さ 意味。 Weblio 辞書・百科事典

藤本敏史、共演者に頭を下げ謝罪「いろんな意味を込めて…」 元妻・木下優樹菜さん引退後初イベント

さ 意味

あるところに貧しいきこりがいました。 生活に必要なお金を得るために、 きこりは毎日森へ通い、 せっせと斧をふるいました。 ある日のこと。 きこりが森の中を歩いていると、 水の透き通った湖が目の前に広がりました。 きこりは、森を出る前に手を清めていこうと思い、 膝をついてかがんだところ、 背負っていた斧が湖に落ちてしまいました。 困った。 あれがないと暮らしていけないぞ。 きこりは途方にくれました。 すると、突然まばゆい光とともに、 誰かが湖の中から現れました。 それはとても美しい、湖の女神様。 手には二つの斧を持っています。 女神「あなたが落としたのは、 この金の斧ですか。 それともこの銀の斧ですか」 きこりは大きく首を横に振りました。 きこり「いいえ、女神様。 私が落としたのは …赤い斧です」 【解説】 writing-info タッ…タッ…タッ 今はシュウと俺は学校の屋上へでる階段に向かってる シュウが 『あの13段目を見てこようぜ~』 の一言が発端だ どこでもある怪談話で 『夜の12時、学校の屋上へ向かう階段で13段目と遭遇したら戻れなくなる』 って内容だ… 正直俺は行きたくなかった…けどシュウが 『何だよ、オメェービビってるのかよ~』 の言葉に不覚にも反応してしまった 『よっしゃ~着いたぜ、この階段がホントに13段あるかどうか…』 『おい、シュウ…やっぱやめねぇか?』 『何だよまだ言ってるのかよ~ただの噂じゃん、 どうせ数え間違えたバカが流したホラ話だよ』 『…』 『ほら、12時になるぜ』 シュウはああ言ってるが僕はヤナ予感タップリだ 『よし、なった行くぞ』 『1…2…3…』 階段登りながら僕は寒気がしてきた 『4…5…6…7…』 『8…9…10』 『11…12…』 『じゅ、13…』 『うっ……うぁーー!! 』 僕らは驚きと恐怖のあまり二個下の階まで転げ落ちるかの様に逃げた 『ハァーハァー… 全くお前の叫び声のせいでビックリしたじゃねぇか!! 』 『シュウだって叫んでたろ!? 』 『バカちげぇよ、オメェーのせいで驚いたんだよ、 じゃあもう一回確かめに行くか?』 『…もういいよ、ささっと帰ろうぜ…明日も学校あるし…』 内心シュウだって行きたくないんだろう?って言いたかったが 面倒が起きそうなので帰ることにした。 『まあオメェーそこまで言うなら帰ってやるよ』 と、シュウが言ったあと足早に階段を下っていき、 僕もシュウの後ろから階段を下っていった。 タッ…タッ…タッ… タッ…タッ…タッ… 『なあ』 『おい、シュウ?』 『な、なんだよ…』 『……ここは一体何階だ……?』 『…わ、わかんねぇよ…』 【解説】 writing-info.

次の

comドメイン(ドットコム)とは

さ 意味

(CNN) 単語や言い回しは社会のあらゆる側面に浸透している。 住宅業界では「マスターベッドルーム」、コンピューターの世界では「ブラックリスト」や「ホワイトリスト」の単語が使われる。 日常表現としては「ソールド・ダウン・ザ・リバー(裏切られる)」という慣用句もある。 その多くはすっかり定着しているため、米国民は使用するかどうか改めて考えたりはしない。 ただ、こうした言葉の中には奴隷制度の歴史に直接のルーツを持つものや、今になって黒人に関する人種差別的な考え方を想起させるようになったものもある。 米スミス大学のエリザベス・プライアー准教授(歴史学)は「『奴隷』や『主人』のような言葉は私たちの語彙(ごい)に深く組み込まれており、ほとんど無意識のうちに、米国における奴隷制や人種差別の歴史を物語っている」と指摘する。 だが、米国で構造的人種差別の見直しが進む今、私たちは自分たちの使う言語に対してより批判的な見方を迫られている。 こうした言葉の多くに含まれる侮辱的な性質は以前から指摘されていたものの、一部の組織は今ようやく、使用中止に動き始めた。 以下では使用中止を検討する必要があるかもしれない、おなじみの単語や言い回しを挙げる。 不動産 マスターベッドルーム/マスターバスルーム:「マスターベッドルーム」は通常、家の中で最も大きな寝室を指す。 専用のバスルームが付属していることも多い。 不動産関連のブログによると、「マスターベッドルーム」という言い回しは1926年、百貨店シアーズのカタログに初めて登場した。 これはカタログ内で最高額となる4398ドルのオランダコロニアル様式の住宅について使われたもので、専用バスルームが付いた2階の大型寝室を指していた。 表現のルーツが奴隷制プランテーションにあるのかは不明だが、こうした歴史を想起させる言葉なのは確かだ。 不動産業界では今、奴隷制の時代を暗に示す言葉であることを理由に、「マスター」という表現の廃止を呼び掛ける動きが一部に出ている。 コンピューター技術 ブラックリスト/ホワイトリスト:ITの世界では、ブラックリストはメールアドレスやIPアドレス、URLなど、ブロックの対象となる特定の要素のリストを指す。 一方、ホワイトリストは許可される要素で構成される。 こうした用語は語源において人種と直接関連していたわけではないようだが、「黒は悪く、白は良い」という考え方を強化するものだと主張する向きもある。 グーグルによるオープンソースのブラウザー開発プロジェクト「クロミウム」と、「アンドロイド」のオープンソースプロジェクトでは、開発者に対して代わりに「ブロックリスト」と「アローリスト」という用語を使用するよう推奨している。 スポーツ マスターズ・トーナメント:米男子プロゴルフツアーの4大メジャー大会のひとつ。 普通は単に「マスターズ」と呼ばれる。 ジョージア州では同年、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで初めて同トーナメントが開催された。 大会の公式サイトによると、大会の共同創設者のひとり、クリフォード・ロバーツは「マスターズ・トーナメント」と呼びたい考えだったが、別の共同創設者は「思い上がり」が過ぎるとの懸念から、この案を拒絶した。 最終的には39年にロバーツの案が採用された。 「マスターズ」の名称は熟練の技術を持つゴルファーに言及したものだが、人種差別的な含意を持つことから厳しい視線が注がれている。 法律 グランドファーザード・イン:この法律用語は、南北戦争後の再建期に南部諸州によって採用された「グランドファーザー条項」を広く指す。 同条項に基づき、1867年以前に投票権を持っていた人は全員、投票に必要な識字テストや財産上の要件、人頭税を免除された。 だが、黒人奴隷が解放されたのは憲法修正第13条が可決された65年のことで、投票権は修正第15条が可決された70年まで付与されなかった。 ブリタニカ百科事典によると、この慣行は1960年代まで続いたという。 現在、「グランドファーザード・イン」は個人や企業が新法の順守を免除されることを意味するが、グランドファーザー条項はもともと、米国の黒人から数十年にわたり投票権をはく奪していた。 日常表現 ソールド・ダウン・ザ・リバー:この言い回しは現在では手ひどい裏切り行為を表すが、言葉の由来となった歴史はそれ以上の困難をはらんでいる。 1800年代、黒人奴隷は文字どおり川を下って売却された。 奴隷商人はミシシッピ川を移動して、さらに南方のプランテーション経営者に奴隷を売却。 そこでは非人間的な環境と過酷な労働が待ち受けており、死に至ることも多かった。

次の

Web(ウェブ)とは

さ 意味

VRとは? VRとは、そもそもどのような意味で、どのようなことができるものなのでしょうか? VRの意味 VRは「Virtual Reality」の略で、「人工現実感」や「仮想現実」と訳されています。 ここには「表面的には現実ではないが、本質的には現実」という意味が含まれ、VRによって「限りなく実体験に近い体験が得られる」ということを示します。 VRを通して得られるリアルな体験が、あたかも現実であるかのように感じられるということです。 また、近年提供されているVRコンテンツは、リモコン操作によって自分の動きがVR映像内に反映されるため、よりリアルな体験が得られるようになりました。 特に、ゲームや音楽のライブなど、エンターテインメントの世界が他分野に先行して多くのコンテンツを提供しており、VRの普及に貢献しています。 また、どこにいても教室と同じ授業が受けられる教育関連、遠隔地から手術や治療を支援する医療や介護、現地に行かなくても体感できる観光や住宅販売など、さまざまな分野へVRの利用が広がっています。 さらにVRでは、受け手が自由に視点を変えられることも特徴です。 予め決められた内容を送信する従来型のメディアとは異なる新しい配信の形(双方向のコミュニケーションなど)が、マスメディアはもちろん、YouTuberなど個人の配信者にも求められるようになるでしょう。 VRのしくみ VRによって仮想空間を体験できるしくみは、どのようになっているのでしょうか? 現在販売されているほぼすべてのVR機器は、ヘッドセットと呼ばれるゴーグル(メガネのレンズにあたる部分がディスプレイになっています)をかけ、顔の向きに合わせて映像を表示する(変化させる)技術がベースになっています。 映像の立体視は、ディスプレイの液晶を右目と左目に区切って映像を分けることで実現しました。 左右のレンズ配置もそれぞれの映像が見やすいようになっているなど、VRの世界に浸るための工夫が至るところに施されています。 また、多くのVRヘッドセットにレンズのピント調整機能が備わっており、高い没入感を得られるようになっています。 VRの活用事例 続いて、VRが実生活においてどのように活用されているのかを見ていきましょう。 大きなムーブメントとなっているVRだけに、実にさまざまな分野で活用されていますが、ここでは「スポーツ」「広告」「医療」の3分野における事例をご紹介します。 ・スポーツにおけるVR活用 スポーツ分野において、VRは観客とプレイヤーの双方に活用されています。 観客としてVRを活用しているのは、スポーツ観戦に特化した「動画配信プラットフォーム」です。 特定の選手や監督の視点はもちろん、ボールなどの道具、施設の視点から試合を観戦できるのは、スポーツファンにとって大きな魅力といえるでしょう。 また、プレイヤー(選手)は、トレーニングにVRを活用できるようになっています。 対応している競技も、野球やゴルフ、スキーなどさまざま。 ジムやフィールドとは違い、難度や環境を変えながら、繰り返し練習できるメリットが、VRを活かしたトレーニングにはあるのです。 ・広告におけるVR活用 従来のデジタル広告とは異なる「VR広告」も登場しています。 VRによって商品ディスプレイの自由度が格段に上がったことで、視聴者(ユーザー)が見ている映像に全方位型の広告を流したり、商品に触れることができるようにして実際の使用感を試させたり、VR空間内にあるテレビにCMを流すといったことが可能になりました。 一方通行ではなく、視聴者とコミュニケートしながら溶け込んでいく「体験型」広告は、これまでと違う形のプレゼンテーションの方法として注目を集めています。 ・医療におけるVR活用 VRは、医療分野でもさまざまな活用事例があります。 例えば、実際の手術の様子をVRで見学可能にして、世界各国の医師と共有するという使い方は、医師の技術向上に大いに役立つものとして事例が増えています。 第一線の医師が執刀する手術をリアルに体験できることは、医療の道を志す学生や経験の少ない医師はもちろん、同じ分野の医師にとっても、大きな経験となるでしょう。 また、事前にVRで手術を行うことで、ミスの許されない手術のシミュレーションも可能になりました。 こうしたVRの活用によって、難度の高い手術の成功率が高まることが期待されます。 6%となっています。 特に、VRゲーム分野は圧倒的な存在感を示すと予測されており、VRの需要は今後も非常に高いといえそうです。 ゲーム以外の分野においては、まだ活用事例が多くないVRですが、今後、対応機器の普及に従ってプレゼンやPR、調査や設計などの実務に使われる場面が増えることが予想されます。 「VRコンテンツに興味がわいた」「VR体験をしてみたい」という方は、自分が興味のある分野において、どのようなVRの活用事例や体験方法があるのか、今のうちにチェックしておくといいでしょう。

次の