対応 早い お礼。 「早い返事」の敬語表現・早い返事の使い方と例文・別の敬語表現

メールの返信へのお礼の書き方!ビジネスメールのマナー(例文付) [ビジネス文書] All About

対応 早い お礼

「早い返事」という言葉はメールや手紙などで使う言葉です。 こちらが何か聞いたり、質問したりして早く返事が返ってきた時、「早く返事をもらったけどなんてお礼をしたらいいんだろう」と思うことがあります。 そういったときに使える「早い返事」の敬語表現についてご紹介します。 ビジネスシーンだけではなく日常生活でも使うので覚えておきましょう。 メールや手紙などを頂いたりした場合は、なるべく早い返事が望ましいとされています。 相手を待たせてしまうと失礼に当たることがあるため、返事ははやくすると良いです。 自分が送った場合に早い返事があると聞きたかったことが早くわかったり、対応が良いなと思えたりします。 「早い返事」の敬語での使い方 「早い返事」はビジネスシーンでも日常生活でも使うことのある言葉です。 そんな「早い返事」の敬語表現はさまざまあります。 よく耳にするのが「早速のお返事」という言葉です。 「早速のお返事」という言葉は敬語として正しい表現です。 「早い返事」をいただいた場合には「早速のお返事ありがとうございます」とお礼を伝えるといいでしょう。 たまに「お早いお返事」という言葉を使う方がいますが、日本語として違和感を感じる方が多いでしょう。 丁寧にするつもりで「お」をつけていますが「はやい」にも「返事」にもついてしまっています。 「早い返事」を敬語で表現する場合には、「早速のお返事」を使うほうが無難でしょう。 敬語の種類 敬語には大きく分けると3種類存在します。 ものごとを丁寧に表現する丁寧語、相手に敬意を表現する尊敬語、自分や自分の身内についてへりくだった表現をするのが謙譲語です。 丁寧語は語尾に「〜ます」や「〜です」をつけるのが特徴です。 それぞれは状況や相手によって使い分けます。 シーンに合った敬語表現を選びましょう。 この3種類の他にも、美化語と丁重語という敬語の種類があります。 美化語は皆さんが日常生活で聞くことが多い「ご飯」や「お酒」など「ご」や「お」が言葉の頭に付くのが特徴です。 「ご祝儀」なども美化語の1つです。 丁重語は「参る」や「申す」など自分の行動について丁寧に表現する敬語です。 使い方 敬語は使い方が難しいと言われています。 間違った使い方をしていると丁寧にしたつもりが逆に失礼になってしまうという場合もあります。 そのため、正しく覚えて上手な使い分けが必要とされます。 しかし、使い慣れてくるとサッと敬語表現が出てくるようになり、普段自分が使っている言葉と同じように使うことができます。 まず、上手に敬語を使うには正しく覚えることが大切です。 敬語の専門書なども多く販売されていますし、こうしてネット上にも敬語を学べるサイトはたくさんあります。 ちょっと手が空いたときや、何かをしながらなど1日のなかの少しの時間を使うだけで覚えることができます。 敬語を使うのが上手な方と会話するのも上達する近道です。 メールでの使い方 敬語はメールでも使うことが多く、メールで敬語を使うときの注意点もあります。 メールで敬語を使うときには誤字や脱字などに注意しなければならないのと、二重敬語にならないようにすることです。 誤字や脱字を防ぐには、メールを全て打ち終わった後に読み直すことが大切です。 脳内で読み直すだけでなく、声に出して音読することで間違いに気付きやすくなります。 二重敬語とは、敬語同士が重なってしまうことです。 丁寧にしようとするあまり、敬語同士が重なってしまい違和感を感じる文章になってしまいます。 二重敬語を防ぐためには正しい敬語の使い方を覚える必要があります。 メールも頻繁に送っていれば慣れてきてうまく使えるようになるので何度もチャレンジすることが大切です。 ビジネスでの使い方 ビジネスシーンでは敬語は無くてはならない言葉です。 敬語を使えないと会話に差し支えたり、失礼になったりします。 そのため、社会人になればほとんどの人が敬語を使えるようになります。 敬語は社会に出て目上の人と接する機会が増えれば聞く機会も増えるので、その分覚える速度が早くなります。 敬語だけでは無く、ビジネスマナーなども徐々に覚えていきます。 例えば「早い返事」ですが、メールや手紙は早く返事をする方が良いとされています。 そういったことも社会に出ると少しづつ覚えていきます。 「早い返事」を敬語表現するときの例文 「早い返事」使った例文を紹介します。 「早い返事」を使う場合はメールや手紙が多く、正しい敬語表現が求められます。 会話が多くメールや手紙をあまり使わない方々は「早い返事」という言葉を使ったことがない方も多いでしょう。 「早い返事」の敬語表現はさまざまあるので、相手や状況について使い分けましょう。 「早い返事」を使うときにはお礼を添えることが多いでしょう。 お礼の言葉も正しい敬語表現を使うことが大切です。 お礼の言葉もさまざまあり、丁寧さのレベルが幅広いので上手に使い分けましょう。 ありがとう 「早い返事」を使うときはありがとうという言葉の敬語を添えることが多いです。 ありがとうという言葉にはさまざまな敬語表現があるため、上手に使い分けましょう。 「ありがとうございます」も「感謝申し上げます」も同じありがとうという意味を持っていますが、丁寧さが違ったり、他の言葉との相性によって使い分ける必要があります。 例えば「早速のお返事、ありがとうございます」という風に使うことがあります。 敬語として正しい表現なのでビジネスシーンや日常生活で使うことができます。 この文章をより丁寧に表現する場合には「早速のご返信、感謝申し上げます」といった文章になります。 このように同じ意味でも違う言葉になるのでさまざま表現を覚えておくと便利です。 「早い返事」の別の敬語表現 「早い返事」にはさまざまな敬語表現があります。 状況や相手に合わせて使い分けます。 「早速のご返信」や「迅速な対応」など言葉もさまざまで、その後に続く言葉も数多くあるので何種類ものパターンがあります。 たくさん覚えておくことでシーンに合った使い分けがサッとできるようになります。 早速のお返事 「早い返事」の敬語表現として多く使われるのが「早速のお返事」という言葉です。 よく聞くこの言葉は使いやすく、敬語初心者にも覚えやすい言葉です。 「お早いお返事ありがとうございます」は日本語として違和感があります。 ですので「早速のお返事ありがとうございます」という風に使います。 「早速のお返事」より丁寧に表現する場合には「早速のご返信、感謝申し上げます」とすると丁寧さが増してより良い印象になります。 相手や状況などで使い分けましょう。 迅速な対応 「早い返事」を敬語表現する場合に「迅速な対応」という言い換えをする場合もあります。 「迅速な対応ありがとうございます」という感じに使います。 「迅速なご対応ありがとうございます」でも使えます。 「ご迅速なご対応ありがとうございます」は日本語として変なので間違わないよう注意してください。 「迅速な対応をしていただき、ありがとうございます」や「迅速な対応に感謝いたします」などという表現もできます。 「迅速な対応」に似た言葉では「素早い対応」などがあり、「素早い対応ありがとうございます」というように使います。 早々は失礼にあたる? 「早い返事」の敬語表現は「早速のお返事」や「迅速な対応」を使うと良いことがわかりましたが、それだけではなくその後に添える言葉にも気遣うとより良い文章となります。 「早い返事」を使うときに多いのが「早い返事」に対してお礼を伝える場合です。 「早速のお返事ありがとうございます」などと使いますが、そういった文章に「お忙しい中」や「ご多用のところ」などをつけるとより良い文章になります。 相手を気遣う気持ちも添えていると返事をしたかたも早く返事をして良かったなと思ってくれるでしょう。 早い返事をお願いするとき 「早い返事」をお願いしなければならない場面もあります。 「早い返事」をお願いするのは非常に難しいことです。 返事の催促をしているので、失礼のないように注意しなければなりません。 「早い返事」をお願いする場合にはまず自分がメールや手紙を送った日時や、内容を話した日時をはっきりさせます。 書類を再送できる場合は「念のため再送いたしますのでご確認お願いいたします」と続けます。 「早い返事」を求める場合は、いつもよりも丁寧に相手を嫌な気分にさせないようにお願いしましょう。 メールでの注意点.

次の

「お礼メール」書き方とビジネス例文!社内・社外・状況別に紹介

対応 早い お礼

メールでのお礼は、対面よりも難しい ビジネスの現場において、相手に感謝を伝える場面は多くあります。 対面であれば、直接お礼の気持ちを伝えられるので、きちんとした態度で臨めばなんとかなりますが、感謝の気持ちをメールで表現しなければならない場合、どのような文面が理想なのでしょうか。 いざ、お礼メールを書こうとして、急に手が止まってしまう人も決して少なくありません。 今回は、お礼メールを書くときのポイントと、さまざまなシーンで使えるメール文例をご紹介します。 これを参考にしながら、できるビジネスパーソンを目指しましょう。 お礼メールを送る際のポイント 訪問のお礼、会食のお礼、契約のお礼...。 ビジネスではさまざまなお礼のシーンがありますが、基本となる要素は共通です。 まずは、お礼メールを送る際、最低限気を付けておきたいポイントについてご紹介しましょう。 お礼メールを送るタイミング お礼メールはなるべく早く送るようにしましょう。 午前中の出来事に関するものであれば、その日の夕方までに、午後や夜の出来事であれば、翌日の午前中までに送るのがベストです。 表現にこだわり、じっくり時間をかけて、丁寧にメールを作成したい気持ちもわかりますが、お礼メールは鮮度が命です。 相手側にその出来事の余韻が残っているうちに送らなければ、お礼の効果は半減してしまいます。 例えば、訪問に関するお礼を送る際、場合によっては、同じ日に別の会社のAさんという担当も訪問に来ていたかもしれません。 Aさんが自分よりも早くお礼メールを送っていた場合、受け取る側からは「お礼メールがAさんよりも遅かった人」という認識を持たれてしまうかもしれません。 ちょっとしたお礼であればあるほど、なるべく早く送ることが大切です。 件名はわかりやすく簡潔に 件名は、ビジネスメールの中で気を付けなければいけないことのひとつです。 誰からの、何に関するメールなのかが、一目でわかるような件名を心掛けてください。 こうすることで、相手は何の用事か、誰からのメールかといった情報をひと目で判断できるため、メールの見落としなどを防ぐ効果があります。 よく見かける件名に、「先日はありがとうございました」というものがありますが、これはNGな例の最たるものです。 先日ではいつの話か具体的にわかりませんし、何の出来事か、また誰からのメールなのかもわかりません。 あなたがお礼メールを送る人は、ほかの人からもお礼メールをよく送られる人かもしれません。 そのことをしっかりと理解し、わかりやすい件名を心掛けましょう。 定型文にならないように お礼メールを送るスピードは、速ければ速いほどいいということをお伝えしましたが、だからといって、スピードを優先するあまり、どこでも誰にでも使えるような定型文を送るのはできるだけ避けたいところです。 文中には、その日の出来事に関する感想や思い出に残ったエピソードなどを盛り込み、「あなたのために書いたメールである」ということを強調するようにしてください。 そうすることで、相手もあなたとの思い出がよみがえり、いい印象を持ってもらいやすくなるでしょう。 また、ほかの人が定型文で送ってくる中、自分だけが具体的なエピソードの部分にふれていれば、それだけで相手の気持ちの中に差が生まれるはずです。 多少手間に感じることもあるかもしれませんが、書くことによるデメリットはないので、実践してみましょう。 この小さな差が、後々の大きな差へとつながっていくのです。 「取り急ぎ」は使わない 「取り急ぎ、お礼まで」というフレーズは、ビジネスメールでもよく見かけます。 しかし、取り急ぎというのは文字どおり、「とりあえず急いで」という意味ですので、場合によっては失礼だと感じる人もゼロではありません。 みんなが使っているから大丈夫ということではなく、その言葉の意味するところまで丁寧に理解した上で、使う言葉を選択するようにしましょう。 メールでお礼の気持ちを伝える ここからは、実際にお礼メールで使える文例を、シーンごとにご紹介していきます。 文例を自分なりにカスタマイズして、効果的かつスピーディーな文章作成に役立ててください。 昨日はお忙しい中、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 もし、追加のご要望やご質問などがございましたら、 私までご連絡いただけましたらすぐに対応いたしますので、遠慮なくご連絡くださいませ。 それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。 訪問のお礼メールを送る際は、感謝の意を伝えることはもちろんですが、当日出てきた課題や、要望に対する自分の動き方、今後の展開に関して言及し、次の訪問につなげやすい文章を作ることが大切です。 一度のやりとりで終わらせず、次につなげることを見越した文章作成を目指してください。 昨日は、心のこもったおもてなし、誠にありがとうございました。 普段はお伺いできないようなプライベートなお話は特に興味深く、 ご家族想いの姿勢は、私もたくさん学ばせてもらわなければならないと実感いたしました。 仕事の面ではこれからも、 より一層気持ちを新たに貴社のお役に立てるよう努めてまいります。 今後とも、変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。 会食のお礼メールの場合、向こうが選んでくれたお店であれば、その食事や店構えなどに関するコメントを添えると、相手も喜んでくれるはずです。 また、当日何気なく話した内容なども盛り込めれば、ますます相手の気持ちは良くなるでしょう。 人間というのは、自分に興味を持ってくれている人に興味を持つものです。 まずは自分が相手のことを好きになることで、相手からも好かれることを目指しましょう。 この度は弊社の企画にご採用いただき、誠にありがとうございます。 貴社事業に少しでも貢献できるよう、弊社一丸となって取り組ませていただきます。 追って、これからのスケジュールに関してご連絡させていただきますので、 少々お待ちいただけますと幸いです。 至らぬ点もあるかとは存じますが、全力で取り組んでまいりますので、 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 契約してもらった際は、それに対するお礼を言うのはもちろんですが、きちんと結果を出すよう努力することを示し、頼れる人材をアピールすることも大切です。 また、契約をした後の流れなどについて不安を持っている人もいますので、今度のスケジュールに関してもふれておくとより親切です。 先方の質問に対する対応、提案の流れの作り方など、とても勉強になりました。 また、営業後にご指摘いただいた点につきまして、 改めて見直しつつ、今後の商談で活かしてまいります。 これからもまだまだご迷惑をお掛けしてしまうと思いますが、 ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。 上司に対するお礼メールも、お客様宛にメールをする場合と同様に、どういった部分が印象に残っているのか、そしてそれを基に、今後どういった取組みをしていくのかまで記載できれば、上司もあなたのやる気を感じることができ、より信頼を寄せてくれるようになるはずです。 ただし、このメールはあくまでも上司が不在のときや、フロアが違うため、普段会えない上司などに対して使うようにしてください。 同じフロアにいる場合は直接お礼に行ったほうが丁寧ですし、それをせずにメールだけ送るのは、逆に失礼にあたりますので注意しましょう。 お礼メールを活用して、さらなる成果につなげる できるビジネスパーソンほど、メールを上手に活用し、自分の手間を最小限に抑えつつ、大きな成果を上げるものです。 そのひとつの例が、お礼メールといっても過言ではないでしょう。 お礼を言われて迷惑に思う人はいませんから、いかに効果的にお礼を伝えるかで、相手から得られる信頼も大きく変化するはずです。 メールを送る際には、「わかりやすい件名」「定型文ではないオリジナル文章」を心掛け、なるべく早くメールを送るようにしましょう。 明日より今日、午後より午前、そうしたちょっとした時間の差でも、相手の印象は大きく変わります。 今回ご紹介した文例では、比較的丁寧な表現を使っていますが、相手との関係性によっては、もう少しくだけた文体にすることで、気持ちがより伝えられる場合もあるでしょう。 場面や相手に合わせて自由にカスタマイズしていきながら、あなたの感謝の気持ちをきちんと伝えられるように工夫してみてください。

次の

メールの返信へのお礼の書き方!ビジネスメールのマナー(例文付) [ビジネス文書] All About

対応 早い お礼

恋愛と同じで、ビジネスでも気の利くメールはモテるのです 恋愛するとき。 モテるのは、ほしい時にほしいメールをくれる人だと思います。 たとえば「私のメールはちゃんと届いたかな」「読んでくれたかな」「内容に失礼はないかしら」。 メールを送ってドキドキしているとき、タイミングよく「メール読んだよ、ありがとう」の返信が届いたなら……。 想像するだけで とってもうれしくなりませんか。 そうです。 ビジネスだって気が利く人はモテるのです。 あなたもメールでビジネスモテ度をアップさせましょう。 メールを受け取ったら24時間以内に返信するのが、一般的なマナーです。 このとき、スタンダードなお礼メールであれば、 『メールありがとうございます』 ですよね。 では、よくある残念なメールを紹介します。 メールをありがとうございます!!! 取り急ぎお礼まで~! ん~、確かにメールのお礼は伝えているのですが、ダメ出しポイントがいくつかありますね。 そこで提案! 次のように少しアレンジしてみましょう。 ビジネスメールのマナー:相手の状況を考えてメールの文面をアレンジ まずは相手のメールの送信時間をチェックしてください。 時刻が夜なら残業中、朝早ければ「急いで対応してくれている」とわかるからです。 また、自分からの連絡をすぐに返してくれたときに適したフレーズもあるので、見ていきましょう。 〇遅い時間のメールをありがたく拝読しました。 〇お忙しいなか、ご丁寧なメールをくださり恐れ入ります。 〇朝早く出勤なさるのですね。 真っ先にメールをいただくなんて、ありがたいです。 〇熱心なお仕事ぶりに敬服しながら、メールを読みました。 〇いつもながらの素早いご対応に感謝します。 〇すぐにお返事をいただき、大変助かります。 このように書けば、ただの「ありがとう」が、あなただけのメッセージに生まれ変わります。 相手のメールに合わせた「ミラー返信」でのお礼は好かれる 企業や人によってメールの書き方は多少異なります。 また、好みも違います。 ですから、いつでも自己流でなく、相手に合わせるのも一案です。 特に返信するときは、相手のメールに鏡のように合わせてみてください。 私はこれを「ミラー返信」と呼んでいます。 文章量であれば、相手が長ければ自分も長く、短ければ短く返します。 文面が堅い・やわらかいといった違いもあるでしょう。 表現が堅い人にお礼を伝えるならば「お礼申しあげます」「感謝いたします」などと漢字を交えて書きます。 やわらかい人には「ありがとうございます」「助かります」など、ひらがなを中心にします。 このように相手に合わせると、読み手は自分の書き慣れたメールを読むかのごとく、スラスラと目を通すことができます。 ビジネスメールのマナー:相手の状況を考えてお礼メールの文面をアレンジ また、お礼を言い合っているとメールのやりとりが終わらないことがあります。 「メールのやりとりは、どこで終わらせたらいいの?」と悩んだら、「目下が最後に送る」「目上がもらって終わり」を心がけてみてください。 社内であれば、部下が上司や先輩に送って終わり。 社外なら、仕事を受ける側が送って終わりにします。 このとき、最後に次の一文を添えるとより効果的です。 〇お礼ですので、返信はお気になさらずに。 〇どうか返信はお気になさいませんように。 これで相手がまた返信する手間が省けます。 さりげなくお礼を伝えて、スマートにメールを終わらせる。 そんな思いやりがあれば、あなたのビジネスでの評価と信頼がますますアップすることでしょう。 【関連記事】•

次の