ラテックス フルーツ。 ラテックスとは

ラテックスアレルギー・ゴムアレルギーの症状は?果物も危ない?!

ラテックス フルーツ

シラカンバ花粉症を持っている方で、果物を食べると唇や口の中、のどなどがかゆくなったり、腫れたりする口腔アレルギー症候群になる方が約50%弱いらっしゃいます。 原因となる食物は、バラ科のリンゴ、ナシ、モモ、サクランボなどが主ですが、プラム、メロン、スイカ、アンズ、バナナ、キウイ、ビワ、アボガドなどの他の果物、ヘーゼルナッツ、アーモンド、クルミ、ピーナッツなどのナッツ類、セロリー、ナス、ニンジン、ジャガイモ、キュウリ、トマトなどの野菜のこともあります。 患者さんの80%近くは複数の原因食物を持っていて、次第に数が増えていきます。 治療は、原因食物を食べないこと(抗原回避)や薬物治療が主体です。 急性期にはショックに準じた治療が要求されます。 抗アレルギー薬を長期間持続投与で食べられるようになる方もいます。 このところ医療現場で注目されてきているのが、天然ゴムによるアレルギーであるラテックスアレルギーです。 赤ちゃんの時のおしゃぶりなどでラテックス抗原に感作されていると、ラテックスの入った手術用の手袋、台所用手袋などが皮膚に触れただけで発赤、痒み、腫脹等の軽度な症状から急激な血圧低下を伴うショックにいたる重篤な症状まで起こることがあります。 歯科医院で口を触られた瞬間、ショックを起こしたり、救急外来で運ばれて手袋をはいた手で触られた瞬間、血圧が低下したりすることがあります。 歯科医がはく手袋や一般的な手術用手袋、点滴の管の一部、注射液のゴムキャップ、麻酔のマスクなどなど、医療現場ではラテックスの入った製品がたくさんあります。 そのため、ラテックスアレルギーがある人はあらかじめ皮膚にラテックスを貼って検査をする必要があります。 そのような方の中に、クリ、アボカド、キウイ、マンゴ、バナナなどで口腔アレルギー症候群に似た症状を起こす方がいます。 これをラテックス・フルーツ症候群といっています。 バラ科の果実は加熱処理によって抗原性を失うものが多いのですが、この症候群の原因食物であるクリ等は調理されても抗原性は失われません。 重篤な症状になることが多いので注意が必要な疾患です。 ゴムを触ると痒くなるのは単なる接触性皮膚炎のこともありますが、ご心配の方は診察にいらして下さい。

次の

いちじくアレルギーはラテックスアレルギーで反応!?

ラテックス フルーツ

つなまよさんから希望があったので、緊急作製しました(笑)。 内容が平凡すぎたら、ごめんなさい! 天然ゴムは、ゴムの木の幹から採取した樹液を加工して作ったものです。 最近、このゴム(ラテックス)アレルギー、またはこれに関連した果物によるアレルギー(ラテックスアレルギー・フルーツ症候群)が急増しています。 ラテックスアレルギーは、天然ゴム製品に含まれるラテックスタンパクに感作されておきる即時型症状を示すアレルギー疾患です。 天然ゴム製品に含まれる化学物質(加硫促進剤、硬化剤など)により感作された場合は、接触性皮膚炎が多いようです。 このアレルギーの原因となるラテックスタンパクは、植物が自ずから保護するためにもっている生体防御タンパクだそうです。 現在14種類ほど単離・同定されています。 ゴムの生産量を高めるために、ゴムの木を傷つけ、ストレスを高めて得られた樹液に入っている、これらの生体防御タンパクが、他の多くの植物に種を越えて含まれていることは不思議なことではありません。 多くの植物も自分を保護する必要性があるのですから… そのため、ラテックスアレルギーに感作されると、多くの植物に対してもアレルギーを起こしてしまう可能性が高くなります。 ラテックスアレルギーの発症は、日本より欧米での発症率が高いようですが、最も多いのは、ゴム手袋を使う医療従事者のようです(特に、歯科医)。 このアレルギーは医療従事者に限らず、下記に示すように、多くのケースで発症しています。 そのため、欧米では、医療従事者が喘息・アナフィラキシーショックの症状を起こすため、職業を変更せざるをえなくなり、訴訟問題となっている例があるようです。 また、果物などはラテックスと交叉抗原性をもつことがすでに知られ、ラテックスに感作された人が上記のような果物を食べると、蕁麻疹、アナフィラキシーのような強い症状を誘発することがあり、これをラテックスアレルギー・フルーツ症候群と呼びます。 この場合、ラテックスアレルギーが先に発症して、果物などの特定の食物アレルギーを合併する場合が多いのですが、中には、果物などの食物アレルギーからラテックスアレルギーを誘発することもあるようです。 いずれにしても、症状が強い場合が多いので、ラテックスアレルギーの方は体調不良時、疲れ気味などのときは、これらの食品をとらない方が安心だと思いますし、逆に、これらの食品に対するアレルギーの方も体調不良時や疲れ気味のときは、ゴム製品にあまり接触しない方が良いと思います。 果物では、特にバナナ、アボガド、キウイ、栗がラテックスとの交叉抗原性が高いようで、いずれもアナフィラのような強い症状として出る場合が多い食品です。 もちろん、上記でリストアップした食品のほとんどは、単独でも強い症状を誘発することが多いものばかりだと気づくでしょうが… しっかりと加熱をすれば、抗原性が低下するものもあるのですが、中には耐熱性のものがあり、果実によって異なるので、注意が必要だそうです。 例えば、アボガドは加熱で抗原性が消失するようですが、モモは耐熱性だそうです。 参考までに、果物ですが、これらは花粉などと交叉するものが多く、これは口腔アレルギー症候群(OAS)と関連しますので、また別の機会に書く予定です。 <妊娠・出産・育児中の注意点> ゴムアレルギーの可能性がある場合、もしくはゴム手袋をして家事をしているのに主婦湿疹がひどい場合などは、ラテックスのアレルギー検査(血液検査:RAST)を1度受けてみると良いと思います。 その際、最低でも、上記のバナナ、アボガド、キウイを同時に検査しておくと、フルーツとの関連性を検討できるので良いと思います。 そして、万が一、軽度でもラテックスアレルギーが判明した場合、普段の生活に支障がない状態でも、できる限り、ゴム製品を排除します。 分娩中のアナフィラキシーの例があります。 ゴム製品から溶け出すことが感作の原因となるようです。 赤ちゃん用の乳首はほとんど溶け出さないように製造されているようですが、おしゃぶりは若干溶け出すようです。 そのため、ゴム(ラテックス)ではない製品の使用をおすすめします。 また、アレルギーっ子が輪ゴムや風船などゴム製品をなめることも多いので、できるだけ避けた方が良いと思います。 この葉を触って遊んで、アレルギーを起こした例があるそうです。 これらは通常でも抗原性が高く、アナフィラキシーを起こしやすい食品なので、ラテックスアレルギーで今まで大丈夫であっても、体調が悪い時に摂取すると、アナフィラキシーを起こす可能性があります。

次の

【主治医が見つかる診療所】ラテックスフルーツ症候群|キウイフルーツ×ゴム手袋は危険?

ラテックス フルーツ

ラテックスフルーツ症候群とは? ラテックスフルーツ症候群とは、 ラテックスアレルギーの人が、天然ゴムと同じ成分のフルーツを食べるとショックを引き起こすことです。 ラテックス…天然ゴム(風船やゴム手袋など)• フルーツ…果物(キウイやバナナなど) ゴム手袋をよく使う人は、その成分が肌に入り込み、ラテックスアレルギーになる可能性があるそうです。 そしてキウイフルーツにはラテックスと似た成分があり、それを食べることでショック状態になります。 ラテックスアレルギーの人が食べると危険なのはキウイだけでなく、 バナナもショックを引き起こす可能性があるようです。 また矢上教授によると、症例は少ないですが 桃やパパイヤも危ないとのことでした。 【主治医が見つかる診療所】に登場した患者は、以前 モンブランを食べて症状が出たようです。 栗やアボカドも要注意です。 ラテックスフルーツ症候群の対策 【主治医が見つかる診療所】の放送内で、ばんたね病院:矢上教授が教えてくれた、ラテックスフルーツ症候群の対策は2つです。 ゴム手袋をした後で、手が痒くなったら使用をやめる• 中がコーティングしているゴム手袋を使う 番組ではゲストの麒麟・川嶋さんが、 粉なしゴム手袋について話しておられました。 最近購入したゴム手袋は粉なしだったと。 これこそ、矢上教授が仰っしゃるコーティングゴム手袋した。 川嶋さんは何も知らず、ラテックスアレルギー対策のゴム手袋を購入されていました。 したの商品もコーティングされた粉なしのゴム手袋です。 アレルギー対策がされているので、ラテックスアレルギーだけど、どうしてもゴム手袋を使う必要がある人は、 コーティングゴム手袋を使いましょう。

次の