長所 と は。 長所一覧あり|面接で聞かれる”長所”の答え方、見つけ方│#タウンワークマガジン

面接で落とされない、長所と短所の答え方

長所 と は

【基礎知識】エントリーシートの3層構造って? まずは長所・短所について考える前に、それ自体をエントリーシートという枠組みの中で整理してみましょう。 そのとき必要になる考え方がロジックツリー(論理の階層)。 ここでは、エントリーシートとは何かを説明した上で、その中で長所・短所欄が担う役割を明らかにします。 具体的な書き方を知りたい!という方も、一旦我慢して以下の内容を理解して頂けると幸いです。 主張ー根拠ー事実(体験)というフレームワーク エントリーシートは 「私は御社に入社すべきである」という主張を通すためにあります。 その主張を支えるのが2つの根拠、それぞれが理論、感情に基づくものとなります。 そして、根拠の下に位置するのがあなた自身の経験(事実)です。 経験によって導ける根拠によって主張を支えることで、あなたのエントリーシートに説得力が生まれます。 ここまでの内容をもっと詳しく知りたい!という方は。 エントリーシート「長所・短所」の書き方をご紹介 エントリーシートは、たった1つの主張を通すために、根拠や経験を述べたもの。 そしてあなたは、あらゆる枠(志望動機、長所・短所、趣味特技、…)を通してそれを訴えることになります。 そのとき、長所・短所が担っている役割ってなんでしょうか? ここでは軽視されがちな「長所・短所」欄についてその役割を明らかにした上で、その書き方をご紹介します。 長所・短所は理論ベースの根拠になる 長所、そして短所はエントリーシートという1つの主張を頂点とするロジックツリーの中で、 「理論ベースの根拠」としての役割を果たします。 ここで、理論ベースの根拠についておさらいをしておくと、 感情ベースの根拠と並んで、共に主張を支える役割を果たすものでした。 簡単に言ってしまえば、「自分が企業に求められていること(適正)」を伝える部分です。 長所と短所をどのように役立てていくのか、まずは理解しましょう。 長所と短所は共に得意なことを書く 企業は「こんな人に来て欲しい」という要求があります。 それを満たす人間だと論理的にアピールするのが長所と短所。 つまり、次の条件を満たしていることが必要です。 実際の業務に関連すること• 業務にとってプラスに働くようなものであること こうなってくると、短所に何を書けば良いのかが難しくなってくるはず。 では、短所にはどんなことを書けば良いのでしょうか? 短所には「〇〇過ぎて」の前置きをつける 短所には、 「〇〇過ぎて」の前置きをつけて記入するようにしましょう。 そもそもの話ですが、短所に自分のマイナス面をアピールするような内容を書いてはいけません。 例えば、商品をPRするときにその欠点をアピールしている企業は存在しません。 嘘をつくことはいけませんが、積極的に欠点をアピールするような行動をするのはそもそも間違っています。 短所に書くべきこととして、いくつか例を挙げてみました。 本が好き過ぎて、朝起きれない• 集中し過ぎて、周りが見れないことがある このように、「良いことを過剰に表現することで短所っぽく見せる」のが適切です。 結論、長所や短所には「良いこと」しか書かないのです。 書いた文章は必ず人に見てもらおう エントリーシートの長所・短所欄の書き方についてご紹介してきました。 これで構成上は、企業に届く長所・短所を組み立てることができるでしょう。 一方で、頭の中で想像できている階層も、実際に伝える際には文章に起こす必要があります。 このとき、頭では構成が分かっているのに他の人が文章を読んでみると、言いたいことがうまく伝わっていないということはよくある話。 そこで、本当に伝わる表現方法ができているのか、他の人に添削してもらってはいかがでしょうか。 ここでは、ココナラマガジン編集部がおすすめする5名のエントリーシート(ES)添削のプロをご紹介します。 あなたのエントリーシートを添削します 就活相談に何でも乗ります エントリーシートを綺麗にまとめます 就職活動のお手伝いを何でもします 成功例ありのエントリーシート まとめ エントリーシートの「長所・短所」欄の書き方について、役立つ情報をお届けしてきました。 エントリーシートは、「志望動機」や「長所・短所」、「趣味特技」のように独立した枠の集合と捉えがち。 しかし、そのような捉え方はやめましょう。 なぜなら、エントリーシート内のあらゆる項目はすべて、希望する会社に入るべきという主張を通すためにあるからです。 むしろ、 あらゆる枠同士が更に協力し合って足りない情報を補い合いながら、主張の理屈や思いを詰め込んでいくような捉え方が望ましい形。 エントリーシートとして素晴らしいものが出来上がるよう、「長所・短所」欄の準備を進めましょう。 ココナラは、頑張る就活生を応援しています。

次の

長所を効果的にアピールする例文10選|効果的にPRするためのポイントを協調性・真面目・素直など特徴別にご紹介

長所 と は

1. 履歴書に長所・短所を書く理由とは? 目的は、応募者と会社の相性を知ること 履歴書の長所・短所の項目を通して企業の採用担当者が知りたいのは、「入社後、仕事の現場で応募者の長所・短所がどのように現れるのか」ということ。 企業の社風や仕事については、求職者の性格によって合う・合わないはどうしても生じてしまうものです。 だからこそ、事前に求職者の長所・短所を知ることで、入社後に活躍できそうかどうかを判断しているのです。 長所・短所を書く際には、自分をアピールすることを意識する いざ履歴書を書く際に気をつけて欲しいのが、単純に「自分の良い点」「自分の悪い点」をそのまま記載しないこと。 「長所」は差し障りのないことを控えめに書き、「短所」についても自分の本当にダメなところを素直に書いてしまうのは、転職活動の上では避けたいところです。 素直なところもあなたの魅力かもしれませんが、それで書類選考や面接に落ちてしまうのはもったいない。 大事なのは、長所の項目も短所の項目も、自分をアピールするために有効活用することです。 具体的な方法について、幾つかご紹介していきます。 長所・短所の書く時に、おさえるべきポイント 採用担当者の印象に残るキーワードを選ぶ 例えば、「温厚」「真面目」「努力家」といったあたり障りのない言葉だけで自分の性格を並べたとしても、相手の印象には残りにくいもの。 企業の採用担当者は、数十人、時には数百人という応募者の履歴書を見ています。 その中で、自分に関心を持ってもらうためには、特徴的なキーワードで印象付けることが大切です。 例えば、「温厚」であれば「学生のころから今まで、一度も他人に怒ったことがない」と具体的に言い換えるだけで、与えるインパクトは大きく変わります。 「この人の話を聞いてみたい」と思ってもらえるようなキーワードの選択を意識するようにしましょう。 具体的なエピソードを取り上げる もう1点ぜひ取り入れて欲しいのが、長所・短所で取り上げた性格を表す、具体的なエピソードを記載すること。 例えば、長所であればこれまでの実務経験の中での成果が上がったエピソードを洗い出し、「仕事を成功に導くうえで、自身のこんな長所が活きた」と伝えることで、より実務に即したメリットとして伝えることができるでしょう。 短所についても、大きすぎない失敗経験を1つ取り上げ、その要因となった自身の性格について伝えると良いです。 加えて、「そのときの反省を活かし、現在はどんな対策を取っているのか」についても併せて伝えることで、企業へより良い印象を与えることができるでしょう。 ビジネスシーンを意識する 具体的なエピソードを取り上げる際には、学生時代や私生活のことよりも、実際の業務におけるものを選ぶと良いです。 前述したように、採用担当者が知りたいのは、あなたの長所・短所がビジネスシーンでどのように活きるかという点。 よりイメージを持ちやすい例を挙げることで、採用担当者の印象にも残りやすくなるでしょう。 2.すぐに使える!長所の例文20選 例文1:協調性がある 私の長所は、協調性があることです。 前職でも、一緒に働くメンバーとの人間関係を大切にしていました。 例えば、あるプロジェクトをチームで担当した時…(具体例)。 例文2:責任感が強い 私の長所は、人一倍責任感が強いことです。 一度依頼をされた業務については最後まで全うすることを、ポリシーとしています。 例えば、以前職場の先輩から会議の資料作成を頼まれたことがありました。 その際、…(具体例)。 例文3:好奇心旺盛 私は周りから、好奇心が旺盛だと言われることが多いです。 前職においても、自分が担当していた仕事のみならず、様々な業務に自ら手を挙げ、挑戦してきました。 例えば、…(具体例)。 例文4:前向き 私の長所は、物事に対して前向きなところです。 どんなに困難なことがあっても、それを学びの機会と考えることができます。 例えば、以前お客様から会社のサービスについてクレームをいただいた際、…(具体例)。 例文5:継続力がある 私の長所は、一つのものごとに対してとことん取り組める、継続力や粘り強さがあることです。 例文6:臨機応変に対応できる 私の長所は、物事に対して臨機応変に対応できる点です。 例えば、前職で営業活動をしていた際、これまで扱っていなかった商品を提供して欲しいと頼まれたことがありました…(具体例)。 例文7:誠実 私は、よく周囲から誠実な人だと言われます。 前職でお客様と接する上でも、誠実さが武器になったことがありました。 例えばライバル企業とバッティングをした際、…(具体例)。 例文8:素直 私は、良く周囲から「素直な人だ」と言われることが多いです。 実際、先輩や上司、同僚からのアドバイスには素直に耳を傾け、改善できるよう努力しています。 例えば、仕事をする中で…(具体例)。 例文9:おおらか 私は周囲から、「おおらかだ」と言われることが多いです。 実際、学生の時から今まで、一度も誰かに対して怒ったことがありません。 例えば前職でも、他部署の人のミスをカバーするため、残業が発生した際…(具体例)。 例文10:努力家 私の長所は、努力家なところです。 目標を達成するために、コツコツ地道な努力を積み重ねることも苦ではありません。 前職でも、売上目標を達成するために…(具体例)。 例文11:明るい 私はよく周囲から、明るい性格だと言われます。 仕事がなかなか上手くいかない時も明るく振る舞うことで、自分自身と周囲の人の気持ちを前向きに切り替えることができます。 例えば、前職において…(具体例)。 例文12:気くばりができる 私の長所は、周りへの気くばりができる点です。 お客様はもちろん、一緒に働いている人が何を求めているのかを常に気にかけることができます。 前職の事務においても、…(具体例)。 例文13:面倒見が良い 周囲からよく、面倒見が良いタイプだと言われます。 後輩に対しても困っていることはないか常に気にかけ、自分の知識を積極的に共有するようにしています。 そのためか、前職では新人の育成担当も任され…(具体例)。 例文14:物覚えが早い 私の長所は、物事を覚えるのが早いことです。 一度教えてもらったことはすぐに復習し、習得できるようにしています。 前職でも、同期の中でも独り立ちが一番早く…(具体例)。 例文15:人に教えることが得意 よく周りの人から、「人に仕事を教えるのが上手だ」と言われることが多いです。 前職でもパートやアルバイトスタッフに仕事を教える機会があったのですが、…(具体例)。 例文16:周りを盛り上げるのが得意 私は、周囲を盛り上げることが得意です。 仕事をする上では、組織のモチベーションを高めることが大切だと考えています。 例えば前職では、繁忙期で皆のモチベーションが下がっていた時…(具体例)。 例文17:几帳面 私は、几帳面な性格です。 御社での商品管理業務においても、この長所は活かすことができると考えています。 例えば、前職で発注を担当していた際にも…(具体例)。 例文18:リーダーシップがある 私の長所は、メンバーの意見をまとめ、引っ張っていくことのできるリーダーシップがあることです。 これまで仕事においても、現場スタッフの意見に耳を傾けアドバイスをすることで…(具体例)。 例文19:冷静 私は周囲から「落ち着いているね」と言われることが多いです。 何かトラブルが起きても、慌てること無く冷静に対処することができます。 例えば、現場の進捗管理を行なっていた際、急に資材がの到着が遅れたことがあり…(具体例)。 例文20:手先が器用 私の長所は、手先の器用さです。 細かい作業が得意なため、貴社の制作スタッフの仕事においてもこの長所は活かすことができると思っています。 実際、前職の制作においても、…(具体例)。 長所と短所を有効に使えば、採用担当者に良いイメージを与えることができる いかがでしたか。 前述したように、履歴書の長所・短所の項目を有効活用すれば、あなたへの面接官からの印象をグンとアップさせることも可能です。 ぜひ、記載をする上でのポイントをおさえ、具体性のある長所・短所を書くよう心がけましょう。 あなたの転職活動の成功を、心から応援しています。

次の

長所と短所の例を一覧で多数公開!

長所 と は

NET• 長所と短所の例を一覧で多数公開 受験や就活の面接、さらに履歴書やES(エントリーシート)のために使える長所と短所を一覧で紹介します。 長所について 受験や就活で使いやすい長所には、以下のようなものがあるでしょう。 目標に向けて頑張れる こんな人にふさわしい長所です。 有言実行がモットー• プロセスよりも結果を求める• チャレンジ精神がある• ハングリー精神がある• 努力を積み重ねるのが得意 競争心が強い こんな人にふさわしい長所です。 競争相手やライバルがいると頑張れる• 負けず嫌い• 勝つまでやり続ける• 人並みでは満足できない• 切磋琢磨して成長してきた• 上昇志向がある 完成度を求める こんな人にふさわしい長所です。 物事には手を抜かない• 凝り性である• 几帳面である• 万全を期すタイプである 主体性がある こんな人にふさわしい長所です。 自分から進んで取り組む• 人任せにしない• まず自分で考える• 自主性を重んじる• 積極的に動く 行動力がある こんな人にふさわしい長所です。 即断即決できる• 悩むのが嫌い• バイタリティがある• 冒険心がある• まずやってみるタイプ 課題発見力 こんな人にふさわしい長所です。 問題点に気づくことができる• 物事を合理的に考えられる• 改善することが好き 学習意欲がある こんな人にふさわしい長所です。 勉強が好き• 本をよく読む• 人によく質問する 貢献意欲がある こんな人にふさわしい長所です。 人の役に立ちたい• ボランティアに取り組んでいる• 仲間を大切にする 真摯に取り組む こんな人にふさわしい長所です。 真面目• 期待に応えようとする• 慎重である 長所の例文はこちらからどうぞ 短所について さらに、受験や就活で言いやすい短所には、以下のようなものがあるでしょう。 自己主張が苦手 自分の思っていることを上手に言葉にすることが下手という人は、自己主張が苦手なことを短所とします。 優柔不断 慎重になりすぎてしまい、物事を判断するのに時間がかかってしまう人は、優柔不断を短所とします。 心配性 細かいことまで気にしすぎてしまう場合は、心配性なところを短所とします。 せっかち スピードを意識してしまう場合は、せっかちを短所とします。 頑固 意見が衝突した時に、自分の意見を貫き通そうとする傾向がある場合は、短所を頑固とします。 慎重 何事もミスの無いように心がけている場合、短所を慎重とします。 真面目すぎる 何事も手を抜かずに取り組む人は、真面目すぎることを短所とします。 短所の例文はこちらからどうぞ.

次の