仮想通貨 暴落。 仮想通貨暴落で出川ピンチ!

【徹底検証】仮想通貨全体の暴落に一番強いコインは何か価格分析してみた結果

仮想通貨 暴落

仮想通貨・暴落で焦っている方へ伝えたいこと。 暴騰している時はイケイケでも、暴落に遭遇すると すごく不安になるんですよね。 しかも仮想通貨取引所のサーバーがダウンしてたりすると、焦りが倍増して、ログインできたら 投げ捨てるように仮想通貨を手放します。。 よく考えてみてください!ビットコインをはじめ多くの仮想通貨は、2017年11月~12月の短期間で5倍・10倍になったんです。 そりゃ調整もしますよ。。。 今日、退場する方続出ですかね?折角市場参加者が増えたのに減って行くのは寂しい。。 暴落は気分悪いですが、特に焦りはありません。 仮想通貨のボラティリティ(値動き)は大きいことは心得ていたのですが…短時間で40%以上の全面安となり、ビビッて焦って 不安に押しつぶされて長期保有するつもりだった仮想通貨を手放しました。 短期間で原資の2. 5倍くらいまで膨れ上がった含み益が一気に吹き飛びましたが、なんとかプラスで逃げ切ることができたんですよ。 当時は「 危なかったー。 含み益が減ったけど早めに損切りして大正解!」っと思ってたんですね。 んで、大暴落の恐怖を経験した僕は仮想通貨の投資をしばらく休んでいたら……その結果2017年11月~12月の大相場に乗り遅れてしまいました。。。 ぶっちゃけ後悔しかありません>< もし 暴落・低迷時も含み損に耐えてずっとホールドしていたら原資の20倍くらいに増やせたんですから。。 大暴落しても冷静に相場をみるべし 今回の、仮想通貨暴落では、Zaif(ザイフ)以外にもCoinCheck(コインチェック)もサーバーがダウンしていました。 が、暴落を経験した人はかなり冷静に見ていたはずです。 今回の暴落で、出来高全く増えていないです。 板の薄いところを狙った一部大口の仕掛け。 握力弱い層がふんだくられた形。 ファンダ要因の市場全体の激震なら、出来高が増えるはず。 市場全体は全然狼狽していません。 ウォール街勢の大量ショートだったりして。 もしくは、第3波・第5波を終えてから買うために待ってるのかもしれませんね。 ぼくの考え 今回の暴落は年始の薄商いを狙った投機的な売り仕掛けによる暴落だと思ってます。 仮想通貨のバブルはまだ崩壊しない 最近の仮想通貨バブルをチューリップ・バブルに例える方も多いのですが、全然違うと思うんですよね。 チューリップ・バブルは昔からあった物が異常な暴騰をしましたが、仮想通貨は新しい技術に対する期待です。 投機が入って今まで以上に相場が盛り上がっていることは事実ですが… ブロックチェーン技術は凄まじい勢いで開発が進んでいますし、着実に実用化に近づいています。 今はまだ暴騰・暴落のニュースが多く相場も乱高下していますが、今年2018年から少しずつ実用化のニュースが増えてくると考えています。 各国で規制はあるけど禁止はできないはず 通貨発行権を守るため国が非中央集権的な暗号通貨を締め出したいのも分かるのですが…規制はあっても禁止はさすがに難しいだろうと考えてます。 自国の金融・経済を守れるかもしれませんが、鎖国をするようなもの。 暗号通貨・ブロックチェーンの分野で世界から取り残されるリスクを取れますかね?いくらなんでも現時点でそれは難しいと思うんですよね。 ぼくは、暴落後を狙って追加で購入 2018年も2~3回くらい大暴騰する時がくると思ってます。 裏を返せば大暴騰の調整も2~3回訪れるということ。 ぼくは 暴騰という名の調整こそ狙い目だと考えているので、暴落後を狙って追加購入していきます。

次の

仮想通貨ビットコイン市場暴落「5つの要因」激動の相場を時系列で振り返る

仮想通貨 暴落

前回大負けしたばかりなので、そこそこ怯えながらの買いです。 過去にポジションを取っている状態でメンテナンスに入ってしまい、全く売買できないという失敗をしましたので、毎週水曜の12時前にはスマホでアラーム バイブレーションのみ を3回に分けてかけています。 また、メンテナンス明けた後にが口座を作った12月に入金キャンペーンを行っていたそうでして、5000円ほどトレード口座に振り込まれていました。 10日朝に緩やかにビットコインが下げていましたので、下がり切ったと思われるタイミングで買いを行いました。 一時的な下げで、チャートの波かなと気に留めず、目を離していました。 1月7日の急騰の値を全て戻すかのような、急落が起こっていました 最終的にはそれ以上に下げています。 現在もホールド中でして、少しプラスの状態で推移しています。 前回のロスカットまでの損は受けていませんが、きつい金額です。 しかし、チャートを改めてみていますと、あるパターンが存在したため、仮説を立ていました。 1月7日の急騰と今回の10日の急落の前のチャートは、ビットコインの価格がほぼ横ばいになっています。 横ばいの期間は利益が重ねられず、持ち続けてしまう事が多いですが、高騰もしくは急落のシグナルだとするならば、念のためポジションを維持するかどうかを改めて決めたほうが良さそうです。 また高騰、急落後のチャートから入ると勝率が高い気がしますので、横ばいチャートになって読めない場合は、一旦ポジションを解消することも念頭に入れていきたいです。 今回のトレードを踏まえて今後やりたい事、反省点など• 先ほどの横ばいチャートの仮説を立証する• 仮想通貨トレード方法を猛勉強する• の取引所を試してみる が届きましたので、ひたすら仮想通貨の本を読んでいます。 先人の知識を取り入れて、狙い時のチャートで利益を重ねていきたいと思います。

次の

仮想通貨の暴落要因と将来性|東大卒・投資銀行出身トレーダーが解説

仮想通貨 暴落

仮想通貨大暴落で元本割れ発生中 各国の仮想通貨取引所規制とcoincheckハッキング事件に端を発する仮想通貨暴落。 詳細な分析は他のサイトに譲るとして、バブルがはじけてしまったと見るのが妥当なところでしょう。 私も調子に乗って資産1,000万円を掲げていましたが見事に500万円に圧縮されてしまいました 泣 以前、暴落耐性について記事を作成していました。 ただ、上記のときよりも、採掘難易度が大幅に上昇していますので再度見積もってみました。 クラウドマイニング投資回収期間ランキング では2018年2月5日時点での仮想通貨価格と採掘難易度をベースにした投資回収期間ランキングをみていきます。 1位はジェネシスマイニングの 無期限契約のビットコインマイニングプラン。 投資回収期間は242日間。 最強でしたが売り切れで購入も予約もできません。 2位がハッシュフレアのイーサリアム採掘プラン 1年 で334日間。 ギリギリ1年以内に元本回収できる見込みです。 そして 3位がのイーサリアム採掘プラン 2年 です。 1年1ヶ月ほど元本回収に時間がかかる見込みです。 それ以降もイーサリアムが続きます。 ちなみに6位がZcash。 2年契約でギリギリ元本回収できる計算になります。 現時点でのレートをベースに考えるとイーサリアムがベストと言えます。 5 1000000 0. リスクとしては採掘難易度の上昇や価格の下落が挙げられます。 採掘開始は2018年4月30日なので、それまでに仮想通貨の相場がどうなっているか分からないですからね。 イーサリアムの価格、回復しているだろうか…。 また、イーサリアム固有のリスクとして、イーサリアムのPoS Proof of Stake 移行が挙げられます。 イーサリアムの次期バージョンCasperではPoS方式を採用すると伝えられています。 PoS方式に移行すると、イーサリアムを保持している量に応じて採掘できる量が変わってきます。 したがって、今までのハッシュパワーによる単純な採掘見積もりができなくなります。 ジェネシスマイニングによると、イーサリアムがPoS移行した場合には他のGPUマイニング通貨の採掘に切り替えるとしています。 ビットコインゴールド BTG やZcash ZEC なども挙げられていますね。 気になる人は下記のツイートを見てみてください。 のGPUマイニング で採掘したい通貨を募集してます。 リプライで投票してみてはいかがでしょう。 何がいいかな。 — ぱぱぎーく クラウドマイニング1000万円投資 PapageekJp PoS移行による採掘アルゴリズム変更はマイナー泣かせですね。 それでもジェネシスマイニングがなんとかしてくれると信じています!! アレ?BCHの直接採掘どうなった? まとめ 仮想通貨暴落の現実逃避のために暴落耐性のあるマイニング通貨を選出してみました。 クラウドマイニングとしてはイーサリアムが現状ベストと言えそうです。 一方、さらい価格が下がったり、採掘難易度が上昇することも十分考えられます。 投資は自己責任にてお願いいたします。 ジェネシスマイニングで採掘契約する際のプロモーションコードを再度ご連絡します。 よろしければお使いください。

次の