皇室 斜め 読み。 皇室や王室の方々の正装の時にタスキのようなものを掛けてますが、右...

小室圭「眞子さまの生々しい暴露」恐れる皇室……本当は破談にしたいけど……?

皇室 斜め 読み

第2代• 第3代• 第4代• 第5代• 第6代• 第7代• 第8代• 第9代• 第10代• 第11代• 第12代• 第13代• 第14代• 第15代• 第16代• 第17代• 第18代• 第19代• 第20代• 第21代• 第22代• 第23代• 第24代• 第25代• 第26代 (507? - 531? 第27代 (531? - 535? 第28代 (535? - 539? 第29代 (539? - 571? 第30代 (572? - 585? 第31代 (585? - 587? 第32代 (587? - 592? 第33代 (592 - 628)• 第34代 (629 - 641)• 第36代 (645 - 654)• 第37代 (655 - 661)• 第38代 (661 - 671)• 第39代 (671? - 672? 第40代 (673 - 686)• 第42代 (697 - 707)• 第50代 (781 - 806)• 第55代 (850 - 858)• 第58代 (884 - 887)• 第62代 (946 - 967)• 第68代 (1016 - 1036)• 第70代 (1045 - 1068)• 第73代 (1086 - 1107)• 第81代 (1180 - 1185)• 第110代 (1643 - 1654)• 第116代 (1747 - 1762)• 第118代 (1770 - 1779)• 第120代 (1817 - 1846)• 第121代 (1846 - 1866) 明治以降• 第122代 (1867 - 1912)• 第123代 (1912 - 1926)• 第124代 (1926 - 1989)• 第126代 (2019 - 在位)• 大正の初年まではを天皇歴代に含め、これを「第15代神功皇后」として仲哀天皇と応神天皇の間に置いていた。 赤背景は(8人10代の女性天皇)。 」は当該年に異説があることを示す。 第37代斉明天皇は第35代皇極天皇の。 第48代称徳天皇は第46代孝謙天皇の重祚。 第38代天智天皇の在位年は6年半に及んだ即位前のを含む。 第41代持統天皇の在位年は3年半に及んだ即位前の称制を含む。 第57代陽成天皇の譲位は事実上の廃位。 第81代安徳天皇の在位の最後の2年間は、第82代後鳥羽天皇の在位の最初の2年間と重複する。 第96代後醍醐天皇の在位は、実際には2度の廃位と復辟をはさんだ鎌倉時代末期 (1318—31年)、建武の新政期 (1333—36年)、吉野時代 (1336—39年)の3期にまたがるが、それぞれの廃位後に擁立された光厳天皇と光明天皇の即位を認めず、その間自身のみが一貫して天皇だったと主張した。 なお今日では便宜上光厳天皇を北朝の最初の天皇とみなしているが、実際に南北両朝が並立するようになるのは、次の光明天皇が擁立されたのち後醍醐天皇が京都を脱出して吉野に拠った時点 (1336年)からである。 現行の天皇歴代は、南朝の天皇を正統とする観点から数えられている。 北朝の天皇はこの天皇歴代には数えないものの、同時期に在位した正当な天皇としてに含めている()。 後小松天皇の在位は、始めの10年間を北朝の天皇のそれとみなし、南北朝合一 (1392年)後の20年間を天皇歴代の第100代とみなしている()。

次の

秋篠宮家が、皇室から去ったらマジでどうするの? 愛子天皇支持者は全員「ポピュリズム」(宮本タケロウ)|菊ノ紋ニュース

皇室 斜め 読み

3です。 書き直している間にうっかりした間違いがありましたので、全文を以下のように訂正します。 ---------------------------------------------------------------------------------------- 左端の今上天皇(明仁)が首の周りに巻く(佩用:はいよう、という)ようにしているのは、日本の最高勲章である「大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかしょうけいしょく)」でしょう。 皇太子殿下の胸の前にある帯状のものは、立太子礼(18歳の成年式)に際して授与された「大勲位菊花大綬章」で、上天皇が着用している上述の「大勲位菊花章頸飾」に次ぐ日本で二番目に高位の勲章です。 もちろん、今上天皇も皇太子時代にこの勲章を佩用しているのですが、25年前に天皇に即位したために「大勲位菊花章頸飾」という天皇しかお持ちでない勲章も合わせて2点佩用しています。 美智子皇后、雅子妃が佩用しているのはいずれも「勲一等宝冠章」と思われます。 いずれもお2人の結婚に際して授与されました。 あれ、あなたが仰るリボンって、天皇ご夫妻や皇太子ご夫妻がタスキのように肩から斜めに掛けているベルトのことかな? それなら勲章の一部をなすもので「綬(じゅ)」と呼ばれるもの。 フランス語ではまさしく「リボン」と言うそうです。 これを佩用する時は男女ともリボンの腰のあたりに勲章を下げます。 ただし天皇や男子皇族の正装は写真にあるような燕尾服なので、長い上着に隠され勝ちで勲章本体は見えにくいです。 ただし座っているので、大綬章のうち勲章本体は上着と腕に隠れており、ベルト状の綬(リボン)しか見えない。 皇太子佩用の勲章:「大勲位菊花大綬章」。 ベルト状の綬(じゅ)だけが目立つが、この写真のように立って腕を下していると、勲章本体が左腰の前に見える。 ただし座るとこれは腕に隠されて見えないことが多い。 美智子皇后と雅子妃が佩用の勲章:「勲一等宝冠章」 この写真では肘部分に隠れて綬(リボン)だけしか見えないが、左腰あたりに勲章本体がある。 なお、皇后と雅子妃の首周りに見えるのはネックレス(アクセサリ)です。 勲章ではありません。 左端の今上天皇(明仁)が首の周りに巻く(佩用:はいよう、という)ようにしているのは、この写真でははっきりわかりませんが、おそらく日本の最高勲章である「大勲位菊花章頸飾」でしょう。 皇太子殿下の首周りにあるのは、立太子礼(18歳の成年式)に際して授与された「大勲位菊花大綬章」で、天皇が着用している大勲位菊花大綬章「大勲位菊花大綬章」に次ぐ日本で二番目に高位の勲章です。 もちろん、今上天皇も皇太子時代にこの勲章を佩用しているのですが、25年前に天皇に即位したために「大勲位菊花章頸飾」という天皇しかお持ちでない勲章も合わせて2点佩用しているはずです。 美智子皇后、雅子妃が佩用しているのはいずれも「勲一等宝冠章」と思われます。 いずれもお2人の結婚に際して授与されました。 あれ、あなたが仰るリボンって、天皇ご夫妻や皇太子ご夫妻がタスキのように肩から斜めに掛けているベルトのことかな? それなら勲章の一部をなすもので「綬(じゅ)」と呼ばれるもの。 フランス語ではまさしく「リボン」と言うそうです。 これを佩用する時は男女ともリボンの腰のあたりに勲章を下げます。 ただし天皇や男子皇族の正装は写真にあるような燕尾服なので長い上着に隠されて勲章本体は見えません。 ただし座っているので、大綬章のうち勲章本体は上着と腕に隠れており、ベルト状の綬(リボン)しか見えない。 皇太子佩用の勲章:「大勲位菊花大綬章」。 立って腕を下していると、勲章本体が左腰の前に見える。 ただし座るとこれは腕に隠されて見えないことが多い。 美智子皇后と雅子妃が佩用の勲章:「勲一等宝冠章」 この写真では肘部分に隠れて綬(リボン)だけしか見えないが、左腰あたりに勲章本体がある。 なお、皇后と雅子妃の首周りに見えるのはネックレス(アクセサリ)です。 勲章ではありません。 A ベストアンサー 王室の方が正装のとき右肩からかけている帯は、勲章そのものだと思います。 日本の場合、正装するときは、勲章を全部つけることに定められています。 皇室の方は成人すると勲章を贈られる慣わしです。 たぶん外国の王室でも同様だろうと思います。 布部分の名称は「綬(じゅ)」です。 比較的よく耳にする「紫綬褒章」という勲章の場合は、布の部分が紫なわけです。 ちなみに「綬」は外国語ではなんというだろうと思ってフランス語に訳してみたら「リボン」になってしまいました 笑 軍服の方ですが、布の帯は同様に勲章か、あるいは飾り帯ではないかと思います。 幅が細く白いもの、クロスしたものは、鞄を背負う皮製のベルトのようです。 1の方の書いておられるbaldricという言葉を、ナポレオンなので翻訳エンジンでフランス語に変換してみたところ、baudrierでした。 「ボードリエ」と読むようです。 baudrierで検索してみたところ、すぐにこんなサイトが見つかりました。 ifrance. htm 横からの絵があるので見やすいですが、かわいらしい鞄を背負っています。 腰に巻くベルトとつながっているようにも見えます。 翻訳エンジンで訳した感じでは、バッファローの皮製と書いてあるみたいです。 wikipedia. 日本の場合、正装するときは、勲章を全部つけることに定められています。 皇室の方は成人すると勲章を贈られる慣わしです。 たぶん外国の王室でも同様だろうと思います。 布部分の名称は「綬(じゅ)」です。 比較的よく耳にする「紫綬褒章」という勲章の場合は、布の部分が紫なわけです。 ちなみに「... A ベストアンサー 今上天皇 皇后・正田美智子…父:日清製粉社長 正田英三郎 側室なし 昭和天皇 皇后・良子女王(香淳皇后)【今上天皇の生母】…父:久邇宮 邦彦王 側室なし 大正天皇 皇后・九条節子(貞明皇后)【昭和天皇の生母】…父:従一位大勲位公爵 九条道孝 側室なし 明治天皇 皇后・一条美子(昭憲皇太后)…父:左大臣従一位 一条忠香 側室 権典侍・葉室光子…父:権大納言 葉室長順 典侍・橋本夏子…父:橋本實麗 権典侍・柳原愛子【大正天皇の生母】…父:権大納言 柳原愛光 権典侍?・園祥子…父:園基祥 孝明天皇 女御・九条夙子(英照皇太后)…父:従一位関白 九条尚忠 側室 典侍・中山慶子【明治天皇の生母】…父:従一位権大納言 中山忠能 典侍・坊城伸子 典侍・藤原(堀川)紀子 仁孝天皇 贈皇后・新皇嘉門院 藤原繁子…父:関白 鷹司政熙 女御・新朔平門院 藤原祺子…父:関白 鷹司政熙、義父:関白太政大臣従一位 鷹司政通 女院・新待賢門院 藤原雅子【孝明天皇の生母】…父:正親町実光 側室 権典侍・観行院 藤原経子《和宮 親子内親王の生母》…父:橋本実久 典侍・藤原研子…父:甘露寺国長 光格天皇 中宮・新清和院 欣子内親王…父:後桃園天皇 女院・東京極院 藤原婧子【仁孝天皇の生母】…父:勧修寺経逸 側室 内侍:菅原(東坊城)和子 藤中納言局 藤原(葉室)頼子 菖蒲小路局 藤原(姉小路)聡子 小侍従局 藤原(富小路)明子 とりあえずちょっと遡って、正妃(皇后およびそれに準じた立場の人)と子供を生んだ側室を列挙してみました。 明治天皇の側室は、典侍、権典侍という身分のある「女官」です。 御所や皇居内に局や部屋をもらい、天皇の身の回りの世話(という仕事)をしていたと思われます。 天皇の子を妊娠した女性は、実家に帰って出産することが多かったようですが(お産は「穢れ」とされていたので、宮中で出産することはできなかったようです)、その後は、また「女官」として生涯宮仕えであり、天皇の子は、実際に自分が産んでも自分の子ではない-ということで、自分の子供にも「仕える」という形だったようです。 私も蛇足ながら…。 #2さんがお答えのように、今の天皇陛下(時々、名前を使って明仁天皇-という表記をされることもありますが)のことは、「今上天皇」、「今上陛下」というのが正しいですね。 明治以降の慣習からすれば、将来、「平成天皇」と言われるのでしょうか、51代の「平城天皇(へいぜいてんのう)」と紛らわしいような気がするので、本当に「平成天皇」になるのかなぁ-と思っています。 今上天皇 皇后・正田美智子…父:日清製粉社長 正田英三郎 側室なし 昭和天皇 皇后・良子女王(香淳皇后)【今上天皇の生母】…父:久邇宮 邦彦王 側室なし 大正天皇 皇后・九条節子(貞明皇后)【昭和天皇の生母】…父:従一位大勲位公爵 九条道孝 側室なし 明治天皇 皇后・一条美子(昭憲皇太后)…父:左大臣従一位 一条忠香 側室 権典侍・葉室光子…父:権大納言 葉室長順 典侍・橋本夏子…父:橋本實麗 権典侍・柳原愛子【大正天皇の生母】…父:権大納言 柳原愛光... A ベストアンサー 私の知人は藤原北家隆家流の堂上家で、ご本家は明治維新後は子爵でしたが、曾祖父の代で傍流になり、祖父が変な修験道に凝って土地を切り売りして没落、父親はそれでも一流企業の役員として悠々自適の生活でしたが、子ども(私の知人ですけど)の代で相続争いで残った資産も散逸し、現在は何とか暮らしているという状況です。 別の知人は堂上華族で、維新の後はうまく資産家のところに婿養子に入り込み、戦前戦中は上手に生き抜いて、この知人の父親の代は徴兵逃れで医者になり、知人の代でも医者や歯医者が多く、比較的裕福に暮らしています。 両方ともご本家ではなく、傍流ですけど、ご本家は神社関係の仕事をしています。 Q 初めて質問させていただきます。 よろしくお願いします。 先日、知人より皇室についての不愉快な噂を聞きました。 内容は、日本の皇族は近親婚などで血が濃くなっているので 男子が生まれない。 たとえ、男子を妊娠しても流産してしまう。 なので、文仁親王妃紀子さまが悠仁親王殿下を妊娠した時は 体外受精を行い受精卵に手を加えて流産しないようにした。 その際の精子は秋篠宮文仁親王では無い別人のを使った。 と、言う噂でした。 誰から聞いたの?なにで見たの?と聞いても 噂だ、とか皆言ってる、とか言われました。 余りにも不快な為にこの噂が頭から離れません。 本当にこの様な噂が流れているのでしょうか? 教えてください。 それから、私はデマだと思いますので反論をしたいのですが 何と言って否定すれば良いか解りません。 教えてください。 Q 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証明 を取れば両親のこともわかるのですか? 母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう? ちなみに私は両親の戸籍から分籍 転籍 しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。 また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、 まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。 日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、 日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87. 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証... A ベストアンサー ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。 昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。 明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。 そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。 古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。 在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。 簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。 新字体ならば、 「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。 戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。 戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。 戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。 ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。 …私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。 以上、参考程度に ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで...

次の

小室圭「眞子さまの生々しい暴露」恐れる皇室……本当は破談にしたいけど……?

皇室 斜め 読み

勲章にある布製の部分を「綬(じゅ)」とよびサイズに応じて「小綬」、「中綬」、「大綬」があります。 勲章のランクによって「綬」の大きさや形状、色などが異なり、勲章の装着位置も変わります。 肩に掛ける「大綬」では勲章が腰の部分にきます。 普通、大綬は右肩に掛けますが明治天皇の勅令で創設された「功一級金鵄勲章」などは左肩に掛けると決まっていました。 勲章の詳細はウィキペィデアでご覧ください。 【余談2】 勲章を受章するときには勲位もつきます。 勲位には勲一等、勲二等などがあり玉璽(ぎょくじ=天皇の印)のある一枚の紙でこれを証明します。 勲一等なら正三位勲一等などと記載されています。 額に入れて代々、床の間や仏壇周辺に飾るのが普通ですが、蔵やもの入れなどにしまい込んでいる家もあるので興味があったら探してみるのも面白いですよ。 国会議員や県知事、市長などの経験者、大学教授や高校の元校長、著名な芸術家など叙勲されている人はかなりいますが、これは地元有力者などの推薦が必要なので、自民党に嫌われるなどの問題があると除外されたり格の低い叙勲になってしまうこともあります。 【余談3】 勲章を身につけることを佩用(はいよう)といいます。 正章佩用時のファッションは正装が普通です。 【余談4】 「功一級金鵄勲章」受章者は陸軍大将、総理大臣など45人います。 現在の勲章規定に「功一級金鵄勲章」はありません。 【余談6】 イギリスのガーター勲章などは左肩にサッシュを掛けますが、これは18世紀に英王の一人が誤って左肩に掛けてしまったのが起源とされます。 昭和天皇も今上天皇も異教徒なのに叙任されています。 ヨーロッパの王族などとの面会ではこれを佩用することがあります。 【余談7】 ドイツにも左肩に掛ける勲章がありましたが、左肩に掛けることはどの国でも特に格が高いことを意味します。 理由はよくわかりませんが、私見では心臓の位置と関係があるのではないかと思っていますが、これは勝手な推測ですので信じないでください。 【余談8】 大綬を佩用している写真を見ると、明治天皇は右掛けのみ、大正天皇は左掛け、昭和天皇は左右と三者は異なっています。 相手との関係で佩用する勲章は決まります。 【余談9】 叙勲するのは天皇ですが実質は内閣が受章者を決めています。 タスキのようなものは勲章の中でも特に格の高い勲章の「大綬」ですね。 腰のあたりに正章がつきます。 大綬は正章をつるすための飾り帯と思えば良いです。 一般に勲章と聞いて連装する胸や脇腹にぶら下がっているバッジ状の飾りは副章です。 オモチャ屋でよく売ってる、短い布切れのついたちっちゃいのは格下の勲章か略章です。 右肩からかけるのが正式の着用法で、外務省の儀典でも正式に通達されています。 勲章の着用法については正章と副章をどこにつけるのか、序列はどのようなものかなど厳格に決まっているのですが、検索すると左肩からの映像もけっこう見つかりますね。 英国王室の画像さえありますから間違っているわけはないようですが、左肩からかけている理由は僕は知りません。 Wikiには特別な勲章を他の勲章と差別化するために、わざと左からかけることになっている勲章があるとあります。

次の