四谷大塚 二子玉川。 四谷大塚 二子玉川校舎の塾講師バイト・アルバイトの求人|塾講師ステーション

SAPIX、四谷大塚、日能研、我が家がこの塾を選んだ理由!

四谷大塚 二子玉川

Contents• 塾の合格者数だけでなく 合格実績の定義を見ること 「小石川57人合格」と「小石川46人合格」 塾のチラシやホームページで見る、この「57人合格」と「46人合格」どちらの方が多く実績をあげているでしょうか? 普通に考えれば「57人合格」の方が良いに決まっています。 ところが塾の合格実績に限って言えば、必ずしも当てはまりません。 なぜなら 合格実績に数える生徒の定義が塾によって大幅に異なるからです。 例えば、「46人合格」した塾はいわゆる本科生として週4日通学している生徒の合格者をカウントしている一方、「57人合格」した塾は無料の模試や数日だけの直前講習だけを受講した生徒も合格者にカウントしているとしたらどうでしょうか? ひょっとしたら「57人合格」した塾でも、本科生だけだと10人しか合格していない可能性もあるのです... すると「46人合格」の塾は本科生だけの数字なので、「46人合格」の塾の方が圧倒的に合格実績を上げていることになるのです。 一番良いのは、塾が合格者実績の定義を同じにすればわかりやすいのですが、実際は個々の塾がぞれぞれの定義で合格者数をはじいていることに注意が必要です。 ここでは都立中学に強い6つの塾が発表している合格実績の定義について整理します。 対象となる塾は都立中学の合格者を多数出している、大手進学塾4校と、準大手1校、都立専門塾1校で比べます。 大手進学塾4校(SAPIX、早稲田アカデミー、四谷大塚、日能研) 準大手進学塾(栄光ゼミナール) 都立専門塾(ena) 大手進学塾の合格者定義はほぼ同じ SAPIX まずは中学受験塾といえば、のSAPIXの合格実績者の定義はこちら サピックス小学部では、内部生手続きを行い、継続的かつ2019年1月まで在籍した生徒のみを合格実績として掲載しております。 テスト生や各種講習生などは、実績に含んでおりません。 SAPIXの合格実績の定義には3つの要素があります。 合格者定義としてはわかりやすいといえます。 そのため、 ワセアカとSAPIXの合格実績は比較しても問題ないといえます。 合格者数は、早稲田アカデミーグループ(早稲田アカデミー・国研・SPICA・MYSTA・早稲田アカデミー個別進学館・水戸アカデミー・QUARD、及び早稲田アカデミーシンガポール校)に、塾生として正規の入塾手続きを行い、受験直前期まで継続的に在籍し、授業に参加した生徒のみを対象に集計しています。 テストのみを受験した生徒、夏期合宿・正月特訓・その他選択講座のみを受講した生徒は、一切含んでおりません。 四谷大塚 SAPIXや早稲アカと比べて四谷大塚は少し異なります。 四谷大塚は直営校だけでなく、合格実績の対象にYtnetを含めていることから 四谷大塚の教材を使用している中規模以下の塾や、 ネットでの通信教育(四谷大塚NET)での実績も含めているのが特徴です。 合格者数は四谷大塚ネットワーク(四谷大塚、四谷大塚Ytnet、四谷大塚NET)に在籍し、四谷大塚が開発した教材及び教育システムで学習した生徒を対象として集計しております。 なお、講習生や公開テスト生などは、一切含んでおりません。 日能研 日能研ではSAPIXや早稲アカと同じく、 継続的に受講した生徒のみに限定しています。 ここに掲載した合格者は日能研で学び続けた教室生です。 単科生・特別授業生・各期間講習生・テスト生は含まれていません。 栄光ゼミナール 栄光もシンプルながら他の塾と同様と考えて良いでしょう。 合格者は栄光ゼミナールに通われた生徒であり、講習生・テスト生は一切含まれておりません。 enaの合格者定義は独特 合格実績の定義が他と違うことを認識する必要があるのがena。 簡単に言うと 「10時間以上受講した生徒」は合格者に算入。 ということは夏期や冬季の講習はもちろん、いわゆる志望校直前対策での生徒も合格実績に含まれるといえます。 enaでは10時間以上の指導実績のある生徒のみを合格実績にカウントしています。 個別enaからの合格者も含みます。 No.1等の表記は、常設教室で通年授業を行い、チラシ等で合格実績を謳っている塾の中で比較して使用しています。 水増しはないが合格者実績の定義に注意しましょう 都立でも小石川などは塾の合格者数を足すと募集定員以上の合格者実績がでる場合があります。 そうなると、.

次の

【四谷大塚豊洲校舎】の情報(口コミ・料金など)【塾ナビ】

四谷大塚 二子玉川

我が家がサピックスを選んだ理由 1. 子供を託したいと思えた塾 サピックスは全てがプロ中のプロ。 それが決め手でした。 サピックスの入塾説明会に行ったのは3年前、子どもが新4年生になる頃でした。 数ある進学塾のうち、サピックスにお邪魔したのは一番最後だったのですが、それまでどこの塾の説明会に行ってもピンとくるものがありませんでしたが、先生の説明、模擬授業を受けているうちに「ここしかない。 うちの子にはここが一番合っている。 」と感じ、すぐに入室テストの申し込みをしました。 私がそう感じたのは、受付の方、校舎の所々に立って父母を案内する先生方が皆さん身だしなみがきちんとして背筋がピンとしており、何を伺っても真摯で丁寧な応対をしてくださったからです。 その姿に、並ならぬプロ意識を感じました。 正に、プロ中のプロでした。 サピックスに通っていた3年間、先生方、授業内容、そして校舎の事務スタッフの方たち、全てにおいて不安を感じる事は全くなく、安心して子どもを託すことが出来ました。 入塾説明会で父母に対して「子どもを託したい。 」と信頼させ、安心させたサピックスは、最初から最後まで「プロ中のプロ」でした。 クラス別授業のシステムで子供のモチベーションが上がる サピックスの決め手は、クラス別の授業です。 サピックスは、テストによってクラス別に分かれます。 一度上のクラスの授業を受けると、授業そして生徒のレベルの高さがよくわかります。 レベルの高い授業を受けると、さらにその上を目指したいと考えて進んで勉強します。 このシステムがモチベーションにつながります。 勉強をするためには、環境とモチベーションが必要です。 サピックスには、この両方が備わっていますし、その生徒のレベルに合わせた授業をしますので、理解度に合わせた授業を受けられます。 勉強する意欲の高い仲間が多くいるので、自然と勉強に集中できるようになります。 体験授業などを通して塾との相性がよかったことが決め手 我が家がSAPIXを選んだ理由は先生との相性です。 4年生頃、子供の塾通いがしたいという希望で近隣の塾に通い始めました。 成績順調に上がってきたので、「これならいっそ目標を持たせて挑ませよう」と、早稲田アカデミー、ENA、栄光ゼミナール等お試しで通わせていただきましたが、結果的にSAPIXに決めました。 その中でも決め手は、学習の密度です。 1日の授業時間が長く、復習を大事にしているので宿題が多いように感じますが、定着力はだいぶあるかな、と親目線で見ていて感じます。 なお、子供がグループ指導が良いと希望したことと、面談して頂いた先生が授業も受け持ってくださった、ということもあり、先生との相性が良かった、ということもあります。 SAPIXに限らずですが、通塾するとなると長いお付き合いになるので体験で雰囲気を味わい、塾との相性を見る、というのも大事かと思います。 我が家が四谷大塚を選んだ理由 1. 志望校が定まってなかったので志望校判定テストが決め手 四谷大塚は、志望校判定テストがあるのでこの塾に決めました。 中学受験では、子供の行きたい学校と親の行かせたい学校が違っていました。 塾を選ぶ時に、四谷大塚は志望校判定テストがあり、正確な合格の判定を見られる事は親にとって有難かったです。 その際に沢山の資料も返却されますので、子供の苦手な分野をきちんと把握する事が出来ます。 資料をもとに志望校の学習計画が立てやすいです。 また、定期的にテストが行われるので、どれだけ学習した事を理解しているかが分かります。 宿題が出ますので、塾だけでなく自宅での勉強もしっかり行えます。 塾に行けない時には映像授業で勉強できるのも良い所です。 四谷大塚の教材は分かりやすい!子供の自主性を育てられる教材で学べる 通塾を検討していた際に、分かりやすくまとめられた教材を見て四谷大塚を選びました。 複数の中学受験塾を比べる中で、正直先生の質はどこもそれほど変わらないと感じました。 だからこそ、扱っている教材を参考にさせて頂きました。 中でも四谷大塚の予習シリーズは実に分かりやすくまとめられていました。 単元ごと覚えた方がいい内容が整理されて載っているため、テキストは辞書のように使えました。 元々予習を目的としているだけあって、問題集の解説もとても丁寧。 親の出番がなくても子供が読めば理解でき、自主性を育てる教材だなと感じました。 基礎問題集から応用問題集まで、自分の受けたい学校に合わせて進められるのも良かったです。 我が家が日能研を選んだ理由 1. 親自身が日能研で中学受験を経験 幅広い難易度の中学受験に対応しているので日能研を選びました。 当初は四谷大塚と日能研で悩みましたが、自身も日能研で中学受験を経験しているので、日能研を基本で考えました。 日能研の最大の特徴は、偏差値的な見方をするのであれば、幅広い難易度に対応できる進学塾という感じがします。 四谷大塚やサピックスは、比較的難関校を目指す受験生向きの進学塾だと感じていました。 特に多くの受験生が受ける模試に関しては、日能研の模試と四谷大塚の模試では難易度や狙いが異なります。 基本的にお子さんの受験する中学校の難易度によって選択をすることになると思いますが、最終的な判断は相性も重要になってきます。 進学塾も教室によって講師の性格も違いがありますので、よりお子さんに適した環境や指導方法をしている進学塾を選択することが望ましいと思います。 自宅の近くにある受験塾ということが何よりの決め手 我が家が日能研を選んだのは、自宅から最も近い受験塾だったからです。 小学校も高学年が近づくにつれ、学習以外の活動で下校時間が遅くなってきます。 特に公立の小学校では、昔に比べて家庭学習の量が多く、娘の場合は40分から1時間、自主学習があるとその2倍くらいの時間が必要でした。 通塾を検討するに当たって、難関校の合格率やテストフォローの有無、先生方の質、また費用などを鑑みて多くの見学・体験をしました。 しかし最終的に大きな判断となった材料は、『自宅の近くであること』『遅くなっても安全な道で帰宅できること』でした。 日能研自体はさすが大手ということもあり、カリキュラムや学習以外のフォロー、例えば学校説明会を日能研各校舎で行なったり、私学が一堂に集まるフェスも開催しており、保護者にとっては至れり尽くせりでした。 共働き家庭でも通塾させやすい 日能研を選んだのは雰囲気が良かったからです。 サピックス、四谷大塚、日能研の入塾テストを受けましたが、その中で子供自身がここが良いと決めたのが日能研でした。 母親としては、サピックスに通わせたい気持ちが当初強かったのですが、子供の熱意に負けて日能研に入塾させることにしました。 教室もとてもきれいで、お弁当が必要な日でも提携のお弁当の手配もあり便利でした。 このお弁当は素材にこだわり、そして手作りでした。 受験間近になると子供たちも時間や精神的にも追い込まれますので、親としては子供の体調管理により一層慎重になります。 こうした身体に優しいお弁当は働く母としてありがたい存在でした。 数年間お世話になりましたが、確かに親身になって相談に乗ってくださる先生が多く日能研を選んで正解でした。 苦手科目を丁寧に教えもらえ、成績アップ 我が子は小学4年生から、日能研に通っています。 我が家が日能研を選んだ理由は、苦手科目の点数を引き上げてくれたからです。 子供はとにかく算数が大の苦手でした。 入塾前のテストでは、酷い点数を叩きだし、このままではどこの中学にも入れないのではという状況でした。 しかし実際に塾通いを始めると、先生が苦手なところを授業終わりに丁寧に教えてくれるようになりました。 そのお陰で、入塾当初より算数の成績が格段に上がり、塾のクラスもワンランクアップすることができました。 このまま日能研で受験までお世話になる予定です。 受験勉強のスタートが遅くてもきちんとサポートをしてくれる 日能研が一番子供に寄り添ってくれたので、通塾を決めました。 公立中学校の環境が気になり、小学5年生で中学受験をしようと決めました。 中学受験の勉強を始めたのが5年生だったので、スタートが他のお子さんに比べて遅かった事もあり、塾選びには相当苦労しました。 色々な塾を体験させましたが、進むスピードが早く、塾長も事務的な感じがしたりと、我が子に合った塾がなかなか見つからず悩んでいました。 そんな時に中学受験をさせたママ友の薦めで日能研に体験へ。 相性が合ったのか、初回の授業から子供がわかりやすいと言ったのです。 また塾長さんについていけるでしょうか?と相談したところ「全く問題ありません。 きちんとサポートさせていただきます。 」と言って下さったのでお任せしました。 そして半年程でみるみる成績があがりびっくり。 他の先生方も上手に子供のやる気を伸ばしてくれたり、伸び悩んだ時は励ましてくれたりとお陰様で志望校に合格しました。 日能研のお陰で合格出来たので入塾させて良かったと思いました。

次の

こども英語・英会話教室の東進こども英語塾

四谷大塚 二子玉川

)は、に本部を置く。 概要 [ ] 主な業務はを対象とした学習指導。 テキストのは、提携塾・準拠塾でも使用されている [ ]。 (18年)より、を運営するの傘下となり、とはの関係である。 沿革 [ ]• - 創立。 四谷分校と大塚予備校で「日曜教室」が開かれる。 - 「予習シリーズ」完成、販売開始する。 - (当時)新実施に備えて、教材の改訂版を発行。 - 「合不合判定テスト」資料のコンピュータ処理がスタート。 - 予習教室に男子(・・)コースを新設。 - 提携塾契約開始• - 成績管理・在籍管理・受付業務にコンピュータを導入• - 準拠塾契約開始• - 低学年通信教育「リトルくらぶ」開始• - 高学年通信教育「通信くらぶ」開始(現在は「進学くらぶ」に名称変更)• - 「四谷大塚YTnet」開始• - 低学年通塾指導「リトルスクール」一部の校舎にて開始• - 「リトルスクール」全校舎にて開始• - を運営するが四谷大塚及び四谷大塚出版の全株式を取得すると発表。 - 「」開始、市ヶ谷校舎開校• - 中学受験の全国ネットワーク「四谷大塚NET」開始、IT授業(予習ナビ・復習ナビ)スタート。 あざみ野校舎開校• - 大宮校舎開校、豊洲校舎開校• - 教育情報誌「DreamNavi」創刊、横浜校舎開校• - の学習面に『とけるかな? 』『わかったぞ! 』掲載開始。 - 「東進こども英語塾」を四谷大塚校舎の校舎で開校 特徴 [ ]• 4年生以上は、四教科を専門教科の講師から教わる。 の(理科室)が設置されている校舎(お茶の水、中野、蒲田、町田、新横浜、津田沼、柏、南浦和)では、1年生から6年生まで「理科実験教室」を開講しており、「入門コース」「中学受験コース」が設置されている。 また、お茶の水校舎のみ「最上級コース」の設置がある。 「四谷大塚進学教室の歌」(作詞:、作曲:)という歌がある。 この歌は 「よっくんの下敷き」に歌詞、楽譜が載っている。 一時、会員にの演奏によるが配られていた。 カセットテープの中で歌を吹き込んでいたのは、歌手の。 校舎一覧 [ ] 校舎 校舎 校舎 校舎 校舎 校舎 校舎、校舎 校舎 校舎、校舎、校舎、校舎 校舎 校舎 校舎 校舎 校舎、校舎 校舎 校舎、二子玉川校舎 2018年 吉祥寺校舎 2019年 西船橋校舎 2020年 日暮里校舎 リトルスクール [ ] 小学校入学直前の2月〜小学3年1月までを、リトルスクールとして、直営校で開講している。 1クラスの定員は、1年生10名、2年生12名、3年生15名に対して、担任講師1名とフォロー講師1名がつく。 クラス分けはクラス分けテストで行われる。 全国統一小学生テストの場合もある。 クラスはSクラス・1クラス・2クラス…となっている。 このリトルスクールは、とを学習する。 4年生以上の学年は、国語・算数・・を学習するが、各教科毎に専門の講師がいるのに対し、リトルスクールは、低学年専門の講師が国語と算数を指導にあたる。 その低学年講師は、国語と算数を教える事によって、子ども一人一人の性格を知り尽くし、子どもの立場に立った時、精神面で安定が期待できる。 の詰め込みをするのではなく、を伸ばす事でを伸ばし、受験体制になる4年生のクラスへとつなげていくのが目的である。 進学くらぶ [ ] 4年生〜6年生までの中学受験向けの。 また、通塾生や、YTnet生と同じテストが、毎週金曜日に郵送で届く。 リトルくらぶ [ ] 1年生〜3年生までの通信教育 CM [ ]• 四谷大塚主催 (小学2・3・4・5年対象) 関連項目 [ ]• - 直接の関係はないが、名称が類似し間違えやすい同業他社• 外部リンク [ ]•

次の