パソコン 起動 しない windows10。 Windows10が起動しない・立ち上がらない対処法!自動修復やセーフモードでの起動方法は?

Windows10のパソコンが起動しない時の原因と修復方法は?|データ復旧ポート:PC・HDDファイルの復元方法

パソコン 起動 しない windows10

「Microsoft Windows 10」(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)の オペレーティングシステムがインストールされているパソコンの電源を付けたら、 なぜか起動しない場合に起こり得る原因と、修復による解決の方法について。 パソコンが開かない主な原因は、たとえば電源ユニットが故障したり、CPUの熱暴走、 BIOSの設定変更でUSBメモリや起動ディスクが優先される、OSのシステムエラー、 電源コードの不良、Cドライブの空き容量が少なくなる、HDDの物理的な故障、 バッテリーの破損、コンピューターウィルスへの感染、などがあります。 まず、基本的な状態のチェックとして、 デスクトップパソコンの場合は電源コードがどこかで圧迫されて折れていたりせず、 PCケースに接続してあり、本体のスイッチもオンになっているかを確認します。 ノートパソコンの場合はバッテリーがまだ残っているか、または充電状態かを確認します。 バッテリーが長い期間の使用による膨張や過熱などで破損している場合があり、 その際にはノートパソコンの蓋を開けて交換をする必要があります。 また、Windows10の起動ディスクなどDVDドライブにディスクが入ったまま、 あるいはUSBコネクタにUSBメモリが差し込まれたままパソコンを再起動すると、 BIOSでそちらが優先的に読み込まれるのが原因でウィンドウズが開かないことがあります。 その際にはDVD-RやUSBメモリなどの外部記憶デバイスを一旦外します。 また、たとえばWindows 10にOSを変更すると同時にハードディスクを増設したり SSDを交換したりした時に、BIOSの設定が変更されて、Cドライブ(ローカルディスクC)ではなく Dドライブ~の方のボリュームが優先して読み込まれる場合があります。 その際には、一度パソコンを再起動して、ロゴ画面で専用のキーを押してBIOS設定画面に入り、 Windows10がインストールされたドライブ装置を優先して読み込むように設定を変更します。 またCドライブの空き容量がほとんど残っていないと、 システムに深刻なエラーが発生する可能性があります。 Windowsが開けない時は、LinuxのUbuntuでパソコンを起動したり、HDDを一度PC本体から 取り外して別のパソコンに増設、または外付けで接続して、ボリューム内の不要なファイルを 削除して軽くしたり、同時にエクスプローラー画面でエラーチェックを行う、という方法もあります。 Windows 10のパソコン本体を購入または再インストールしたばかりの際に、うっかり アンチウイルスソフトをインストールし忘れていないかどうか、ということには特にご注意ください。 そのままインターネットに接続したりメールを閲覧し続けると、 高い確率で有害なファームウェアなどに感染してシステムが破損します。 アンチウイルスソフトでコンピューターウイルスがもし大量に検知されたら、 場合によってはWindows 10の再インストールを行なう必要もあります。 オペレーティングシステムのエラーが原因で正常に起動しない場合は、一度再起動をしてから、 詳細オプション画面などを開き、「 セーフモード」で立ち上げてみます。 またはシステム修復ディスクを事前に作成していましたら、 「スタートアップ修復」や「システムの復元」を実行して修復を試みます。 またパソコンのパーツを交換した際に、たとえばCPUが正常にCPUクーラーに 固定されていなかったら、熱暴走を引き起こして、それが原因で 起動してから数分でダウンして稼働が止まり、起動しない状態が続きます。 部品を換装する際には、しっかりと接続されているかどうかを必ず確認します。 ほか、マザーボードやメインメモリ、CPU、電源ユニット、電源ボタンといった 重要なパーツが故障していると、パソコンは正常に動かず、OSも開けません。 ほとんどのパーツは、新品に換装することで修理できます。 ですが、ハードディスクが故障した場合は、交換してから Windows10を新しいストレージに再度インストールする必要があります。 OSが起動しない原因がどうしてもわからない場合、あるいは自身ではパーツの交換や オペレーティングシステムのセットアップのし直しが難しそう、という際には、 専門のパソコン修理サービスセンターに問い合わせて、 より確実に、修理作業の代行を行ってもらわれることをおすすめします。 パソコン本体や外付けハードディスクドライブ、サーバーやNAS、RAIDといった電子機器内から喪失した拡張子ファイルを復旧させる方法を解説しています。 また、システムエラーやフォーマットなどの操作ミスによる消失のアクシデント事例とその対処方法や復旧の手段・故障の修理手順など、コンピューター分野のお役立ち知識、データ修復サービスの業者を紹介しています。 「データ復旧」とは、PCの内部のファイルの復元や、ハードディスクの回復、外付けHDDの復活、USBメモリからの回収、サーバーの復帰、ノートパソコンからの救出、RAIDからのコンピューターへの抽出、Windowsのリカバリー、NASのサルベージ、LANDISKからの取り出し、LinkStationの回復、TeraStationの故障時のレスキュー、といった対処方法を指します。 ファイルを保存したストレージに書き込みしていた拡張子やフォルダを誤って消してしまったり、中身の部品や周辺機器が故障してデバイスドライバから読み込みができず開けない時に、復元システムなどを使い修復を実行、または専用機器を分解してから取り出して別の記憶装置に移し変えて救出をしてもらうサービスやその作業にあたります。 ハードディスクドライブなどの部品や損壊したボリュームからデータファイルを抽出する際には、先にハードウェア機材・他コンピューター周辺機器の初期の検査による分析で見てもらえます。 HDDやUSBフラッシュメモリなどの記憶装置内で消失したデータの救出サービスの業者様の方では、様々な故障からのサルベージに対応されています。

次の

Windows10のパソコンで画面が真っ暗になり起動しない場合の対応!

パソコン 起動 しない windows10

プロセスタブの中から「Google Chrome」の名前を選択して「タスクの終了」をクリックします。 複数のGoogle Chromeのプロセスがある場合は、全てに対してタスクの終了を行います。 対処2. パソコンの完全な再起動 最近のWindowsではあまり問題になることはありませんが、Windowsは長時間利用し続けていると、様々なゴミファイルが溜まってしまうことで、意図しない動作を引き起こすことがあります。 そこで、Windowsを再起動することで、原因となるゴミファイルをクリアして初期のキレイな状態にします。 また、Windows10では標準で高速再起動の機能が有効になっています。 高速再起動ではメモリの状態を保存して再起動してしまうため、初期なきれいな状態にすることが出来ません。 そこで、以下の手順を利用して高速再起動ではなく、完全な再起動を実施してください。 再起動が完了した後にChromeを起動させてみてください。 Shiftキーを押下しながら再起動ボタンをクリックします。 オプションの選択画面で「PCの電源を切る」をクリックします。 電源ボタンを押してパソコンの電源ボタンを押して起動します。 対処3. ユーザプロファイルの削除 Chromeは起動時に読み込まれるユーザプロファイルの破損が原因で起動しなくなることがよくあります。 以下のフォルダにユーザプロファイルが格納されているため、フォルダの名前を変更してからChromeを起動してみてください。 ユーザプロファイルがChromeによって再度作成されます。 この手順を実施すると、Chromeに設定していた情報が全て初期化されてしまうので、設定していたログイン情報やお気に入りなどを再度設定する必要があります。 bk もし、フォルダ名を変更しようとした際に、フォルダが使われているため、フォルダ名を変更できない旨のエラーが発生した場合は、Chromeが目に見えないところで動いている可能性があります。 対処1の手順を行い、Chromeを完全に停止してからフォルダ名の変更を実施してください。 対処4. Chromeの拡張機能を無効にする 自分の望んだ機能をChromeに追加することができる拡張機能は非常に便利です。 SNSと連携させたりWEBページを画像に変換させたり翻訳機能を追加させたりなど、様々な機能をChromeへ追加することが出来ます。 しかし、そんな拡張機能が原因でChromeが起動できなくなることがあります。 そこで、一旦、Chromeの拡張機能を無効にしてからChromeを起動させます。 拡張機能を無効にする方法は以下のとおりです。 Google Chromeのショートカットを右クリックして「プロパティ」を表示します。 ショートカットタブのリンク先を以下のように編集して「OK」をクリックします。 編集したショートカットから再度Chromeを起動します。 対処5. Chromeを再インストールする 上記すべての対処を行ってもChromeが起動しない場合は、Chromeの再インストールを実施します。

次の

Windows10のパソコンで画面が真っ暗になり起動しない場合の対応!

パソコン 起動 しない windows10

ディスプレイに 「A disk read error occurred」と表示され、パソコンの処理が停止します。 ) パソコンを起動するためにはWindowsがインストールされたディスクにアクセスし、Windowsを呼び出す必要があります。 しかし、何らかの不具合が生じてディスクにアクセスできず、パソコンが起動しないという訳です。 このトラブルの原因はハードウェアとソフトウェアの両方が関係しているため、エラーメッセージから原因を特定することはできません。 ですが、原因となる部分は限られているので一つ一つ探っていけば比較的簡単に不具合部分を見つけ出すことは可能です。 sponsored link 「 A disk read error occurred 」の原因は? [A disk read error occurred]エラーはWindowsデータが読み込めないために起きる不具合です。 主な原因は以下の通り。 原因ごとの対処法については「 A disk read error occurred 」の対処法で説明します• 「光学メディア(CD・DVD等)やフロッピーが入っている」 パソコンに光学メディアやフロッピーが入っている状態でパソコンを起動時すると、優先的に読み込んでしまうことがあります。 光学メディアやフロッピーにはWindowsが入っていないのでエラーが発生します。 「マザーボードの電池切れ」 長年使い続けているパソコンはマザーボードのボタン電池が切れてしまい、BIOSが初期化されることがあります。 「BIOS設定・CMOS初期化による設定変更」 以下のいずれかに該当する場合、BIOSの設定に問題があるかもしれません。 「SATAケーブルの接点不良」 WindowsがインストールされたHDDとパソコンをつなぐケーブルが緩んでしまうことがあります。 場合によっては接点回復剤を利用してクリーニングするとより効果的です。 「ファイルシステムやフォーマットの破損」 Windowsが破損してしまったり、HDDのフォーマット情報やファイル情報が破損してしまうと、OSを認識できなくなります。 結果的にディスクを読み込むことができず、エラーとなります。 「 A disk read error occurred 」の対処法 「光学メディア(CD・DVD等)やフロッピーが入っている」 原因の項目でも書きましたが、メディアを取り出してパソコンを起動させてみましょう。 ) BIOSは[Award BIOS]、[AMI BIOS]、[Intel Visual BIOS]、そして最新のUEFIの4種類あります。 このうち、最新のパソコンには[Award BIOS]、[AMI BIOS]、[Intel Visual BIOS]は搭載されておらず、UEFIが採用されています。 ここでは最新の UEFIと、古いメーカー製のパソコンは、ほとんど AMI BIOSをカスタマイズした物が使われていることから、AMI BIOSを例に設定方法を紹介します。 UEFIの設定例 UEFIはマウス操作が可能なグラフィカルなBIOSです。 誰でも。 直観的に操作できるでしょう。 一方で、各メーカーやパソコンモデルによって画面の配置が少し違っているので、モデルによって操作方法も微妙に異なります。 UEFIが起動すると、「ブート優先順位」というメニューがあるはずです。 このメニューはパソコンの機種によって表示位置が異なる場合があります。 「ファイルシステムやフォーマットの破損」 パソコンのHDDは偶発的にファイルシステムが破損し、エラーが発生することがあります。 この場合、「システム回復オプション」の「chkdsk」コマンドで修復することが可能です。 ただし、HDD自体が破損している場合は症状が改善するどころか悪化させてしまう恐れもあります。 「 パソコンに衝撃を与えてしまった」 「 ハードディスクから異音がする」 「 大切なデータが入っている」 などの場合、むやみに自分で修復しようとすると症状がより悪化してしまいます。 大切なデータを復元したい時は、復旧業者に依頼した方が確実です。 システム回復オプションから「chkdsk」を実行する方法 (以下、Windows7で説明しますが、Vistaや8でも同様です。 ) 1. 上記の「BIOS設定・CMOS初期化による設定変更」を参考に設定を変えてください.

次の