やましんe聞。 [B!] 山形県中学野球情報|山形新聞

やましんe聞

未発表であり、二重投稿ではない短歌に限ります。 応募用紙は山形新聞本社・支社で配布しているほか、ホームページからダウンロードできます。 コピー可。 【応募先】 応募用紙の場合は 〒990-8550 山形市旅篭町2-5-12 山形メディアタワー 山形新聞編集局「U-39やましん紙上歌会」係までお送りください。 9月14日(月)必着 【表彰】 最優秀賞(各部門1点)、優秀賞(部門共通10点)、佳作(同10点)、入選(同100点程度)。 最優秀賞は賞状と副賞5万円、優秀賞は賞状と副賞1万円、佳作は賞状と副賞5千円を贈ります。 【入賞作発表】 11月上旬に山形新聞紙上で発表、作品を紹介します。 【主催】 山形新聞社 【後援】 山形県歌人クラブ、山形大学、東北芸術工科大学、東北文教大学・東北文教大学短期大学部、東北公益文科大学、羽陽学園短期大学、山形県立保健医療大学、山形県立米沢栄養大学、山形県立米沢女子短期大学、山形県教育委員会、斎藤茂吉記念館(順不同) 山形新聞からお知らせ• 【2020年8大事業】 山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。 詳しくは、• 山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。 公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。 アドレスは、• 読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。 詳しくは、から。 検索機能も備えています。 アクセス方法は• 他社DB横断検索が便利な、、•

次の

新聞社の電子版を比較してみたよ。(地方紙編)

やましんe聞

こんにちは。 新聞おじさんです! 今回は、日本の新聞社の電子版が現在どのようにリリースされているのか、というのを調べてまとめてみました。 (10時間くらいかけて調べ上げました・・・汗) 近年、どこの新聞社も紙媒体の新聞が売り辛くなっている状況であり、新たな販売方法が模索されています。 そんな中、今年に入り、新聞の電子版を先行して開発している日本経済新聞社の「日経電子版」が有料会員数70万人を突破したというニュースがありました。 海を超えたニューヨーク・タイムズ社では会員数300万人突破したというニュースもありました。 各社が様々な思惑で展開している新聞電子版事業、まとめてみたら見えてくるものもありましたので、ぜひ最後までご覧ください。 日本全国の新聞電子版状況まとめ 早速ですが、私が10時間かけて各社のサイトを巡回しながらまとめて情報をご覧ください。 (本当にしんどかったです・・・笑) おそらく、全国紙の電子版状況をまとめたり比較しているサイトはあると思いますが、主要地方紙まで網羅しているサイトは日本国内にないのでは?(白目) 逆に、全国紙に関しては別ページにてまとめていますので、全国紙の電子版状況はそちらのページをご覧ください。 それでは北から南へ順番にまとめています。 以下ご注意いただきたい点を6つ書きました。 変更があり次第随時修正していきたいと思います。 別新聞社の電子版と提携しているのは?ですが、事実ですのでそのまま載せました。 本当は会員数とかも分かれば載せたかったのですが、公表しているのは日経と朝日くらいで、各新聞社ともまだ公表できるような会員数に達していないのか、公開している新聞社はほぼありませんでした。 まとめてみて分かった各新聞社の考え。 とりあえず、今回まとめてみて分かったのは、新聞社は大きく6つのパターンに分けられるということ。 逆に系統販売店には我慢してもらうか、系統販売店が無い新聞社かと思います。 電子版を展開していないから心配というものではなくて、電子版にリソースをさく資金や人材がいないのか、トップがいまだに紙信仰が強く読者のニーズを把握できていないかのどちらかだと思ってしまうから心配になります。 いずれにしても月日が経つにつれ状況が変わってくる分野だと思いますから、また新しい変化があれば随時記事にしていきたいと思います。 それでは。

次の

魚津に埋没林博物館ったあるけど通称なんと呼ばれている?【とやまクイズ】

やましんe聞

こんにちは。 新聞おじさんです! 今回は、日本の新聞社の電子版が現在どのようにリリースされているのか、というのを調べてまとめてみました。 (10時間くらいかけて調べ上げました・・・汗) 近年、どこの新聞社も紙媒体の新聞が売り辛くなっている状況であり、新たな販売方法が模索されています。 そんな中、今年に入り、新聞の電子版を先行して開発している日本経済新聞社の「日経電子版」が有料会員数70万人を突破したというニュースがありました。 海を超えたニューヨーク・タイムズ社では会員数300万人突破したというニュースもありました。 各社が様々な思惑で展開している新聞電子版事業、まとめてみたら見えてくるものもありましたので、ぜひ最後までご覧ください。 日本全国の新聞電子版状況まとめ 早速ですが、私が10時間かけて各社のサイトを巡回しながらまとめて情報をご覧ください。 (本当にしんどかったです・・・笑) おそらく、全国紙の電子版状況をまとめたり比較しているサイトはあると思いますが、主要地方紙まで網羅しているサイトは日本国内にないのでは?(白目) 逆に、全国紙に関しては別ページにてまとめていますので、全国紙の電子版状況はそちらのページをご覧ください。 それでは北から南へ順番にまとめています。 以下ご注意いただきたい点を6つ書きました。 変更があり次第随時修正していきたいと思います。 別新聞社の電子版と提携しているのは?ですが、事実ですのでそのまま載せました。 本当は会員数とかも分かれば載せたかったのですが、公表しているのは日経と朝日くらいで、各新聞社ともまだ公表できるような会員数に達していないのか、公開している新聞社はほぼありませんでした。 まとめてみて分かった各新聞社の考え。 とりあえず、今回まとめてみて分かったのは、新聞社は大きく6つのパターンに分けられるということ。 逆に系統販売店には我慢してもらうか、系統販売店が無い新聞社かと思います。 電子版を展開していないから心配というものではなくて、電子版にリソースをさく資金や人材がいないのか、トップがいまだに紙信仰が強く読者のニーズを把握できていないかのどちらかだと思ってしまうから心配になります。 いずれにしても月日が経つにつれ状況が変わってくる分野だと思いますから、また新しい変化があれば随時記事にしていきたいと思います。 それでは。

次の