舌 白い 取れ ない。 舌が白い!舌苔が取れない原因は食生活にあった?

舌が白いです。口臭もあります。おそらく舌苔だと思うのですが、昔からなかなか...

舌 白い 取れ ない

口腔機能が低下し、自分でケアをするのが難しい高齢者は、様々な口腔トラブルを引き起こしてしまいます。 その原因のひとつとなるのが、舌苔です。 本記事ではそんな舌苔が引き起こすトラブルや自宅でできるケア方法などをまとめています。 ぜひご確認ください。 舌苔(ぜったい)とは 舌苔とは、舌の表面にある舌乳頭(舌の表面にある凸凹)に付着した苔のようなものです。 鏡で見ると、舌の表面が白くなっているのが分かります。 高齢者に限らず、誰にでもできるものですが、口腔機能が低下したり、自分でのケアが難しくなったりしている高齢者は、この舌苔が分厚くなってしまうことがあります。 舌の真ん中に薄く付着している程度であれば心配ありませんが、厚くなってきた場合や口腔内のトラブルが引き起こされている場合には、適切に対応するといいでしょう。 舌苔の正体 舌苔の正体は、舌乳頭の間に付着した、様々な細菌や古くなった口の中の粘膜、食べ物のカスなどの汚れが集まったものです。 タンパク質を多く含んでいます。 舌苔の原因 舌苔は、できやすい人とできにくい人がいます。 その差は口の中の潤いです。 汚れを洗い流してくれる唾液の分泌量が少なかったり、口の中が渇いていたりすると舌苔ができやすくなります。 例えば、• タバコの吸いすぎ• 口呼吸• ストレス• 食事中にあまり噛まない といったことによる唾液の分泌量の減少や口の中の乾燥が、舌苔が増える原因です。 厚い舌苔が引き起こすトラブル 舌苔が厚くなると、以下のようなトラブルを引き起こします。 口臭 口臭を引き起こす原因の一つが、舌苔に含まれるタンパク質です。 口の中にある「嫌気性細菌」がこのタンパク質を分解する時に、嫌な臭いを発生させてしまいます。 舌苔はタンパク質を多く含んでおり、厚くなると口臭が強くなる傾向があります。 唾液の分泌が少ない起床時や空腹時などに強くなる口臭は、生理的口臭と呼ばれています。 誰にでも発生するものなので、正常の範囲内であればあまり気にする必要はありません。 しかし、「最近は常に口が臭うようになった」と感じたら、原因は厚くなった舌苔かもしれません。 歯周病やむし歯など他の口腔トラブル、呼吸器系や消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因の場合もありますので、詳しくは歯科医やかかりつけ医にご相談ください。 味を感じにくい 舌には味蕾(みらい)という味を感じるセンサーがあります。 味蕾の大部分は舌乳頭(舌の表面にある凸凹)にありますが、ここが舌苔に厚く覆われてしまうことで、味の刺激が味蕾細胞まで届きにくくなり、味を感じにくくなってしまいます。 味を感じにくくなると、ついつい調味料を足してしまって塩分を取りすぎてしまったり、食欲が失われて食事量が減ってしまうことがあり、高齢者の健康に影響を与えます。 誤嚥性肺炎のリスクが高まる 飲食物や口腔内の分泌物などが気管や肺に入ることを誤嚥(ごえん)と言います。 誤嚥によって引き起こされる肺炎が誤嚥性肺炎です。 舌苔が厚くなると、誤嚥性肺炎を引き起こす細菌も口の中に増え、誤嚥をした時に一緒に細菌が気管や肺に入ってしまうリスクが高まります。 舌苔のケア方法 様々なトラブルの原因にもなる舌苔をケアし、舌を清潔に保つにはどのようにすればいいのでしょうか。 舌を清潔に保つ方法 舌を清潔に保つには、1日に1回、専用の舌ブラシを使ってケアをします。 口の中が乾燥しやすい高齢者の場合には、事前に口腔用の保湿剤を舌苔に塗り、30秒ほど経過した後で舌ブラシを使用するのがお勧めです。 まずは、鏡を見て舌のどの部分に舌苔が付いているのかを確認しましょう。 一番奥に舌ブラシをあてたら、手前に軽く引きます。 舌ブラシを水道水で洗いながら、5回ほど繰り返します。 舌苔を完全に取り切ってしまおうと考える必要はありません。 舌苔の中に空気が入るだけで口臭の原因菌の繁殖を抑えることができます。 ケアは起床時がお勧めです。 さらに気になる人は、ケアの後に薬用の洗口液を使うと良いでしょう。 舌ブラシは歯ブラシと同様に、1ヵ月を目安に交換をしてください。 過剰に取ろうとするのはNG 舌のケアをする時に気を付けたいのは、過剰に舌苔を取ろうとしないこと。 歯ブラシでゴシゴシと舌の表面をこすってしまうことがありますが、舌を強くこすってしまうと、舌の粘膜や味蕾細胞を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。 心配な時には 舌や口腔のケアを続けてもトラブルが改善せず、舌苔がなかなか薄くならないということがあれば、歯科医や歯科衛生士、かかりつけ医に相談をしてください。 舌苔の予防方法 最後に、舌苔の予防方法を確認しておきましょう。 舌を動かす (えんげ)体操をしたり、よく噛んで食べたり、お話をしたり、歌を歌ったりなど、舌を動かすことを意識して生活しましょう。 舌を動かすことで唾液の分泌が促進されると、舌苔を予防できるだけではなく、口腔内の健康が向上しますし、消化しやすくなるなどの様々なメリットがあります。 口の中を清潔にする 歯磨きに加えて舌のケアを起床時に行い、口の中を清潔に保ちましょう。 口腔用の保湿剤や洗口液も併せて使うのがお勧めです。 歯ブラシや舌ブラシだけではなく、口の中の状態に合わせて使い捨ての口腔ケア用のスポンジ、綿棒、口腔ケア用ティッシュなどを使用してもいいでしょう。 もし現在の記事のように腔ケア用のスポンジ、綿棒、口腔ケア用ティッシュの画像を入れるならここがいいと思います。 まとめ 舌苔は、舌の表面の凸凹に付着した細菌や汚れなどの塊です。 口臭だけではなく、味が感じにくくなったり、誤嚥性肺炎のリスクが高まるなどのトラブルの原因となります。 しかし、完全に取り除こうと過剰にケアをしたり、こすったりするのは厳禁です。 1日に1回、起床時に専用の舌ブラシを使用して優しくケアをし、唾液の分泌が促進されるように舌を動かす生活を心がけるようにしましょう。 口腔用の保湿ジェルや洗口液、使い捨ての口腔ケアグッズなどを上手に使い、ケアや予防を続けることが大切です。 関連QA.

次の

舌が白い原因・病気・痛い原因・白くてぶつぶつしている・治し方・口臭・病院

舌 白い 取れ ない

もくじ• 「舌に付く白いもの」の正体とは 舌に付く白いものの正体、それは「 舌苔(ぜったい)」と呼ばれるものです。 病気ではありませんので、安心してください。 しかし、あっても良いものではないんです。 この舌苔は、 食事カスを養分とする雑菌や、細胞が剥がれ落ちたものでできています。 だから、健康的なものではありません。 逆に、健康な舌はほんのりピンク色をしてしているものです。 また、この舌苔が発生すると、 きつい口臭を放つようになります。 舌苔は唾液で洗い流せないため、きちんと除去しないと、雪だるま式に増えていきます。 スポンサーリンク 舌苔と胃の関係 舌苔はなぜ発生するのか、それは胃の調子と関係があります。 とはいっても、胃の調子の悪いことが直接的に舌苔を作り出すのではありません。 胃の調子が悪くなる原因が、舌苔を作ってしまうのです。 それでは、舌苔の原因である「胃の調子が悪くなる2つの原因」をみていきましょう。 ストレス 胃の調子が悪くなるのはどんな時でしょうか。 ストレスや疲労がたまると胃が痛くなったりしませんか。 そうです、その ストレス こそが 舌苔の原因なのです。 ストレスがたまると自律神経の交感神経が活発になってしまいます。 その結果、 唾液が減少してしまいます。 唾液が減少すると口内細菌が増えるので、舌苔がつきやすくなります。 免疫力の低下 疲労がたまって 免疫力が低下している時にも、胃の調子が悪くなりますね。 すると、上記の様に口内細菌が増えて、舌苔の元になります。 他にもある舌が白くなる原因 胃の調子以外にも、3つの原因があります。 歯磨きが不十分 歯磨きが不十分だと口の中の細菌が増えて、舌苔の原因になります。 歯磨きはどのくらいの時間しているでしょうか。 理想は10~15分くらい、 夜は特に念入りに磨いて欲しいものです。 口呼吸で唾液が少ない 起きている時だけでなく、寝ている時も 口呼吸になっていませんか? 鼻炎や花粉症など鼻の疾患をお持ちの方は口呼吸になりやすいため、特に注意が必要です。 口で呼吸をするとどうしても 口の中が乾いてしまうため、雑菌が繁殖しやすく、舌苔の元になるのです。 舌の運動不足 舌も筋肉ですから、動きが少ないと運動不足になります。 舌の運動不足は、唾液が減って口の中が汚れやすくなるのです。 次のような方は、特に舌の運動不足になりやすいため、注意が必要です。 ポイントは唾液を増やして口内環境を改善することです。 それでは、舌をキレイにする7つの方法を紹介します。 胃腸の負担を減らす 胃腸の負担を減らすことで、舌苔の発生を抑制できます。 1.ストレスを溜めない! そのために、まずは ストレスを減らす工夫をしましょう。 その日のストレスはその日のうちに解消! 本を読むのでもいいですし、好きな音楽を聴くのでも何でもいいので、帰宅してから出来るストレス解消法をいくつか見つけておいた方がいいでしょう。 2.消化に良いものを食べる! また、胃が弱ってい時に消化に悪いものを食べると、それがまた胃にとってのストレスになるので、疲れている時は 消化に良いものを食べるようにして下さい。 歯と同時に舌も磨く 歯磨きの時、 舌も一緒に磨くこともおススメです。 普通の歯ブラシでは、柔らかい舌を傷めてしまうことがあるので、 舌磨き専用の柔らかいブラシを使いましょう。 歯磨きのついでに、舌を磨く習慣もつければ舌苔はたまりにくくなります。 歯間ブラシ、マウスウォッシュを使う 歯間ブラシや マウスウォッシュを使うことも効果的です。 歯ブラシだけで落とせない汚れや雑菌を除去できるため、 口内環境をよりキレイに保つことができます。 食べカスが残っているとそれが雑菌の餌となって、口内環境が悪化してしまいますから、唾液が減る夜は、特に念入りに口の掃除をしてみて下さい。 口呼吸ではなく鼻呼吸 呼吸は 鼻呼吸が基本です。 口呼吸だと口の中が乾燥してしまいます。 しかし、鼻づまりなどでどうしても寝ている時に口呼吸になってしまう、という人は、 夜専用のゴムの柔らかいマスクをするか、 鼻孔を広げるテープなどを使って口呼吸にならないよう工夫をしてみてください。 咀嚼回数を増やす 食事の時の 噛む回数を増やしましょう。 1口30回は噛むようにしてください。 咀嚼回数を増やせば唾液も増えますし、満腹中枢を刺激して少しの量のご飯でお腹がいっぱいになり、ダイエットにも役立ちますよ。 食事以外でも、ガムを噛むなどすると唾液が増えます。 唾液腺を刺激する 唾液は マッサージでも増やすことが出来ます。 寝る前に水を1杯飲む 夜寝ている間は口を動かさないので、唾液の量は減ってしまいます。 寝る前に水を飲んでおくと口の乾燥を防ぐことが出来ます。 まとめ 胃が悪いことが直接舌を白くするわけではありませんが、胃の調子と舌苔には密接な関係があるので、胃の調子を整えるような生活を心がけることが舌を元通りにする近道です。 一度キレイにしてもまた白くなる可能性はありますので、自分の健康のバロメータとして、舌の色は常にチェックしておいた方がいいですね。

次の

舌が白い!舌苔が取れない原因は食生活にあった?

舌 白い 取れ ない

舌苔は食べかすや細菌からできています。 風邪をひいていたり、体調不良やストレスが 重なるとこの舌苔がぶ厚くなることがあります。 また、 口呼吸やストレスでドライマウスの状態だと舌苔ができやすくなってしまいます。 別名「白なまず」とも呼ばれている病気です。 白班症の原因ははっきりとはわかりませんが、 色素を形成する細胞が異常になってしまう自己免疫疾患です。 遺伝や免疫異常によって引き起こされると言われています。 医学的に他の疾患にあてはまらない場合はこの白板症と診断されます。 白板症の原因は喫煙の他にブラッシングや虫歯、 詰め物での舌への過度な刺激があげられます。 症状の白班型は平滑なものだったり、 しわ状、いぼ状になるものもあり、 また赤い斑状が見られることもあります。 通常痛みはありませんが、赤い斑状がでると痛みを感じることもあります。 扁平苔癬の原因ははっきりとわかってはいませんが、 外傷性、細菌性、アレルギー性、梅毒性、神経性、遺伝性など さまざまな要因が考えられています。 口内への刺激や喫煙も原因のひとつと考えられます。 白班に痛みを伴うだけでなく、 出血や不快感、味覚異常などの症状も扁平苔癬の特徴です。 舌の表面が線状または斑紋状に白くなる症状が引き起こされます。 痛みはありません。 免疫力の低下、口内の乾燥、口内環境が不潔、 などがカンジダ症を引き起こす要因となります。 原因ははっきりとはわかってはいませんが、 ストレスやビタミンBの不足が原因ではないかといわれています。 舌の表面に溝ができる溝状舌を合併してる可能性もあります。 他に声がかれたりする症状が引き起こされます。 乳頭腫は基本的には良性の腫瘍ですが、再発することの多い病気です。 わずかな可能性ではありますが、がんに進行することもあります。 この舌がんは今回ご紹介した中でも最も危険な病気です。 口内炎や舌のイボ状のものが3週間以上長引いた場合は舌がんが疑われます。 また、舌がんは痛みが少ないのも特徴のひとつです。 舌がんの原因は飲酒や喫煙、歯の刺激とも言われていますが、 はっきりとはわかっていません。 栄養バランスのとれた食事や十分な睡眠で、 生活を改善するのが1番の予防と言えます。 また、口内を清潔に保つようにするのも忘れないようにしましょう。 しかし、舌が傷つき炎症を起こす可能性があるので、 歯ブラシで直接舌を磨くのはダメです。 最近は、舌専用のクリーニング用品もありますので、 気になる方は使ってみるのもいいと思います。 舌がぶつぶつして白くなる症状や 舌の異常が長引く場合には病院を受診しましょう。 また、病気を引き起こす前に普段の生活習慣から気をつけていきたいですね。 関連記事としましてはこちらの記事もご参考下さい。

次の