そういう、自分がおトクだと感じる点は人によって違うから、自分がなにを重要視するかで借り換えるかどうかが変わってくるね。 そうか。 そう言われると賢く借り換えようって気になってきたぞ!• よろしい。 小まとめ 複数の業者からの借り入れをまとめる場合、他社の完済証明書類を提出するなどの手間がかかるが、将来的には支払う金額が安くなるケースがある。 ご利用限度額 金利(%) 300万円以上400万円未満 6. 5 250万円以上300万円未満 8. 0 200万円以上250万円未満 10. 0 150万円以上200万円未満 12. 0 100万円以上150万円未満 15. 0 100万円未満 18. まあ、借入先の候補のひとつにはクレジットカードのキャッシングもある、ってことを頭に入れておけばいいんじゃないか。 借り換えを検討するときに比較サイトを参考にする人もいると思うんだけど、あれってどのくらい参考になるものなの?• 比較サイトを見る人は多いと思うけど、各社バラバラに設定されている金利を同じ条件で比較するのは難しいな。 そもそもの前提条件が違う場合も多いしね。 だから、実際に審査を受けてみて検討するのがベストだ。 借り換えってどこか後ろめたいイメージもあったけど、賢く使えばむしろおトクになるってことがわかったぞ。 まずは臆せず、気軽に申し込んでみることが第一歩だね。 そうそう、知っていて損はしないよ。 よし! さっそくジャパンネット銀行で借り換えに挑戦してみるよ! 小まとめ キャッシングの方法としては消費者金融や銀行のほか、百貨店などのクレジットカードも。 各社バラバラに設定されている金利を比較サイトだけで比べるのは難しいので、借り換え先の候補には、一度審査を受けてみるのがベスト。

次の