三浦 春 馬 色気。 三浦春馬の歌唱力とダンスに衝撃を受ける視聴者続出「こんなん惚れる」「武道館6回出ましたって仕上がり」「最強すぎて笑える」 | ガジェット通信 GetNews

三浦春馬が金髪に! ファン驚き「別人」「女優さんかと」 /2020年2月28日 1ページ目

三浦 春 馬 色気

三浦春馬という俳優の魅力を嫌というほど感じまくり、胸がキュンキュンする。 現在、パラビで配信中のドラマ『tourist ツーリスト』を一言で表すとそんなドラマだった。 今回は、本作が女性から支持される理由を女性目線で分析していきたい。 本作は、第1話をTBS、第2話をテレビ東京、第3話をWOWOWと史上初の3局をまたいで放送したオムニバスドラマ。 悩みを抱える3人の女性が、旅先で出会ったミステリアスな男性・天久真(三浦)との交流を通じて、本当の自分を見つけ出す姿を描く。 第1話に水川あさみ、第2話に池田エライザ、そして第3話に尾野真千子が主演し、三浦演じる真とのひと時を紡ぎあげる。 本作を語る上で欠かせないのは、何と言っても、3話すべてに出演する三浦の魅力だ。 三浦といえば、4歳の頃から子役としても活躍し、数々のドラマや映画で注目を集めてきた俳優だ。 2006年、ドラマ『14才の母』では中学生の彼女を妊娠させてしまう少年役を演じて話題に。 2008年にはドラマ『ブラッディ・マンデイ』で連続ドラマ初主演を果たす。 さらに、2007年公開の映画『恋空』で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、2014年にはドラマ『僕のいた時間』で第51回ギャラクシー賞個人賞を受賞、2017年には舞台『キンキーブーツ』で第24回読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞するなど、輝かしい経歴を誇る。 爽やかさの漂う正統派のイケメンで、スラリとしたスタイルを持つ三浦は、とにかく真っ直ぐな青年がよく似合う。 一途にヒロインを思い続ける姿は、それだけで絵になるほど。 近年は『キンキーブーツ』でのドラァグクイーン役など、様々な役柄にも挑戦し、芝居の幅も広げ、役者として一回りもふた回りも大きく成長している。 そんな三浦が本作では、つかみどころのない、ふわふわとした男性を色気たっぷりに演じている。 例えば第1話の水川とのキスシーン、第2話の池田との試着室でのシーンなど、ふと見せる表情に「これほどセクシーな俳優だったのか」と驚いたほど、本作での三浦は"大人な男の魅力"に溢れている。 フェロモンだだ漏れといっても過言ではないほどだ。 そして、アドリブとも思わせるような自然な会話も魅力的。 三人の女性と、まるでプライベートを覗き見てしまったかのようなやりとりが続き、キュンキュンが止まらない。 さらに、3人のヒロインそれぞれに合わせた、真の対応の違いにも注目してもらいたい。 水川演じるさつきと対する真は、どこか突き放したようなセリフを吐く憎たらしい男に見え、池田演じるホノカの前には積極的で危険な匂い漂う男として現れる。 尾野が演じるカオルの前では、カオルの心にひたすら寄り添うように、ただ静かにそこにいて、見守ってくれる男になる。 人は、付き合う相手によって自分の違った一面を見せるものだろう。 だからこそ、この真の三面性ともいえる性格の違いは、リアルさを引き立たせる。 そして、「自分の前ではきっと自分が望んでいる男性でいてくれる」と私たちに夢を持たせるのだ。 そんな三浦の姿、そして三浦が演じる真の姿を堪能するならば、パラビで配信中の「天久真バージョン」の視聴をオススメしたい。 真の目線で物語が展開されるため、より真の心情が浮かび上がるだけでなく、三浦の演技も存分に堪能できる。 一方で、登場する女性たちの人物像にも新しさを感じさせる。 第1話に登場するさつきは、テレビ局のドラマプロデューサーという仕事に疲れ切って、バンコクを訪れる。 男性と対等に渡り歩き、会社のため、スムーズに仕事を進めるために自分の信念を曲げ続けたさつきは、自分を見失ってしまっていた。 「死ぬ」ために訪れたはずのバンコクでも、部下からの電話を受けてしまい、仕事から離れることもできないでいる。 そんな彼女の姿は、今どきの働く女性の一面を表していて、思わず我が身を振り返ってしまう。 仕事に疲れているのに、仕事こそが生きがいで自分の存在価値であると信じているさつきは、見ていて心が痛くなるほどリアルだ。 第2話の主人公ホノカは、恋愛至上主義で苦しい恋愛ばかりを重ねてきた女性だ。 そんな自分を変え、"幸せ"を掴むために、今までとは全く違うタイプの男性と付き合い、結婚を目前に控えて、独身最後の思い出旅行で台北を訪れる。 「恋愛と結婚は別物」という言葉は、昔からよく言われる言葉で、実際にそれを実践したからこそ幸せを掴んだという女性もいるであろう。 しかし、そううまく割り切れない女性もいる。 ホノカも、その一人。 頭ではわかっている。 けれども、どうしてもスリリングな恋に未練が残る。 そんな時に、真に出会い、衝動のままに突き進んでしまう。 実際に、ホノカのような行動には出なくても、"冷静な判断のもとの男性選び"と"感情に流されて選ぶ男性"の間で揺れ動いたり、未練がいつまでも残ったりすることに共感する女性も多いのではないだろうか。 そして、第3話では、離婚調停中の夫が愛人と旅行することを知ってベトナムまで追いかけてきた、カオルが登場する。 カオルの胸のうちもまた、複雑だ。 夫を取り戻したい、夫をまだ愛しているという思いは画面を通してもヒシヒシと伝わってくるものの、プライドが邪魔をして素直にもなれない。 ましてや、夫は戻る気など全くなさそうなのだから、醜態も晒せない。 どうすることもできず、一歩も前に踏み出せなくなった女性の姿がそこにはある。 リアリティーに溢れたキャラクター像は、まさに現代に「よくいる女性」たち。 そんな彼女たちが、胸に迫る痛みと焦燥感を伴った悩みを抱え、人知れず苦悩している。 その姿を自分に重ねて観るのもまた、本作の楽しみ方の一つだ。 このヒリヒリするような女性の内面をより深く体感したいならば、パラビで放送される「フルバージョン」をご覧いただきたい。 C Paravi.

次の

三浦春馬の顔が変わった!原因は二重まぶたの整形?昔の顔画像と比較|Jimmy's room

三浦 春 馬 色気

篠原涼子さんと三浦春馬さんのキス ラストシンデレラでのキスシーンはとにかく凄いのが多かった!というのが印象です。 特に篠原涼子さんと三浦春馬さんのキス。 三浦春馬さんの「キステクニック」と言ってもいいあのキスの流れは「これドラマですよ…ね」というほどすごい。 妄想してドキドキした女性はたくさんいたのでしゃないでしょうか。 とにかく興奮度はありますね間違いなく(笑) 「ラストシンデレラ」のあらすじ ヘアーサロンで、副店長を務める遠山桜(篠原涼子)。 彼女は仕事は出来るが、私生活は自堕落かつ無頓着。 多忙な生活を送っていたある日、自分の顎にヒゲが生えていたことに気づきショックを受ける。 そんな中、桜は新店長・立花凛太郎(藤木直人)とBMXライダーの佐伯広斗(三浦春馬)という魅力的な2人の男に出会う。 色気がある大人の恋愛模様を描いたドラマで、凛太郎派とヒロト派に分かれた女性もたくさんいると思います。 本当に全体的にお色気あり、ハラハラ・ドキドキのラブコメといった感じですね。 毎週木曜楽しみにしていた女子も多いかと^^ 視聴率も凄かったみたいです。 何でも7話目まで視聴率ダウンしなかったのだとか。 「半沢直樹」並にドラマ史上すごい記録だったそうです。 三浦春馬のキステクニック さてさて、では上記でも書きましたが、三浦春馬さんのキステクニックについて、もう少し詳しくまとめたいと思います。 まずはこのシーン…から… 三浦春馬さんの手に注目です。 首もとに添えてもう片方では腰回りに。 見た目以上に密着感を感じると思います。 そして… 有無を言わせないベッドなだれ込みキス。 そして、また三浦春馬さんの手に注目です。 手首を持ってキス…です。 これはヤバい(笑) 自由を奪いながらのキス。 これアドリブ入ってるんじゃないかなぁってぐらいドキドキするキス。 三浦春馬さんは肉食系であるとの噂もありますが、これを見るとうなずける気が… 手首を持たれ、身体の自由を奪われてからのキス。 されるがままのキス。 やられてる方は興奮度あがりますよね絶対(笑) 篠原涼子さんはこの時どうだったのでしょうね〜 これを見た女性は・・・かなりキュンキュン状態になったらしい.

次の

三浦春馬、3年ぶりのドラァグクイーンに自信「今回は美を追求した」

三浦 春 馬 色気

幼少から子役として活躍し、正統派俳優として活躍を続ける。 最近ではコメディ作品や大人の色気をまとった役など、役の幅を着々と広げている。 そんな彼が出演したおすすめ映画をまとめてご紹介。 三浦春馬 プロフィール 三浦春馬は1990年4月5日生まれ、茨城県出身。 身長178cm。 4歳の頃から児童劇団アクターズスタジオつくば校に所属し1997年、NHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役デビューを果たす。 2006年、『キャッチ ア ウェーブ』で映画初主演。 同年にはドラマ『14才の母』でヒロイン志田未来の恋人役を演じる。 2007年、映画『恋空』で新垣結衣の相手役を務め、第31回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。 2008年、『ブラッディ・マンデイ』で連続ドラマ初主演。 翌年の2009年10月期の『サムライ・ハイスクール』、2010年1月期の『ブラッディ・マンデイ Season2』と、2クール続けて連続ドラマの主演を務める。 2011年、『大切なことはすべて君が教えてくれた』で月9ドラマ初主演。 映画では2010年『君に届け』、2011年『東京公園』、2014年『真夜中の五分前』など主演を重ねる。 2018年の『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』では高畑充希の恋人役、2019年『コンフィデンスマンJP』では大人の色気漂う詐欺師を熱演。 2019年には、主演作『アイネクライネナハトムジーク』が公開。 TVドラマ『TWO WEEKS』では主演と主題歌を担当し、その歌声・ダンスに注目が集まる。 『キャッチ ア ウェーブ』(2006) 豊田和真の同名小説を実写映画化。 夏休みを湘南で過ごすことになった高校1年生の男子3人が、別荘の鍵を失くしたことをきっかけにサーフィンに触れていく。 友情と甘酸っぱい恋を爽やかに描く青春ドラマ。 本作が映画初主演の三浦春馬は、3人の中のひとり、佐々木大洋役を熱演。 ジュリア(加藤ローサ)への背伸びした恋心も爽やかに表現した。 自身もサーフィンが趣味で、Instagramにプライベートでのサーフィン姿の投稿も。 『恋空』(2007) 10代から絶大な支持を得た、美嘉による同名ケータイ小説を実写映画化。 平凡な女子高生が同級生と恋に落ち、妊娠するが、様々な障害にあい流産してしまう。 さらに相手から一方的に別れを告げられ、突如姿を消すが、その後、衝撃の事実を知ることになる。 三浦春馬が演じたのは、新垣結衣演じる田原美嘉の恋人・桜井弘樹、通称ヒロ。 金髪で派手なルックスをしており、最初は美嘉との付き合いも本気ではないが、やがて純粋に美嘉を愛するようになっていくピュアな姿が印象的。 『奈緒子』(2008) 「ビッグコミックスピリッツ」で連載され人気を博した同名コミックを、上野樹里&三浦春馬の主演で映画化した青春ドラマ。 かつて見舞われた悲劇で心に傷を負う二人が6年後に再開し、高校駅伝代表を目指して猛練習に励むひと夏の物語を描く。 三浦春馬が演じたのは、天才ランナーの壱岐雄介。 悲しみや苦しみを込めて、全身全霊でひたむきに走る姿が感動を呼んだ。 前作で鈴蘭男子高校の覇権争いを制した滝谷源治(小栗旬)たちと、因縁のライバル校・鳳仙学園との間で繰り広げられる死闘を描く。 三浦春馬が演じたのは、原作で圧倒的な人気を誇るキャラクター・美藤竜也。 蹴り技を得意とし、1年生で鳳仙学園の幹部入りを果たした強者。 かつて鳳仙の頂点に君臨した、美藤真喜雄(山口祥行)の弟。 クールな美少年という役どころで、原作ファンからも高い評価を得た。 『君に届け』(2010) 累計発行部数1,000万部を突破した椎名軽穂の大人気コミックを、多部未華子と三浦春馬の主演で実写映画化。 地味な外見で「貞子」と呼ばれる主人公の爽子(多部未華子)が、周囲の人々のあたたかさに触れながら変わってゆく様子を描く、爽やかな学園ラブストーリー。 三浦春馬が演じたのは、クラスの人気者で、爽子にひそかに好意を寄せる風早翔太。 曲がったことを嫌う一本気な性格の持ち主で、頑固で融通が利かず、自分にも他人にも厳しい一面も。 持ち前の清純さを存分に発揮して好演を見せた。 『東京公園』(2011) 小路幸也原作の小説を『EUREKA』などの青山真治監督が映画化。 カメラマン志望の青年と、3人の女性たちとの人間関係の変化を描く。 第64回ロカルノ国際映画祭で金豹賞審査員特別賞を受賞した。 主演を務める三浦春馬が演じたのは、不思議な雰囲気を持つカメラマン志望の大学生・光司。 公園で写真を取り続ける光司が、ある不思議な依頼を受けることからストーリーが動き出す。 繊細な心情の変化を表現し、役者としての新境地を開拓した。 『キャプテンハーロック』(2013) かつてTVアニメで放送された松本零士原作の人気コミック「宇宙海賊キャプテンハーロック」をフルCGでアニメ化。 かつて宇宙艦隊大佐として戦艦を率いた英雄で、現在は地球連邦政府に反旗を翻し、指名手配されている宇宙海賊キャプテンハーロックの物語を描く。 本作が声優初挑戦となった三浦春馬は、キャプテンハーロックの暗殺命令を受ける青年・ヤマの声を担当した。 キャプテンハーロックの声を担当した小栗旬とタッグを組み、壮大なスケールで蘇った昭和の名作に華を添えた。 『永遠の0』(2013) 百田尚樹の同名ベストセラー小説を「ALWAYSシリーズの山崎貴監督がメガホンをとり実写映画化。 凄腕のパイロットであり太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵(岡田准一)の真実を、孫の視点から描く。 第38回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。 三浦春馬が演じたのは、司法試験に落ち続け、無気力な日々を過ごす青年・佐伯健太郎。 戦死した祖父の過去を調べていくうちに、心境に変化が生じていく。 本作で、第38回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した。 『真夜中の五分前』(2014) 本多孝好の同名ベストセラー小説を『世界の中心で、愛を叫ぶ』などの行定勲監督が映画化した、日中合作のラブミステリー。 双子の姉妹と、それぞれを愛した男性たちの愛の物語を繊細な映像美と共に描く。 主演の三浦春馬は、上海で時計修理工として働くリョウを熱演。 知り合って間もないルオラン(リウ・シーシー)に惹かれ、彼女の気持ちに寄り添うことで距離を縮めていく。 全編中国語の本作のために猛特訓を重ね、繊細な役どころを見事に演じた。 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(2014) 諫山創による大ヒットコミック「進撃の巨人」を、『のぼうの城』の樋口真嗣監督が前後編2部作で実写映画化。 映画評論家の町山智浩が脚本に参加したことでも話題に。 巨人たちに仲間の多くを捕食され、巨大な壁をつくって生活を守り、闘いに挑む人々を描くファンタジーアクション。 主演の三浦春馬は、壁の中で生き、もがく青年・エレンを熱演。 長谷川博己、水原希子、石原さとみら豪華キャスト陣とともに、巨人との激しい戦いを繰り広げた。 『銀魂2 掟は破るためにこそある』(2018) 空知英秋の大人気コミックを、福田雄一監督が実写化した『銀魂』の第2弾。 宇宙人に支配された江戸を舞台に、金欠にあえぐ万事屋の面々と、特殊警察・真選組の内紛がもたらす大騒動を描くエンタメ作。 三浦春馬が演じたのは、真選組で野心の塊である参謀・伊藤鴨太郎。 原作に忠実な再現を目指し、全員が外見上の工夫を凝らすなか、三浦春馬も銀縁メガネをかけ、髪色、声色も工夫して役に挑んだ。 原作ファンからはハマり役として高い評価を得た。 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018) 日本でも大ヒットした韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を、『モテキ』などの大根仁監督がリメイク。 笑いあり、涙ありのヒューマンドラマ。 主演の奈美を篠原涼子が務め、奈美の高校時代を広瀬すずが演じた。 女性高校生6人の仲良しグループ「サニー」は、大人になってバラバラになっていたが、奈美は末期がんに冒された芹香(板谷由夏)のために22年ぶりにメンバーの再集結を試みる。 劇中を彩る音楽は小室哲哉が担当。 三浦春馬は、90年代パートの奈美の初恋相手・藤井渉を演じた。 DJ志望で音楽やファッションのセンスも抜群、端正なルックスの大学2年生。 正統派イケメンとしての魅力を惜しみなく発揮した。 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(2018) 筋ジストロフィーを患いながらも自分らしい人生を貫いた鹿野靖明氏の半生を描いた感動の実話。 一見ワガママ放題の鹿野(大泉洋)と、彼に振り回されながらもあたたかい時間を過ごすボランティアたちの奮闘を描く。 三浦春馬が演じたのは、鹿野ボランティアにあたる医大生・田中。 シャキシャキして物怖じしない恋人の美咲(高畑充希)とは対照的に、自分に自信がなく、いつも下を向いているが、鹿野の檄もあり徐々に変わってゆくさまを好演した。 『コンフィデンスマンJP』(2019) 月9の人気ドラマの劇場版。 香港マフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)が持つという伝説のパープルダイヤをターゲットに香港へ飛ぶ。 三浦春馬が演じたのは、ダー子(長澤まさみ)と過去に接点をもつ天才詐欺師・ジェシー。 甘いマスクと巧みな話術で女性を虜にし、華麗な詐欺をはたらくという大人の色気を感じさせる役どころで作品を彩る。 『アイネクライネナハトムジーク』(2019) ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を、『愛がなんだ』で一躍名を馳せた今泉力哉監督が実写映画化。 不器用な人々の出会いと恋の模様を10年に渡って描いた群像ラブストーリー。 主題歌と劇中音楽は斉藤和義が担当。 原作に忠実にリアルに作りたいという監督の信念のもと、オール仙台ロケで撮影された。 三浦春馬が演じるのは、マーケティングリサーチ会社勤務で、運命的な出会いをただ待つだけの受け身の男、佐藤。 その佇まいから、正統派俳優ながらもナチュラルな人の良さが漂う三浦春馬を、佐藤役としてキャスティングすることで監督とプロデューサー陣の意見が合致したという。 多部未華子とは4年ぶり3度目の共演となる。

次の