マイfxブック。 MyFXMarkets (マイエフエックスマーケット)

MyFXMarkets (マイエフエックスマーケット)

マイfxブック

FXあきのお願い あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。 1クリックしてお願いします。 myfxbook マイエフエックスブック の登録方法 ここでは、myfxbook(マイエフエックスブック)の登録方法を解説させていただきます。 FXをやる上で、とくにEAを使って成績の管理などする時にとっても便利ですから是非、登録してみてください。 myfxbook(マイエフエックスブック)の登録は、とっても簡単です。 myfxbook マイエフエックスブック は、上のバナーからいけますのでクリックしてください。 もちろんグーグルで検索しても大丈夫ですよ!!ただ、検索するときは「myfxbook」と英語で検索入力しましょう!日本のサイトでないのでTOPにはでてきませんので、ご注意下さい。 といっても英語が読めなくでもまったく問題ないですよ。 私も英語まったくぐらいにだめですから そんな人の為に!! myfxbookは、テッキリ英語表記だけかと思ってあきらめておりましたが よくみると下にデフォルトでは、イングランドの表記だと思うのですがここを クリックすると言語選択ができますので日本語を選んでください。 こんなに、簡単に日本語変換できますよ では本題に戻って myfxbook マイエフエックスブック のトップページに飛びますと右側に 「 Quick signup」があります。 下の画像は、それを拡大したものです。 ユーザ名:好きなユーザー名 Eメール: メールアドレス 認証確認のメールが届くので有効なアドレス パスワード:ログイン用パスワード パスワードの再確認: パスワードの確認 Captcha: 画像のキャプチャを入力 I agree to the Terms and Privacy Policy. プライバシーポリシーの承認 以上の内容をチェックして「 登録お願いします」を押しましょう。 すると、登録したメールアドレスに承認メールが届いておりますので メールを早速開いてしまいましょう メールを開くとリンクをサクサクっとクリックしましょう!! myfxbook マイエフエックスブック ももちろんですが、登録承認して くれるのは、セキュリティ上必要なことなのでありがたいですね。 その後、myfxbook マイエフエックスブック のトップページに戻って 改めて右上のログインメニューに登録したmyfxbook マイエフエックスブック のメールとパスワードを入力してください。 すると、、、みごとmyfxbook マイエフエックスブック にログイン!! 登録完了!!っとなります。

次の

①便利!便利な My Fx Book(マイエフエックスブック)

マイfxブック

オーダーブックインジケーターの変更点について OANDAのオーダーブックインジケーターは、 2018年10月14日に仕様が変更されました。 これまで これから 上記の様に変更され、 今まで以上に使いやすくなりました。 OANDAのオーダーブックとは OANDAのオーダーブックとは、OANDAグループの顧客の取引状況データを公開したものです。 オーダーブックは オープンオーダーと オープンポジションの2種類のデータで構成されています。 このデータをMT4のチャート上に表示できるようにしたのがオーダーブックMT4用インジケーターです。 オープンオーダーとは? オープンオーダーとはOANDAグループの顧客の未約定オーダーの状況を示したデータです。 新規の指値、逆指値、決済の指値・逆指値が含まれます。 直近24時間のオーダーに対して割合をグラフで表示しています。 指値が集中しているような水準は多くのトレーダーがサポート、レジスタンスになりそうであると考えた水準であるため、その水準では一度ブレーキがかかる可能性がある一方で、その水準を抜けると価格が抜けた方に勢いづく可能性がある水準です。 また、逆指値はその水準に到達すると損切りの注文が多く出る可能性があり、抜けた方へトレンドが転換する可能性があるという見方ができます。 オープンポジションとは? オープンポジションとはOANDAグループの顧客が保有しているポジションの状況を示したデータです。 直近24時間のポジションに対しての割合をグラフで表示しています。 現在、どの価格水準に売買別にどのくらいのポジションが構築されているかをチェックできます。 現在、苦しい状況に追い込まれているのは買いポジション保有者なのか売りポジション保有者なのか? これに注目すると、どちらに進んだ場合に損切りの注文が多く出て、相場が勢いづく可能性があるのかをチェックできます。 オープンポジションの見方 オープンポジションとは、 世界中にいるOANDAのユーザーが、 過去に持った売り/買いのポジションの量をグラフ化したものです。 グラフはこのように表示がされます。 オープンポジションのグラフには5つの情報が盛り込まれています。 オーダーブックインジケーターの設定方法 MT4のインジケーターのインストール、設定の手順の流れは次の通りです。 STEP1:マイページよりダウンロードしたファイルをMT4のデータフォルダ内に設置 STEP2:MT4を再起動 STEP3:表示したいチャート上でインジケーターを開く STEP1:MT4内にファイルを設置する ダウンロードしたファフィルを解凍すると、4つのファイルが表示されます。 この中のマニュアル(「 OANDA Order Book2 マニュアル(PDFファイル)」)のファイルを開き、マニュアルに従いインストールを行います。 以下はマニュアルの抜粋となります。 詳細はマニュアルをご参照ください。 最初にダウンロードした3つのファイルのMQL4フォルダ内の各フォルダへコピーペーストします。 text」及び「v20-fxlabs. STEP3:表示したいチャート上でインジケーターを開く インジケーターを表示したいチャートを用意します。 ちなみに、「OANDA Order Book2」が対応している通貨ペアは次の14通貨ペアです。 これら以外の通貨ペアでは表示されませんのでご注意ください。 表示される設定画面の「全般」タブでは「DLLの使用を許可する」にチェックを入れます。 「パラメーターの入力」タブでは1段目で注文情報(オープンオーダー)かポジション情報(オープンポジション)を選択します。 2段目で「売り買いの両方 非累積 」を表示するか、売買を差し引いた「純額」のみを表示するかを選択します。 3段目が注文やポジションの多い水準を何個までライン表示するかを指定します。 それ以下は表示のカラーやフォントなどのデザインの設定となります。

次の

①便利!便利な My Fx Book(マイエフエックスブック)

マイfxブック

取引ソフト 取引プラットフォーム 取引ソフト• 01ロット VPS VPSホスティング 海外FX業者 MyFXMarkets 設立年 2013年 運営会社 AXIS INC. MyFXMarketsの金融ライセンスは、 セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融ライセンスになります。 以前、MyFXMarketsはモーリシャス共和国などの金融ライセンスも持っていました。 となり、AXIS INC. はセントビンセント・グレナディーン金融庁に金融登録されています。 登録番号は、24078IBC2017 です。 MyFXMarketsの運営には、Myfx Markets Pty. Ltdも関わっています。 また、MyFXMarketsは日本語公式サイトでは顧客資産の管理については、信託保全のように書かれています。 お客様に安心してお取引頂けるよう外部監査、厳正な内部手続きと規制による資金安全管理を徹底しております。 MyFXMarketsの人気や評判は?- MyFXMarketsのメリットとデメリット MyFXMarkets(マイFXマーケット)は、ボーナスやキャンペーンがほとんどありません。 そのため、MyFXMarketsは他の海外FX業者と比較した時にあまり目立ちません。 それでもMyFXMarketsは優れた取引環境や取引条件を提供していることから、 でも常に上位に食い込んでいる海外FX業者の1社です。 具体的なMyFXMarketsの 強みや長所といったメリットは以下の通りです。 最大レバレッジは400倍のハイレバレッジ• ゼロカット対応で借金リスクゼロ(追証なし)• 日本人スタッフによる日本語対応• 最低スプレッドは0. 0 pip• 東京やNYのサーバーでを高速約定(高い約定力)• 取引プラットフォームはMT4(メタトレーダー4)• 5倍のレバレッジで仮想通貨FXができる 上記の評判は2chや5chなどのカキコミ、口コミ、MyFXMarketsのアフィリエイトサイトでも確認できます。 また、2019年10月からMyFXMarketsの公式サイトが日本語になりました。 英語版と同様にわかりやすいシンプルな内容で、海外FXが初めてのトレーダーも口座開設しやすい環境が整いました。 参考: 反対に、 MyFXMarketsの弱みや短所というデメリットは、以下の通りです。 最低入金額が2万円• ボーナスやキャンペーンがほとんどない デメリットの2点は、いずれもトレーダーが支払う 取引コストを抑えるための施策です。 MyFXMarketsは、やなどをしています。 口座開設を迷っているトレーダーは、お得な期間に口座開設してください。 MyFXMarketsの取引環境や取引条件 海外FX業者 MyFXMarkets(マイFXマーケット)は、 2種類の口座タイプで取引環境や取引条件違います。 スタンダード口座• プロ口座 以前は、上記に加えて仮想通貨FX専用のクリプト口座(Crypto)がありました。 また、 MyFXMarketsの取り扱い銘柄は以下の通りです。 FX通貨ペア• 株価指数• 貴金属 — 金・銀• エネルギー — WTI原油、ブレント原油• 01 lots 0. 01 lots 最低スプレッド 0. 6 pips 0. また、自動売買のEA(エキスパートアドバイザー)の利用者のための無料VPSの提供もしてます。 MyFXMarketsの日本語公式サイトでご確認ください。 くりっく365で人気のエキゾチック通貨ペアも取り扱い MyFXMarkets(マイFXマーケット)は、くりっく365で取り扱いを開始して話題となっているトルコリラ円や南アランド円を取り扱う海外FX業者です。 トルコリラ(TRY)や南アランド(ZAR)は、エキゾチック通貨とよばれます。 エキゾチック通貨を含むマイナー通貨ペアのトレードは、スワップポイントが高いという理由で人気があります。 MyFXMarketsは、 くりっく365から最大400倍というハイレバレッジでありながらゼロカット対応のFX業者への乗り換えや、透明性の高いNDD方式の取引環境でもっと高効率な運用をお考えのトレーダーにぴったりの取引条件・取引環境です。 関連: MyFXMarketsはゼロカット対応だから、借金リスクゼロ — 追証なし 海外FX業者 MyFXMarkets(マイFXマーケット)は、 ゼロカット対応です。 ゼロカット対応とは、トレーダーのリスクが最大でも入金額を失うだけで済むというシステムです。 ゼロカット対応は、ゼロカットシステムや追証なしとも呼ばれます。 MyFXMarketsの利用規約内には、ゼロカット対応について以下のように一言だけ書かれています。 トレーダーのかわりに、MyFXMarketsが損失補填をしてくれます。 MyFXMarketsの取引口座で、残高を0円に戻る方法 海外FX業者 MyFXMarkets(マイFXマーケット)はゼロカット対応ですが、自動的にマイナス残高が0円に戻るわけではありません。 マイナス残高になった後、 追加入金前にMyFXMarketsのカスタマサポートへ マイナス残高のリセットおよび 追加入金の旨を伝える連絡を行ってください 仮想通貨 銘柄 レバレッジ コントラクトサイズ 最小取引量 最大取引量 ビットコイン BTCUSD 5倍 1 BTC 0. 01 BTC 10 BTC ビットコインキャッシュ BCHUSD 5倍 10 BCH 0. 1 BCH 100 BCH ライトコイン LTCUSD 5倍 100 LTC 1 LTC 1,000 LTC イーサリアム ETHUSD 5倍 10 ETH 0. 1 ETH 100 ETH リップル XRPUSD 5倍 10,000 XRP 100 XRP 100,000 XRP MyFXMarketsの仮想通貨FXの取引時間は、月曜日から金曜日までの平日のサーバータイムで午前0時5分から午後11時59分までです。 比較項目 スタンダード口座 プロ口座 1 最低入金額 2万円 5万円 2 最低スプレッド 0. 6 pips 0. まずは、最低入金額が2万円と 敷居の低いスタンダード口座から口座開設しましょう。 スタンダード口座では、レバレッジが100倍または200倍、400倍から選べます。 また、日本円口座が設定できますので、資金管理もしやすいです。 一番利用されるスタンダード口座を試してみて、取引手法に合わない時や設定変更の必要性を感じた時に 追加口座開設や レバレッジ変更をされるといいでしょう。 MyFXMarketsで1度口座開設後すると、いつでも別設定の追加口座開設やレバレッジ変更ができます。 MyFXMarketsは、MAM口座やPAMM口座も提供 海外FX業者 MyFXMarkets(マイFXマーケット)は、自動売買ができるMAM口座とPAMM口座も提供しています。 MAM口座とPAMM口座とは、運用者に投資を任せる口座タイプです。 トレーダーは投資家として、MAM口座とPAMM口座の運用者に従い入金をするだけで大丈夫です。 運用者のトレードでの獲得利益に応じた報酬の一部が、トレーダーの利益となります。 また、MAM口座とPAMM口座の違いは、トレーダーが投資家の取引口座に資金を預けるのか預けないかの差です。 トレーダーの入金先 MAM 投資家の取引口座 PAMM トレーダーの取引口座 MAM口座の場合、運用者のトレードが全て投資家のトレーダーにみられます。 そのため、比較的にPAMM口座のほうが人気が高く、利用者がおおい傾向ではあります。 MyFXMarketsのボーナスやキャンペーン MyFXMarkets(マイFXマーケット)は、ボーナスがすくない海外FX業者のため、狙いのトレーダーなどからは特に人気がありません。 MyFXMarketsが あまりボーナスやキャンペーンをしない理由は、 取引コストを少しでも押さえるためです。 取引コストとは、スプレッドと取引手数料のことです。 それでも、MyFXMarketsは期間限定で下記の様なボーナスやキャンペーンを実施してきました。 MyFXMarkets 2020年 お年玉キャンペーン!最大10,000円キャッシュバック! 海外FX業者 MyFXMarkets(マイFXマーケット)は、2020年1月に「お年玉キャンペーン!最大10,000円キャッシュバック!」を実施しました。 キャンペーンのタイプ キャッシュバック キャッシュバック額 5,000円または1万円 対象者 参加登録したトレーダーのみ 受け取り方法 10万円入金後、20ロットまたは50ロット以上のトレード キャッシュバックされるタイミング メール申請後、まもなく キャンペーンの期間 2020年1月2日 木曜日から2020年1月31日 金曜日まで 出金制限 出金すると参加取り消し 入金条件と取引条件クリアで、5,000円または1万円キャッシュバックがもらえました、 MyFXMarkets 最大5万円キャッシュバック — 公式サイトリニューアルキャンペーン 海外FX業者 MyFXMarkets(マイFXマーケット)は、2019年末まで最大5万円のキャッシュバックがもらえる公式サイトリニューアルキャンペーンを実施していました。 銀行送金手数料無料キャンペーン — bitwallet経由限定ボーナス• 他社から乗り換えキャンペーン — 口座開設ボーナス 5,000円• 任天堂スイッチやiPhone XRなど豪華賞品が当たる「旧正月くじ引きキャンペーン」• 口座開設キャンペーン「ニューイヤーボーナスキャンペーン2019」• 2019年お年玉キャンペーン — 最大1万円キャッシュバック• 先着2,000名のカムバックキャンペーン• 最大1,000ドルキャッシュバック!W杯キャンペーン• イングランドの成績で賞金が決まる「FIFAワールドカップキャンペーン」• 最大1万円キャッシュバックの期間限定「追加入金キャンペーン」• 最大10,000円GETのチャンス!お年玉キャンペーン など MyFXMarketsでは、不定期にキャッシュバックやリベート、入金ボーナスなどのキャンペーンを期間限定で行っています。 2019年始には1カ月間限定で自己資金ゼロ、入金不要で海外FXが始められる口座開設ボーナス(未入金ボーナス)も実施していました。 MyFXMarketsで口座開設する前に、最新のボーナス情報をぜひご確認ください。 MyFXMarketsの入金方法と出金方法 海外FX業者 MyFXMarkets(マイFXマーケット)は、原則、入金手数料も出金手数料も無料です。 MyFXMarketsの入出金は、オンラインウォレットと銀行送金、仮想通貨が基本です。 オンラインウォレット経由ならクレジットカードやデビットカードでも入金できます。 MyFXMarketsの入金方法 — 入金手数料や反映時間など 海外FX業者 MyFXMarkets(マイFXマーケット)の最新の入金方法は、以下の通りです。 下記の表は、MyFXMarkets(マイFXマーケット)の最新の各入金方法ごとに詳しい入金条件や入金手数料などをまとめた表です。 免責事項 みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。 あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。 みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。 みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。 ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。 投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

次の