神秘の世界エルハザード。 神秘の世界エルハザード (OVA版): 感想(評価/レビュー)[アニメ]

「神秘の世界エルハザード」を誰か解説して下さい。

神秘の世界エルハザード

プロジェクト本文 1995年にOVAとして発売された『神秘の世界エルハザード』。 類を見ないエスニックファンタジーでありながらも異世界ファンタジーとしての先駆けとなり、コミカルなキャラクターたちが繰り広げる壮大な物語は多くのファンを魅了し、次々と新シリーズも作られて行きました。 今回AICがクラウドファンディングアニメ化企画第4弾としてプロジェクト提案するのは、世界を越えたロマンの物語になります。 AICでは、 35周年リバイバルプロジェクトとして、メガゾーン23から始まるPV制作企画を開始しました。 OVAというジャンルで人気を博したAIC作品。 今回はファンの皆さまとより近づけるクラウドファンディングという場所で、企画の立ち上げからご一緒出来ればと新しくエントリーさせて頂きました。 CAMPFIREとマンガアートのご協力の元、皆さまと作品の立ち上げが出来ることを感謝いたします。 今回のプロジェクトでは、 多くの企画をクラウドファンディングで立ち上げます。 クラウドファンディングによって、クリエイターとファンの皆さまと、より結びつきを強めて、 今までに無いかたちでのアニメづくりをしていきたいと考えています。 ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。 AIC作品を 「楽しんでもらいたい!」「知ってもらいたい!」という強い思いから、これらのリバイバルプロジェクトの立ち上げとなりました。 そこには 昔の作品を知っているファンにも認められるような作品でありつつ、 新しいアニメファンにもAIC作品の面白さを伝えられる、視ていてわくわくするアニメフィルムを作りたいと考えています。 また、 多くのアニメファンにAIC作品を届けるために、TVアニメシリーズまでプロジェクトを成長させたいとも思っています。 TVアニメーションシリーズを制作には多額の予算がかかり(多くの作品では2億円前後の予算です)、企業など多くのスポンサードが必要となります。 そのため、今回はスポンサーを動かす力であるファンの皆さまの力を借りて、 制作費を集めるために必要な作品のプロモーション素材を作りたいと考えております。 そして、 「今の時代ならでは」という選択として、今回、CAMPFIRE及びマンガアートの協力を得てクラウドファンディングでの資金集めにチャレンジすることとしました。 より ファンのみなさまとの距離が近く、その声を取り入れた作品作りをしたいと思っています。 キャラクターデザイン:栗田新一 監督:丸山裕介 いつも通りの日常…ナオトの前に不思議な猫が現れる前までは。 そしてイフリータの前で崩壊していく神の目。 確実に世界の何かが変わってしまっている。 成績は学年トップで同級生からの人望も厚い。 やや鈍感な面もある。 彼の前に不思議な猫が現れたことから日常が崩れ始め、物語が始まる。 陣内とディーバの娘。 少し天然な一面もありつつ、熱い心を持った少女。 生徒会長になる野望がある。 マウジュとセフィは子供のころからの友人。 ファラーシャの親友。 藤沢先生とミーズの娘。 水の神官の後継者。 ファラーシャの親友。 風の神官の後継者。 ファラーシャの父親。 バグロム屈指の実力者。 アニメーション制作には、プロジェクト本文でも触れました様に非常に多くの費用がかかります。 今回企画のパイロットフィルムでは約5分程度の物を想定しています。 開発、設定、本制作などを含めると(作り方でも変わりますが)、約1000万円以上の費用がかかることとなり、今回の目標金額はその必要な費用の一部と、皆様に対するリターンへの制作費用などに使わせて頂きます。 なお別途、出資者としての委員会も存在しておりまして、その出資者の協力のもと作品企画等が動いておりますが、今回のPV制作のプロジェクトに限り、リターンとしてPV映像そのもののDVDメディアの配布をOKとする許諾を頂いております。 AICとしては、今回のプロジェクトを皆さんの応援を元に、TVシリーズまでの制作に繋げることが出来れば嬉しいと考えます。 皆さんの支援で始まり、そして紡がれていく作品となればと思いますので、どうぞ、宜しくお願い致します。 支援者:5人 お届け予定:2019年04月 このプロジェクトは、 All-In方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の

神秘の世界エルハザード

神秘の世界エルハザード

成績は学年トップ。 OVA版ではルーンの妹であるファトラ王女に容姿がそっくりということで替え玉をさせられます。 誠は自身の持つ知識と知恵、「先エルハザード文明の遺産と共感できる」力でロシュタリアの危機を救うこととなります。 CVは岩永哲哉さん(LD-BOX版・DVD版に収録されているサラウンド音声のみ太田正道さん)。 イフリータ ~Ifurita 先エルハザード文明によって創られ、それを滅ぼした鬼神(=戦闘用アンドロイド)で、OVAとTV版では容姿とキャラクターが異なります。 OVA版のイフリータは、ロシュタリアの最終兵器「神の目」の中心部へと降下し、エルハザードを救うこととなります。 上のセル画はおそらくTV版のイフリータと思われます。 CVは天野由梨さん(OVA『神秘の世界エルハザード2』は川村万梨阿さん)。 クァウール・タウラス(左)と陣内菜々美(右) ~『異次元の世界エルハザード』TVアニメ版 オープニングセル画 El-Hazard: The Alternative World opening cel Qawool Towles and Nanami Jinnai クァウールは、結婚し引退する水の大神官ミーズの後任に推された次期水の大神官で、誠に過度に接近します。 CVは坂本真綾さん。 菜々美は陣内克彦の妹で、誠と同じ東雲高校の生徒。 誠とはひとつ下の幼馴染。 CVは夏樹リオさん。 「異次元の世界エルハザード」のオープニング曲『13月の革命』(歌:FENCE OF DEFENSE 作詞:森雪之丞)はなかなかノリがよくて素敵な曲で好きです。 幼馴染の誠を一方的にライバル視する自信家で野心家だがどこか間が抜けている性格の陣内です。 また彼の笑い声は印象的です。 CV(声優担当)は置鮎龍太郎さんです。 ウーラ ~Ura ~『異次元の世界エルハザード』TVアニメ版 オープニングセル画 El-Hazard: The Alternative World opening cel 生体甲冑族のネコで、王族の生きた盾となるのが役目で誠の体にとりつきます。 もともとファトラのネコでしたが、ファトラの身代わりをしていた誠になついてしまったため誠のネコとなります。 「まこと、まこと~」と可愛い声を出していたのが印象的です。 CVは阪口あやさん。 fame. There is also a manga adaptation, which is published in English by VIZ Media. The series is distributed in the US by Pioneer LDC, now known as Geneon. While Enoki Films held the rights over The Wanderers spin-off television series, Geneon opted out of using more "Americanized" names per the company's suggestion, instead keeping with the original Japanese. The series began as a seven episode OVA series entitled, El-Hazard: The Magnificent World. It was popular enough to be remade into a twenty-six episode TV series, The Wanderers, set in an alternate timeline. A second four episode OVA series, El-Hazard: The Magnificent World 2 and El-Hazard: The Alternative World, a thirteen episode TV series with a follow-up special later released on laserdisc, are continuations of the original OVA timeline. There is also a Sega Saturn visual novel videogame inspired from the TV series, with several possible endings. The story focuses on four people from our world High school students Makoto Mizuhara, Katsuhiko Jinnai and Nanami Jinnai, and History teacher Masamichi Fujisawa who are mysteriously transported to the fantastical world of El-Hazard, which is threatened with a massive war between the human nations on one side and the insectoid Bugrom tribe on the other. To add further complexity, the quartet's transportation has a side effect, in that each of them gains a unique special ability. For instance, Katsuhiko gains the power to communicate with the Bugrom, and subsequently uses his power to become the Bugrom's military leader while his sister can see through illusions. The hard-drinking, chain-smoking Fujisawa, on the other hand, gains superhuman strength and athletic ability, but only when he's sober. Makoto's power comes much later but he learns he can control the ancient technology of that world which range from minor gadgets to the most powerful weapons. The Eye of God plays a prominent role in both the OVA and The Wanderers. In both continuities, it is the ultimate superweapon, created by an ancient civilization. Its basic design is that of a giant metallic orb that floats in a geosynchronous orbit within the world's atmosphere, and thus is often compared to the Death Star of Star Wars fame. The Eye of God is a dimensional weapon that sends all it destroys into a vortex leading to an unknown destination. In the first OVA series, its use in ancient times is responsible for pulling the Phantom Tribe from their own world into El-Hazard. Schtalubaugh(ストレルバウ博士), Fatora Venus ファトラ・ヴェーナス), Ura ウーラ Uura; spelled "Oolah" in the Etranger Tour Guide , Galus(ガレス), Kiriya Nahato(ナハト), The Bugrom tribe(バグロム:昆虫型種族), Queen Diva ディーバ) 【上記引用参考参照(Quotation from) Wikipedia 2009.

次の

神秘の世界エルハザード(OVA)の感想/評価、レビュー一覧【あにこれβ】

神秘の世界エルハザード

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 主人公の水原誠の関西弁? に違和感を感じながら 苦 の視聴開始、だけどすぐに慣れて違和感は消え、いつのまにか「もうこれは"最高"を付けるしかない! 」と唸っている自分に気が付く有様 笑 、 たった7話 1話と7話は45分枠なので実質8話だけど でこの内容、登場人物はやたら多い 苦 が、スッキリと纏まってます。 登場人物といえば、 肝心の"メイン"ヒロイン…イフリータ…が、 お話の構成上、1話冒頭の物語導入部分に出たっきりで、後はお話もすでに後半を折り返した4話まで出て来れない…主人公の誠と絡めない…訳です、 上で書いた様に登場人物はやたら多く、その中には"魅惑的"な女性キャラも当然何人も居る訳で、ヘタをすれば『メインヒロインが他の女性キャラに移ってしまう』危機があります。 でも、それは"荒業"で避けてしまいました 笑。 どうしたかと言うと、 『本来のヒロイン・イフリータが出て来るまで、主人公の誠 男性 にヒロインもやってもらいましょう! 』 要するに主人公に"女装"させてしまう訳ですが、その辺りのお話の持って行き方もムチャな感じの無い自然な流れでしたね。 関西弁は、可愛らしい顔立ち 苦 でキャラの『立ちが弱い』誠を無理矢理にでも印象付ける"方便"なのかもしれません。 最初から最後までブッ飛ばす良いキャラです。 「破壊してしまったら、支配出来んではないか! 単なる"裏焼き"かもしれんけど・苦 こいつは何度も見ちまう作品の一つでしてね、良いんですよ。 色々な意味で。 OVA版が一番良いとされる事が多い本作ですが、私もそう思います。 ストーリーや演出、作画なんかも群を抜いて良く出来てるし、全体のバランスが上手く取れてます。 この作品は最初と最後が良い意味で繋がっている作品です。 第一話の急展開で良く分からないシーンが、最終話に全く同じシーンを使ってるんですよね。 最終話だとそれがとても感動的なシーンになってまして。 あの流れに持って行った演出の仕方は凄かったです。 キャラクターも好きなタイプが多かったですが、特に好きだったのは藤沢先生ですな。 無論主人公やヒロインも好きなのですが、格好良い中年が結構好きなもので。 ちょうどアナログ全盛期だったあの時代でも、あれだけのクオリティを持った作品は珍しいでしょう。 特に背景が気に入っているのですが、興味のある方は草薙の背景画集をご覧ください。 中々に見ごたえがあります。 まあ、ケチを付けるとすれば、少々サービスシーンが多かったかな? と思いました。 私はそれ程気になりませんでしたが。 スペースオペラ的な作品の中で、自分のツボにはまった作品の一つです。 もうこういった作品を作るのは、今の日本じゃ無理だなぁと思う程、完成度の高い作品です。 【良い点】 「天地無用! 」同様、全てのはじまりたる、OVA版。 エルハザードの世界に行くこととなる誠と陣内兄妹、藤沢先生。 そこで、各々の特殊能力を駆使したりするわけです。 このあたり、楽しませていただきました。 女性陣との絡みも大きな特徴でした。 また、敵キャラの幻影族の悲哀も印象深かったものです。 最終回のイフリータとの再会は、感動モノでした! 【悪い点】 無し 【総合評価】 【最高! 】とします。 【追伸】 ・OPを見て、てっきりメインヒロインはルーン王女かと思ったものです。 ・誠はルーン王女の妹・ファトラに似ていたため、女装させられる・・・哀れ。 ・本物のファトラは、ちょっとアレな性格でしたね。 ・アレ、といえば陣内兄も同様に・・・あのキャラのインパクトは絶大でした 笑。 ・それにしても、エルハザード世界の先祖は、ろくなことをしない・・・ 唐突に現れた遺跡やら、そこから意味深な言葉と共に現れた女性『イフリータ』に導かれる様に異世界に転移させられる事であったり、序盤からトントンと事が進んでゆく辺りは如何にもOVAらしい始まりで、前半部分としては正直AICテイストの凡々なファンタジーコメディものかなといった印象。 しかしながらキャラは立っていて シェーラやミーズはTV版よりこちらの方が印象深い 、世界観やクオリティ、コメディベースな雰囲気も程よいラインで纏まっているので、飽きや視聴意欲を削がれる事もない。 とりわけ陣内に関しては、ライバル? キャラでありながら序盤からも飛ばして盛り上げてくれるし、終盤でシリアス色が少々入ってきても変わらずな『アレ』なキャラを突き通してくれましたね。 最も後者に関しては、キャラ全体が本来のキャラを崩さずにいたと言うべきでしょうけど。 ともあれ、上でも申しましたけどやはり凡々な内容かなと言った所。 少なくとも最終話前までは。 正直どう纏めるのか、満足の行く形で終わってくれるのかと少なからず不安すらあったのですが、これが最終話でものの見事に纏めてくれる。 冒頭の書き出しの部分でも書いた唐突な始まりを含め伏線を上手く纏めてくれてるし、それ以上に詰め込みすぎた訳でも急展開な訳でもなく、いいテンポで終わらせてくれたのが印象深く、また好感を持てたな点でもありますね。 そして、やはり上手く持ってきたのは本作のヒロインである『イフリータ』の存在か。 ラブコメもベースとしてある本作にも関わらず、そこには入らずヒロインとしては一つ違ったポイントに存在する彼女なんですが、物語を締めくくると共に一気にヒロインとしてのポジションを上げていく後半〜終盤の流れ、そしてラストはお見事の一言。 これがまた締めくくり方 および伏線の回収 が複雑な仕掛けではなく、非常にわかり易いなもので、それにも関わらず別れのせつなさ、更にエピローグを持ってきた事による相乗効果とラストワンシーンの感動というのは素晴らしかったですね。 本作は何度かシリーズ化されてますが、一番出来が良いのは初代OVA版で間違い無いでしょうね。 よく本作は泣けると言われますが、前半に関しての印象はそういう感動的といった面とは程遠くて、 むしろコメディに置ける笑える部分の方が印象深いですが、 まあ前半は前半でコメディとして普通に面白から退屈はしないけど、 あまり前半から泣ける部分に期待すると肩透かしを喰らうと思うし、 個人的にも初見では泣くとは全く思わなかったので途中までは適度に肩の力を抜いて観る方が気が楽ですね。 この作品はキャラ設定が意外と面白く出来ていて、例えば地球人である誠達はエルハザードに召還されてからは 特殊能力を身に着ける事になるのですが、この特殊能力の個性や使われ方がキャラの性格に似合った物で、 個人的に面白いなと思ってるのは菜々美の幻影族を見破る時の場面が彼女らしい、 さり気ない所で効果を発揮する所が脚本のアイデアとして上手だなと思った。 キャラの設定面で言えば本作は性格的な物とシナリオの中で果たす役割がマッチしてたので 全7話と短い割にはどのキャラも上手に立てられていたなと思います。 ちなみにキャラで最も印象に残ってるのは陣内の悪役ぶりがかなり笑えて、 悪役だけど何処か憎めない一面を持ってたし、また陣内と菜々美の仲の悪い兄妹の争いも面白く見られるが、 でも、この兄妹は仲は悪いけど性格的には結構似ているなと思ったりも。 後はシェーラと菜々美の誠を巡るラブコメもニヤリとするけど、肝心の誠がイフリータ一筋では彼女達の出番は無いか。 本作は概ね面白いと思ってますが、でも本当の意味で最高と思えるのは ラストのイフリータの場面を見て初めてそう思えるのかなと。 このラストで1話に張られた伏線が綺麗に回収できて、 イフリータの心情と言葉の意味を理解した時には素直に感動したし、 またEDのスタッフロールに流れる絵を見て本当にストーリーの纏まりが素晴らしいなと思った。 それと、もう一つ素晴らしいと思ったのは実はOPなんですけど、 尤もOPの出来に関しては本作に限らずシリーズを通して出来の良い物ばかりですが、 特に初代OVA版は非常に重厚感が溢れる曲は映像の良さと絡み合って最高のOPだと言えます。 評価は「最高」に近い「とても良い」で。 作品DB内ブログ記事 1. 」 89位 ツバサ・クロニクル 年代記 -鳥カゴ の国 の姫君- 主題歌「アムリタ」 88位 ノエイン もうひとり の君へ op 「Idea」 87位 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 「愛・おぼえていますか」 86位 ブレンパワード op 「IN MY DREAM 」 85位 神秘 の 世界 エル ハザードop 「ILLUSION... by カイネル・ドゥ・ラファティ... 彼 のせいで何度神経洗浄 のお世話になっただろうか・・・合掌。 2 水原誠 「 エル ハザード」 の主人公 異 世界 エル ハザードを舞台に、冒険を繰り広げる主人公・・・藤沢先生と菜々美と共に。 何故か、陣内克彦は敵キャラに 笑。 むしろ陣内 のアレっぷりが印象深かったでせう。 【ニコニコ動画】 神秘 の 世界 エル ハザード OP... by Mr. 三井寿をはじめ、「ママレード・ボーイ」 の松浦遊、「新機動戦記ガンダムW」 のトレーズ・クシュリナーダ、ゲーム「スーパーロボット大戦」シリーズ のライディース・F・ブランシュタイン 通称ライ などはそれに当てはまるところかもしれませんね。 他には、初主役でもあった「地獄先生ぬ〜べ〜」 の鵺野鳴介 通称ぬ〜べ〜 や、「 神秘 の 世界 エル ハザード」 の陣内克彦... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の