よる ドラ 伝説 の お母さん 再 放送。 予告編動画

伝説のお母さん(ドラマ)1話~最終回の視聴率【速報&推移】

よる ドラ 伝説 の お母さん 再 放送

魔王(大地真央)が復活したので魔王討伐の旅へ再び出てほしいというのだ。 しかし今のメイは8ヶ月の子を抱える。 夫のモブ(玉置玲央)は頼りなく、保育所に預けようにも空きがない。 出発を前に、かつての仲間が集結。 しかし、勇者・マサムネ(大東駿介)、シーフ(盗賊)・ベラ(MEGUMI)たちもそれぞれに問題を抱えていた。 伝説のお母さんは、育児と魔王討伐を両立するという前代未聞のことがテーマのおもしろそうなドラマだなと思いました。 原作のマンガもかなり人気だということなのでとても期待しています。 ただ今絶賛子育て中の前田敦子さんが主人公を演じるというところもなんだかリアルに感じるなと思いました。 また、魔王討伐というアクションやコメディーの中に、現代のお母さんたちが抱える社会問題が描かれているところがとても興味深いなと感じました。 魔王を討伐に行きたいけれど、子供を保育所に預けることができないから無理だなんて、まさかに、待機児童問題じゃないかとびっくりしました。 このドラマの中では、魔王討伐が現代世界の仕事と同等に描かれていて、働くお母さんの苦悩も描かれるんだろうなと楽しみです。 同じ母親として、たくさん共感できるところがあるんじゃないかなと期待しています。 さらに、お母さんが討伐を依頼された魔王とはどんな人物なんだろうかということも気になりました。 魔王討伐なのでお母さんと魔王が対決するアクションシーンもあると思うんですが、それがどんなふうに描かれるのかも楽しみにしています。 笑ったり共感できるようなおもしろいドラマになりそうだなと期待しています。 伝説のお母さん 再放送楽しみな点 伝説のお母さん 再放送1話感想 NHKのよるドラ枠で放送されるテレビドラマ『伝説のお母さん』。 RPGを彷彿とさせるファンタジーのような世界が舞台で、かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退した伝説の勇者一行。 その中のメンバーの一人である伝説の魔法使い・メイが主人公です。 元AKB48の前田敦子さんが演じるメイは、訪れた平和な世界で第1子を出産し、夫のモブが頼りにならないために、1人で育児に奮闘していましたが、そこに魔法復活の一報が届きます。 そして、国王から魔王討伐の命が下ったものの、「保育園に空きがない」という理由で拒否してしまうお話とのことです。 共に魔王と戦った仲間である勇者・マサムネ、盗賊・ベラもそれぞれに悩みを抱えているようですが、ろくでもない問題な気がします。 正直、予告編動画を見た感想としては、非常にチープな印象を受けましたが、同時に出演者たちが楽しそうに演技をしているようにも見受けられました。 ストーリーもかなりコミカルな要素が詰め込まれているようですし、楽しそうですね。 倒すべき相手である魔王を演じるのが、大地真央さんというのも要注目でしょう。 元宝塚歌劇団トップスターが一体どんな魔王を演じるのかも見てみたいものです。 斬新なストーリーで、前田敦子さんが主演されるのも楽しみです。 プライベートても、出産されて、タイムリーなお話だと思います。 お母さんとなった前田敦子さんが、ドラマでもお母さん役として、今までになかった前田敦子さんの顔が見られるかなと期待しています。 かつて、史上最強の魔女だった前田敦子さん演じる、メイが家事育児をしながら、敵と戦うという、設定が面白そうです。 魔王の封印が解かれ、国王に招集されたメイですが、保育園が空いてなくて!という所が笑えました。 まさに、現代の問題!そうなんです お母さんは、保育園が空いていないと、仕事も何も出来ないんです!ファンタジー的な物語の中に、現代の育児の問題を盛り込んで、楽しそうなドラマになりそうです。 魔王を演じるのは、大地真央さんで、とても悪そうな感じがして、ピッタリの役ですね。 そして、国王が大倉孝二さんで、個性的で、臨場感のある演技が好きです。 現代の感じと、ファンタジーの世界感がどう交錯しているのか、見どころだと感じました。 AKB時代、子供が前田敦子さん推しだったので、子供も楽しみにしている様です。 子供でも、楽しめそうなドラマで、家族で見てみたいなと思っています! まとめ ブ 30 玉置玲央 が妻の伝説にコンプレックスを持っていたり、攻めの姿勢でないとすると、何かたがが外れたかのようで。 リラックス兼攻めの姿勢を模索しているのかなとも思えて。 気になりますね。 ドラマ・伝説のお母さんはなかなか独特な世界観だなと感じるストーリーです。 ロールプレイングゲームの中の話をリアルにしたというのがベストな考え方かも知れないです。 ファンタジーなのにリアルなドラマということで前田敦子が演じる伝説の魔法使いのメイが平穏な日々の中で子育てに奮闘していた。 しかし魔王の封印が解かれて復活したから魔王討伐に向かうよう頼まれるが子育てをしないといけないというストーリーのようです。 このドラマは魔王討伐というのを仕事に置きかえて見て楽しむドラマなんだろうと感じました。 主人公メイが保育所に頼むが空きがないと断られ、主人に頼んでも拒否されるということでどうやって子育てと魔王討伐を両立させていくのかを見るのを楽しみにしたいです。 今の社会問題に当てはめているが、ロールプレイングゲームの世界にしていることでどういう感じにドラマでは訴えかけているのか意図を読み取りたいと思うドラマです。 原作のマンガもすごく面白かったらしくてお母さんの大変さが身に染みてわかる作品のようなんで期待しています。 主人公のメイ役の前田敦子も流石にこういう役は初めてだろうし、どんな魔法使いを演じてくれるのか楽しみにしたいです。 タイトルだけ見て、どんなドラマか想像がつかなかったです。 キャスト紹介で、予想もしないカードがでてきてびっくりしました。 RPG?! ドラクエ?!それだけでとても見るのが楽しみになりました。 大倉孝二さんと、大地真央さんのキャスティングが、個人的にどハマりです。 大倉孝二さんでてほしいなと思ってキャスト紹介を見ていたので、見つけた時はおーーっと驚きました。 こんな感じかなと想像するとワクワクします。 メイ 前田敦子 の夫 玉置玲央 が育児に無関心で、メイが苦労する中ゲームやっているところ、オムツ替えを一切しないところ、自分の夫と同じで複雑な気持ちで見てしまいました。 赤ちゃんが可愛すぎるので、それだけでも楽しめそうです。 よしお兄さんとりさお姉さんのコンビがまた見られると思っていなかったので嬉しいです。 見た目はすりかえかめん的な感じなのでしょうか。 魔法使いのお話しなのに、待機児童って思って笑ってしまいました。 現実の世界とリンクしているのもとても面白そうです。 単純にドラマを楽しむのはもちろん、同じ子育て世代として、現代の子育て問題にも注目して見られそうです。 伝説のお母さん再放送1話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、 違法サイトについて 違法サイトリーチサイトは、昨今ネットでなんらかのタイトルを入力しただけで膨大に出てきます。 映画館などの警告CMでも叫ばれていますが、 違法サイトのアップロード、ダウンロードは違法とのことです。 リーチサイトには、実際アップロード先のURLしか記載されていないケースが多く、そのリンク先に遷移すると、 実際のサイトをダウンロードし、視聴できるケースです。 アップロード先の記載しかないため、リーチサイト自体が違法かと言えばかなりグレーではないかなとは思いますが、違法な行為につながる事へ誘導しているため、 かなり問題があると感じます。 また法的な問題の側面以外でも、製作されたコンテンツや作品に対して、対価を支払わず視聴する事は、 著作権侵害の問題以外にも、作家やクリエイターが、 ギャランティの正当な評価が得られず、日本や世界の作家やクリエイターの活動に支障をきたし、アートやサブカルチャーの発展や維持を妨げることにもつながります。 無料で楽しむことが当たり前になってしまったら、 製作者側が生活を維持できない未来へつながり、 才能がある人間がその仕事を目指さなくもなり、 ひいてはアートやサブカルチャーを楽しむことが難しくなる事へもつながります。 未来の楽しみのためにも、利用しないようにしたいです。

次の

前田敦子主演のNHKドラマ『伝説のお母さん』第1話から第4話まで一挙再放送

よる ドラ 伝説 の お母さん 再 放送

今、最も攻めていると話題の「よるドラ」は新鋭クリエーターが脚本を手掛け、テレビ離れが進む若い世代をターゲットにした作品を生み出してきた。 これまで、ゾンビもの、LGBTの恋愛ドラマ、地下アイドルの推しオタクといった挑戦的な作品がSNSを中心に話題を呼んだ。 そんな「よるドラ」が第5弾として仕掛けてきたのはRPGの世界でリアルな子育て問題と向き合う「伝説のお母さん」。 原作者かねもとがツイッターにあげた一枚の4コマ漫画から生まれた異色のファンタジーだ。 香川県が、18歳未満の子どもがインターネットやゲームの依存症になるのを防ぐ目的で、「18歳未満は平日60分まで、休日90分まで」「中学生以下は午後9時まで、高校生は午後10時まで」などと使用の制限を明記した「ネット・ゲーム依存症対策条例」を発表し、ネット・ゲームの使用について騒がしいこの時期に放送するとは、やはり「よるドラ」はただものではない。 しかしそこはNHK、ただのRPGを舞台にしたドラマでは終わらせない。 1日に放送した第1話では、演じた役と同じ0歳児の母である前田敦扮するメイの現状が描かれた。 伝説の勇者たちが魔王を封印した10年後。 復活した魔王を倒すために、国王はかつての勇者ちに呼びかけ、魔王討伐の旅に出るよう命じる。 そのひとり「伝説の魔法使い」メイは、生後8か月の子をもつ母になっていた。 1日の第1話の放送後、Twitter TL(タイムライン)には、「魔王よりモブ討伐を先に!」といった夫モブのダメっぷりに対する怒りの声が散見された。 とにかくモブの駄目さ加減が半端ではない。 オムツをかえられない、ミルクも離乳食もあたえられない、危険なタバコの吸い殻は置きっぱなし。 劇団「柿喰う客」の中心メンバーとして活躍する実力派の俳優だ。 初出演映画『教誨師』では大量殺人犯の死刑囚を演じ高い評価を得、「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」でも孤立させられた人々と敵対する防御服の男を演じた。 今回はゆるく頼りないダメ夫に見事に化けていた。 玉置は「まずはお母さんたちに共感していただいて、旦那さんは自分の姿勢を改め、子育てに参加しようと思っていただけたらいいなと思います。 僕は結婚もしていないし子どももいないですが、子どもはすごく好きです。 だから自分だったらモブみたいなことは絶対にしない」と真摯に語っている。 城下町の保育所不足や待機児童の多さ、女性の家事負担などに関心がないのはモブだけではない。 自分の偉さを強調するだけの愉快な国王(大倉孝二)、新メンバーのクウカイ(前原瑞樹)も心無い言葉を口にする。 有能な士官カトウ(井之脇海)は保育政策を提案しているが聞き入れてもらえない。 勇者マサムネ(大東駿介)が育休もしっかりとったイクメンという設定なのは救われる。 これから、さまざまな年齢や立場の男性キャラクターが子育てに対する見解を見せてくれそうだ。 「育児も家事も平等に」というこのご時世、男性目線の本音が気になるところだ。 「このドラマの一番奥深いテーマを語り、敵でありながら、今の子育て世代に一番、共感してもらえる役は実は魔王!」とアピールしている大地真央の登場は第2話となる。 魅力的な魔王の語りも楽しみに待ちたい。 復活した魔王(大地真央)を討伐するための旅へ出てほしいというのだ。 しかし今のメイは8か月の子を抱え、ワンオペ育児に奮闘する母親。 夫のモブ(玉置玲央)は頼りなく、保育所にも空きはない。 一度は冒険の旅を断ったのだが、国王の企みによってモブがリストラされ家計が危機に陥る。 悩んだメイは思い切ってモブに子を託し、伝説のパーティ再結成の祝賀会に参加し、戦士・ポコ(片山友希)ら懐かしいメンバーとの再会を喜んだ。 帰宅したメイを待っていたのはおむつもかえてもらえず泣き叫ぶわが子と惨状と化した自宅。 「イクメンなんて無理。 育児は母親がするもの」とモブに旅には行かないように諭されるメイだった。 仲間の盗賊・ベラ(MEGUMI)は戦場に赤子を連れてきたメイを叱り、「育児に当事者意識を持つべき」とメイの夫・モブのダメさに頼りなさにも憤る。 平謝りするメイに、「この状況で魔王に勝利したらかっこよくないすか?」と僧侶・クウカイ(前原瑞樹)が加勢する。 一方、魔王は侵略のため人間たちの抱える問題を研究し、次なる攻撃を考えていた。 NHK 2020年2月1日スタート よるドラ「伝説のお母さん」 全8回)毎週土曜夜11時30分放送。 原作:かねもと「伝説のお母さん」。 出演:前田敦子、玉置玲央、井之脇海、MEGUMI、片山友希、前原瑞樹、村上新悟、大東駿介、大倉孝二、大地真央ほか。 PR動画等は番組公式サイトで公開されている。 NHKオンデマンドでも配信。

次の

伝説のお母さんメルル(林田岬優)が可愛いと話題!出演作にも注目!

よる ドラ 伝説 の お母さん 再 放送

魔王(大地真央)が復活したので魔王討伐の旅へ再び出てほしいというのだ。 しかし今のメイは8ヶ月の子を抱える。 夫のモブ(玉置玲央)は頼りなく、保育所に預けようにも空きがない。 出発を前に、かつての仲間が集結。 しかし、勇者・マサムネ(大東駿介)、シーフ(盗賊)・ベラ(MEGUMI)たちもそれぞれに問題を抱えていた。 伝説のお母さんは、育児と魔王討伐を両立するという前代未聞のことがテーマのおもしろそうなドラマだなと思いました。 原作のマンガもかなり人気だということなのでとても期待しています。 ただ今絶賛子育て中の前田敦子さんが主人公を演じるというところもなんだかリアルに感じるなと思いました。 また、魔王討伐というアクションやコメディーの中に、現代のお母さんたちが抱える社会問題が描かれているところがとても興味深いなと感じました。 魔王を討伐に行きたいけれど、子供を保育所に預けることができないから無理だなんて、まさかに、待機児童問題じゃないかとびっくりしました。 このドラマの中では、魔王討伐が現代世界の仕事と同等に描かれていて、働くお母さんの苦悩も描かれるんだろうなと楽しみです。 同じ母親として、たくさん共感できるところがあるんじゃないかなと期待しています。 さらに、お母さんが討伐を依頼された魔王とはどんな人物なんだろうかということも気になりました。 魔王討伐なのでお母さんと魔王が対決するアクションシーンもあると思うんですが、それがどんなふうに描かれるのかも楽しみにしています。 笑ったり共感できるようなおもしろいドラマになりそうだなと期待しています。 伝説のお母さん 再放送楽しみな点 伝説のお母さん 再放送1話感想 NHKのよるドラ枠で放送されるテレビドラマ『伝説のお母さん』。 RPGを彷彿とさせるファンタジーのような世界が舞台で、かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退した伝説の勇者一行。 その中のメンバーの一人である伝説の魔法使い・メイが主人公です。 元AKB48の前田敦子さんが演じるメイは、訪れた平和な世界で第1子を出産し、夫のモブが頼りにならないために、1人で育児に奮闘していましたが、そこに魔法復活の一報が届きます。 そして、国王から魔王討伐の命が下ったものの、「保育園に空きがない」という理由で拒否してしまうお話とのことです。 共に魔王と戦った仲間である勇者・マサムネ、盗賊・ベラもそれぞれに悩みを抱えているようですが、ろくでもない問題な気がします。 正直、予告編動画を見た感想としては、非常にチープな印象を受けましたが、同時に出演者たちが楽しそうに演技をしているようにも見受けられました。 ストーリーもかなりコミカルな要素が詰め込まれているようですし、楽しそうですね。 倒すべき相手である魔王を演じるのが、大地真央さんというのも要注目でしょう。 元宝塚歌劇団トップスターが一体どんな魔王を演じるのかも見てみたいものです。 斬新なストーリーで、前田敦子さんが主演されるのも楽しみです。 プライベートても、出産されて、タイムリーなお話だと思います。 お母さんとなった前田敦子さんが、ドラマでもお母さん役として、今までになかった前田敦子さんの顔が見られるかなと期待しています。 かつて、史上最強の魔女だった前田敦子さん演じる、メイが家事育児をしながら、敵と戦うという、設定が面白そうです。 魔王の封印が解かれ、国王に招集されたメイですが、保育園が空いてなくて!という所が笑えました。 まさに、現代の問題!そうなんです お母さんは、保育園が空いていないと、仕事も何も出来ないんです!ファンタジー的な物語の中に、現代の育児の問題を盛り込んで、楽しそうなドラマになりそうです。 魔王を演じるのは、大地真央さんで、とても悪そうな感じがして、ピッタリの役ですね。 そして、国王が大倉孝二さんで、個性的で、臨場感のある演技が好きです。 現代の感じと、ファンタジーの世界感がどう交錯しているのか、見どころだと感じました。 AKB時代、子供が前田敦子さん推しだったので、子供も楽しみにしている様です。 子供でも、楽しめそうなドラマで、家族で見てみたいなと思っています! まとめ ブ 30 玉置玲央 が妻の伝説にコンプレックスを持っていたり、攻めの姿勢でないとすると、何かたがが外れたかのようで。 リラックス兼攻めの姿勢を模索しているのかなとも思えて。 気になりますね。 ドラマ・伝説のお母さんはなかなか独特な世界観だなと感じるストーリーです。 ロールプレイングゲームの中の話をリアルにしたというのがベストな考え方かも知れないです。 ファンタジーなのにリアルなドラマということで前田敦子が演じる伝説の魔法使いのメイが平穏な日々の中で子育てに奮闘していた。 しかし魔王の封印が解かれて復活したから魔王討伐に向かうよう頼まれるが子育てをしないといけないというストーリーのようです。 このドラマは魔王討伐というのを仕事に置きかえて見て楽しむドラマなんだろうと感じました。 主人公メイが保育所に頼むが空きがないと断られ、主人に頼んでも拒否されるということでどうやって子育てと魔王討伐を両立させていくのかを見るのを楽しみにしたいです。 今の社会問題に当てはめているが、ロールプレイングゲームの世界にしていることでどういう感じにドラマでは訴えかけているのか意図を読み取りたいと思うドラマです。 原作のマンガもすごく面白かったらしくてお母さんの大変さが身に染みてわかる作品のようなんで期待しています。 主人公のメイ役の前田敦子も流石にこういう役は初めてだろうし、どんな魔法使いを演じてくれるのか楽しみにしたいです。 タイトルだけ見て、どんなドラマか想像がつかなかったです。 キャスト紹介で、予想もしないカードがでてきてびっくりしました。 RPG?! ドラクエ?!それだけでとても見るのが楽しみになりました。 大倉孝二さんと、大地真央さんのキャスティングが、個人的にどハマりです。 大倉孝二さんでてほしいなと思ってキャスト紹介を見ていたので、見つけた時はおーーっと驚きました。 こんな感じかなと想像するとワクワクします。 メイ 前田敦子 の夫 玉置玲央 が育児に無関心で、メイが苦労する中ゲームやっているところ、オムツ替えを一切しないところ、自分の夫と同じで複雑な気持ちで見てしまいました。 赤ちゃんが可愛すぎるので、それだけでも楽しめそうです。 よしお兄さんとりさお姉さんのコンビがまた見られると思っていなかったので嬉しいです。 見た目はすりかえかめん的な感じなのでしょうか。 魔法使いのお話しなのに、待機児童って思って笑ってしまいました。 現実の世界とリンクしているのもとても面白そうです。 単純にドラマを楽しむのはもちろん、同じ子育て世代として、現代の子育て問題にも注目して見られそうです。 伝説のお母さん再放送1話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、 違法サイトについて 違法サイトリーチサイトは、昨今ネットでなんらかのタイトルを入力しただけで膨大に出てきます。 映画館などの警告CMでも叫ばれていますが、 違法サイトのアップロード、ダウンロードは違法とのことです。 リーチサイトには、実際アップロード先のURLしか記載されていないケースが多く、そのリンク先に遷移すると、 実際のサイトをダウンロードし、視聴できるケースです。 アップロード先の記載しかないため、リーチサイト自体が違法かと言えばかなりグレーではないかなとは思いますが、違法な行為につながる事へ誘導しているため、 かなり問題があると感じます。 また法的な問題の側面以外でも、製作されたコンテンツや作品に対して、対価を支払わず視聴する事は、 著作権侵害の問題以外にも、作家やクリエイターが、 ギャランティの正当な評価が得られず、日本や世界の作家やクリエイターの活動に支障をきたし、アートやサブカルチャーの発展や維持を妨げることにもつながります。 無料で楽しむことが当たり前になってしまったら、 製作者側が生活を維持できない未来へつながり、 才能がある人間がその仕事を目指さなくもなり、 ひいてはアートやサブカルチャーを楽しむことが難しくなる事へもつながります。 未来の楽しみのためにも、利用しないようにしたいです。

次の