口内ヘルペスとは。 ヘルペス性歯肉口内炎について

口唇ヘルペスの市販薬「アラセナS」は口内炎にも使える?使えない?

口内ヘルペスとは

単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルやグラスなどを介しても感染します。 このウイルスの特徴は、最初に感染して免疫を獲得してその人に抗体ができても、機会があれば再感染や再発を繰り返すということです。 大人にみられる口唇ヘルペスのほとんどが再発型で、年1〜2回の再発を繰り返します。 ウイルスは体内にひそんでいて何らかのきっかけで再発します 乳幼児期の単純ヘルペスウイルス1型の初感染は、ヘルペス性口内炎などで現れることもありますが、たいていの場合は症状がでません。 風邪で熱が出た後にみられる風邪の華(熱の華ともいう)が口唇ヘルペスです。 風邪以外にも疲労、紫外線、胃腸障害、外傷、ストレス、老化、薬剤の使用(ステロイド、免疫抑制剤など)などの体の抵抗力や免疫機能の低下が再発の誘因となります。 他人との接触、自分自身の患部からも感染する可能性が 症状が出ている時期はウイルスを大量に排泄しています。 この時期に患者に接触した人で、単純ヘルペスウイルスの抗体を持っていない人や、持っていても抵抗力が落ちている人は感染する率が高くなります。 感染した場合、接触した日から3〜7日の潜伏期間を経て発症します。 自分自身の患部に触れた場合、きちんと手洗いをしなければ、数時間は感染する可能性があります。 なお、アトピー性皮膚炎の人は皮膚のバリアー機能が低下しているので、症状が重症化することがありますので注意が必要です。 皮膚症状は2週間ほどで治ります 1. 皮膚に熱感、違和感、かゆみを感じます。 再発を繰り返す人は自分でわかるようです。 この時期は患部でのウイルスの増殖が活発です。 このような早い時期に治療を始めることが大切です。 この中にはウイルスがたくさん存在します。 水疱は初感染では大きく、再発を繰り返すと小さくなっていきます。 口紅などが合わなくてできる水泡は唇全体にできるのに対し、口唇ヘルペスでは1ヶ所にできるのが普通です。 体調のよしあしなどの要因で症状の程度は異なりますが、4つの段階を経て2週間ほどで治っていきます。 早めに治療するほうが効果的 再発の予感がしたら、あるいは口唇ヘルペスの症状がでたら、早い時期に治療を始めるほうが治りも早くなります。 治療にあたってはウイルスを退治する抗ウイルス薬を使うことが最も効果的です。 最近では、軟膏や錠剤の抗ウイルス薬もあるので、手軽に治療できるようになりました。 ただし、抗ウイルス薬はウイルスの遺伝子に働いてウイルスの増殖を抑制するもので、ウイルスを殺す作用はありません。 また、神経節にひそんでいるウイルスに対しても効果はありません。 したがって、症状が出ている間、特に症状の出はじめのウイルスが増えている時期が治療のよい機会なのです。 患部に触れないように 自分自身も患部に触れて感染します。 特に目に感染して発症する角膜ヘルペスは、失明する危険性がありますので注意しましょう。 といっても、口唇ヘルペスのほとんどは再発型であり、本人はすでに抗体を持っているのであまり神経質になる必要はありません。 抗ウイルス剤で治療していれば、口紅などのお化粧をしてもかまいません。 ただし次の点には気をつけてください。 ・ 患部に触れた指で目を触らない ・ コンタクトレンズを唾液で濡らして装着しない ・ 患部に触れた後や、外用薬を塗った後には手を洗う ・ 水疱は破らない(細菌感染が加わると痕が残ることがある) 医師の指導を受けて上手に直しましょう 症状がある時は医師に相談しましょう。 また再発を繰り返す人、海やスキーに行くと必ず再発するというような人は、きざしがあったらどのような処置をすべきかについて指導を受けておくとよいでしょう。

次の

口唇ヘルペスとは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

口内ヘルペスとは

原因は疲労やビタミン不足などとのことですが私は疲労時によく下くちびるのピンク色と顔の肌色の皮膚の境目部分にヘルペスができます。 これは単純ヘルペスと呼ばれるもので多くの人は成人するまでに単純ヘルペスウイルスに感染しているそうです。 但し感染しても症状が全く出ない人もいれば私のように疲れたり徹夜などをするとヘルペス症状がでる人もいるそうです。 また特にアトピー性皮膚炎を持病として持っている場合はヘルペスの発症確率が格段と高くなります。 尚、今回の口内ヘルペスが突然発症した原因もこの「単純ヘルペスウイルス」が口内に感染したことが原因とのことです。 私のケースでは、舌の上と歯茎部分にかなり小粒のつぶつぶができていました。 しかし単純ヘルペスウイルスは多くの人が体内に既に持っており、ヘルペスを一度でも発症した経験のある方であれば口内へウイルス感染し口内ヘルペスを発症する可能性はいつでもあるという事になるのです。 ですから口内ヘルペスの発症経験が一度もない方であっても、もし突然口内にヘルペスが発症しても過度に心配されなくても良いと思います。 尚、診察に関しては自分は皮膚科を受診しましたが、先生に受診について尋ねたところ口内ヘルペスの場合は「内科」か「耳鼻咽喉科」もしくはかかりつけの皮膚科がある場合は「皮膚科」を受診すると良いとのこでした。 何科を受診したら良いか迷った時の為に覚えておいて損はないかと思います。 結構焦りますので.

次の

口唇ヘルペスとは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

口内ヘルペスとは

もくじ• 口内ヘルペスと口内炎の違い 以下、Wikipediaより抜粋。 口内ヘルペス(口唇ヘルペス)とは、皮膚に生じる単純ヘルペスウイルス感染症の一種で、口唇にできるもの。 単純ヘルペス(たんじゅんへるぺす)とも呼ばれます。 原因として、風邪やストレスや心労、老齢、日光等の刺激によって、ウイルスが増殖して症状を繰り返す。 成人の約7割がこのウイルスに感染している。 口内炎とは偏食による鉄分やビタミンの不足、ストレスや睡眠不足によっておこります。 不正咬合(口内を噛むなど)や、歯ブラシなどによる傷により細菌の感染により炎症ができます。 どちらも細菌やウイルスによる感染で、違いが見分けにくいようですが、 「口内炎」がおおきいくくりで口の中の炎症、その中に 「口内ヘルペス」が含まれます。 それとは別に 口の外の炎症が「単純ヘルペスウイルス感染症」となります。 見た目も、症状も似ていて、ちょっとややこしいですね。 口内炎の原因と症状 私の場合、口内炎の症状は毎年歓送迎会や正月など、飲み会が続いた時や揚げ物など、ご馳走を食べた時に出てきます。 必ず胃もたれがする時に症状がでるので、胃腸と関係しているように思います。 最初は舌の横側に白い点ができて、ものを食べる度に激痛が走りました。 舌と頬の間にできることもよくあります。 別の症状として唇の外側に2点ほど水泡ができて、いつの間にか潰れてかさぶたになりました。 これは唇の外側なのでヘルペスではないかと思われます。 こちらは舌や唇の内側の口内炎と比べるとさほど痛くありませんでしたが、家族に移るのではないかとタオルを別に使用しました。 せっかく治りかけているのに、かさぶたをついついいじってしまい、長引かせてしまいます。 Sponsored Links 口内炎・口内ヘルペス我が家の治療法 病院に行っても、結局塗り薬しかもらわないので、最近は自分で対処しています。 チョコラBB(ビタミン剤)を1日2粒飲む。 今回数錠しかなかったので、口内炎や疲れた時の「トラフルBBチャージ」を購入しました。 効能が口内炎の他、口角炎、舌炎、口唇炎、ニキビに効くとされています。 今回こちらで症状がすぐ良くなりました。 飲酒・油物を控える。 2、3日で大体症状が良くなります。 唇がヒリヒリして辛い 先日高校生の娘が運動会の後、唇が荒れてヒリヒリして、食べるのもつらいと珍しく弱気になってしまいました。 おそらく運動会の疲れやストレスから来たものではないかと考え、我が家の対処法にのっとり、チョコラBを飲ませても一向に治りません。 あまりに痛がるので皮膚科に直行すると、「 口唇炎」と診断されました。 炎天下の中の運動会の練習で角質が薄く乾燥しやすい唇が炎症を起こしていたのです。 唇の日焼けですね。 薬はメドロール錠4mg(炎症を抑える薬)を朝と夕の2回、ザイザル錠5mg(炎症を抑える薬)を夕に1回、エバステルOD錠10mgを朝に1回飲み、デルモゾールG軟膏(皮膚の化膿や炎症を抑える)を朝夕に塗るなどの処方箋をいただき、速攻で治りました。 間違った素人の診断は、かえって症状を悪化させ、長引かせてしまいます。 痛みがいつもと違うようでしたら、迷わずに医者に診てもらいましょう!! Sponsored Links おわりに まとめますと、「口内炎」はビタミン不足、ストレス時に口の中での歯磨きやかみ合わせの事故で出てくる症状になります。 「口内ヘルペス」はウイルス感染症により(70%の方がすでにかかっていますが)免疫が落ちた時に出てくる症状と言えるでしょう。 2,3日で治らない場合、口内ヘルペス(ウイルス感染症)の可能性が高いでしょう。 口内ヘルペスはウイルス感染症なので、顔の他の箇所に広がったり、他人への感染の可能性もありますので、初めて症状が出た方は病院にかかるのをおすすめします。 病院は皮膚科か内科・耳鼻咽喉科に行きましょう。 妊娠をしている方は、飲み薬に制限がありますので、産婦人科の方がいいでしょう。 また、まれに金属アレルギーが原因で、歯の詰め物やかぶせ物に触れる部分に口内炎ができることがあります。 歯科でかぶせを直してもらえば治ると思います。 口内炎は健康のバロメータ 口内ヘルペス・口内炎いずれにしても、ストレスや疲れ、ビタミン不足、口内の不衛生そしてその大元は食生活の乱れに原因があると思われます。 私の場合、食べ過ぎ、お酒を飲みすぎた後に症状がでてくるので、最近では健康のバロメータにして、飲む量・食べる量に注意をしています。 「これ以上は危険だ!」と体が信号を出していると考えるようになりました。 せっかく体が危険信号(口内炎・ヘルペス)を出しているのですから、暴飲・暴食を避け、規則正しい食生活を心がけているば、重大な生活習慣病にかからなくて済みます。 二日酔いの朝食など1食抜いたからと言って食べなくても急に栄養失調にはなりません。 食べ過ぎ、飲みすぎたかなと思ったら、十分な睡眠を取り、飲食を少し控えるだけで、体調が元に戻ります、どうぞお試し下さい。 最後に日焼けや唇の乾燥による口唇炎の可能性もあります。 保湿クリームを塗るなど、こまめにチェックして唇やお口のケアに努めていきましょう!!.

次の