絆2 チャンス目 モード移行率。 【バジリスク絆2】テーブル移行率に設定差はある?これが最高設定の実践値だ!

バジリスク絆2

絆2 チャンス目 モード移行率

いまだにどのホールでもメイン機種として稼動している「バジリスク絆」設定狙いでもハイエナ稼動でも重宝している方は多いのではないでしょうか。 バジリスク絆で勝つ為にはまず、バジリスクタイム BT にぶちこまないと話になりません。 BTに突入するために重要なのが「モード移行」 現在のモードを把握し、続行とヤメ時のタイミングを予測する事はバジリスク絆で常勝するためには必要不可欠です。 そこで今回は、• バジリスク絆モードAからEの特徴• チャンス目でのモード移行について• モード移行テーブル解説• モード移行テーブルそれぞれの期待値詳細• バジリスク絆での勝率がアップすること間違いなしです。 Sponsored Link 目次• バジリスク絆 各モードの特徴・モード移行契機 各モードの特徴 モードA BCとBT当選に最も期待できないモード。 ハズレ目、リプレイからの高確移行も0. 10%と非常に低い。 演出としては、とにかく弾正屋敷ステージ 超高確率 に移行しにくい印象。 モードB モードAの次に期待できないモード。 ハズレ目、リプレイからの高確移行は0. BT終了後にいきなり弾正屋敷ステージ 超高確率 に移行した場合は、モードB以上が確定。 この場合は一度BCを引くまで続行すべき。 モードC BT確定となるモードD・E以外ではもっとも期待できるモード。 ハズレ目、リプレイからの高確移行は2. なにもレア役を引いていないのに演出がざわついたり、土岐峠や弾正屋敷に移行する場合はモードC以上の可能性が高い。 モードD BC当選時点でBT確定となる激アツモード。 主にスルー回数天井か、モードCからの昇格で入る。 ハズレ目、リプレイからの高確移行は4. このモードDから昇格すれば、さらにアツいモードEへ。 モードE モードD同様、BC当選時点でBT確定となる。 モードEへの主な移行契機は、• 11回スルー天井 テーブルN 後の12. モードDからの昇格 主にチャンス目から モード移行契機• レア子役での昇格• チャンス目での昇格• バジリスクチャンス BC 当選 一応チェリーやチャンスリプレイなどのレア小役で昇格もありますが、設定6でも0. 10%しかないため、ほとんど考える必要はありません。 重要なのは「チャンス目」「BC当選」の2つです。 チャンス目とは下の画像のように、液晶リールではいつもと少し変わったハズレ目が出現し、実際のリールで中リール中段に「思 黄色 」が停止します。 チャンス目は約200分の1で成立。 派手なエフェクトがないので見落としがちですが、チャンス目が成立すれば設定1で33. 3%、設定6で50%の確率でモードが昇格します。 また、確率は低いですが一気に2段階・3段階とモードアップすることもあります。 詳しくは下記の表を見て下さい。 チャンス目からのモード昇格抽選表 モードA滞在時 昇格先 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6 モードB 30. 特に高モード時に引くとアツい。 例えばモードCの時にチャンス目を引くと、最低でも33. 33%でモードD以上に移行。 モードD・Eなら次のBCで確実にBTに当選します。 もともとのモードが良く、複数回チャンス目を引いているのにBC当選前にヤメてしまっては非常にもったいないことになります。 このテーブル別モード移行表はかなり重要で、一度モードCへ上がればその後もほとんどモードCへ移行します。 ですが、次回はBC1回天井のテーブルYかZが確定します。 モード移行テーブル別の期待値 モード移行テーブル別の期待値 テーブル 選択割合 期待収支 A 5. 早い段階でモードCが連続しているテーブル• スルー回数天井が浅いテーブル これらの期待値がプラスになっていることが分かります。 よって、• 腰を据えて設定狙いを行っている時• BC当選時にBTも確定しているパターンの時 これら以外は朧BCで消化し、早い段階での半月出現 次回モードC以上確定 を見落とさないようにしましょう。 朧BC終了時の月で滞在モードを判別します。 スルー天井狙いなどで何回朧判別しても半月が出ない場合、 モードCがないテーブル?=テーブルN 次回BC1回天井 の可能性が高くなります。 このような場合はBT終了後もBC1回は当てて様子を見た方が良いです。 発展先の連続演出は何でもOKですが、あくまで 連続演出に発展する時に弦之介カットインが起こることが条件ですので要注意です。 BTもしくはBC終了後のステージが弾正屋敷ステージ モードB以上確定 モードBならあまり打つ価値はありませんが、モードC以上の可能性も充分にあるので、BC1回引くまでは打ち切りましょう。 朧BCでの月判別も忘れずに。 見抜きにくいですが、演出のざわつきなどを見ながら高確かどうか判断しましょう。 高確示唆演出が出なければアツいです。 朧BC月判別と組み合わせれば、滞在モード推測の精度がアップします。 ちなみに BC終了後のみ有効なので要注意! 滞在モード重視の立ち回りまとめ• チャンス目複数回引いた場合は高モードに移行している可能性あり• レア役引かずに高確移行が頻発すればモードC以上の可能性が高い• 一度モードCを確認したらBT当選まで打ち切る• 朧BC月判別とテーブル別モード移行表を照らし合わせながらテーブルを予想する• スルー回数天井狙い時に半月がでない場合はテーブルN 次回BC1回天井 の可能性が高い• 気にしてる打ち手は多くないですし、知らずにヤメる人もいますからね。 そういった台を狙っていけば、月判別しかできない人よりかなり有利な立ち回りができます。 まだまだ人気が続きそうな「バジリスク絆」 今回お伝えした内容で立ち回りの幅を広げてみてください。

次の

バジリスク絆2 通常時/BT中の状態移行・朧チャンス移行抽選

絆2 チャンス目 モード移行率

シナリオ一覧! バジリスク絆2のATはシナリオ管理。 シナリオ管理とは各セット毎に、 継続率が割り振られているシステムです。 シナリオは全10種。 継続率はABCDEの全5種です。 14セット目以降は激闘のみD。 それ以外はCとなっていますよ。 継続率示唆• 争忍の刻の滞在ステージ• シナリオ示唆• 天膳BCでのAT当選告知ゲーム数• BT開始画面のキャラ• 各セット開始画面• AT中の楽曲「愛する者よ死に候へ」• 継続・絆高確・朧チャンス示唆• 争忍の刻の人数• 争忍の刻の4・7・9戦目• ナビボイス・楽曲変化 ひとつ1つ詳しく見ていきましょう。 ただし、ステージ矛盾による継続示唆もあるため、 完全リンクではありませんので注意してください。 伊賀の人数が奇数:絆高確確定• 人数差1人:絆モード確定• 人数差4人以上: 継続確定• 甲賀が10人: 継続確定• 伊賀8人以上:絆高確複数or絆モード確定• AT中のBCで「甲賀忍法帖 歌有 」「蛟龍の巫女」: 継続確定• AT中のBC開始時に「ヒメムラサキ」 EPBC時除く :朧チャンス確定• また、継続率や示唆の詳細や、 シナリオの振り分けなどがわかりましたら、 記事に追記します。 ではでは~!.

次の

バジリスク絆2

絆2 チャンス目 モード移行率

高確率時に超高確率を引けば超高確率ゲーム数を消化後、高確率の残りゲームを消化。 超高確率中に超高確率ゲームを獲得すれば超高確率ゲームが上乗せ、というような仕組みになっています。 メインは15Gですが、高確率は15G・25G・35G・45G・無限、超高確率はこれに5Gが組み合わさったものとなっています。 超高確率5Gはハズレ目系かチャンス目のみから移行します。 ちなみに通常の弱チェリーから超高確率直撃でモードB以上確定ですが、実用性はなさそうです。 (そもそもモードBを打ってしまいますね) 共通ベル・弱チェリーからモード判別はできるのか 高確率かどうかを判別するのは土岐峠移行や演出から判別できます。 これが実用性があるのかどうか、ちょっとピンとこなかったので、モード別連続で高確率に移行しない確率というのを出してみました。 個人的にはちょっと厳しいかな…と思いました。 モードC以上かと思いきやモードBを打たされる可能性を考えると、打てないかな…と思います。 まだ見落としている点があるかもしれませんが、現状モード狙いは我慢しようと思います。 モード移行率は毎回スルー回数ごとの抽選されてるんじゃないかなーと思っているので、その解析が出ればもしかしたら狙えるのかもしれない(あったらいいな)と思っています(笑) チャンス目以外の小役成立時にもモードアップ抽選をしていますが、こちらは1ランクアップ固定。 確率は設定1なら 0. 05%です。 40となります。 天井まで到達した場合、 65%でモード1つ以上あがっていることになります。 じゃあハマり台ほどモードが高いのではないか? というのはその通りだと思います。 根拠はさんの超大量実践値でハマるほどボーナス当選確率があがっていることがそれを証明しています。 しかし実際は高モードの場合高確率に行きやすいため初当たりが早いので、影響は微々たるものだと考えています。 6616 です。

次の