栃木県内の最新感染動向。 人手不足に対する栃木県内企業の意識調査(2020年4月)

中島歯科医院のブログ

栃木県内の最新感染動向

インフルエンザの流行にご注意ください! インフルエンザが全国的に流行しており、栃木県では、令和元年第50週(令和元年12月9日~12月15日)時点において、県内全域における一定点医療機関当たりの患者報告数が12. 41人となり、今シーズンはじめて注意報レベルである「10. 00人」を超えました。 今後も、報告数の多い状況がしばらく続くことが予想されますので、予防を心がけてください。 【インフルエンザについて】 インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染によって引き起こされる呼吸器系感染症です。 「一般のかぜ症候群」とは分けて考えるべき「重くなりやすい疾患」です。 潜伏期間は、概ね1~7日(多くは3~4日)です。 お子様では、まれに急性脳症を、高齢者の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。 感染経路は、咳などで飛び散ったウイルスを吸い込んで感染する(飛沫感染)ほか、ウイルスが付着したドアノブなどに触れて感染する(接触感染)場合などがあり、例年12月頃から徐々に流行しはじめ、1~3月頃にかけて患者数が増加する傾向が見られます。 【予防方法について】 1 流水で手をよく洗いましょう。 アルコールによる手指消毒も効果的です。 2 室内では加湿器を使用するなど適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。 3 体の免疫力を高めるために、バランスの良い食事と十分な休養、睡眠をとるなど日頃から体調管理を心がけましょう。 4 できるだけ人混みを避けましょう。 やむを得ず外出する場合は、マスクを着用しましょう。 5 咳やくしゃみなどの症状がある方は咳エチケットを守り、早めに医療機関を受診して自宅療養に努めましょう。 6 ワクチンの接種を検討しましょう。 ワクチンは、発症や重症化を防ぐ効果があるとされています。 ワクチンの効果の持続 期間は5カ月くらいであることから、毎年接種することが必要となります。 接種を希望する方は、かかりつけの医師に相談 してください。 【県内の患者発生状況】 栃木県内保健所管内別の発生状況は、をご覧ください。 全国の感染症発生状況は、をご覧ください。

次の

栃木県内の感染状況、一目で 有志がサイト立ち上げ|県内主要,社会|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

栃木県内の最新感染動向

【新型コロナ感染症対策】感染者の概要 7月17日更新 【患者等の発生について】 発生した患者等 106名 7月17日15時現在 そのうち ・医療機関等に入院 36名 7月16日現在 ・退院した者 65名 7月16日現在 概要(104例目) 新型コロナウイルスの検査により、鹿児島市内104例目 鹿児島県内155例目 となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。 年 代 40代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市• 概要(103例目) 新型コロナウイルスの検査により、鹿児島市内103例目 鹿児島県内154例目 となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。 年 代 20代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲 概要(102、105・106例目) 新型コロナウイルスの検査により、次のとおり新型コロナウイルス感染者が確認されました。 鹿児島市内102例目 県内153例目• 鹿児島市内105例目 県内158例目• 鹿児島市内106例目 県内162例目 102例目 105例目との接触• 年 代 20代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 105例目• 年 代 40代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 106例目 105例目との接触• 年 代 30代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲 概要(97、101例目) 新型コロナウイルスの検査により、次のとおり新型コロナウイルス感染者が確認されました。 鹿児島市内97例目 県内145例目• 鹿児島市内101例目 県内150例目 97例目• 年 代 30代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 101例目 97例目との接触• 年 代 30代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 概要(95例目) 新型コロナウイルスの検査により、鹿児島市内95例目 鹿児島県内143例目 となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。 年 代 20代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲 概要(91・92、98例目) 新型コロナウイルスの検査により、次のとおり新型コロナウイルス感染者が確認されました。 鹿児島市内91例目 県内137例目• 鹿児島市内92例目 県内140例目• 鹿児島市内98例目 県内147例目 91例目• 年 代 20代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 92例目 91例目との接触• 年 代 50代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 98例目 92例目との接触• 年 代 50代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 概要(86例目) 新型コロナウイルスの検査により、鹿児島市内86例目 鹿児島県内128例目 となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。 年 代 30代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 91例目資料の再掲• 概要(82例目) 感染症法に基づき県内の医療機関等に7月6日(月曜日)から入院しておりました本市82例目 鹿児島県内118例目 の感染者は、退院基準を満たしたことから、7月14日(火曜日)までに退院いたしました。 年 代 60代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 91例目資料の再掲• 86例目資料の再掲• 概要(75例目) 感染症法に基づき県内の医療機関等に7月8日(水曜日)から入院しておりました本市75例目 鹿児島県内110例目 の感染者は、退院基準を満たしたことから、7月15日(水曜日)までに退院いたしました。 年 代 10代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 91例目資料の再掲• 86例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 概要(70、79、83、87~89例目) 新型コロナウイルスの検査により、次のとおり新型コロナウイルス感染者が確認されました。 鹿児島市内70例目 県内105例目• 鹿児島市内79例目 県内115例目• 鹿児島市内83例目 県内119例目• 鹿児島市内87~89例目 県内129~131例目 70例目• 年 代 50代• 性 別 男性• 年 代 50代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 83例目 70例目との接触• 年 代 40代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 87例目 70例目との接触• 年 代 30代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 88例目 70例目との接触• 年 代 50代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 89例目 83例目との接触• 年 代 50代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 91例目資料の再掲• 86例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 75例目資料の再掲 概要(54例目) 感染症法に基づき県内の医療機関等に7月4日(土曜日)から入院しておりました本市54例目 鹿児島県内73例目 の感染者は、退院基準を満たしたことから、7月15日(水曜日)までに退院いたしました。 年 代 30代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 91例目資料の再掲• 86例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 75例目資料の再掲• 概要(53例目) 感染症法に基づき県内の医療機関等に7月5日(日曜日)から入院しておりました本市53例目 鹿児島県内72例目 の感染者は、退院基準を満たしたことから、7月13日(月曜日)までに退院いたしました。 年 代 20代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 91例目資料の再掲• 86例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 75例目資料の再掲• 54例目資料の再掲• 54例目資料の再掲 概要(20例目) 新型コロナウイルスの検査により、鹿児島市内20例目 鹿児島県内39例目 となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。 年 代 80代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 91例目資料の再掲• 86例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 75例目資料の再掲• 54例目資料の再掲• 54例目資料の再掲 概要(19例目) 新型コロナウイルスの検査により、7月3日 金曜日 に陽性が判明した本市19例目 鹿児島県内38例目 の感染者は、7月15日(水曜日)までに退院基準を満たしました。 新型コロナウイルス感染症の治療は終了し、今後は、基礎疾患の治療を継続• 年 代 80代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島県• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 91例目資料の再掲• 86例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 75例目資料の再掲• 54例目資料の再掲• 54例目資料の再掲 概要(14例目) 感染症法に基づき県内の医療機関等に7月2日(木曜日)から入院しておりました本市14例目 鹿児島県内21例目 の感染者は、退院基準を満たしたことから、7月16日(木曜日)までに退院いたしました。 年 代 40代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 91例目資料の再掲• 86例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 75例目資料の再掲• 54例目資料の再掲• 54例目資料の再掲• 概要(5~13、15~18、21~52、55~69、71~74、76~78、80・81、84・85、90、93・94、96、99・100例目) 新型コロナウイルスの検査により、次のとおり新型コロナウイルス感染者が確認されました。 鹿児島市内5~13例目(県内12~20例目)• 鹿児島市内21~52例目(県内40~71例目)• 鹿児島市内55~69例目(県内87~98、102~104例目)• 鹿児島市内71~74例目(県内106~109例目)• 鹿児島市内76~78例目(県内112~114例目)• 鹿児島市内80・81例目(県内116・117例目)• 鹿児島市内84例目(県内122例目)• 鹿児島市内85例目(県内124例目)• 鹿児島市内90例目 県内132例目• 鹿児島市内93・94例目 県内141・142例目• 鹿児島市内96例目 県内144例目• 年 代 40代• 性 別 女性• 年 代 40代• 性 別 男性• 年 代 20代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 8例目 5例目の職場の同僚C• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 10例目 5例目の職場の同僚E• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 男性• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 女性• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 30代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 18例目 職場の客との接触• 年 代 50代• 性 別 男性• 年 代 10代• 性 別 女性• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 20代• 性 別 女性• 年 代 30代• 性 別 女性• 年 代 40代• 性 別 女性• 年 代 40代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 男性• 年 代 50代• 性 別 女性• 年 代 50代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 31例目 5例目の職場の客• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 20代• 性 別 女性• 年 代 40代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 35例目 5例目の職場の客• 年 代 20代• 性 別 女性• 年 代 20代• 性 別 女性• 年 代 20代• 性 別 女性• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 女性• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 女性• 年 代 40代• 性 別 男性• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 30代• 性 別 女性• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 男性• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 60代• 性 別 女性• 年 代 30代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 52例目 5例目の職場の客• 年 代 40代• 性 別 女性• 年 代 10代• 性 別 男性• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 20代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 59例目 5例目の職場の客• 年 代 40代• 性 別 男性• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 30代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 63例目 5例目の職場の客• 年 代 40代• 性 別 女性• 年 代 20代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 男性• 年 代 30代• 性 別 女性• 年 代 20代• 性 別 女性• 年 代 50代• 性 別 男性• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 72例目 56例目との接触• 年 代 40代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 73例目 56例目との接触• 年 代 20代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 74例目 41例目との接触• 年 代 30代• 性 別 女性• 年 代 30代• 性 別 男性• 年 代 40代• 性 別 女性• 年 代 50代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 80例目 73例目との接触• 年 代 10代• 性 別 女性• 年 代 10代• 性 別 女性• 年 代 20代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 85例目 73例目との接触• 年 代 20代• 性 別 女性• 年 代 20代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 93例目 84例目との接触• 年 代 50代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 94例目 84例目との接触• 年 代 30代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 96例目 84例目との接触• 年 代 50代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 99例目 93例目との接触• 年 代 10代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市 100例目 93例目との接触• 年 代 20代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 104例目資料の再掲• 97、101例目資料の再掲• 97例目資料の再掲• 91例目資料の再掲• 86例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 82例目資料の再掲• 75例目資料の再掲• 54例目資料の再掲• 54例目資料の再掲• 概要(4例目) 感染症法に基づき県内の医療機関に6月12日(金曜日)から入院しておりました本市4例目の感染者は、退院基準を満たしたことから、6月26日(金曜日)に退院いたしました。 年 代 40代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市• 概要(2、3例目) 2、3例目の感染者につきましては、感染症法に基づき県内の医療機関に4月20日 月曜日 から入院し、無症状のまま経過しておりました。 感染症法に基づいたPCR検査において2回連続で陰性を確認したことから、2例目の方は5月5日(火曜日)、3例目の方は4月28日(火曜日)までに退院いたしました。 (2例目 4月19日県発表の友人A)• 年 代 20代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市 (3例目 4月19日県発表の友人B)• 年 代 20代• 性 別 女性• 居住地 鹿児島市• 概要(1例目) 感染症法に基づき県内の医療機関に4月8日 水曜日 から入院し、無症状のまま経過しておりました。 感染症法に基づいたPCR検査において2回連続で陰性を確認したことから、4月17日(金曜日)までに退院いたしました。 発生日 令和2年4月8日 水曜日• 年 代 10代• 性 別 男性• 居住地 鹿児島市• 参考 鹿児島県内の最新感染動向• (鹿児島県がオープンデータを提供している「鹿児島県新型コロナウイルスまとめサイト」より).

次の

栃木県内の感染状況、一目で 有志がサイト立ち上げ|県内主要,社会|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

栃木県内の最新感染動向

インフルエンザの流行にご注意ください! インフルエンザが全国的に流行しており、栃木県では、令和元年第50週(令和元年12月9日~12月15日)時点において、県内全域における一定点医療機関当たりの患者報告数が12. 41人となり、今シーズンはじめて注意報レベルである「10. 00人」を超えました。 今後も、報告数の多い状況がしばらく続くことが予想されますので、予防を心がけてください。 【インフルエンザについて】 インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染によって引き起こされる呼吸器系感染症です。 「一般のかぜ症候群」とは分けて考えるべき「重くなりやすい疾患」です。 潜伏期間は、概ね1~7日(多くは3~4日)です。 お子様では、まれに急性脳症を、高齢者の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。 感染経路は、咳などで飛び散ったウイルスを吸い込んで感染する(飛沫感染)ほか、ウイルスが付着したドアノブなどに触れて感染する(接触感染)場合などがあり、例年12月頃から徐々に流行しはじめ、1~3月頃にかけて患者数が増加する傾向が見られます。 【予防方法について】 1 流水で手をよく洗いましょう。 アルコールによる手指消毒も効果的です。 2 室内では加湿器を使用するなど適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。 3 体の免疫力を高めるために、バランスの良い食事と十分な休養、睡眠をとるなど日頃から体調管理を心がけましょう。 4 できるだけ人混みを避けましょう。 やむを得ず外出する場合は、マスクを着用しましょう。 5 咳やくしゃみなどの症状がある方は咳エチケットを守り、早めに医療機関を受診して自宅療養に努めましょう。 6 ワクチンの接種を検討しましょう。 ワクチンは、発症や重症化を防ぐ効果があるとされています。 ワクチンの効果の持続 期間は5カ月くらいであることから、毎年接種することが必要となります。 接種を希望する方は、かかりつけの医師に相談 してください。 【県内の患者発生状況】 栃木県内保健所管内別の発生状況は、をご覧ください。 全国の感染症発生状況は、をご覧ください。

次の