生理早めるツボ。 女医が教える生理を早める薬「プラノバール」服用のコツ

生理を早めたいときに知っておきたいこと

生理早めるツボ

月経を早める方法として確実なのはピルを飲むこと 月経を早めたいとき、一般的なのは「ピル」を利用する方法。 確実なのは中用量または低用量ピルを使うことですが、黄体ホルモン剤だけでも移動は可能です。 受験や修学旅行などに重ならないよう、小学生や中学生も生理を遅らせたい場合もあるでしょう。 若年者でも初経を迎えていればピルの服用は可能ですし、何度かまたは連続で服用しても害はありません。 ピル以外で生理を早める方法……市販薬・食べ物・漢方・運動などは効果なし 今のところ、ピルや黄体ホルモン以外の市販薬で、生理を早めることはできません。 食べ物や漢方やツボのようなものもありませんし、運動をしても早めることはできません。 生理を早めたいときのピルの種類・料金の目安 中用量ピルでも低用量ピルでも生理を早めることは可能ですが、ホルモン量が多いほど確実です。 生理を早めることができる中用量ピルは「プラノバール」。 低用量ピルの種類としては「トリキュラー」「アンジュ」「ラベルフィーユ」「マーベロン」「ファボワール」「ルナベルLD」「フリウェルLD」があります。 続けて飲むことを考えると気になるのが料金。 ピルの料金の目安は以下のとおり。 プラノバール: 3000円~5000円(病院によって設定が異なる)• トリキュラー・アンジュ・ラベルフィーユ・マーベロン・ファボワール:1シートの相場は2000~3000円(病院によって設定が異なる)• ルナベルLD:治療の目的で使う場合は1シート1700円くらい(自費だとその3倍)• フリウェルLD:治療の目的で使う場合は1シート1100円くらい(自費だとその3倍) 生理を早めたいときに失敗しないピルの飲み方 ピルを飲むタイミングを間違うと生理を早めきれないので注意 中用量ピルなら月経5日目まで、低用量ピルなら月経3日目までに服用を開始し、10日間以上は服用してください。 できれば14日以上服用できた方がより確実です。 月経を来させたい日の3~4日前で服用を中止します。 飲み始めが月経5日目以降だったり、トータルの服用日数が10日未満だったりすると失敗することがあるので注意が必要です。 ピルを飲むときに注意すべきこと・副作用 喫煙者や肥満や片頭痛がある人はピルを飲むことができません。 その代わり、病院では「ノアルテン」という黄体ホルモンの薬を処方してもらうことができます。 生理を早める目的でピルを飲んだとき、考えられる副作用は、他の目的でピルを飲んだ時と同じ。 多いのは吐き気・嘔吐・頭痛・むくみなどのマイナートラブルです。 通販でピルを買うことや個人輸入でピルを入手することも可能ではありますが、全て自己責任になるので危険。 特に、「ピル服用の禁忌」に自分が当てはまっているかどうかの判断ができず、飲んではいけない人が服用すると重篤な副作用を引き起こす可能性があります。 また、きちんと届くかどうか、届いた薬剤が本物かどうかなど薬剤そのものの安全性も全く分からないので危険は常にあると考えた方が賢明です。 ピル以外の薬局の市販薬で、生理を早めることはできないので、自己判断で購入することはやめましょう。 今はフレックス服用と言って、ピルを連続服用して年間の月経回数を3~4回に減らせるようになっています。 継続的にピルを飲んでいれば都合のよい時に月経を来させることができるので便利ですし、ピンポイントで中用量ピルを使うより日頃から超低用量ピルを使っていた方が負担は少なくて済みます。 月経に振り回されるのではなく、ピルを上手に使って賢く自分の人生をコントロールしましょう。

次の

つらい生理痛を緩和できるツボがある!出血量が多い時に有効なツボも!

生理早めるツボ

生理をずらす食べ物として一番耳にする食べ物はチョコレートです。 チョコレートの成分にはカカオが含まれていて、カカオにはデオブロミンと言う成分が含まれています。 デオブロミンにはリラックス効果があり、ストレスなどをためてしまうと生理が遅れることがあります。 気持ちがリラックスしていることで生理を促すことに繋がり少し早める効果があります。 その他にもチョコレートには子宮収縮を促進させる作用もあるので生理を早めるとも言われています。 チョコレートには糖分がたくさん含まれているので、成分の1つでもある砂糖が身体を冷やしてしまいます。 体の冷えは血流を悪くし女性ホルモンの分泌を抑えてしまうので食べすぎには気を付けましょう。 ビタミンEを豊富に含む食品にはナッツ類やオリーブオイル、魚卵などがあり、ビタミンEの作用は 血行を促進して、ホルモンバランを整えてくれる役割があります。 血行を促進する働きから美肌効果や冷え、肩こりなどの血行不良からの症状も緩和する効果や副腎や卵巣に働きかけ女性ホルモンの分泌を促す効果があります。 生理を早める効果だけでなく、抗酸化作用もあるので活性酸素を抑えて体内の酸化を防ぐ働きから生理痛や月経前症候群、生理不順の改善や不妊症にも効果的と言われています。 アーモンド10粒で4. 1mgのビタミンEを摂取することができますが、アーモンドを粒で食べるよりもアーモンドミルクとして飲むことで体内に吸収されやすくなるのでおすすめです。 早める効果があるからと言ってビタミンEを含む食品を過剰摂取してしまうと逆効果になってしまいホルモン分泌障害を起こしてしまうので、適度な量を摂取するよう注意しましょう。 食べ物ではなかなか効果が表れない方におすすめなのが、中用量ピルの1つプラノバールを服用することです。 プラノバールは人工的に黄体ホルモンと卵胞ホルモンを体内に入れることで女性ホルモンの乱れを整えてくれる効果があります。 生理を早める場合や遅らせる場合どちらにも使うことができます。 生理を早める場合の服用方法は、月経が始まる前にプラノバールを1日1錠飲み始めます。 飲み始めることで基礎体温が高温期に入り排卵後の症状になります。 服用を中止したあと数日後に月経がスタートするので、自分の予定に合わせて生理を早めることができますが、医師と相談しながら服用し月経を調整しましょう。 生理を遅らせる場合には、生理予定日の数日前からプラノバール1日1錠飲み始めることで生理の始まりを遅らせることができます。 注意点としてプラノバールは飲み忘れないように気を付けましょう。 プラノバールを飲み忘れてしまうと効果がなくなってしまいコントロールできずに生理が始まってしまいます。 また、プラノバールには副作用もあり頭痛やむくみ、吐き気、嘔吐などの症状が出る場合があるので副作用がある時にはかかりつけの医師に相談しましょう。 生理を遅らせる食べ物の1つ、大豆製品にはイソフラボンが豊富に含まれています。 イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれているので、たくさん摂取することでホルモンバランスが乱れてしまい生理を遅らせる効果があります。 大豆イソフラボンが含まれる食材として納豆や豆乳、豆腐などがありますがたくさん食べたり飲んだりしてしまうと女性ホルモンのエストロゲンを減らす効果があることから生理が遅れることに繋がります。 女性ホルモンのエストロゲンが減ることは排卵を遅らせる効果や月経を止めることにもつながってしまうので適度な量を摂取するようにしましょう。 遅らせることが目的で摂取する場合の 目安の量としては豆乳の場合はコップ3杯、豆腐の場合は1丁、納豆の場合は2パックまでにしましょう。 大豆製品の過剰摂取は肥満の原因にもつながり、その他にも子宮体癌のリスクも高めると言われています。 大豆製品は生理を遅らせる効果があると言うことで伝えてきましたが、早める効果もあります。 大豆イソフラボンが体内のエストロゲンに似ているので似た働きをすると同時に卵胞の成長を促す働きがあり、排卵の促進にもつながることから生理が早まる効果もあると言われています。 早まる効果や遅らせる効果どちらにも効果があるのが大豆食品です。 薬のプラノバールも両方の効果が期待できますが、大豆にも両方の効果があります。 大豆製品を摂って月経を遅らせたり早めたりする時には摂取量に注意しながら摂るようにしましょう。 生理を食べ物で早めることや遅らせることなどずらすことを実践している人の口コミを紹介します。 「生理を早める食べ物を積極的に摂取したりダイエットで遅らせたりと奇跡的に回避しました。 」と言う口コミがありました。 その他にも「陽性の食べ物食べたら早めに来た。 陰性の食べ物食べてるときは遅くなるし、食べ物でずらせるなんて本当にすごいな。 」と言う口コミ「生理を早めるには食べ物はチョコレート、ごぼう茶、パセリ茶、セロリ、アーモンド、ハーブティーが良いみたい。 それと合わせて三陰交と血海のツボ押ししよう。 」と言う口コミが見られました。 口コミでは食事でも早めたり遅らせたりできることが多くみられましたが、その他にも子宮に働きかけを促すツボとして血海と言って膝の皿の上の部分を押すことや三陰交と言って足首の内くるぶしあたりを押すと生理が早く来ると言う口コミも多くみられました。 生理をずらしたい時に病院へ相談してみると薬を処方されることがありますが、実は薬以外でも生理周期をコントロールできる方法がいくつかあります。 その一つに食べ物があげられますが、早める効果や遅らせる効果のある食べ物を上手く活用することで生理周期をずらすことができるので、ぜひ参考に活用してみましょう。 食べ物ではなかなか効果が出ない方には、薬が必要な時もあります。 プラノバールなどの中用量ピルなどを上手く使いながら大切な日に生理が当たらないように調整しましょう。 食べ物も薬も上手く活用することで体に負担をかけることなく生理周期を調整しずらすことができます。 月経は女性の体に取って必要な事なので生理周期をずらすことは必要最低限で行い過度に行ったり、遅らせたり早めたりと効果を早く出したいからと言って効果のある食べ物を過剰摂取をすると逆に体に負担がかかり逆効果になってしまうので気を付けましょう。

次の

女医が教える生理を早める薬「プラノバール」服用のコツ

生理早めるツボ

生理のメカニズムについて 生理を早めたいと考えている方は、生理がどのようなメカニズムかご存知でしょうか。 まずは簡単に生理のメカニズムについておさらいしておきましょう。 生理は、赤ちゃんを生むために準備されていた子宮内部の組織が、受精しなかったことから不要になり、血液と一緒に身体の外に出す現象のことを言います。 子宮内部の組織や血液が身体の外に出ることで、子宮内部の環境はキレイになり、次の妊娠に向けて準備を始めることができます。 排卵と生理の関係 生理は、子宮内部の組織や血液を身体の外に出すことを言いますが、生理が起きる時期は、排卵によって左右されます。 実は、生理が起きるには排卵され受精しないということが条件になってくるのです。 女性の身体は、排卵されるための準備期間と、受精卵を育てるための期間、そして生理がきてリセットされる期間に分けられます。 生理後半から排卵に欠けてはエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが積極的に分泌され、排卵から生理前半に欠けてはプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが積極的に分泌されます。 人によって生理の周期が異なるのは、それぞれの女性ホルモンの分泌期間に違いがあるからです。 つまり、生理を早めるためには、この二つの女性ホルモンをうまくコントロールすることが重要になります。 生理周期を正確に知る必要性 次の生理を早めるためには、そもそもの生理周期を安定させ、知る必要があります。 生理は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌期間により決まるため、この二つの女性ホルモンが安定して分泌される必要があります。 女性ホルモンの分泌は、日常の些細なことで変化してしまうため、できるだけ心と身体にストレスをかけないようにすることが大切です。 ストレスが強くかかってしまうと、途端に分泌は乱れ生理周期もどんどん乱れてしまうでしょう。 規則正しい生活習慣を心掛けることと、仕事や家事、育児などのストレスをうまく発散させることが重要です。 自分の体温変化で知る 生理周期を安定させるためには、女性ホルモンの分泌を安定させる必要があります。 生理周期が乱れてしまいやすいという方は、一度基礎体温を計測してみてください。 基礎体温を測ることで、それぞれの女性ホルモンが正常に分泌されているかどうかを把握することができます。 エストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されている期間は、基礎体温が低い時期が続き、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されている期間は、基礎体温が高い時期が続きます。 もし、基礎体温が一定ではなくランダムになっていたり、異様に長かったり短かったりする場合は、女性ホルモンを分泌させる機関に不具合が生じている可能性があるので、一度産婦人科に診てもらうようにしましょう。 基礎体温の測り方について 生理周期や女性ホルモンの分泌量を知るためには、基礎体温を計測することが必要です。 ただ、基礎体温の測り方を間違えると、せっかく計測した数値に正確性が無くなってしまうので注意が必要です。 基礎体温を測るときには、必ず同じ時間に計測するようにしましょう。 内臓や筋肉が安静にされている起床時が最適です。 目が覚めたら、身体をできるだけ動かさずに枕元にある体温計で計測しましょう。 基礎体温を測るときは、舌下で計測すると数値が安定しているのでオススメです。 計測が済んだら、日時と基礎体温、そのときの体調などを記しておきましょう。 継続的に計測していくと、自分の体調と基礎体温の関係を読み解くことができるはずです。 生理を早める方法について 生理を早めるためには、女性ホルモンをコントロールすることが必要になります。 女性ホルモンの分泌をコントロールすれば、生理周期はある程度変化させることができるでしょう。 生理を早める方法としては、実にさまざまな種類があります。 口コミで伝えられているものから、病院や薬の力を借りる方法まで幅広いので、ひとつひとつ具体的にご紹介していきましょう。 ピルで生理を早める方法 生理を早めるための方法として、ピルをご紹介しておきたいと思います。 ピルは、女性ホルモンの分泌量をコントロールする薬で、婦人科などで良く使われるものです。 避妊用の薬というイメージがあるかもしれませんが、上手に使うことで生理を早めることもできます。 生理を早めるためには、早めに服用することが大切です。 ピルを服用し始めてから、すぐに効果が現れるというよりは次の周期が安定して早まると考えた方が良いでしょう。 では、ピルはどのように服用するのがオススメなのか、詳しくご紹介していきたいと思います。 ピルを初めて飲む場合 今までピルを飲んだことがないという方は、生理5日目くらいから中用量ピルの服用をスタートし、10日ほど続けます。 また、生理初日から低用量ピルの服用をスタートし、14日ほど続けるのも良いでしょう。 ピルを飲み終わった後、数日過ぎると次の生理が始まります。 そのため、生理の予定を大幅に早めることができるでしょう。 また、ピルを飲んでいない期間は生理が来ないため、予定が近いという方はピルを服用し続けて乗り切る方法もあります。 ただしピルの服用は必ず医師の指示に従い、期間や容量を守るようにしてください。 ピルを飲んだことがある場合 ピルを服用している方や、最近飲んだことがあるという方は、別の飲み方をする必要があります。 低用量ピルなら28日周期が基本ですから、14日飲んだ翌日から薬の服用をストップすれば1週間生理を早めることができます。 また、予定が近い場合はピルを服用し続けると生理が来ないので乗り切ることができます。 ただ、長期間ピルを服用し続けることになるので、必ず医師に相談するようにしましょう。 ピルの服用には、副作用もありますので、個人的に判断して飲まないようにし、産婦人科できちんと診察を受けて処方してもらうようにしましょう。 早めたい場合、病院の受診はいつから? ピルを使って生理を早めたいと思った時、病院にいつ行けば良いのでしょうか?まず、早めたい生理よりも1回前の生理までに病院に行くのがベストです。 例えば10月に生理と重なりそうな予定が入った場合、8月ごろに一度病院で相談すると、2ヶ月間で調整して上手く生理予定日を早める事が出来ます。 基本的には生理初日から5日目頃からピルを服用し始めますが、生理周期が一定でない方や体調によってピルの服用回数などが変わってきます。 ですから、問診で聞かれた場合は、誤魔化さずに正直に答える事が大事です。 体を温めて生理を早める方法 生理を早めるためには、身体を冷やさないことが重要です。 身体が冷えてしまうと、血流が悪くなり女性ホルモンの分泌も抑えられてしまうので生理が遅れてしまいやすくなります。 身体を温める食べ物を摂取することはもちろん、半身浴やホッカイロなどで骨盤周辺を冷やさないようにすることが大切です。 生理を早めたい場合は、積極的に骨盤周辺を温めるようにし、身体を冷やしにくい服装を心掛けるようにしましょう。 ゆっくりお風呂に入り体を温める 冷え性だと卵巣や子宮の機能が鈍って生理不順の原因となるので、この状態では生理を早めるどころではありません。 まずは体の冷えを直すのが先決ですが、一番手っ取り早いのがお風呂に入る事です。 体の内部までしっかり温めるには、40度以下のお湯に30分肩までつかるのがポイント。 熱すぎない温度でゆっくり入れば、副交感神経が働いてリラックス効果もばっちりです。 ついでに体を温めるものをプラスして、血行促進効果や保温効果を高めるのも良いでしょう。 おなじみのゆずや塩の他に、しょうがや唐辛子を刻んで袋に入れて湯船に浮かべると、食べるだけでなく体の外側からも効果が期待できます。 ただし刺激が強い場合もあるので、まずは少量から試してみてください。 ツボで生理を早める方法 生理を早めるための方法として、ツボ押しというものがあります。 女性ホルモンの分泌を刺激する、ふたつのツボをご紹介しておきましょう。 血海(けっかい) まず、血海(けっかい)というツボがあります。 血海は、膝の内側に人差し指をあてて、薬指~小指あたりにあります。 ちょうど太ももの内側辺りになるので周辺を指圧し、コリや傷みが生じればその部分を重点的に指圧していきます。 血海は、子宮周辺の血流を改善する働きがあるため、生理を早める作用があります。 いつも生理周期が長く生理期間中も長い傾向にある方や、生理痛がひどいという方は毎日マッサージするようにしましょう。 生理周辺の血流が悪いと、特に左側の血海にしこりが生じやすくなるので重点的にほぐすようにしてください。 万能の三陰交 生理を早めるためのツボとして、もうひとつご紹介したいのが三陰交(さんいんこう)です。 三陰交は女性にとって万能のツボと言われており、生理痛などにも効果があります。 足首の内くるぶしに薬指をあてて人差し指の辺りにあり、骨の後ろ側を沿って探っていくと少し凹んだ部分を確認することができるでしょう。 少し痛みを伴うこともあるかもしれませんが、左右とも丁寧に優しく指圧するようにしてください。 ただ、血海も三陰交も強く押しすぎると細胞が傷ついて逆効果になることもあります。 あくまで優しくほぐすように指圧することを大切にしましょう。 食べ物、飲み物で生理を早める方法 特定の食べ物を摂取して、生理を早める方法を紹介します。 間違いなく早まるわけではありませんので参考までに。 ビタミンC 生理を早めるために効果的と言われている食べ物として、まず取り入れたいのがレモンや緑茶、ベリー系に多く含まれているビタミンCです。 ビタミンCには、エストロゲン(卵胞ホルモン)の生成を助ける働きがあります。 たくさんビタミンCを摂取していくとエストロゲン(卵胞ホルモン)の活動が活発になり、子宮の収縮が早まってくるので毎日積極的に取り入れるようにしましょう。 エストロゲン(卵胞ホルモン)が活発になれば、排卵日も早まり、生理が起きる日も前倒しで早まります。 サプリメントなら手軽に一定量を摂取できるので、3000mgほどを集中して摂取するようにしましょう。 ただし、ビタミンCを大量に摂取すると、流産しやすくなるとも言われています。 妊娠を望んでいるという方は、適量に留めておくようにしましょう。 セロリとパパイヤを摂取しよう 生理を早めるための食べ物として、セロリとパパイヤもご紹介しておきたいと思います。 セロリは通経食とも呼ばれており、子宮周辺の血流を改善し、活動を活発にする働きがあると言われています。 セロリの茎の部分には、アピオールという成分が含まれており、これが血流の改善や活動を活発にさせる効果があるのです。 また、パパイヤには含まれているカロチンにも生理を早める作用があります。 小さなパパイヤであれば、1日1個食べるようにし継続して1週間は続けるようにしましょう。 パパイヤが手に入りにくいという方は、にんじんやかぼちゃなどカロチンを多く含んでいる野菜をたくさん摂るようにしてください。 ショウガを摂取しよう 生理を早めるための食べ物として、ショウガもご紹介しておきたいと思います。 ショウガには、体中の血流を促進させる効果があります。 生理を早めたい時は、積極的にショウガを摂取し、血流を改善させて生理を促しましょう。 濃いショウガ茶を作って飲んだり、粉末のウコンを少量混ぜて飲んだりするのがオススメです。 ただ、ショウガは生の状態で摂取すると身体の熱を放出させて逆に血流が悪くなる場合もあります。 ショウガで身体を温めたい場合は、ショウガを加熱してから摂取すると、血流促進に役立つので気をつけるようにしてください。 ハーブティーを取り入れよう 生理を早めるために、ハーブティーを摂取することも必要です。 ハーブティーを摂取することで、女性ホルモンの分泌を安定させて促進させることができます。 ハーブティーに使用されるものには、漢方に含まれている成分もあるため、漢方薬局で生理を早める漢方薬を処方してもらうのも良いでしょう。 ハーブの種類としては、トウキ、ブラック・コホッシュ、メハジキ、アロエ・ベラ、アブロマ・アウグスタ、ノラニンジン、ルビア・コルディフォリア、ゴシピウム・ヘルバケウム、オーラム・ムール・ナト、オキナグサなどがオススメです。 ストレスフリーの生活を心がける 女性ホルモンは、本人が気づかない些細なストレスを敏感に察知して分泌量を増減させます。 自分はまったく関係無いと思っていても、毎月の生理が早まったり遅れたり一定でない状態であるならば、隠れたストレスが溜まっているのかもしれません。 また、ストレスがあればピルを飲んで生理を早めようと思っても上手く行かない可能性もあり、これでは何のために頑張ったのか分からなくなってしまいます。 ピルにしろ他の方法にしろ、きちんと効果を出すためにはストレスを溜めない事が一番です。 毎日お風呂に入ってストレッチやマッサージをしたり、好きな事をする時間を作るなど、自分を大事にするのが生理を上手くコントロールできる秘訣なのかもしれません。 まとめ 生理を早めたい方に向けてさまざまな情報をご紹介しました。 口コミで伝えられている方法から、ツボの方法、ピルを使った方法まであるので、自分に合った方法を見つけてください。 確実に生理をコントロールするには病院に相談することが大切です。 楽しみにしている予定に生理が重なっていると憂鬱な気分になりますが、無事に生理を早めることができればもう不安になることもありません。 さまざまな方法を試して、心待ちにしているイベントを目いっぱい楽しんでくださいね!.

次の