キッシュ 生地 レシピ。 生地別キッシュのレシピ・作り方まとめ:食卓が華やかになるキッシュ

本格キッシュロレーヌの作り方!コツやアレンジレシピも大公開

キッシュ 生地 レシピ

フランスロレーヌ地方発祥の「キッシュ」。 野菜やベーコンを具材にして 卵や生クリームを使って作るフランスの家庭料理で、見た目が豪華&おしゃれなので、休日のブランチやホームパーティーでも活躍する大人気メニュー。 一見すると作るのが難しそうに思えるキッシュですが、実は冷蔵庫の中にある材料で簡単に作れちゃいますよ。 この記事では、キッシュの基礎知識に加え、生地から手作りするキッシュ、パイ生地を使ったキッシュ、餃子の皮を使ったキッシュ、パンを使ったキッシュ、生地なしのキッシュにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 キッシュについて キッシュとは、土台となるパイ生地やタルト生地の中に野菜や肉などを入れて、アパレイユと呼ばれる卵と乳製品を混ぜたものを流し入れ、チーズをのせて焼いたもの。 キッシュが誕生したのは16世紀半ばフランス、アンリ3世の時代。 もとはフランスのアルザス・ロレーヌ地方の家庭料理でした。 春の訪れを祝う5月のお祭りには欠かせない料理で、具材はベーコンとチーズだけで焼くのが特徴だったのが、冷蔵庫に余っている色々な材料も入れて作れる家庭料理として浸透していきました。 今では、フランス中で食べられている国民食とも言える料理。 なお、キッシュ(quiche)という言葉はドイツ語のクーヘン(kuchen=お菓子)に由来したという説があります。 キッシュの調理法について キッシュは、一見すると丸いホールケーキのようですが、土台は「パート・ブリゼ」と呼ばれる甘味の無いタルト生地。 そこへ生クリームや卵を合わせた「アパレイユ」と呼ばれる流し込む生地を入れ、具材のベーコンやほうれん草などの野菜、チーズを入れてオーブンなどで焼き上げます。 土台のパートブリゼの作り方のコツは、あまり練らずに粉類とバターをよくすり混ぜることでサクサクした食感が楽しめますが、コツが必要なので、家庭では手に入りやすいパイシートを使って手軽に作るのもおすすめ。 アパレイユに使う牛乳や生クリームは、電子レンジなどで少し温めておくと、土台の生地が湿気にくくなり、焼いた時の火の通りも早くなります。 また、水気の多いものを入れるとキッシュが固まらない原因になるので、具の下準備をしっかりとしておくことも作り方のポイントです。 お店で売っている様なキッシュがお家で簡単に作れるレシピです。 作り方はまず、ボウルに分量の小麦粉やオリーブオイル、牛乳、塩を混ぜてパイ生地を作ります。 綿棒などで丸く伸ばしてタルト型に敷き、冷蔵庫で生地をしばらく休ませましょう。 あとは下茹でしたほうれんそうやベーコンを牛乳やチーズ、マヨネーズなどを加えた卵液とよく混ぜて、パイ生地の上に載せオーブンで焼けば完成。 生地にも具にも栄養満点のほうれん草をたっぷりと使ったキッシュの作り方を紹介。 生地は、レンジ加熱したほうれん草を、フードプロセッサーを使ってみじん切りにし、粉やバター、卵と合わせて土台の生地を作って一晩ねかしたものを使用。 牛乳や卵と合わせて作るアパレイユに使う具材は細かく攪拌(かくはん)してなめらかにし、ほうれん草やかぼちゃなどたくさんの野菜の自然な甘みが楽しめるように工夫がされたレシピです。 温泉卵は、丼やパスタ、サラダのトッピングとして乗せたりしますよね。 半熟の黄身と固まらずにとろりとした白身は、まろやかでたまりません。 様々な味付けの料理と相性も良く、温泉卵を入れることで味がまろやかになったり、甘みを感じられるようになります。 また、温泉の蒸気で蒸したり、茹でて作ったものは卵の状態にかかわらず温泉卵と呼ばれています。 この記事では、温泉卵の基礎知識に加え、鍋を使った温泉卵、レンジを使った温泉卵、炊飯器を使った温泉卵、温泉卵のご飯レシピ、温泉卵のうどんレシピ、温泉卵のサラダレシピ、温泉卵おかずのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

本格キッシュロレーヌの作り方!コツやアレンジレシピも大公開

キッシュ 生地 レシピ

材料 (18cmタルト型 2台分) 強力粉 150g 薄力粉 150g 塩 3g 無塩バター 130g 卵 1個 冷水 40g プロが教えるポイント 「シュクレ」と「ブリゼ」の違い お菓子のタルトにつかう「パート・シュクレ」と、キッシュにつかう「パート・ブリゼ」は似ているようで、実は全然違う生地。 「シュクレ」はクッキーと同じようにバターに卵を練りこんでから、粉を混ぜて作る生地。 水分は卵だけなので生地の弾力はなく、仕上がりもクッキーに近くてもろい。 ホロっと砕ける食感が特徴の生地です。 一方 「ブリゼ」は砂みたいに細かくしたバターに、粉をくっつけただけの生地。 完全に混ざり切っていないので、 サクサクした食感が特徴の生地です。 シュクレと違って水をいれて作るので、生地の水分が多く、弾力があります。 その分生地がしっかりしていて型崩れしにくいので、液体を入れて焼くキッシュにはもってこいの生地ですね。 サクサク感はバターにあり 砂状のバターに粉をくっつけるような生地ということは、バターが柔らかいとダメ。 細かくなりません。 サクサクの食感を出すにはバターを溶かさないことが、なにより重要。 バターを溶かすと粘りが出て、生地が繋がってしまうので、しっとりモソっとした仕上がりになってしまいます。 今回は強力粉と薄力粉を混ぜて、よりサクッと。 強力粉だけだと生地が固くなりすぎて、薄力粉だけだとサクサク感が弱い。 混ぜて作ることで、いいとこどりです。 作り方 強力粉、薄力粉、塩を計量して合わせ、冷蔵庫に入れておく。 バターも1. 5cmくらいの角切りにし、冷やしておく。 フードプロセッサーによく冷えた粉類、バターを入れて回す。 急にスイッチを入れると、粉が爆発するので、チョンチョン押しながら回していくこと。 回しすぎるとバターが溶けてボソボソになるので、5秒おきに確認する。 少し黄色くなり始めたくらい。 まだバターの塊があって、触るとザラザラ。 塊のバターが一切なくなるまで回す。 黄色味が強くなって、触ってふんわり、サラサラの砂状になるまでは回すこと。 混ぜすぎると生地が湿っぽく、大きな塊になってくるので、その前のサラサラした状態が目安。 ボウルにあける。 このままだと均一には混ざっていないので、手で優しくこすり合わせるように馴染ませる。 やりすぎるとバターが溶けて、ボソボソになってくるので全体をサッと合わせるだけ。 真ん中に穴をあけて、冷蔵庫で少しシメる。 その間に冷えた卵と冷水を合わせて、よく混ぜておく。 バターを溶かさないように、かならずキンキンに冷えた水を使うこと。 生地の真ん中に一度に流し入れる。 ボウルを回しながら、フチから真ん中の方にかぶせるように合わせる。 全体に馴染んだら、今度は揉むようにまとめていく。 このくらいまで来たら、ボウルのフチを使ってひとまとめに。 バターが溶けてくるとテカテカし始めるので、その時は一度冷蔵庫で冷やしてから作業を続けること。 ラップで包んで、半日は冷蔵庫で休ませる。 休ませることで、生地の弾力が落ち着いて伸ばしやすく、焼き縮みしにくくなる。 型へ敷きこみます 生地作りはバターを溶かさないことが重要。 あまり熱くならずに、手早くまとめましょう。 フォンサージュ編は後日!.

次の

生地別キッシュのレシピ・作り方まとめ:食卓が華やかになるキッシュ

キッシュ 生地 レシピ

レシピ「じゃがいもとローズマリーのキッシュ」by melissa(春木浩子) さん じゃがいもとローズマリーの香りは抜群の相性ですね。 ほくほくでとても美味しいキッシュができあがります。 タルト生地はフードプロセッサーで。 オリーブオイルを入れる。 冷蔵庫で30分寝かせる。 めん棒でタルト型の大きさになるまで伸ばす。 フィリングとなる具材をそれぞれ下準備する。 アパレイユを作る。 竹串を挿しても卵液がついてこなければでき上がり。 レシピ「ぜんぜん難しくないかもよ?「サーモンとアボカドのキッシュ」」by ヤスナリオ さん サーモンはお刺身用でもスモークサーモンでも違った美味しさに仕上がります。 アボカドは適度に熟したものを使います。 サーモンピンクとグリーン、そしてキッシュのイエローと見た目にも美しいコントラストです。 パイシートを室温で戻し、耐熱皿にピッタリ敷き詰めピケをあける。 アパレイユにサーモン、アボカド、チーズ、ディルを入れよく混ぜてから流し込む。 レシピ「玉ねぎのキッシュ」by まめりえ さん 玉ねぎはキッシュになくてはならない具材です。 見た目の派手さはありませんが、玉ねぎの甘みが旨みとして全体を美味しく包みます。 もちろん玉ねぎだけでも充分においしいキッシュができます。 レシピは牛乳の代わりに豆乳を使ってますが、お好みで。 冷凍パイシートはマフィン型にあわせて包丁で切り 型にぴったりはりつけ200度のオーブンで10分焼く。 ボウルに卵を溶き、豆乳を加え泡立てないように混ぜ型の中に注ぐ。 薄切りにした玉ねぎをアパレイユそっと浮かべ、180度に予熱したオーブンで30分焼く。 レシピ「マフィン型で作る可愛いキッシュ」by 富美スキャンロン さん マフィン型で作るキッシュは中が生焼けになる心配がありません。 またパーティーなどできれいにカットする自信がないときにおすすめです。 手づかみで気軽に食べられるのも嬉しいポイント。 パイ生地をマフィン型に合わせて敷き冷凍庫にいれる。 ボールに生クリーム、牛乳、卵、塩こしょうを入れてまぜる。 オリーブオイルでベーコン、玉ねぎをよく炒める。 マフィン型を冷凍庫から出し、具とアパレイユを8分めまで入れてチーズを散らす。 ミニトマトとパセリをバランスよくおく。 180度に余熱したオーブンで25分焼く(表面に焼き色がつくまで)。 レシピ「茅乃舎だしで 安納芋のキッシュ」by 小春ちゃん さん 人気の「茅乃舎」のだしが効いているキッシュです。 だしの旨みを感じる和風アパレイユを覚えたら、いろいろな具材で試してみたくなりますね。 具を用意する。 安納芋は一口大に切り5分ほど茹でて少し火を通しておく。 ほうれん草もさっと湯掻いておく。 卵、生クリーム、茅乃舎だしを入れて、しっかり混ぜる。 型に具を並べ、アパレイユを入れ粉チーズをふる。 オーブンに入れて、180度で40分加熱する。 レシピ「トースターで!超簡単バケットのキッシュ」by たっきーママ(奥田和美) さん バケットにキッシュは見た目もおしゃれですね。 牛乳も生クリームも使わないお手軽キッシュです。 卵とチーズの美味しさを楽しんでください。 バケットを縦半分に切り、切り口にマーガリンを塗る。 ほうれん草はラップで包んで500wのレンジで2分加熱、ベーコンは細切りにし混ぜ合わせる。 バケットの上にフィリングをたっぷり乗せ、トースターで10分(表面に少し焼き色がつくまで)焼く。 人参を入れると甘味が出ておすすめとのこと。 玉ねぎ、人参をみじん切りにし、レンジ(500w)で3分加熱する。 バターを入れて混ぜておきます。 食パンを切ります。 2枚分は半分にし、1枚は耳を落としパイ皿に敷きます。 少しとろけるチーズを敷き、200度のオーブンで3分焼く。 焼いた食パンボトムにアパレイユと具材を入れ、200度のオーブンで15分~18分ほど焼く。 レシピ「あまった餃子の皮で、ひとくちキッシュ」by arare さん 餃子の皮が余ったらぜひ作りたいキッシュです。 さくさくした食感は子どもにも大人気!鮭フレークを使ってよりお手軽なレシピになっています。 マフィン型にサラダ油を軽く塗り、餃子の皮を入れておく。 卵・牛乳を混ぜ合わせ、卵液を作る。 フライパンにバターを入れ、玉ねぎをしんなりするまで炒め、しめじも炒める。 炒めた具材の上に、鮭フレークをのせ卵液を注ぎ、とろけるチーズをのせる。 190度で余熱したオーブンで、20分焼く。 レシピ「はんぺんのふわふわキッシュ」by YUKA さん ほんのり甘くてふわふわなはんぺんを使ったレシピです。 パイ生地がなくアパレイユとフィリングだけで作っているので手間もかかりません。 生クリームも使わず、マヨネーズを味のアクセントにしているのも美味しさのポイントです。 材料費の面でもだいぶ節約できるキッシュレシピです。 はんぺんをちぎりながらボウルに入れ、フォークでつぶし、卵、牛乳、マヨネーズ、塩こしょうを加えてよく混ぜ合わせる。 バターで玉ねぎ、ほうれん草、ベーコンを入れ炒める。 卵液に入れ、よく混ぜ合わせる。 器に入れ、チーズをのせてオーブントースターで10分程焼く。

次の