アイシン カフェテリア プラン。 カフェテリアプランとは?導入から運用まで覚えておきたい10のこと

福利厚生 | リソルライフサポート株式会社

アイシン カフェテリア プラン

近年、「カフェテリアプラン」を導入する企業が増えてきています。 導入を検討されている企業のご担当者様の中には、「聞いたことはあるけど、具体的な内容は分からない」「活用してみたいが、イメージが湧かない」といった方も、いらっしゃるかと思います。 カフェテリアプランとは、 福利厚生サービスの1つで、企業に属する従業員のニーズに合ったメニューを提供することが可能な、 選択型の福利厚生サービスです。 カフェテリアプランは、従業員のライフスタイルや価値観が多様化してきている近年、 従業員の満足度を向上させるための対策として、おすすめの制度です。 本記事では、同サービスのメリットやデメリット、パッケージプランとの違い、導入方法などを分かりやすくご紹介します。 福利厚生制度の新しい選択肢の一つとして、是非、本記事をご参考にしていただければ幸いです。 カフェテリアプランとは? カフェテリアプランは、 選択型の福利厚生制度です。 一定期間ごとに企業側から従業員に対し、それぞれポイントが付与されます。 所有しているポイントを消費する形で、企業側が提示している様々な福利厚生メニューの中から好きなメニューを選択し、自由に利用することができます。 ちなみに、好きな食べ物や飲み物を、豊富なメニューの中から注文できる「カフェテリア」が制度名の由来となっています。 カスタマイズ性の高さが一番の特徴で、個々のニーズに柔軟に対応することができるため、従業員の生活を福利厚生の面から豊かにし、満足度を高めることが可能です。 従来の制度とは異なり、各自のニーズに合わせて自由に選択をしたい企業におすすめのフレキシブルなサービスです。 カフェテリアプランの歴史 カフェテリアプランは、元々1970年代にアメリカで生まれた制度です。 近年ではより幅広い意味で「フレキシブル・ベネフィット・プラン」と呼ばれています。 1970年に医療コスト上昇と従業員ニーズ多様化への対策として、一部のアメリカ企業で従業員に対し、福利厚生のフレックス制度を認めるという動きが現れ始めました。 そして1978年にアメリカの内国歳入法によって規定され、この頃から アメリカ国内で高騰する医療コストや従業員ニーズの多様化への対策として、一般的に普及しました。 一方日本国内では、法定福利費の上昇や従業員ニーズ多様化を背景に、1991年に設置された「企業厚生研究会」や、1993年に設置された「カフェテリアプラン研究会」などをきっかけに注目されるようになりました。 そして1995年には、国内初の日本型のカフェテリアプランが、ベネッセコーポレーションによって導入されました。 株式会社ベネッセコーポレーション公式サイトによると、同社の福利厚生制度は「セーフティネット」「個人自助努力の促進」「育児・介護支援」を視点に組み立てられ、従業員の自立を通じたライフプラン形成の支援、生活リスク対する備えや支援を行うことにより、働きやすい労働環境を提供することを目的としています。 同社の導入を皮切りに、多くの企業が検討するようになり、採用することとなった企業や地方自治体も年々増加しています。 近年の導入状況については、後ほど解説いたします。 カフェテリアプランとパッケージサービスの違い 福利厚生サービスには多様な種類がありますが、「 カフェテリアプラン」とよく間違われるサービスに、「 パッケージサービス」があります。 これらを間違えない為にも、きちんと確認しておくことが必要です。 カフェテリアプランは、企業に付与されたポイントを使用することで、自分の好きなメニューを選ぶことのできる、 選択型の福利厚生制度です。 各自のニーズに合ったメニューを好きに選び、自由に組み合わせることができます。 一方、 パッケージサービスは、企業側が定額制で従業員1人当たりの費用を支払い、従業員が予めパッケージ化されている提供サービスを自由に利用することのできる、 定額制の総合型福利厚生サービスです。 パッケージ化されているため、企業独自のサービスをメニューリストに含めることはできません。 ここでは双方にどのような違いがあるのか、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。 カフェテリアプラン メリット• 多彩なメニューを企業が自由にカスタマイズすることができるため、従業員の多様なニーズに対応し、満足度の向上の促進を図ることができる。 従業員が自らメニューを選択することで、従業員の自立性や自主性を高めることができる• ポイントを公平に贈呈することにより、従業員が福利厚生サービスを平等に受けることができ、格差を緩和・是正することができる• 従業員に対して一定のポイントを付与するため、福利厚生コストが管理しやすくなり、コスト抑制にも繋がる• 「福利厚生が充実している会社」としてアピールをすることができ、他の企業との差別化を図ることができる。 それによって、リクルーティング効果の強化や従業員の定着に繋げることができる デメリット• 従業員のニーズや環境に柔軟に対応し、システムを変化させていく必要がある ・企業によってはポイントを翌年度に持ち越しすることができないため、付与されたポイントを使いきれない可能性がある• サービスの内容によって課税されるもの、非課税のものが実在する ・ポイントは職階や勤続年数に応じ、多寡がある場合がある しかし、こういったデメリットのいくつかは、後ほどご紹介するアウトソーシング企業に委託することによって解決されます。 パッケージサービス メリット• 従業員1人当たりの月額定額料金が数百円から導入できる• 申請や利用による煩雑な業務が不要のため、福利厚生サービス担当者の業務削減や従業員の負担を軽減できる• 専門事業者による質の高い福利厚生サービスの担保 ・主にスタートアップ企業・ベンチャー企業が導入しやすい デメリット• 割引料金が予め設定されているため、決まったメニューしか利用できない• 「利用したいメニューがない」「同じメニューに飽きた」など、従業員のニーズとの不一致が生じる場合がある• 種類が多いサービスにおいては、なにを利用したら良いのかわかりづらい 双方の決定的な違いは、パッケージサービスでは、 福利厚生アウトソーシング企業が予め用意しているパッケージの中でしか選択肢がないのに対し、 カフェテリアプランは、 アウトソーシング企業が用意したメニューに加え、自社で既に導入しているサービスや企業独自の新サービスなどを組み合わせることができることです。 パッケージサービスには、企業毎に内容の異なるサービスが含まれていない為、例えば独身の人が「育児補助サービスを受けない代わりに、その分他のサービスを手厚く受ける」といったことはできません。 一方で、カフェテリアプランでは自社や従業員の環境や状況に合わせた最適なラインナップを構築することができます。 担当者なら覚えておきたい!カフェテリアプランの課税・非課税のルール カフェテリアプランのデメリットとして挙げられるのが、課税扱いとなるメニューや非課税扱いとなるメニューが混在していることです。 その為、「このメニューは課税対象にならなかったのに、このメニューは課税対象になってしまった」ということが起こり得ます。 こういった問題に対し、人事の間で疑問が生じることが多い為、この章ではなぜこのようなケースが発生するのか、その原因や対策について考えていきます。 ポイントを商品券のような換金性のあるものに交換した際、財務調査などで「給与を支給しているのと変わらない」と判断されてしまい、課税対象となってしまうことがあります。 例えば、普段の給料が30万円とし、商品券が1万円とした場合、30万円(給料)+1万円(商品券)の合計31万円に税金が課せられることになります。 しかし、それが必ずしも給与として課税されるかどうかは、従業員が利用したメニュー内容にもよって変わってきます。 上記のような換金性のある商品券やチケットの割安購入などは課税対象となりますが、人間ドッグの費用補助などは、従業員の健康増進の一環のサービスとして非課税と判断される場合もあります。 課税か非課税かについては、カフェテリアプラン導入時に企業が説明してくれるかと思いますが、説明がない場合は自ら確認し、メニューを選択することを推奨します。 カフェテリアプランを導入すべき理由 現在の日本の法定福利費は、年々上昇を続けています。 カフェテリアプランは、福利厚生にかかるコストや運営の管理がしやすいことから、 福利厚生制度の効率化を図り、コストの抑制効果をもたらすと言われています。 また、多様化しつつある従業員のライフスタイルやニーズに柔軟に対応することができるため、 従業員の生活を豊かにし、満足度を高めることが可能です。 更に従来のサービスの、自社内で提示した施策に対して従業員が受動的に享受する体制とは異なり、従業員が能動的に動くことができることから、従業員の自立性や自主性の向上などにも繋がると考えられています。 カフェテリアプランの現在の導入状況 近年、カフェテリアプランを導入する企業の数は、年々増加傾向にあります。 経団連が2018年に発表した「」によると、2002年にカフェテリアプランを導入している業者は回答した企業の内4. さらに、同調査によると、「運用費用などの面でスケールメリットを活かしやすい」等の理由から、従業員規模の多い企業が多く、1,000人規模の企業が9割以上を占めているそうです。 また、5,000を超える従業員を抱える企業の約半数がカフェテリアプランを採用していることが明らかになっています。 例えば、企業の規模別に、カフェテリアプランを導入している企業の一部を挙げると、 社員数10,000名〜• トヨタ自動車(名称:ウェルチョイス)• 日立製作所• 三菱東京UFJ銀行(名称:フレックスプラン)• 三菱電機(名称:セレクトプラン)• デンソー• アイシングループ• 株式会社日立製作所• NTTファイナンス株式会社(名称:NTTベネフィット・パッケージ) 社員数5,000名〜• 日本たばこ産業(名称:JTパーソナルビジョン)• 富士ゼロックス• オリンパス• 旭硝子(名称:マイストーリー)• TOTO 社員数1,000名〜• アサヒビール• ジェイシービー• テレビ朝日• ジェイアール東日本情報システム 社員数〜1,000名• ボストン・サイエンティフィック・ジャパン(名称:フレックスプラン)• フィリップスエレクトロニクスジャパン(名称:PhiliFlex)• デンソーエアクール• ベネフィット・ワン• 株式会社ビデオリサーチ(名称:VRカフェ) など、幅広い規模の企業が導入しています。 また、運営管理にあたって、多くの企業がアウトソーシング企業を活用しています。 アウトソーシング企業に外部委託する場合、代行企業が企業の代わりに福利厚生制度の管理を行います。 そして、その利用データを元に企業側にフィードバックし、改善提案などをします。 第三者の視点が入ることによって円滑に運営を進めることができます。 また、従業員が企業担当者を介さずにサービスを利用できるため、導入後の事務作業なども殆ど必要がありません。 よって、 福利厚生サービスを外部委託することにより、企業側だけではなく従業員の負担も減らすことができます。 カフェテリアプランの主要メニュー カフェテリアプランで提供されるメニューは、企業ごとに異なります。 企業には幅広い年齢層や様々な家族構成、新卒から役員まで、それぞれ個性の違う従業員が属している中で、従来の福利厚生サービスは平等性が確保されていません。 例えば「育児補助サービス」は子育てに縁がない方にとっては必要のないサービスです。 また、比較的時間に余裕のある従業員が頻繁に利用しているサービスでも、従業員によっては忙しくて利用できないといったことも起こり得ます。 そのような従業員からすると、自分だけがサービスを受けられないことに対し、不平不満を感じることもあるかと思います。 しかしカフェテリアプランなら、多彩なメニューの中から各自で好きなメニューを選ぶことができるため、若手、子育て世代、中堅、シニア層まで幅広いニーズに応えることができるのです。 その中でも多く利用されているメニューは、育児、介護、健康増進、余暇支援、自己啓発、財産形成、住宅補助に分類されます。 例えばタイプ別に分けると、メニューにはこういったものがあります。 育児・介護・ライフケア• 育児費用補助• 育児用品補助• 介護サービス利用補助• 介護施設利用補助• 介護用品補助 など 健康増進・医療• 人間ドック費用補助• 歯科治療費用補助• 予防接種補助• メンタルヘルス利用補助• 医療費補助• スポーツクラブ利用補助 など 自己啓発• クラブ活動支援• 資格取得補助• 各種スクール補助• IT機器購入費補助 など レジャー• 旅行費用補助• 宿泊費用補助• 映画鑑賞補助• ゴルフ施設利用補助• レジャー施設利用補助• リラクゼーション施設の利用補助 など 会社生活• 食券購入補助• 昼食補助• 社内クラブ活動支援• 自社製品購入補助• ボランティア活動補助 など 財産形成• 生命保険料補助• 損害保険料補助• 持株会補助• FP情報関連セミナー費用補助• FP相談費用補助 など 住宅• 家賃補助• 社宅使用料補助• 住宅ローン補助• 引っ越し費用補助 など つまり、自分のニーズに合わせてメニューを選択し、所持ポイントの中で自由に組み合わせることができるのです。 カフェテリアプランを運用する上でのオペレーション工数 気になるオペレーション工数ですが、自社で運用するか、アウトソーシング企業に外注するかによって、かかる工数が変わってきます。 外注すれば、課税対象が一覧作成されるため、そのまま提出することができますが、自社で運用する場合は、従業員から領収書を受け取り、個人で課税処理をするための手続きをしなければいけません。 その上、従業員の使用ポイントや残ポイントの管理、使用したメニューの把握など、従業員の数が多ければ多くなるほど、管理が大変になります。 自社運営において、企業がしなくてはならない工程:• 人員データの作成(基本毎月1回)• 各種媒体の配布• 申請書の集約・送付(毎月1回)• 申請不備の送付(毎月1回)• 支給データの取り組み 等 この5工程に加え、従業員は「ポイントの申請」「残ポイントの確認」「申請状況の確認」などをする必要があります。 外注した場合、アウトソーシング企業が「残ポイントに関する回答」や「カフェテリアプラン制度の各種説明」などの各種対応、事前に設定されたルールに基づいた「申請書の内容精査」、「申請不備対応」、「申請情報のシステム入力」、「フィードバックデータの作成」などの運営管理を行ってくれるため、手間を大幅に省くことができます。 主要アウトソーシング企業5社と料金プランを比較 参考までに、主要なアウトソーシング企業4社の概要と料金プラン、それぞれの企業のおすすめポイントを下記に載せておきます。 エイベックスグループ• 伊藤ハムグループ• パナソニック株式会社• サントリーホールディングス株式会社• 小林製薬株式会社• JA(農業協同組合)• 味の素株式会社• 三井住友信託銀行株式会社• 三井ダイレクト損害保険株式会社• ビックカメラ健康保険組合• 出光興産株式会社• アフラック• オール富士ゼロックス• リンナイ株式会社• 加賀電子株式会社• ダイドードリンコ株式会社• 日本たばこ産業株式会社• 大日本住友製薬株式会社• 株式会社竹中工務店 等 実際にカフェテリアプランを導入するためのフロー 導入をしようと思っていても、すぐに移行できるわけではなく、様々な手続きや準備をすることが必要です。 工程としては、 1. ポイント原資の調達 2. カフェテリアプランのメニュー設計 3. 事務運用フロー設計 4. ポイント管理システムテスト 5. 従業員向けの説明会 などが必要となります。 尚、カフェテリアプランを導入するにあたって、自社で運営を行うか、アウトソーシング企業に委託するかによって、準備期間が大きく異なってきます。 アウトソーシング企業に委託する場合は、最短6ヶ月程度。 自社で運営する場合は、ポイント管理などのシステム構築が必要であることやカフェテリアプランメニュー設計のノウハウが社内にないことなどから、1年弱の準備期間が必要だとされています。 アウトソーシングに委託するには 福利厚生アウトソーシング企業のサービスを利用する場合は、既存制度の利用状況の分析や、定期チェックなどを事前に行い、改定していく必要があります。 導入する手順は、このような流れになります。 福利厚生サービスのアウトソーシング企業に見積もりを依頼 2. 企業が定めている福利厚生サービスについて利用状況を分析 3. 分析結果、アウトソーシング企業の過去のコンサルティング実績を元に、課題を抽出。 既存の福利厚生サービスの整合性をとり、カフェテリアプランの原資を確保 4. その提案を元にカフェテリアプランの制度を設計 5. 双方でプランを構築したのちに運用を開始 6. 利用状況を定期確認し、適宜修正や翌年度に向けての制度改定 このような流れで自社や、従業員のニーズに合ったカフェテリアプランを運用・設計していきます。 カフェテリアプランは運用したら終わりではなく、重要なのは定期的に利用状況をチェックし、不要なメニューを減らすなどの適宜修正をし、従業員の満足度を確保できるよう都度最適化することです。 こういった企業や従業員のニーズに合ったサービスを運用していくサポートをしてくれるのも、福利厚生アウトソーシング企業の役目と言えます。 まとめ 今回はカフェテリアプラン制度を導入するにあたっての基礎知識を中心に、ご紹介させていただきました。 福利厚生制度は従業員の為にあり、使われてこそ意味があります。 また、一部の従業員にしか需要がないメニューがあることは、従業員の満足度においてもマイナスになりかねません。 新たな福利厚生制度の導入をお考えの企業ご担当者様は、この機会に、カフェテリアプランの導入も、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。 働き方改革の中で大きなポイントでもある「従業員満足度向上」は、 従業員の生産性向上を実現する重要な指標の一つとなります。 やりがいや成長が実感できる働き方を通じて ・従業員の充実した生活 ・より良い人生のサポート を実現していくことが今後より一層求められていくでしょう。 そこでおすすめなのが カフェテリアプランです。 カフェテリアプランは、企業が従業員に対し独自でルール・付与ポイント数・利用できるメニューを決めることができるため、 自社の従業員の特徴や自社制度に応じて柔軟に対応することが可能です。 また、例えば従業員に健康支援メニューを多く利用してほしい場合、予防接種補助のポイントレートをあげる、といったポイント設定ルールにて調整が可能なため、福利厚生サービスに対する目的を企業からのメッセージとして反映することが可能です。 ・より一層充実した福利厚生を従業員に提供したい ・既存の福利厚生サービスの利用をもう一段階あげていきたい ・自社独自の福利厚生としてメッセージ性をもって提供したい 上記に当てはまる方は、ぜひこの機会にご検討ください。

次の

【就活】カフェテリアプランとは?|使いにくい福利厚生

アイシン カフェテリア プラン

カフェテリアプランとは カフェテリアプランとは、数あるサービスのうち、勤続年数や職能資格に応じて付与されるポイントの分だけ、 好きな福利厚生を選んで受給できる 福利厚生 制度のひとつです。 福利厚生の中には持株会や宿泊施設利用権などがありますが、必ずしも使いたい制度ばかりとは限りません。 使わない福利厚生もたくさんあるわけです。 どうでもいい福利厚生ばかりだとがっかりしますよね。 しかし、 カフェテリアプランなら自分で利用する福利厚生を選べるのです。 例えばNTT東日本のカフェテリアプランでは、育児支援サービス、教育融資、食事補助、リゾート施設利用、 フィットネス施設利用、独身寮、住宅補助、財形貯蓄などがあります。 「もっとリゾート施設を使いたい。 使わない育児支援サービスや教育融資の分をリゾート施設利用権に変えられたらいいのに・・・」 という悩みを解決してくれるのが カフェテリアプランなのです。 社員には勤続年数や職能資格によって ポイントが付与されます。 カフェテリアプランの福利厚生にはそれぞれポイントが設定されており、 自分の持っているポイントの限り、好きな福利厚生を選んで利用することができるのです。 JRやNTT、JTなど、 旧国営企業はカフェテリアプランを採用していることが多いです。 というのも「儲かっているので給料を出したいけど、国営企業なので給料を高くできない」 ために福利厚生という現物支給をせざるを得なかった名残であると考えられます。 しかし、 カフェテリアプランは、決して素晴らしいものではありません。 激安アウトソーシングに過ぎない カフェテリアプランは アウトソーシングで、福利厚生企業が福利厚生を 代行しているサービスであることがほとんどです。 カフェテリアプランは数多くの種類の福利厚生をそろえなければなりません。 社内に利用者が1人だけであっても、福利厚生を定めている以上は使わせてあげなければなりません。 20種類も30種類もの福利厚生を、企業1社で実行できるわけがないのです。 あまりにも効率が悪すぎます。 宿泊施設利用権なら、1人のために宿泊施設を手配するより、 10人20人の宿泊施設を同時に予約したほうが安くなるはずです。 そこで、 福利厚生企業を使います。 企業は福利厚生企業に 業務委託料を支払い、 自社の社員に カフェテリアプランを提供してもらいます。 カフェテリアプランは、福利厚生のアウトソーシングなのです。 福利厚生企業はたくさんの会社にカフェテリアプランを提供することにより、 福利厚生のまとめ買いができるのです。 これにより1人あたりの福利厚生費を安く抑え、 利益を出しています。 さて、 カフェテリアプランの アウトソーシングの業務委託料はいくらなのでしょうか。 実は 1人あたり月額1000円が相場です。 カラオケ割引だったり、レストランクーポン券だったり、宿泊施設利用権だったり、 カフェテリアプランの福利厚生は多種多様です。 大変魅力的な名前の福利厚生が多いです。 それでもたった1000円なのです。 以下は、代表的なカフェテリアプランの「企業向け」料金表です。 550~1000円/社員1人 600円/社員1人 350~800円/社員1人 カフェテリアプランは使いにくい 安いものには必ず裏があります。 さて、1人あたりたった1000円しかかからないカフェテリアプランには、どんな罠が含まれているのでしょうか。 カフェテリアプランのクーポンや割引チケットは、 直接会員登録したほうがお得な場合が多いのです。 さらに、カフェテリアプランはポイント制ですので、 独身寮や家賃補助をもらうとポイントが残らないだとか、 勤続年数が短い間は ポイントが足りないという問題があるのです。 遊びたい盛の20代ではほとんどカフェテリアプランが利用できず、落ち着いてきた30代、40代になって初めて、 いろんな福利厚生を受けることができるようになるのです。 つまりは 使えないわけです。 「生命保険」と同じシステムで、「使わない人」が多いからこそ、 使う人が大きなメリットを享受できるのです。 しかし、「使う人」というのは勤続年数が長く、休みが取れて、年の割に元気な人です。 カフェテリアプランの福利厚生は種類が多いですから、その数ある福利厚生に惑わされて、 他の福利厚生を見落としてしまうこともあります。 カフェテリアプランとは別に、家賃手当や独身寮の制度があるかは必ず確認しましょう。 カフェテリアプランを導入している企業 カフェテリアプランを 導入している 企業は多いです。 ここではカフェテリアプランを導入している企業を紹介します。 NTTグループ• JR東日本• 大阪ガス• みずほ銀行• 商工中金• アイシン• JTB• トヨタ自動車• マツダ• 三菱電機• 富士フイルム• 新日鉄住金• 神戸製鋼• 資生堂• 野村不動産• 全日空• ソフトバンク• 中部電力• JR東海• 三井住友銀行• 三菱東京UFJ銀行• 三井住友カード• 日立製作所• 三菱商事• リコー• パナソニック• 東京海上日動 カフェテリアプランを提供している福利厚生会社は主に、 リロクラブ、 ベネフィット・ワン、 JTBベネフィットです。 あなたの志望する会社のカフェテリアプランはどの福利厚生代行業者のカフェテリアプランなのでしょうか。 説明会やリクルーターなどで社員を捕まえて聞いてみましょう。 もっと大事な福利厚生がある 本当に「福利厚生の良い会社」とは、どのようなものでしょうか。 就活をしているとカフェテリアプランが魅力的に見えますが、 実はカフェテリアプランは福利厚生のうち大事ではありません。 福利厚生で重要なものは、 独身寮や 家賃補助です。 昼食補助やリフレッシュ休暇など、 現金あるいは 時間が手に入る福利厚生こそ、重視すべき福利厚生です。 また景気が上向きの時や、会社が絶対に伸びると思った時は、 持株会のある会社が良いでしょう。 持株会は単に株を買うだけでなく、 奨励金が支給され、出した分より余分に株を買える制度である場合が多いです。 たしかに旅行に行くときにカフェテリアプランの宿泊施設利用券が使えたらうれしいですが、 家賃や昼食代を犠牲にするほどのメリットではありません。 カフェテリアプランに踊らされずに、本当に必要な福利厚生を見直してみましょう。 法人向けのビジネスは消費者向けの 20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。 ですが「 」なら、 知らなかった優良企業が 向こうからあなたを探し出してくれます。 プロフィールを充実させていくと マッチング精度がどんどん上がっていき、 「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時には いきなり最終面接のお誘いすら来ます。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。 BtoBの隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業ともマッチングします。 すでに 2021卒・ 2022卒の募集も開始しています。 また、100万人の診断結果をもとにした「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。 「実はもう内定あるんだよね」内定直結の就活サービス 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「 もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。 「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活サービスがあります。 それが「 」です。 キャリアチケットは 内定率139%を誇り、 「あなたの性格」を プロ目線で分析し、 最短3日で「あなたに合った会社」の内定が獲得できてしまいます。 つまり、登録すれば 内定がほぼ確定というわけです。 就活生は完全無料でしかも厚労省が「優良事業者」と認定していて、年間 1万人も利用しています。 毎年卒業ギリギリまで募集しており、 21卒も2020年7月でもまだ間に合います。 志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1) あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。 自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。 そこで 先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。 「」では、歴代就活生の合格エントリーシートを 無料ダウンロードできます。 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで 3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう。 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事も すべて無料で読むことができます。 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。 志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2) 「」では 50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。 「 ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する 限定イベントも開催されます。 ワンキャリアは 月間60万人の就活生が利用しています。 また内定後もがもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。 先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

次の

【就活】カフェテリアプランとは?|使いにくい福利厚生

アイシン カフェテリア プラン

カフェテリアプランとは? カフェテリアプランとは、選択型福利厚生制度のことを言います。 分かりやすくいうと、カフェのメニューのように福利厚生を選べる仕組みですね。 例えばカフェのメニューは飲み物や料理など好きなものが選べますよね。 同様に、カフェテリアプランも、従業員が自分に合った福利厚生を選択できるサービスです。 カフェテリアプランのポイントについて(使い道など) カフェテリアプランに加入している企業の従業員は、ポイントを付与されます。 ポイントには1年間などの有効期限があり、カフェテリアプランのメニューを選択することでポイントを消費し、福利厚生を利用することができますよ。 カフェテリアプランを導入するメリット 企業がカフェテリアプランを導入するメリットには、以下の2つがあります。 従業員の多様な嗜好に応えることができる 既存の福利厚生では従業員の多様な嗜好に応えきれにくいですよね。 せっかくの福利厚生制度も、従業員の嗜好に合わないと、利用しないことも考えられます。 カフェテリアプランなら従業員が選択できるので、好みに応じて利用してもらうことができるんです。 また、男性中心だった時代と違い、ダイバーシティインクルージョンの観点から、社内には女性・シニア・外国人など多様な人材が働いています。 そういった多様な人材の嗜好に合わせるためにも、カフェテリアプランを導入するメリットはあると思います。 福利厚生にかかるコストをコントロールできる カフェテリアプランを導入すれば、費用を一括管理できます。 それにより福利厚生にかかるコストをコントロールできるメリットがあります。 カフェテリアプランを導入するデメリット 反対にカフェテリアプランを導入する時のデメリットには、導入時の調整が面倒という点があります。 既に福利厚生制度がある場合、新たにカフェテリアプランを導入することで、既存の福利厚生制度を廃止したり存続させたりといった、意思決定に時間がかかる部分が出てくる可能性があります。 ベネフィット・ワンが提供するカフェテリアプラン ベネフィット・ワンは、カフェテリアプランの代表的企業。 ベネフィット・ワンのカフェテリアプランを紹介しましょう。 導入までの流れ ベネフィット・ワンのカフェテリアプランを導入するまでの流れは次の通りです。 現状の福利厚生制度のヒアリング ベネフィット・ワンでは、カフェテリアプランを導入するために企業へのコンサルティングを行います。 現状の福利厚生制度をヒアリングした上でベストなカフェテリアプランを提供します。 課題がある場合は、課題を抽出しそれに対するソリューションを提供していきます。 カフェテリアプランの制度設計 ベネフィット・ワンには業務設計コンサルタントという専門職がおり、カフェテリアプランの制度設計を実行します。 既存のプランを単にあてはめるだけではなく、企業の実情に沿った制度設計となります。 制度設計に納得したらいよいよカフェテリアプランの運用です。 運用とフォロー体制 運用後、企業担当が1名つきますので分からないことを聞く体制が整っています。 また、運用後に改善点が生じる場合もあると思います。 そういう時に備えて、ベネフィット・ワンでは次の年度に制度を改正できるようなフォロー体制があります。 運用したらそれっきりにならないところが、ベネフィット・ワンの強みですね。 カフェテリアプランのメニュー例について ベネフィット・ワンのカフェテリアプランのメニューには、次のようなものがあります。 ・人間ドック費用補助 ・脳ドック費用補助 ・メンタルヘルス利用補助 ・スポーツクラブ利用補助 ・資格取得補助 ・旅行・宿泊費用補助 ・クラブ活動補助 必要な費用について ベネフィット・ワンのカフェテリアプラン運用後にかかる費用は、主として、ポイント利用額および管理費用がかかります。 カフェテリアプラン導入企業の内容について 続いてはカフェテリアプラン導入企業の事例を紹介します。 事例から具体的なイメージを掴んで下さい。 NTT NTTのカフェテリアプランでは、人間ドック・オプション検査受診補助などの健康増進、社宅・住宅補助費・住宅ローンの利子補給・住宅ローン返済補助などの住宅関係、確定拠出年金奨励金などの財産形成といったメニューを設けています。 日立 日立製作所のカフェテリアプランでは、人間ドック・入院差額ベッド代補助などの健康増進、健康保険施設利用補助・レジャー施設利用補助・スポーツクラブ利用補助などのリフレッシュ、住宅ローン返済補助・引越サービス利用補助などの住宅関係、ファイナンシャルプラン相談などの財産形成といったメニューを設けています。 トヨタ トヨタ自動車のカフェテリアプランでは、健康増進、財産形成、介護などのメニューがあります。 コアメニュー、セレクトメニューを設けており、それぞれのメニューのジャンルは健康増進、財産形成などと共通していますが、具体的な内容が異なっています。 アイシン アイシンのカフェテリアプランでは、ドック利用補助・がん検診利用補助・メンタル相談補助などの健康増進、旅行費用補助・保養所利用補助などのリフレッシュ、アイシングループ製品の購入補助などのメニューをそろえています。 株式会社 小松製作所 小松製作所のカフェテリアプランでは、一般的な健康増進、住宅関係などのメニューの他、育児支援サービスというメニューを設けています。 ワークライフバランスを視野に入れた内容ですね。 福利厚生アウトソーシングサービス カフェテリアプランを導入するとなると、なかなか自社でまかなうのは大変です。 そこで福利厚生アウトソーシングサービスを行っている会社に外注することもできます。 前述のベネフィット・ワンの他に、代表的な4社を紹介します。 JTBベネフィット JTBベネフィット株式会社は、えらべる倶楽部というアウトソーシングサービスを運営しています。 社名から分かりますが、旅行会社JTBの完全子会社です。 導入企業として、出光興産、日本航空共済会などがあります。 リロクラブ 株式会社リロクラブは、福利厚生倶楽部というアウトソーシングサービスを運営しています。 実はリロクラブ、日本初の福利厚生アウトソーシングサービス会社なんです!パイオニアですね。 導入企業として、ジュピターテレコム、積水化学工業などの企業があります。 ライフサポートクラブ リソルライフサポート株式会社は、ライフサポートクラブというアウトソーシングサービスを運営。 導入企業として、リンナイ、富士通ゼネラル健康保険組合などがあります。 イーウェル 株式会社イーウェルは、東急不動産グループに属する会社。 WELBOXというアウトソーシングサービスを運営しています。 導入企業として、東急グループがあります。 福利厚生を充実させるためのヒント 福利厚生を充実させたいと考える福利厚生担当者のために、アウトソーシングサービスを選ぶ際のポイント、活用事例などを解説します。 福利厚生を今よりもっと良いものにするためのヒントになれば幸いです。 アウトソーシングサービスを選ぶ際のポイント 福利厚生アウトソーシングサービスを選ぶ際のポイントは、以下の3つが挙げられます。 従業員が喜べるメニューがあるか 福利厚生の目的は従業員のリフレッシュ、リテンション(雇用の維持)などにあります。 したがって、自社の従業員から喜ばれないようなメニューしかない福利厚生アウトソーシングサービスでは、採用する価値がありません。 福利厚生の担当者から見て、「これなら私も使ってみたい」と思えるようなメニューが充実しているサービスを選びましょう。 サポート体制が充実しているか ベネフィット・ワンの項目でも説明しましたが、福利厚生アウトソーシングサービスを導入した後の運用面でサポートがあるかどうかは重要です。 福利厚生の担当者としても、福利厚生のアウトソーシングサービスを使うのは初めてかもしれません。 勝手が分からない場合は直ぐに聞けたり、改善点が見受けられた場合はソリューションを提供してくれたりするなど、きめ細かなサポート体制があることは、選ぶための大切なポイントになりますね。 導入実績が豊富か 有名企業が使っているから良いとは、一概にはいえませんが、導入実績があればあるほどメニューが充実していることの証左になります。 アウトソーシングサービスを活用した事例 福利厚生アウトソーシングサービスと聞くと、大企業向けなんじゃないかと思われるかもしれません。 カフェテリアプランの事例でもトヨタ自動車をはじめ、大手企業の事例を出しました。 しかし実は、従業員の規模にかかわらず活用して頂けます。 例えば、女性従業員に活躍して欲しい中小企業であれば、ベビーシッター補助・育児支援などのサービスを導入します。 そうすると、女性従業員の中には、「当社は規模こそ小さいけれど、ちゃんと私たちのことを考えてくれているんだな」と思って頂けます。 福利厚生を充実化することで、企業の思いをカタチにすることができるんですね。 まとめ カフェテリアプランを中心に、福利厚生アウトソーシングサービスについて概要を解説してきました。 福利厚生はついつい後回しにされがちですが、従業員にリフレッシュしてもらったり、雇用の維持に繋がったりすることもあります。 従業員の目線に立って、こんなサービスがあったら活用したいというイメージを持って頂くと、どうすれば福利厚生を充実化できるかが分かってくると思います。

次の