動画 に 音楽 を つける iphone。 iPhoneの【iMovie】なら超簡単に動画作成できる!自作BGMも使える

誰でも簡単にできる!iMovieで動画に音楽をつける方法

動画 に 音楽 を つける iphone

Twitter、FacebookやInstagramなどのSNSに投稿された人気動画を見ると、高品質な音楽が流れてユニークな雰囲気を持つタイプが多いでしょう。 スタイルに合うBGMを探して動画につけることは、動画の魅力を引き出して再生回数を増やすポイントとも言えます。 では、どうやって動画に音楽をつけますか? 関連記事: 本記事は動画に音楽をつける方法に詳しくない方のために、簡単に動画にBGMを追加することが可能なソフトやアプリをまとめました。 動画に音楽を入れるツールを探している方は、ぜひ下記の内容を参考にしてください。 一、「PawEditor」で動画に音楽を入れる まずは専門的な動画編集ソフト 「」で動画に音楽をつけるやり方を紹介します。 「PawEditor」は豊富な音声エフェクト効果を持ちますので、適切なBGMを動画に追加した後、タイムライン上の音楽素材にエフェクトをつけて微調整することも可能です。 まずは 「PawEditor」の無料体験版をダウンロードしてください。 「PawEditor」をPCにインストールした後、次の操作に従います。 ステップ1、ソフトを起動して素材を入れる 「PawEditor」を起動した後、動画編集・作成のためには新規プロジェクトを作成する必要があります。 プロジェクトを作ったら、「PawEditor」に動画や音楽などの素材をインポートして、動画編集作業を始めます。 ステップ2、動画・音楽素材をタイムラインに追加 対象の音楽・動画素材をライブラリに追加した後、素材をライブラリから下部のトラックにドラッグします。 そして、動画にBGMを付けたい場合、BGMを動画の位置に合わせて並ぶことも重要です。 ステップ3、音声分離 元の動画音声には雑音や騒音が多い場合、もっと素敵なBGMを動画につける同時に、元の音声を動画から分離して消去することもあります。 タイムライン上の動画素材を右クリックして 「音声を分離」を押せば元の音声が分離されます。 次には 「削除」機能で元の音声を削除しましょう。 ステップ4、BGMへの編集 ただ音楽を動画に入れるだけでは足りないと考える場合、「PawEditor」の強力な編集機能を通じては音楽を分割したり音声エフェクトをかけたりすることができます。 ステップ5、音楽をつけた動画を出力 「PawEditor」の再生ウィンドウでBGMを付けた動画をプレビューしてください。 編集が完成したら、ビデオを出力して再生してみましょう。 頂部の 「エクスポート」ボタンを押してください。 これでプロジェクト出力画面が表示されます。 出力動画の名前・形式・サイズなどを設定した後、動画を指定した保存先にエクスポートできます。 編集済み動画の出力設定の詳細については を参考にしてください。 「PawEditor」は動画に音楽をつけるほかに様々な動画編集機能も搭載しています。 今すぐソフトの無料体験版を試用して、専門的な動画編集作業を体験してはどうですか? 二、動画に音楽を入れるアプリお勧め ここでは動画に音楽を入れる機能を持つ便利なiPhone・Androidスマホアプリについて紹介します。 1、VivaVideo 豊富な機能を持ちますが複雑な操作は必要ない有名な動画編集アプリとして、VivaVideoは数多くのユーザーに愛用されています。 音楽を動画に入れる機能は言うまでもなく搭載しています。 そのほか、音楽ライブラリの中には日本向けのフリーBGMと効果音の素材がいっぱりありますので動画に合うBGMを選ぶ悩みもなくなり、無料音楽素材を探している人にはお勧めします。 【 】【 】 2、InShot 動画編集アプリの中には操作が一番簡単とも言えます。 InShotはInstagram投稿に特化するアプリですが、FacebookやYouTubeなどのサイトへの動画投稿にも対応します。 音楽素材を使ってBGM付きの動画を作成できるし、追加したBGMの音量調整も可能です。 動画編集アプリの分かりやすさを重視する方にはお勧めします。 【 】【 】 3、VideoShow VideoShowは同じく音楽素材機能と音量調節機能を持つ同時に、BGMを流す再生位置を変更して、動画のサウンドをMP3ファイルにして音声だけ抽出する機能があります。 複数の音楽を動画に入れて、途中でBGMを変更させることも可能です。 特別な機能で動画のBGMを編集したい方には推奨します。 【 】【 】 4、MixChannel 有名な動画共有・ライブ配信アプリとして動画作成・編集には便利です。 作成した動画に音楽をつけるか自分の音を録音してアフレコ動画にすることができるし、音楽を設定してから動画を作る機能もあります。 音楽を選択した後、動画や画像素材を追加して、長さが決まっているビデオを作成できます。 特に音楽に合わせて歌詞を表示する場合には役に立つでしょう。 【 】【 】 5、Magisto 動画に音楽をつけたいが音楽素材を探して動画を編集する暇がありません。 それなら動画を自動的に編集する機能を持つアプリを使ってみてはどうですか?動画と写真をアプリに入れて、編集スタイルを選び、推奨BGMを試聴した後、Magistoを通じては忙しい人でも手軽に自分のムービーを作成できます。 【 】【 】 多種多様な動画編集ツールを活用! 印象的な動画を作るためにはテーマとスタイルにぴったり合うBGMが重要です。 上記に紹介された動画編集ツールは動画編集の初心者でも安心に利用できますので、お気に入りのツールを選んで、各動画編集ソフト・アプリの音声エフェクトと音楽素材を活用して素敵な動画を作ってみましょう。

次の

【iPhone版】iMovieで、音声を消す、大きくする、音楽をつける方法

動画 に 音楽 を つける iphone

=====================• iMovieの音楽もダウンロードできる(結構ある)• 撮影した 動画の『音声と画像』を簡単に『切り離せる』• 音楽・音声のピッチを変えずに速度を変更できる• 時間制限なしっぽい• タイトルやテキストも簡単に付けられる (しかもバリエーションあるし動きもいい感じ)• エフェクトも充実• プロジェクトをMacに転送して、Mac用のiMovieで仕上げも可能• ただし、このアプリは 699 MBあるので、容量の小さい端末だと動かない!?重い!?ってなるかも笑 *トータルすると、今回色々たくさんのアプリで試してみましたが、 iMovieが一番使いやすく、その上機能的にも一番自由に思う。 PCでプロ並みの編集をしたい場合にはまた別かと思いますが、 スマホアプリで簡単に完結する範囲での自由度・わかりやすさ・カスタマイズ性としては他のと比べても秀でてる使い勝手の良さ。 やりたい内容によっても変わってくるとは思いますが…. 写真・動画・音楽 もちろんスマホ内のストックしてあるものからもOK• 文字で編集できる• カテゴリー• 144• 112• 136• 114• カテゴリー• 144• 112• 136• 114•

次の

好きな音楽で動画を作る!音楽を動画に入れる方法及びおすすめアプリ

動画 に 音楽 を つける iphone

iPhoneで毎日たくさんのビデオを撮っている方が多くいると思います。 撮影した動画にBGMを入れて編集するのはいかがでしょうか。 動画に音楽をつけるだけ、素敵なムービーのような動画になれます。 では、iPhoneで動画に音楽を入れる方法はご存じでしょうか。 この記事では、 iPhone用の動画に音楽をつける方法及びアプリをご紹介します。 こちらはiPhoneやiPad、Macなどのアップル製品にプリインストールされた無料の動画編集アプリです。 BGMを動画に入れられる以外に、、、テキスト、フィルターなどの便利な機能もありますので、一押しのチョイスです。 下記の手順に従い、iMovieで動画に音楽を追加します。 1.動画をインポートします。 iMovieを開いて、「+」をタップします。 「ムービー」をタップします。 音楽をつける動画をタップして選定してから「ムービーを作成」をタップします。 2.元のBGMを削除する。 タイムラインの動画をタップして選定してから「切り離す」をタップします。 するともとのBGMがビデオから切り離され、「削除」をタップして、BGMが削除されます。 3.動画に音楽をつけます。 「+」をタップします。 入れたい音楽をタップすると、自動的に再生されます。 右側の「+」をタップすれば、選定した曲が動画に追加されます。 必要があれば、動画と音楽をトリミングしたり、テキストとフィルターを追加したりなどの編集もできます。 4.BGM入りの動画を出力します。 「完了」をタップして、プロジェクトを保存します。 画面下部の中央にあるボタンをタップします。 「ビデオを保存」をタップして、音楽が追加された動画をカメラロールに書き出します。 こちらはiPhoneでもAndroidスマホでも利用できる動画に音楽をつける無料アプリです。 基本的な動画編集機能が揃われている上に、可愛いステッカーやミュージック、エフェクトなどのオンライン素材も豊富に提供されています。 iPhoneでInShotを使って動画に音楽をつける方法も簡単です。 以下はInShotを利用して、iPhoneで動画にBGMを入れる方法です。 1.InShotを端末にインストールします。 下記のボタンをクリックして、InShotをダウンロード&インストールします。 2.動画ファイルを読み込みます。 3.音楽を動画に追加します。 「音楽」アイコンをタップします。 「曲」をタップして、ミュージックライブライまたは「iTunes」から好きな曲を選んで、動画に用いることができます。 「エフェクト」をタップして、動画に音声エフェクトを追加することができます。 「録音」をタップして、動画にアフレコなどの録音を入れることができます。 動画ファイルをタップして、音量を一番左へスライドして、元のBGMを消します。 4.音楽が追加された動画を書き出します。 編集画面で右上のアイコンをタップして、「保存」をタップすれば音楽が入れられた動画は端末に保存されます。 ワンクリックで、InstagramやFacebookなどのSNSにシェアすることもできます。 初心者向けのアプリなので、動画編集に経験のない方でも簡単に動画に音楽をつけることができます。 完全無料なので、1080p画質で透かしなしの動画を出力することもできます。 BeeCutを使って、iPhoneで動画に音楽を挿入する方法は以下ご参考ください。 1.BeeCutをスマホに入れますします。 下記のボタンをクリックして、BeeCutをアプリストアからダウンロードして、iPhoneに入れます。 2.ビデオファイルをインポートします。 アプリを立ち上げて、「ビデオをインポート」をタップします。 ビデオを選択して、「次へ」をタップして、アスペクトを選んだら、「確定」をタップします。 3.ミュージックを動画に追加します。 ツールバーの「ミュージック」をタップして、「追加」をタップします。 「録音」をタップする場合、動画に録音を追加することができます。 iTunesの曲が一覧表示されるので、タップして、「使用」ボタンで動画に追加されます。 タイムラインの動画ファイルをタップして、ツールバーの音量をタップして、元のBGMを消します。 4.動画を出力します。 右上の「出力」をタップして、画質を選んで、BGMが挿入された動画をカメラロールに保存します。 まとめ 以上はiPhoneで動画に音楽を入れる方法及び無料アプリの紹介でした。 iPhoneユーザーなら、一番便利な動画に音楽をつける方法はiMovieだと思いますが、Androidスマホで動画に音楽をつける場合、InShotとBeeCutを試してください。

次の