急がせてすみません 敬語。 「急で申し訳ない」というお詫びで失礼のない文章の書き方は?

「至急」の意味とメールでの使い方、敬語、類語「早急・緊急」との違い

急がせてすみません 敬語

この言葉は「一瞬手前のこと」を表す言葉です。 締切や会議などに遅れてしまいそうな場合などで使える表現です。 これは事柄や物質の限界を表す言葉です。 「これ以上超えてはならない一線」を表現するときに使うことのできる言葉です。 これは「なんとか」「危ないところで」という意味での「ギリギリ」の言い換え表現です。 心配していた事項がなんとかうまく行ったとき、すんでのところで間に合った場合などに使うことができます。 ビジネスにおいて期限ぎりぎりの対応は望ましくありません。 もしストレートに「ギリギリの対応になります」と言ってしまうと、相手に不信感を与えてしまうでしょう。 そういった場面でこの「直前」という敬語表現を使うことで、差し迫っているニュアンスを軽減することができます。 また漢字を使うことでスマートな印象を与えることにもつながるでしょう。 印象が何よりも大切なビジネスにおいて、重宝するべき言葉であると言えます。 ビジネスメールの例文として、「以前依頼していただいた項目は、事情により締め切り間際の対応となります。 申し訳ありませんが、ご了承くださいますようお願いします」という文章があります。 また、このような謝罪文を伴うビジネスメールの書き方の詳しい記事を載せておきますので、是非参考にしてみてください。 この文章は検品作業や品質チェックをなんとか通過した、というような場面で使用できます。 こちらもビジネスにおいて使える表現です。 相手に納品してもらった商品のクオリティがあまり高くなく、あやうく不合格になりそうだった…。 そんな状況をはっきりと伝えてしまうと、相手の気分を損なってしまう原因になります。 「辛うじて」という言葉を使うことで、与えるイメージを少しでも良い方向に向かわせることができるのです。 ビジネスメールで使用する際、このような例文で使うことができます。 「こちらの商品は辛うじて検品に合格致しました。 今後、更に良い商品を提供していただけることを楽しみにしています」商品が危ない状態だったことを伝えるとともに、今後注意してもらえるような文章を送ると良いでしょう。 これは「少しでもミスが発生した場合失敗する」という状態を表す表現です。 「ぎりぎり」という言葉だと少し軽い印象を与えてしまいますが、「後がない」という言葉は崖っぷちの状態を的確に表現できます。 少しのミスも許されない追い詰められた状況に陥った場合はこの言葉を使ってみると良いでしょう。 この言葉をビジネスメールで使用する時の例文として、このような文章があります。 「不具合が重なり、後がない状況です。 これは「後がない」と同じく「「少しの不具合で全てが失敗してしまう」という意味を持つ言葉です。 ですが、「後がない」とは違い、励ましや激励などの前向きな意味で使われることも多い言葉です。 「ここを乗り越えられれば成功する」「今が一番苦しい時で、この先は楽になるはずだ」というニュアンスが込められている言葉です。 危機的状況の告知するだけの「後がない」という言葉より、ポジティブな印象を与えることができるでしょう。 ビジネスメールで使用する際、このような例文で使うことができます。 「このプロジェクトは今が正念場です。 会議や商談などに、事情があって遅れるときなどに使用できる文章です。 「ぎりぎり」を「目前」と言い換えることでビジネス向きの言い方になっていますが、本来このような事態は望ましくないものです。 この言葉を言わなくて良い状況を作らないことが大切です。 この表現を使用しなくてはいけない場合は、遅刻してしまう理由をしっかりと伝え、丁寧に謝罪の言葉を述べることが大切です。 ビジネスメールで使用する際、このような例文で使うことができます。 「電車の遅延のため、本日の会議に時間目前の到着となってしまう可能性がございます。 申し訳ございませんが、ご了承ください」 ぎりぎりの類語・類義語の敬語や丁寧語と使い方・ビジネス例文は? 「期限がギリギリ」という意味を持つ類語・類義語 「期限ぎりぎり」というニュアンスの類語・類義語として、以下の単語があげられます。 「限界」「リミット」「間際」「間近」「最終ライン」「瀬戸際」「土壇場」この中で、丁寧語としてビジネスの場で使用される類語は「間際」「間近」です。 ビジネスメールなどで敬語として使用する際、このような例文で使うことができます。 「期限間際の提出になってしまい、誠に申し訳ございません」「締切が間近に迫っております。 はやめの対処をよろしくお願いします」 「能力や容積がギリギリ」という意味を持つ類語・類義語 「能力や容積がギリギリ」というニュアンスを持つ類語・類義語として、以下の単語があげられます。 「限度いっぱいの」「スレスレ」「ぎゅうぎゅう」「手一杯」「カツカツ」「制限」「瀬戸際」これらの中で、丁寧語としてビジネスの場で使用される類語は「限度いっぱいの」「手一杯」です。 ビジネスメールなどで敬語として使用する際、このような例文で使うことができます。 「このデータフォルダは限度いっぱいとなっています」「今携わっている仕事で手一杯の状況です」 「ギリギリ踏みとどまっている」という意味を持つ類語・類義語 「ギリギリ踏みとどまっている」というニュアンス持つ類語・類義語として、以下の単語があげられます。 「存亡の危機」「土俵際」「すんでのところで」「間一髪」「崖っぷち」「瀬戸際」この中で丁寧語としてビジネスの場で使用される類語は「すんでのところで」「瀬戸際」です。 ビジネスメールなどで敬語として使用する際、このような例文で使うことができます。 これは「時間にギリギリ間に合う」というニュアンスで使われ、焦りの気持ちを含む表現です。 この「in」を「on」と間違えてしまうと、「時間ぴったり」という意味になるので注意が必要です。 「just in time」の使い方例文をご紹介します。 「He made it just in time to catch the train. (彼は時間ギリギリのところで電車に間に合った」「I arrived just in time for the meeting. この表現は「危機的状況である」「瀬戸際」というニュアンスで使われます。 「edge」は「縁」という意味ですので、「縁にいる=ギリギリである」という意味合いになったとされています。 「be on the edge of」の使い方例文をご紹介します。 「This company is on the edge of the economic crisis. (この会社の経済は危機的状況だ」「He is on the edge of restructuring. このフレーズは「間一髪」というニュアンスで使われる表現です。 日本語の「すんでのところで」「危うく」という言葉と同じような意味合いで使用されます。 「by a hair」の使い方例文をご紹介します。 「We were caught by the police by the hair. (危うく警察に捕まるところだった)」 「ぎりぎり」を丁寧に言う場合は言い換えた表現を使いましょう 「ぎりぎり」は、敬語の種類である謙譲語や丁寧語にすることができない言葉です。 ビジネスの場や目上の立場の人などに「ぎりぎり」の表現を使いたい場合は、別の敬語表現を使うようにしましょう。 また、ニュアンスによって言い換え言葉が異なりますので、状況に合わせた言葉選びが必要です。

次の

「送る」の敬語は?謙譲語・尊敬語で表現する手紙やメール・送迎・荷物での使い方【例文あり】

急がせてすみません 敬語

「構いません」の正しい意味と使い方は? はじめに「構いません」の正しい意味と使い方から解説しましょう。 正しい意味は「差し支えない」 「構いません」は「気にかける」「関心を持つ」「関係がある」という意味を持つ「構う」 を打ち消した言葉です。 そのため、意味はこれらの逆「気にかけていない」「差し支えない」「問題ない」などになります。 ちなみに「構いません」の位置づけは「構わない」の丁寧表現となります。 「構いません」の使い方「許可」 「構いません」は相手に「~でもよいですか」「~しても大丈夫ですか」など、ものごとへの確認や許可を求められた際に「OKです」という意味で使われます。 例文をみてみましょう。 A:予約は一週間後でよろしいですか? B:はい、構いません。 A:メールの返事は午後でも大丈夫ですか? B:はい、構いません。 「構いません」の使い方「許容」 もう一つは、お詫びや謝罪などの返事として「気にしていません」「問題ありません」という「許容」の意味をもって用いる使い方です。 「本当にすみません」と謝罪をしている相手に対し「気にしないで下さい」という気持ちを伝える際に使うましょう。 例文を以下に挙げてみます。 A:先日は欠品を出してしまい、大変ご迷惑をおかけしました。 B:出荷前に確認できたので、構いませんよ。 A:約束の時間に遅れてしまい、申し訳ありません。 B:いえいえ、こちらも仕事が押していたので構いませんよ。 「構いません」の受け止められ方 「構いません」は「差し支えない」「問題ではない」という軸の意味があるものの、「関心がない」という意味に近い状態で使われる場合、人によっては「どうでもよいのでは?」と間違った解釈をされてしまうことがあります。 また、許可を求められたことに対し「構いません」と答えることで、実際には「許可を与えてもらっている」というニュアンスで受け止められることもあります。 つまり「上からの目線で答えている」と捉えられることもあるようです。 これらの例からも言えるように、言葉の印象で結果が左右しかねないビジネスシーンでは「構いません」の使い方についても、十分な理解が必要であると言えるでしょう。 「構いません」は目上の人にも適切? 「構いません」は丁寧表現ですが、上司や目上の人に使うのは適切なのでしょうか? 目上の人に「構いません」は不適切 「構いません」は「構わない」の丁寧表現ですが、上司や目上の人に対して使うのは「不適切」です。 「構いません」は「相手に許可する」や「相手を許容する」際に使われますが、そうなると自分が立場の高い人へ許可を与えて、許容しているというニュアンスが生まれてしまいます。 また、「構いません」は「どちらでもよい」という意味があるため、「どうでもよい」というような「無関心」な印象を与えがちです。 これでは目上の人へ敬意を表すことは難しくなります。 「差支えありません」が適切 取引先の相手や目上の人には「構いません」という言葉の代わりに「支障がない」「都合が悪くない」という意味を持つ「差し支えありません」「差し支えございません」を使うようにしましょう。 「差し支えない」は「構いません」が持つ「許容する」というニュアンスがないため、上司や目上の人でも失礼だと受け止められることはありません。 「難しいようでしたら構いません」 「構いません」という言葉に「難しいようでしたら」という相手への気遣いが感じられる前置きがあります。 ビジネスシーンでも見受けられるフレーズですが、この場合も「許可する」「許容する」の意味が含まれてしまうため「難しいようでしたら、お気になさらないでください」などとした方がよいでしょう。 また「難しいようでしたら結構です」の場合は、使い方や言い方によっては相手をシャットアウトしてしまうような冷たい印象を与えてしまうことがあります。 ビジネスで「結構です」を使う際は相手との関係を十分考慮してから使うようにして下さい。 「構いません」の類語と言い換えは? それでは「構いません」の類語と言い換えについてみてみましょう。 「結構です」 「結構です」は相手やものごとに対し「消極的に肯定する」ときに使われる言葉です。 「まあ、どっちでもかまわない」「別にどうでもいい」という意義があり、相手やものごとに対しさほど興味がなく、関心がないという状況の時に使われます。 A:お色は赤でよろしいですか? B:ええ、結構ですよ。 「大丈夫です」 「大丈夫です」は「問題ないです」「OKです」という意味があり、口語表現で頻繁に使われる言葉です。 職場の仲間や距離の近い上司には「大丈夫です」と返事しても失礼にあたることはありませんが、取引先の社長やお客様に対しては、丁寧表現ながらもややフランクな表現となることがあります。 A:デザートお持ちしてもよろしいですか? B:もちろん、大丈夫ですよ。 A:明日、御社にお伺いしてもよろしいですか? B:はい、こちらは大丈夫です。 ビジネスメールでは上手に言い換えを 親しくなった取引先とは、ビジネスメールのやりとりもリラックスした雰囲気で行われることでしょう。 その際は「こちらはいつでも構いません」「構いませんでしょうか?」などのように「構いません」を使っても失礼ではない場合があります。 しかし、取引を始めたばかりの相手や、お得意様、お客様に対しては「差し支えございません」「問題はございませんでしょうか?」などとした方が安全です。 ビジネスメールの場合、対面での対応と異なり文章が残ってしまいます。 「構いません」をはじめ、不適切な敬語を使ってしまったばかりに、相手に不快な印象を与えてしまわないように気を付けましょう。 まとめ 「構いません」の意味は「差し支えない」「問題ない」などになりますが、目上の人には不適切な表現となります。 代わりに「差支えありません」「差支えございません」「問題はございません」「支障はございません」などの表現を用いて相手への敬意を示しましょう。 社会人になったら正しい敬語をマスターすることが大切です。 どのような状況でもしっかり乗り切っていけるように、スマートで快活なコミュニケーションを心がけていきましょう。

次の

「催促メール」の書き方!上司や見積もり催促のビジネス例文も

急がせてすみません 敬語

「急かす」という表現をしたことがありますか。 あまり良く聞こえる言葉ではないでしょう。 しかし相手に要求したものが期日までに来なければ「急かす」ことが必要です。 約束が守られてなかったからといきなり法的問題になってしまうという事は避けたいので、「急かす」という言葉も相手に伝わるように適切な敬語として表現しなければなりません。 相手に適切に伝えるには敬語表現を適切なものに変え、相手に正しい敬語を使う事が大切になってきます。 相手になるべく不快な思いをさせないようにも、「急かす」をどのように敬語表現とすることができるのか、考えていきましょう。 丁寧語 「急かす」を丁寧語で表現するとどのようになるのでしょうか。 丁寧語であれば「急かす」は「急かします」と言うように表現することができます。 「急かす」という言葉は「急がせる」という意味としても相手に伝わるので、単語初めに「お・ご」を用いての丁寧語で相手に表現することはできません。 丁寧語としての表現で適切な形は「急かします」が適切な敬語表現であると言えます。 丁寧に伝えるように心がければいいかと言われればそれでも失礼な言葉としても相手に伝わってしまうので、注意は必要になってきます。 尊敬語 尊敬語で「急かす」という言葉を伝えるにはどのように変化させることで伝えることができるでしょうか。 「急かす」を尊敬語に直して考えると、「急かされます」と言うようになります。 「急かす」というい言葉自体あまり良い言葉に聞こえない言葉でもあり、相手を急がせてしまう言葉にもなります。 「急かされる」という言葉になってしまうと相手がこちら側を急がせているという意味にとることもできます。 「急かす」という言葉自体こちら側が使う際は「相手に求める動作」の事を指すことがわかります。 謙譲語 相手に動作を求める場合にこちら側をへりくだった言い方で相手に伝えると、謙譲語の表現で伝えることができます。 「急かす」の場合、「急かさせて頂きます」と相手に下から言うように聞こえますが、それでも相手は「良いですよ」とは言い難い言葉になり、失礼にも当たりやすい言葉になってしまいます。 謙譲語表現で相手に「させていただく」と使っても、「急かす」を相手に求めること自体上から目線に捉われやすい言葉になる事がわかります。 謙譲語で相手に急いでもらいたい時は「急いでいただけますか」と言うように「急かす」という事を告げるのではなく相手に結果的に「急かす」という事になってしまう方が適切になってきます。 「急かす」の敬語での使い方 敬語の表現がわかっても「急かす」という言葉を相手に伝える際には、どのように相手が受け取るのかを考えることが必要です。 「急かす」という言葉が相手に失礼に当たりやすい言葉である事が理解いただけた事でしょう。 敬語とはどういうもので、どのような定義分けがされているのかも再確認しましょう。 そして場面別にどのように相手に「急かす」を使う事ができるのかご紹介します。 「急かす」という言葉自体どのように使えば相手に失礼に当たらないかを考えることで、言葉そのものの使い分けを適切に行う事もできてきます。 敬語の種類 敬語の種類は冒頭でも触れたように、3種類あります。 それぞれ定義があり、丁寧語であれば単語頭に「お・ご」を付けて単語自体を丁寧に表現することができ、語尾にですます調を使う事で文章全体を柔らかく相手に伝えることができます。 尊敬語と謙譲語は言葉の主体が相手側かこちら側かによって使い分ける必要がある言葉遣いです。 相手が言葉の主体になり相手を持ち上げた言い方で伝えることができる言葉遣いを尊敬語といいます。 こちら側が主体の場合に相手を上として敬語を使う場合では、こちら側を謙遜した言葉遣いをします。 これが謙譲語で、相手を上として表現することができます。 使い方 敬語とは何か、どのような定義で決まっているのかを把握できたところで、実際にどのように「急かす」を敬語表現として使う事ができるのかを考えていきましょう。 言葉を発する際は口頭で相手に伝えることが多いでしょう。 その際、相手に対して「急かします」や「急かさせて頂きます」というような言葉はあまり使わない言葉です。 冗談半分でそのような言葉を使う事は良いかも知れませんが、お友達などあまり壁を感じさせないほどの仲でなければ相手に失礼に捉えられてしまうでしょう。 メールでの使い方 メールで使う際も相手に「急かします」や「急がさせて頂きます」というような表現は避けましょう。 「急かされていますが」というような表現であれば相手に第三者から「急かされている」という事を伝えることができます。 こちらと相手との間に「急かす」というような言葉を用いてやり取りをすることはあまりいい気分にはならないので注意が必要です。 こちらから相手に対して「急かす」を使う場合は「急かすような形になってしまい、申し訳ございません」というように謙遜表現を用いるようにしましょう。 こうやって伝えることで、相手に急がさせてしまって申し訳ないという気持ちを伝えることがベターです。 ビジネスメールでの使い方 「急かす」を用いてどのように敬語表現にすることができるのかを考えてきました。 ではここからは実際に日常的に「急かす」を使うにあたって、どのように使う事ができるのかを考えていきます。 フレーズ的にどのように使う事ができるのかを例文として触れておくことで、ニュアンスも伝わりやすく敬語表現をどのように使っているのかをわかりやすくなる事でしょう。 「急かす」という言葉を相手に棘として伝えることがないようにしましょう。 適切な言葉を身につけて相手に不快感の無いように伝えることが大切です。 急かすようで申し訳ありません 「急かす」という言葉はやはりこちら側から相手に対して伝える言葉となる事が多いです。 「急かす」という言葉は結果論として相手に伝えることが主になってきますので、相手に「急かされた」と思われないことが良いに越したことは事はありません。 「急かす」と伝えたいときには、「急かすようで申し訳ありません」という敬語の表現が頭に浮かんでくることでしょう。 しかしこのままの言葉では丁寧語というだけで相手と同じ目線という事になってしまいます。 ビジネスシーンにおいては尊敬語・謙譲語を敬語として使い、「急かすようで申し訳ございません」と言うように使う事が望ましいです。 「急かす」の別の敬語表現例 「急き立てる」よりも相手を追い込ませるという意味の強い言葉に「迫りたてる」という言葉もあります。 「急かす」と同じように使う事ができる言葉で、「急かす」よりも相手を追い込ませる意味が強い言葉になります。 この言葉も「迫り立てさせて頂きます」という言葉を使っても相手は恐怖心しか芽生えませんし、正直困ってしまう言葉になってしまいます。 尊敬語として使うには第三者に対して「急かす」事を相手に使う場合に使う事が多いでしょう。 催促する 「急かす」に代わって相手に伝えられる言葉に「催促」という言葉が浮かぶことでしょう。 この言葉も「早くするように要求すること」を意味として持っています。 この言葉は「急かす」という言葉に変わって名詞にも使われることの多い言葉でもあります。 例として「急かす内容の書かれた手紙」を「催促状」と言い換えることができます。 「催促のようになってしまい、申し訳ございません」と使う事もできるため、ビジネスでも使われることの多い言葉でもあります。 「急かす」も適切な表現で.

次の