ブライン 凍結。 蟹の冷凍方法の違い(ブライン凍結、エアブラストなど)

味を保つ最新の冷凍技術CASや、アルコールブライン凍結

ブライン 凍結

海外巻網船に関するキーワードを集めてみました。 ブライン凍結 獲った鰹を冷凍する方法。 この中に塩が入っていまして、この塩を水に溶かして、ブライン液にして、冷凍庫の中で鰹を凍らかせます。 ちなみにこちらが冷凍庫です。 こちらのボタンで急速冷凍いたします。 凍結庫の中で鰹が凍ったら、今度はブライン液だけを抜いて鰹だけが冷凍庫の中に残ります。 ウソの様な本当の話ですが、生きたまま冷凍されると口が開いたまま凍ります。 新鮮なまま凍結した鰹です。 冷凍機室 獲った魚を貯蔵しておく所です。 船上でとれた鰹は船の中にある筒を通過して、この冷凍機室に運ばれます。 水揚げする時には、冷凍庫の上から空けます。 操業用操舵室 漁の時に船をコントロールするところです。 航海用操舵室の左側にあります。 航海用操舵室 航海時に船をコントロールするところ。 壮大で圧巻です。 魚網 魚を獲る網。 1つが77mでつなぎ合わせて2000mにもなる。 魚網置き場 魚網置き場は船の後ろにある網置き場 探索船 小船で母船の周りをまわりながら、網を魚群の周りに張る仕事をする船.

次の

【圧倒的な凍結スピード】ブライン凍結の温度と注目ポイント

ブライン 凍結

blog21. fc2. html ブライン冷凍機はブライン液を用いた冷凍機ですが、そもそも冷凍機とはどのような機械なのでしょうか? 冷凍機は冷凍庫や冷房などに使われている、温度を下げるための熱源設備です。 主に圧縮機と凝縮器と膨張弁、蒸発器によって成り立っています。 冷凍機の中で循環している冷媒が、蒸発器で蒸発する際に空気を冷やす構造になっています。 冷凍機は、 液体から気体に変化するときに熱を奪うという蒸発潜熱を応用しています。 例えば、アルコールを肌につけるとスーと冷たくなるのは、アルコールが液体から気体に変化するときに皮膚の熱を奪うからです。 冷凍機は、このような冷たい熱を作り出す冷媒を利用しています。 蒸発器で液体状の冷媒が蒸発することきに熱を奪い、周りの空気を冷やします。 蒸発して気体となった冷媒が、圧縮機で圧を加えられると温度が上昇。 凝縮器で温度の上がった冷媒が熱を奪われて液体に戻り、また蒸発器で液体から気体へと変化します。 このような変化の繰り返しを 冷媒サイクルと呼びます。 もともと冷凍用冷媒には、自然系媒体であるアンモニアが使われていましたが、1930年ごろから化学製品であるフロンが冷媒として使われるようになりました。 フロンは無臭で人体への毒性が低いので広く使用されていましたが、オゾン層を破壊する原因であることが判明。 オゾン層破壊が世界的な問題となり、フロン以外の冷媒を使用する取り組みがされています。 自然冷媒を用いる冷凍機へと移行し、食品を扱う冷凍機ではアンモニアを冷媒とする動きが高まっています。 しかし、アンモニアは強い臭いと毒性があり人体に悪影響があるので、庫内に漏洩することを防ぐために間接冷却式が推奨されています。 間接冷却式とは、アンモニアを一次媒体として、 二酸化炭素やブライン液を二次媒体に用いる冷却方式です。 アンモニアが冷媒サイクルとして働いて二次媒体の冷媒を冷やし、二次媒体が冷房や冷凍庫などの冷気を作り出す仕組みです。 ブライン冷凍機は、 アンモニアで冷やされた二次媒体であるブライン液を、ブラインポンプで循環させて冷却を行う冷凍機です。 水を冷媒としている冷凍機もあります。 環境に優しい水を冷媒として利用し、蒸発器の圧力を100分の1に下げて水を蒸発させます。 その際に熱を奪いパイプの中の水を冷やし、冷やされた水が冷風を作り出します。 蒸発した冷媒は凝縮器で圧をかけられ凝縮されて液体に戻る、というサイクルを繰り返します。 冷凍庫や冷蔵庫の庫内を冷やすためには、マイナスの冷気が必要。 そのため、冷蔵庫などの冷凍機には不凍性が高いブライン液を用います。 active-shop. 塩水は昔から凍りづらいことが知られていて、価格も安いため低温用の媒体液として使われていました。 塩化カルシウム水溶液も安価で手に入りやすいので、広く使われている溶液です。 しかし、高濃度の食塩水や塩化カルシウム水溶液は、不凍性は優れていますが金属腐食性があります。 ですので、現在では 有機系のメタノールやエタノールなどを主成分としたアルコール溶液が多く使われています。 凍結温度が低く沸点が高いこと、毒性や可燃性がないこと、金属や樹脂と反応しないこと、熱伝導率が高いこと、などの性質を持ったアルコール溶液が用いられています。 エチレングリコール水溶液やプロピレングリコール水溶液などがそうです。 ブライン液を用いた「凍結機」 もブライン液を用いた機械ですが、 ブライン冷凍機とは用途の異なる機械です。 ブライン冷凍機はブライン液を冷媒として冷気を作り出す機械ですが、ブライン凍結機は 食品を冷凍させる用途で使われます。 ブライン凍結機はです。 急速凍結機は、食品を急速に凍結させて冷凍によるダメージを防ぐことを目的とした機械です。 急速凍結機にはブライン凍結機だけでなく、様々な方式の機械があります。 や、磁場を発生させる凍結機などがあります。 食品を冷凍すると食感や味が落ちてしまうことは、広く知られています。 それは、食品内の水分が凍る際に膨張し細胞膜を破壊してしまうからです。 破壊された細胞膜から旨味や水分が流れ出し、品質が劣化します。 ブライン凍結機はブライン液を冷却させ、液の中に食品を漬けて凍結させます。 釣り上げた魚介類などを船上でそのままブライン凍結させる場合は、食塩水を使うことがほとんど。 加工場などで導入されているブライン凍結機は、エタノール液に漬けて凍結させることが多く、その場合は食品を真空パックして凍結させます。

次の

ラピッドフリーザー|サラヤ株式会社 企業法人向け

ブライン 凍結

エアブラスト冷凍機とブライン冷凍機では、同じ温度設定のものであれば食品を冷凍した結果にさほど違いはありません。 それでは、2つの機種を選んで購入する場合に何を基準にすればよいのでしょうか。 本記事ではそれぞれの特性を説明するとともに、どんな場合にどちらの急速冷凍機を選択すればよいか、基本的な考え方を紹介します。 冷凍の品質はどちらが良いとはいえない エアブラスト冷凍機とブライン冷凍機にはそれぞれ食品から熱を奪う方法に違いはありますが、同じ条件で冷凍を行った場合に、どちらのほうが氷結晶を小さくできるかという点ではさほど違いがありません。 エアブラスト冷凍機は温度を下げた空気の流速で食品から熱を奪っており、ブライン冷凍機は低温の液体と流速で食品から熱を奪います。 エアブラスト、ブラインともに食品から温度を奪う媒体と、熱伝達を上げる要素が備わっているため、両者にさほど差はないのです。 冷凍する食品の特性に合った急速冷凍機を選ぼう 気にかけるべきは、空気と液体、どちらが冷凍したい食品の特性に合っているかです。 空気を使った冷凍の場合は、庫内の風の吹き方が均一でないため、エアブラスト冷凍機のくせを上手くつかんで食品を配置しなければ、品温の下がり方にむらができてしまいます。 液体を使った冷凍の場合は、液体がまんべんなく食品に触れて温度を下げることができますが、空気と同様、食品に触れる流速にはむらがでてしまうことがあります。 ただし、液体の熱伝導のよさのほうが流速による熱伝導よりも効果が大きいので、さほど冷凍効率に影響しません。 また、パウチすることが必要であるため、食品がパウチで変形してしまう場合は使うことができません。 両方のメリットとデメリットをよく認識したうえで、適するほうを選びましょう。 冷凍する食品を具体的に想定したうえでどちらが良いかを考える エアブラスト冷凍機とブライン冷凍機のどちらが凍結したい食品に向いているかを考える際には、製造したい商品を具体的に想定して考えるとよいでしょう。 以下でシュミレーションしてみましょう。 干物を急速冷凍し、通信販売を行いたい A. 干物を冷凍する場合は、冷凍した後の保存時の乾燥を防ぐためにパウチなどでぴったりと空隙がないように包装する必要があります。 パウチした後はエアブラスト冷凍機とブライン冷凍機のどちらで冷凍してもかまいません。 ケーキを急速冷凍したい A. ケーキを冷凍前にパウチや包装で空隙がないようにぴったり包装すると、スポンジやクリームが潰れてしまうため、現実的ではありません。 袋などに入れてエアブラスト冷凍機で急速凍結を行うか、ケーキだけを先に急速冷凍し、冷凍が完了した時点で包装をするとよいでしょう。 食品を冷凍する際に商品の冷凍度合のむらの発生を防ぎたい A. 食品をパウチして冷凍する場合ならば、ブライン冷凍機を活用すると流速の違いによるむらの影響を少なく抑えることができます。 熱伝導のよい液体が食品表面にまんべんなく接して熱を奪うことのほうが、流速があることよりも重要になるため、流速のむらによる影響がさほどありません。 パウチ等の防水包装ができない場合は、ブライン冷凍機を使うことができないため、エアブラスト冷凍機を使い、商品ごとのむらについては位置を調整することによって解決をはかりましょう。 冷凍を行う環境に合った適切な急速冷凍機を選ぼう ここまで説明してきたように、エアブラスト冷凍機とブライン冷凍機はそれぞれ特徴がありますが、冷凍効率上は大きな違いはありません。 冷凍する食品の特性はもちろん、冷凍加工する食品の品数や、現場で冷凍機を扱う際の扱いやすさを総合して選択するべきです。 選択に迷った場合は、生産する際の工程をできる限り具体的に想定することで、冷凍機の特性との相性を検討し、どちらが自社の生産現場に合っているかを考えるようにしましょう。 コンサルティング・商品開発のご相談は お気軽にこちらからどうぞ•

次の