少し でも お 役に立て れ ば 幸い です。 「微力ながら」の意味と類語・使い方と例文

ビジネスメールでよく使う「幸いです」「幸甚です」…この2つの違い、理解してる?

少し でも お 役に立て れ ば 幸い です

では、「微力ながら」という言い回しは、どのようなシチュエーションや場面で使われるものなのでしょうか?続いては、「微力ながら」という言い回しの使い方について、考察していきます。 上記でもご紹介したように、「微量ながら」は謙遜のニュアンスを含んでいる言葉です。 主に、相手のことを手伝ったり協力したりする際に、相手に大して自分が言うパターンが多いように思います。 相手に協力する際に、「手伝ってあげますよ」などと申し出るのは、少々恩着せがましい印象を与える可能性があります。 また、協力したり手伝ったりしても、相手が思うような成果を出せないかもしれません。 このような背景から、相手に不快な思いをさせない為、また自分の保身という意味も兼ねて、「微力ながら」という言葉を使うのが、ベストな使い方だと考えられます。 基本的には、目上の人に対して使う言い回し 「微力ながら」という言い回しは、比較的頻繁に使われるものですが、いつも同じ言い回しをしているのも、つまらないものですよね。 メールの文書などで、毎回「微力ながら」という言い回しばかり使っていると、どうしても文面がマンネリしてしまいますし、後に続く言葉や文章も同じようなものになりがち。 そこで、「微力ながら」という謙遜の言い回しも、レパートリーを増やすことをおすすめします。 謙遜の際の言い回しのレパートリーが増えれば、より豊富な言い回しができる為、文章などもマンネリしにくくなります。 また、使える言葉や文章のバリエーションが増える為、より会話の幅が広がるはずですよ! ・お役に立てるか分かりませんが~ ・僭越ながら~ いずれも、自分の力を謙遜して表現する言葉ですが、あまり謙遜し過ぎてしまうと、相手に「それなら協力しなくて良い」と思われてしまう可能性も。 「微力ながら」を含め、謙遜の意味を含む言い回しをする際は、あまりにも自分を謙り過ぎないようにすることも大切です。 いかがでしたでしょうか?今回は、ビジネスシーンでよく使われる「微力ながら」という言い回しをテーマにして、意味や正しい使い方、例文などをご紹介しました。 日本には、謙遜を美とする文化があります。 あまり謙遜をし過ぎて、自分のことを大袈裟に謙ると、卑屈に見えてしまう可能性はあります。 しかし、上手く謙遜のニュアンスを含んだ言動を取り入れることで、恩着せがましい印象を払拭したり、奥ゆかしさを表現したりすることが可能になります。 「微力ながら」は、目上の人へお手伝いや協力を申し出る際などに使える、便利な言い回しです。 さまざまな言い回しや言葉との組み合わせを覚え、社会人としてワンランク上の会話をしたり文章を書いたりできるようになりましょう! ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の

少しでもお役に立てたなら幸いです

少し でも お 役に立て れ ば 幸い です

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

少し でも お 役に立て れ ば 幸い です

【幸いです】【幸甚(こうじん)です】の違いって? ビジネスメールでよく見かけるこの二つの言葉。 【幸甚です】の意味は、漢字のとおり 「幸せであることが甚(はなは)だしい」ということ。 甚だしいは普通の度合いを超える、尋常でない程のという意味があります。 目上の方やビジネスでの依頼文書などはこちらの表現を用いると「幸いです」より丁寧になります。 ですが先程申し上げたように、〝普通を超える〟幸せの表現なので多用すると文章がしつこくなり、相手が特別に感じられなくなるおそれもあります。 用いるときは一か所だけに留めましょう。 c Shutterstock. com 【幸いです】は、 幸甚ほどかしこまることなく、丁寧に依頼や自分の想いを伝えることができます。 「幸いです」の前には、「~していただけましたら幸いです」など、相手に依頼する文章がくることが多いですね。 相手にして欲しいことを伝える時の文末は『です。 』の丁寧語で伝えるよりも、「お返事いただけましたら幸いに存じます」など、 『思う』の謙譲語『存じます』を付けて伝えると自分をへりくだって相手に伝えることが出来ます。 同じ相手でも正式なビジネスでの依頼文書なのか、会合など親しく会食した後の御礼の文書なのか、など使い分け出来るようになるといいですね。 一文につけ加えるだけで、相手に気配りを感じさせる言葉「ご自愛くださいませ」 c Shutterstock. com なかなか口語表現では使われないかもしれませんが、『ご自愛』とはその言葉のとおり、 「(ご自分の)お体を大切になさってくださいね」という意味です。 ビジネスのやり取りが続くなかで、メールの最後の一文に「季節の変わり目ですのでご自愛くださいませ」の一文があったら、相手は 仕事の内容だけでなく、自分にも気配りをしてくれていると感じるでしょう。 また、『ご自愛くださいませ。 』の前には、 ・季節の変わり目ですので ・寒くなってまいりました ・暑くなってまいりました など季節を感じる表現をいれると、相手に季節感も感じて頂くことが出来ます。 最後に赤名麻由子さんから、今回、編集部にいただいたメールをご紹介します。 今回も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。 何か一つでも皆様のお役に立てる内容がありましたら幸いに存じます。 日々、寒さが増しております。 皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。 とても素敵で思いやりが伝わるメールの文章…! 赤名さん、ありがとうございました。

次の