あの 人 は もう 気づく 頃 よ。 もうバレバレ! 「あの子、不倫してるな」と気づく女性の共通点・6つ|「マイナビウーマン」

あの人ともう一度愛し合いたい! あの頃の二人に戻るためには

あの 人 は もう 気づく 頃 よ

真横でともに眠っていたはずが、いつの間にか消え失せていたぬくもり。 赤井は首を傾げつつ、ぐるりとベッド周辺を眺めた。 すぐ近く、ハンカチだのの小物類をしまっているチェストの上段が開け放たれている。 ハンカチや靴下なんかも入っているそこは、日頃はしっかりと降谷が管理していて、ぴったりと閉じられているはずだ。 なるほど、と赤井は肩を竦めた。 大体の察しはつく。 多忙はいつものことだと諦めた。 豹のようなしなやかさで、赤井はするりと誘惑の色濃い布団から抜け出し、寝室を横切りリビングへと向かう。 襟元の緩んだシャツの裾から腹へと手を突っ込んで、引き締まった腹を無造作に掻く。 赤井としてはただの年相応な行動のつもりだったが、ふと昨日のことを思い出した。 何の気まぐれだったのか、いつものバイクを蒸してふらりとやってきた妹を、休日を満喫してると言わんばかりのスウェット姿で迎え入れたら、しゃんとしろと説教されたのだった。 零くんはいつもの俺でかまわないと言ってくれている、と惚気けたら、いつか愛想を尽かして出てかれるからな、とがなられた。 そしたらボクとママが零くんを慰めるんだ、とまで言っていて、いったいいつの間にそこまで親密になったのかと呆れた。 そして、相変わらず横暴な言葉を吐き出すそのくちびるには、けれどうっすらと口紅が引かれていて、それこそ年相応に色気づいてきたのだなと変に感心してしまったものだった。 嚙み殺しもせずあくびをするのに口を開いた拍子、喉に渇きを覚えて、冷蔵庫を開けると、パックの牛乳が目に飛び込んだ。 回らない頭でパックを開き、直接口をつけてようやく、零くんに怒られるな、と赤井の脳が正常に機能を始める。 朝食の支度やメモ書きがないところを見ると、相当に急用だったのだろう。 いままで、降谷が事前告知もなく、赤井の食事をこさえずに消えていったことは、片手ほどしかない。 そしてそのたび、彼が直面していたのは、赤井ですらも舌を巻くような火急の一件だった。 降谷の能力があれば大方のことは問題ない。 幸いにも、いままで大きな怪我や後遺症などなく帰ってきている。 急ぎ呼び出されて事が済むような案件であればまあ今日も大丈夫だろう、と考えて、赤井は情けなく鳴る腹を抑えた。 作ってもいいが、とキッチンを見渡し、すっかり彼の城と化しているそこに手を伸ばす勇気はわかなかった。 大人しくコンビニへと行くことに決めて、手始めに、牛乳でぬるついた口腔をすすぐことにする。 ぺたぺたと間の抜けた音が、しんとした室内にはよく響いた。 くあ、となんとも平和なあくびを一つ。 洗面台を見ればなんとも平和ボケした、だらしのない男の顔が写るはずだった。 いつもはぴかぴかに磨かれている鏡面に赤い文字。 読み上げるにも不本意な字面は、しかし無駄に整っていて、その犯人が容易く知れる。 「Shit!」 何の誤解だ、と赤井の顔が歪む。 慌てて寝室に戻って、スマホを手に取る。 諳んじることすら不要なくらいに覚えのある番号を、乱雑に打ち込んだ。 確認もせずにコールするが、間違っていない自信はあった。 ワンコール、ツーコール、スリーコール。 降谷は電話に出なかった。 案内が流れ、なめらかに留守録へと切り替わる。 淡々とした音声に赤井は苛立つ。 「チッ」 お世辞にも多くない登録件数の中をざっと眺める。 さらにその中から、降谷と共通の知り合いなど、一握りにも満たない。 その姿は未だに見慣れないというのに、字面にだけはやたらと馴染みのあるその名前を、赤井は迷わずタップした。 『もしもし』 「ボウヤか?」 『工藤です。 どうかしました? というか、赤井さんいま日本にいるんですね』 ボウヤ呼ばわりは、どうやら不満らしかった。 元の姿に戻って、成人も間近という年の頃だ。 確かにもうボウヤと呼びつけるには似合わない。 しかし、若干嫌そうな声音がまた、なんともからかい甲斐のある音に聞こえる。 日頃ならすかさずからかっているところだったが、今の赤井にそんな余裕はなかった。 「ああ……、まあ、そんなことはどうでもいい。 ボウヤ、零くんを知らないか?」 『どうでもよくはないでしょ……って、え。 降谷さん? 知りませんけど……』 「本当に?」 おもったよりも訝しんだような声音がでたことに、赤井は思わず失笑した。 彼の名優ぶりはいやというほど見せつけられている。 何より、稀代の名女優の息子だということも、赤井はすでに知っていた。 彼に真実を覆い隠されていたら、解き明かすのには相当な労力を使うだろう。 『赤井さんが知らない行方を、俺が知ってるわけ無いでしょう。 どうかしたんですか』 「いや……、俺にもいまいち分からない」 「分からない?」 「寝て起きたら零くんはいないし、洗面台には謎の落書きがあるしで正直困惑している」 『謎の落書き?』 あ、おい、と新一の声が遠のいた。 ついで、赤井の鼓膜を叩いたのは、元の姿に戻ってなお少女めいている透き通った声音だった。 声自体はさして似てもいないのに、淡々としたなかに凛とした強さがあって、それがどうにも彼女の姉を彷彿とさせるから、赤井は電話越しに志保の声を聞くのが苦手だ。 恋慕ではなかったけれど、情はあった。 それ以上に、興味があった。 彼女のことは、良くも悪くも、きっと一生苦い思い出のままだ。 『相変わらずの零くんバカっぷりを発揮してるみたいね』 現恋人の名前を、宮野が何の衒いもなく呼ぶ。 たったそれだけのことに、赤井は酷く救われている。 容赦のない声音だったが、それでも不思議と安堵の息が出た。 「志保か」 『定例の健康診断よ。 ……あなたの妹、何度言ってもお構いなしに誘いの連絡を入れてくるから、あなたからも言っておいてちょうだい』 昨日もわざわざうちまで来て、まさか日頃から狙ってるんじゃないでしょうねと思わず聞いてしまったもの。 付け加えられた言葉に赤井は内心少し驚き、けれど不思議と腑に落ちてもいた。 歳近い従姉妹の存在に、人懐こい妹は随分と喜んでいるらしく、何かにつけては宮野を誘い出している。 そして昨日、赤井の家に寄った理由も理解した。 宮野と遊ぶことが出来ず、導線上にあって都合が良かったということだろう。 そして、なるほどそれで口紅か、と、薄化粧を施していた妹の面立ちに、少し微笑ましくなる。 一つしか変わらないのにひどく大人びた彼女に対して、世良は随分と幼い。 よく言えば若く見えるといったところだが、あの年頃にはそれは通用しないだろう。 「それは悪かった。 変わりはないか?」 『ええ。 半ば趣味みたいなものだもの』 「君もだ。 ……元気にやっているようでよかった」 血縁から投げかけられる優しさの類に、彼女はあからさまに不慣れだ。 咳払いを一つ。 なんだ、と思う間もなく、宮野はそれはそうと、と、言葉を矢継ぎ早に続けてゆく。 照れ隠しだなんて、すぐにわかった。 『百戦錬磨のスナイパーも、彼相手になると型無しなのかしら? 口紅で鏡に落書きなんて、もう知れたようなものじゃない。 何をやらかしたのか知らないけど、早めに謝りなさいよ。 あなた、自覚がないようだけれど、デリカシーの欠片もあったもんじゃないんだから』 『お前、お説教はいいから』 『お説教じゃないわ、ただの事実よ』 『すいません赤井さん』 飽きたのか遠ざかったのか、宮野の声が聞こえなくなる。 照れ隠しだと分かってはいても、一回りは違う少女の、無情な言葉はよく突き刺さった。 デリカシー云々は、兼ねてより指摘されていた点だけに、この年になって反省する羽目になるとは思っていなかった分、改めて言葉にされると耳に痛い。 また近くで聞こえた新一の声に、赤井が呟くように言う。 「……志保に宜しく伝えてくれ」 『あら、零くんによろしく』 てっきり離れたのだと思っていた宮野の声が、また怜悧に響いたものだから、ビクリと方が上がった。 宮野の呆れたようなため息のあとに、新一が笑ったようだった。 受話器越しに、淡い笑声が響く。 なぜだかふと、平和を噛み締めた。 『頑張って早く見つけ出したほうがいいっすよ』 「……君たちは随分手厳しくなったな」 事実を容赦なく、それも交互に突きつけてくる二人の言葉が、しみじみときいてくる。 思わず漏れた赤井の本音に、工藤の笑い声が高々と響いた。 『ふ……っ、くくっ、あはは! それ、赤井さんが情けなくなったんじゃないですか? すっかりその辺のおじさんと言ってることが同じですよ』 「……そうか?」 『ま、俺はそれくらいのが人間的でいいと思いますけど。 それじゃ、もし俺らで分かることがあったら連絡入れますね』 「助かるよ。 じゃあまた」 『ええ、また』 通話の終わったスマホをテーブルへと置き、リビングで落ち着きなくうろついていたのをやめた。 ソファに深く腰掛け、天井を仰ぐ。 突き刺さるような照明の明るさに、赤井は額へと手の甲をかぶせた。 ヒントを託すのなら、新一くらいしかいない。 共通の友人も他にないし、ろくな思い出の場所もない。 いや、観覧車は思い出の場所と呼んで遜色ないか、と赤井は自嘲気味に笑う。 世のカップルたちとは、随分と異なる思い入れだ。 とは言え、思いつくのはそれくらいだった。 そう考えると、やはり洗面台の落書きこそが唯一のメッセージになる。 そう、やはりあの落書きが問題なのだ、とまで考えて、思い至った。 宮野は知らないはずなのだ。 鏡面に描かれた赤い文字の正体が、口紅であったことなど。 「あ」 ここまでくれば答えは明快だ。 赤井と降谷を繋ぐ共通の人間以上に、赤井と宮野の関係性を知る人間は少ない。 そしてその数少ないうちの一人は、既に電話相手としてシロだと判明している。 また人と話がつながってゆく感覚に、赤井はほのかに笑う。 インターホンを鳴らして数秒、ろくな確認もなくガチャリとノブが回る。 不用心だ、と言おうとしたが、天真爛漫な笑みに出迎えられては無粋な言葉も引っ込んだ。 赤井家の別離の発端となった組織周りでの不安点もあらかた落ち着き、世良の今後もあって、メアリーが日本への滞留を決めたとき、赤井が主軸となってこのタワーマンションを買った。 仕事のことで、後悔はいまもしていない。 ただ、結果的には、母にも妹にも迷惑をかけたと思ったからというのが、購入の一端だったのは間違いない。 罪滅ぼしがてら、ただの赤井の自己満足で終わるはずだった。 それが、あれよあれよという間に、秀吉が半分出す話にまとまりかけたと思えば、父の遺産や私の貯蓄から出すだのとメアリーの強情さが顔を出した。 意志が固いと言えば聞こえはいいが、要は頑固者の集まりの空気は一気に険悪化した。 まだ学生の世良にその仲裁は荷が重く、あわや三つ巴での膠着状態かと思われたとき、救世主の如く現れたのは降谷だった。 たまたま、その日、赤井の家に訪問の約束があった彼が、部外者だからこそと冷静な助言を零してくれたおかげで、各々幾らかの負担と役割分担を経て、各人が出し合う結論に落ち着いた。 今考えてもあの采配は見事だった。 そしてその一件のおかげで、メアリーのなかで降谷のお株が急上昇したのも、赤井にとっては僥倖だった。 まさかその結果、茶飲み友達になるとは思わなかったが。 「いらっしゃーい」 「ああ」 玄関から、まっすぐに覗くリビング。 ちょうど真正面に来るようにテーブルを配しているせいで、四人がけの半分ほどが覗く。 どうやら対面にいたらしい世良が玄関まで来たので、距離があるのに、嫌でもメアリーと視線が絡んだ。 赤いルージュが嫌味なくらいに映えるくちびるが、これみよがしに赤井へと言葉を投げかける。 「ああじゃない、人の家にあがるときはお邪魔します、だ。 ちゃんと教えただろう」 「チッ……お邪魔します」 顔ごと視線を背けて呟くと、更に嫌味っぽくよく出来ました、と付け加えられる。 赤井は大層居心地が悪い。 靴を脱ぐのに足元を見れば、見慣れた革靴が一揃い。 案の定か、と苛立ちの中にも安堵が入り交じる。 勝手知ったると言わんばかりに、赤井はずかずかと上がり込んだ。 世良も手慣れた様子で、新しいカップを引っ張り出している。 リビングに入り込めば、やはり玄関からは見えなかった側に、降谷は座っていた。 「全く可愛げがないバカ息子で申し訳なくなるな」 「申し訳ないと思うならもっと神妙な態度を取ったらどうだ」 「何か言ったか」 「何も」 肩を竦めるオーバーリアクションに笑うのは、この場で唯一日本人的でない降谷だけだ。 傍目から見たら奇妙な光景だろうなと、赤井の頭はやけに冷静な分析をしていた。 「随分遅かったな」 「秀兄、あれ見たんだよな? もーおっかしくっておっかしくって、ボク、志保にあの写真送っちゃったよ!」 零兄がわざわざ送ってくれたんだよ、とさも可笑しそうに世良が言う。 無邪気さにあてられて言葉を失ったが、それが本題だった。 「見た。 なんだ? あれは。 肝が冷えたぞ、鏡に口紅であんな文章を書くなんて悪趣味が過ぎる……」 「あ! お前まさか知らないのか?」 「ああ! そっか、秀兄……っ」 続く世良の言葉は声にならず、くすくすとした笑声に呑まれる。 どうやら何か、日本ではメジャーな文化らしい、と赤井は眉をしかめる。 以前にも、似たようなことが何回かあった。 事件に関与する知識であれば、赤井は日本の文化もあらかた学んでいるつもりだったが、与太話のような知識には正直疎い。 若年層の流行に対しても然りで、ポアロでの潜伏時代、何かと女子高生から情報を得ていた降谷や、それこそ現役の学生である世良から教えられるようなことは山のようにある。 最近では、降谷とメアリーの関係は俗にいう嫁と姑というものにあたり、世間一般では何かと問題の起きやすい組み合わせなのだと聞かされた。 不仲どころか、時折、自分より仲睦まじく感じるくらいの二人なので、それは純粋に意外だった。 そうして世良から、こんなに出来る相手がいる秀兄は幸せものだよね、と付け加えられた。 どうにも展開が理解出来ないでいる赤井に、メアリーが笑う。 酷薄とでも言うべきか、よくないたぐいの笑いが浮かんでいるのが見て取れた。 「お前はもっと日本の文化を勉強したほうがいいんじゃないか?」 得意気に笑う降谷も、楽しげにしている世良もいい。 無邪気に可愛いのだから許せる。 ただ、奥で嘲笑のたぐいを浮かべて、あからさまにばかにするような表情を作っているメアリーに対してだけは、赤井は苛立ちを隠しきれていない。 そして当人は、そのことに気づいていなかった。 あからさま且つ、酷く珍しいその光景を、降谷が反抗期の子どもみたいで気に入っているということにも。 「うるさい。 で? なんなんだ? あれは。 誤解なのはわかってるんだろう」 「当たり前でしょう。 この俺がいるっていうのに、お前が浮気なんてするわけがない」 ふふん、と、降谷が得意気に笑う。 彼のこういうところが、赤井はとても好きだった。 愛されている自覚のあるところと、その自信に満ちた様子。 かと言って、それにあぐらをかいて、慢心するわけでもない。 手を変え品を変えた細やかな気遣いの存在に、折々のタイミングで触れられているから、赤井も降谷の自信通りに彼を愛せる。 「ただ、どこの馬の骨ともしれない女の口紅を、俺が甲斐甲斐しく整頓してあるチェストの小物入れに放り込んでたデリカシーのなさに呆れただけで」 「えっ、零兄、秀兄んちの口紅のことで怒ってたのか!? ごめん、それたぶんボクの!」 「え」 「……真純が昨日、洗面台に置いていったから、落として転がす前に寝室のチェストに入れておいた」 冒頭の通りで、珍しく口紅をつけていた世良が訪問しにきた昨日、案の定不慣れな様子で、取れかけていたそれを赤井が指摘した。 鏡が見たいと言うので洗面台を使えばいいと促し、塗り直したまではいいものの、はみ出しを直しているうちにしまい忘れたらしかった。 それに気づいたのは彼女が帰ってからで、とにかく無くしてしまう前にと赤井がそれを回収した。 極端にものの少ない赤井の家にはラックがろくに存在しないため、チェストの小物入れにとりあえず入れておいた、というのがことの真相だった。 驚いて謝る世良、固まる降谷に、意外な種明かしに呆れる赤井。 三者三様の様子に、高みの見物を貫いているメアリーだけが高らかに笑う。 降谷が世良の顔を覗き込む。 ちらりと見えた横顔は、過去、コナンにしていたときのように、まるで子どもを甘やかすときのそれだった。 「…………ごめんね? 今から新しいの買いに行こう。 なんでもいいよ。 シャネル? ディオール? イヴ・サンローランが使いやすいんだったかな……? 真純ちゃん、ルブタンのベルベットレッドとかも似合いそうだよね」 「零」 気まずげにこちらを見ようともしない降谷をじっと上から見つめると、案の定気まずげな眼差しが、恐る恐る赤井を伺い見た。 まるで小動物のような所作に、謝罪の言葉などなくともうっかり絆されそうになる。 碧眼が一度赤井をまっすぐに見たかと思えば、珍しくすぐさま反らされる。 けれど赤井の強い視線に耐えきれないのか、またすぐに視線は戻った。 「う……悪かっ」 うすいくちびるが、辿々しく言葉を紡ぐ。 しかし、降谷の謝罪の言葉を遮るように、メアリーの怜悧な声が降谷に味方する。 「何を偉そうにしてるんだか。 疑われるようなことをしたお前が悪いに決まってるだろう」 思わぬ四面楚歌に、赤井は眉間の皺を深めた。 厳しい顔でこちらを睨めつけながら降谷の側に立つ母と、お気に入りの口紅を台無しにされたにも関わらず彼に寄り添う妹。 そして何を伝えたわけでもない、電話先の二人すら、降谷のことを慮っていたこと。 一瞬、確かに沸き立っていたはずの怒気は、それらを思い返すことですぐさま萎んだ。 自身には敵しかいないはずのこの場が、だけれど降谷に居心地のいい空間であるならば、これ以上の平和も幸福も、そうそうにない。

次の

あの人はもう気付く頃よ バスルームにルージュの伝言 ←怖い

あの 人 は もう 気づく 頃 よ

ようこそいらっしゃいました。 さっそく、あの人のこと視ていきますね• あの人の本音を代弁します……今、あの人が抱えるあなたへの未練• なぜ忘れられないの? あなたがあの人に惹かれてしまう宿命的な理由• 別れたとき……あの人はどんなことを想っていたの?• 恋人だったとき、あなたとの関係にあの人が感じていた『幸せ』• 二人の関係が途切れてしまった隠れた要因• あの人があなたのことを思い出してしまう瞬間• あなたを失ってから、あの人はどんな日々を過ごしている?• 失って初めて気づくものですね……あの人のあなたがいないとダメな部分• 恋人だったときと比べて、あの人の中で変わった部分• あなたとあの人が再び近づく「きっかけとチャンス」• 二人が復縁できるタイミングはXX月XX日です• もう一生離れたくない……あの人の決断とこの恋の結末• あの頃のように愛される日々を手に入れるために.

次の

#湯薫 あのひとはもう気づく頃よ

あの 人 は もう 気づく 頃 よ

家の小さな窓からほんの少しの緑。 照り返す輝きでもう夕方になっちゃったんだって気づく。 愛ができる人がいて、 太陽がいつものように登っていた、 本当はそれだけで十分だってなんとなくわかってた。 やっと今わかった。 温かい春の風。 お別れの季節に別れなきゃいけないのは 今までの暮らし。 不安が微風と一緒に押し寄せるから、 息を止めてグッと堪える。 あの頃はよかったなと思う春が ずっと続きますように。 そうやっていつも春を愛してる。 そしたら死んだ後にも、 いい春だったと思える気がする。 愛しいなと思える時間に、 そっと頭を撫でられて、 そっと抱きしめて、 もうこれだけで充分で、 これだけがずっと続けばいいと願ってしまう。 いつも通りの笑顔じゃない それがきっと春。 そうでしかいられないし、それでいい。 だから前を向いて、歩いて行こうね。 あの頃はよかったなと思う春が ずっと続きますように。 そうやっていつも春を愛してる。 そしたら死んだ後でも、 いい春だったと思える気がする。

次の