お腹 だけ 痩せ ない。 お腹だけ痩せないのは何故?意外なぽっこりお腹の原因|mb(モテコビューティー)

お腹が痩せた?揉むだけで効果があるマッサージ方法とは?

お腹 だけ 痩せ ない

ですから、正しくダイエットを行えば誰でも痩せる事ができます。 そこで今回は、お腹回りの脂肪が上手く落ちない原因と、その対策について解説したいと思います。 スポンサードリンク 【目次】 (1)これが、お腹回りに脂肪が溜まる仕組みと脂肪燃焼のメカニズム• あなたは、糖質を食べ過ぎていませんか?• 糖質は脂肪に変わる!?• 脂肪燃焼のメカニズム• 体脂肪には落ちる順番がある (2)お腹回りの脂肪が落ちない!これが、間違った運動のやり方• 有酸素運動だけを行っている• 有酸素運動のやり方が間違っている (3)お腹回りの脂肪が落ちない!これが、間違った食事の方法• 食事のカロリーを制限している• 水分の補給が足りない• 塩分の摂り過ぎ (4)お腹回りの脂肪が落ちない!あなたは、効果の無いダイエットを行っていませんか? まとめ 余分な脂肪対策ならシボヘール (1)これが、お腹回りに脂肪が溜まる仕組みと脂肪燃焼のメカニズム ダイエットを続けているのに、お腹回りの脂肪が上手く落ちないという人は、 まず、 脂肪が溜まる原因と脂肪燃焼のメカニズムについて簡単に理解しておく必要があるでしょう。 すると、ダイエットの間違いについて自ずと分かってくる筈です。 あなたは、糖質を食べ過ぎていませんか? 三大栄養素の中で、食べ過ぎて太るのは脂肪と糖質です。 そして、タンパク質というのは太りにくいので、ダイエットには最適な栄養源となります。 ですから、むしろ控え過ぎの人が意外と多いかもしれません。 そうすると、問題は 糖質という事になります。 糖質は、身体を動かすエネルギー源となる栄養素であり、 糖分の他にも御飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる 炭水化物に多く含まれています。 そして、現代人が太る主な原因は、この糖質の摂り過ぎにある言われています。 そうした理由から、最近になって注目されているのが 糖質(炭水化物)制限ダイエットです。 ただし、ストックが可能な糖質の量は、せいぜい1500キロカロリー程度であり、 コンビニサイズのおにぎりで言うと約9個分です。 では、ストックし切れずに余ってしまった糖質はどうなるのか? それが 中性脂肪に作り替えられて、お腹回りの余分な脂肪になるのです。 これが太るという事です。 ですから、糖質はストックが目減りした分だけをこまめに補ってやれば、余分な脂肪は溜まらないという事になります。 つまり、糖質を一度にたくさん食べ過ぎてしまう ドカ食いをすると太るのです。 脂肪燃焼のメカニズム 体脂肪は通常において、中性脂肪という安定した固形の状態にありますから、そのままでは燃焼できません。 ところが、糖質エネルギーが枯渇したり、運動を行って体温が上昇してくると、脂肪分解酵素の リパーゼが活性化します。 すると、リパーゼの働きによって中性脂肪は 脂肪酸に分解され、燃える状態となって血中に溶け出します。 そして、必要に応じて燃焼し、脂肪エネルギーに変わるのです。 体脂肪には落ちる順番がある さて、脂肪燃焼のメカニズムについては大まかに理解して頂いけたと思います。 そして、もう一つ知っておくべきなのは、脂肪の落ち方というのは身体の部位によって大きく異なるという事です。 傾向としては、ダイエットを行うと最初に 内臓脂肪が落ち、 その後、 皮下脂肪が身体の末端から中心部に向かって、基本的には次の順番で落ちていきます。 お腹回りについて言うと、まず代謝の活発な内臓脂肪が先に落ちますから、 正しくダイエットを行えばポッコリお腹は短期間で解消します。 ところが、お腹回りの皮下脂肪は落ちる順番がほぼ最後という事になりますから、 ダイエットを始めても、最初の期間はなかなか落ちないのです。 ですから、お腹回りの皮下脂肪が落ちてくるまでには、ある一定の時間を要します。 しばらく運動を続けているのに、お腹回りの脂肪が上手く落ちないという方は、いずれかに当てはまるかもしれません。 有酸素運動だけを行っている お腹回りの脂肪を落とす目的で、ジョギングやウォーキングといった 有酸素運動を行っている人は多いと思います。 しかし、有酸素運動だけを習慣的に続けていると、やがて脂肪が上手く落ちない体質に変わってきます。 これが、一見するとダイエットに効果がありそうな有酸素運動の落とし穴なのです。 なぜなら、有酸素運動を習慣的に行っていると、身体は適応反応を示して有酸素運動に適した状態に変化するからです。 それは、少ないエネルギーで長時間の運動が可能な 省エネ体質という事になります。 省エネ体質になると、消費カロリーの多い筋肉が減らされます。 なぜなら、体脂肪は貴重なエネルギー源として出来るだけ残しておきたいからです。 こうなると、お腹回りの脂肪は上手く落ちないという事になります。 では、有酸素運動で脂肪の燃焼効率を上げるにはどうすれば良いのかというと、 筋トレも並行して行い、筋肉を増やしておく事が大切になってきます。 なぜなら、筋肉が増えると消費カロリーが増加して 脂肪燃焼体質になるので、 日常的にも、あるいは運動を行った時にも脂肪の燃焼効率がアップするからです。 ですから、いくら時間をかけて頑張ったとしても、場合によってはお腹回りの脂肪が上手く落ちないという事になります。 そこで、有酸素運動にありがちな3つの間違いについて話しておきましょう。 そして、 優先的にエネルギー利用されるのは糖質で、脂肪は予備のエネルギーです。 ですから、身体に糖質が残っていれば、予備の脂肪を燃やす必要性は低いという事になります。 例えば、食事で御飯などの糖質を摂取すると、しばらくの間は糖質エネルギーが優先的に使われます。 ですから、有酸素運動で予備の脂肪がエネルギーとして利用されやすいのは、 糖質が枯渇して血糖値が下がる 空腹時という事になります。 しかし、運動の強度を上げ過ぎてしまうと呼吸が苦しくなり、酸素が不足状態になってしまいます。 こうなると、脂肪の燃焼効率が低下し、代わりに糖質エネルギーの利用配分が増えてしまいます。 なぜなら、 糖質は酸素がなくてもエネルギーに変わるからです。 つまり、単に運動の強度を上げて消費カロリーを増やしたとしても、それに比例して脂肪が燃える訳ではないという事です。 その心拍数ゾーンの計算方法は次の通りです。 既に解説した通り、運動による体温上昇に伴って脂肪分解酵素のリパーゼが活性化すると、 脂肪を燃やしてエネルギー生産を行う準備段階に入ります。 そして、脂肪が効率良く燃焼を始める 脂肪燃焼ゾーンに入るまでには、約20分が必要だと言われています。 ですから、ダイエット目的で有酸素運動を行うなら、20分以上は継続すると成果が上がります。 お腹回りの脂肪が上手く 落ちないとすれば、運動の継続時間が短いのではないですか? スポンサードリンク (3)お腹回りの脂肪が落ちない!これが、間違った食事の方法 今度は、お腹回りの脂肪が上手く落ちない人にありがちな、間違った食事について話しておきましょう。 食事のカロリーを制限している 食事制限をしてカロリーを不足状態にすれば、その分だけ脂肪が燃焼してお腹回りが痩せる! 一見すると、この理屈は正しいようにも思えますが、実際のところ身体はその通りには反応しないのです。 もし、摂取カロリーを必要以下に減らしてしまうと、脳は飢餓状態であると認識して防衛反応を示し、 結果的に私たちの身体は、無駄なカロリー消費を抑えるために 省エネ体質へと変化します。 そうすれば、貴重なエネルギー源である体脂肪をできる限り温存できる訳です。 その結果、カロリー消費の多い筋肉が優先的に減らされて、脂肪は上手く落ちないという事になります。 ですから、 食事制限をして体重が減ったとしても、それは脂肪ではなく筋肉が減少している場合が多いのです。 そこで、太りやすい糖質の摂取を控えた上で、タンパク質をしっかりと食べて必要なカロリーを満たしましょう。 タンパク質は、肉、魚、卵、大豆製品などに多く含まれており、 たくさん食べても太りにくいので、ダイエットには最適な栄養源となります。 水分の補給が足りない 体脂肪が燃焼するためには、まず固形の脂肪を水分で溶かす必要があります。 そして、溶けた脂肪は体液を通じて全身に運ばれます。 更に、脂肪の燃えカスは尿や汗などの水分に混じって体外に排出されます。 このように、 脂肪燃焼の一連の過程においては必ず水分が必要になります。 ですから、十分な水分補給を行う事で、常に脂肪が燃焼しやすい状態をキープできるのです。 逆に水分が不足状態になってしまうと、脂肪の燃焼がスムーズに行かなくなるという訳です。 ちなみに、モデルさんの多くは余分な脂肪を付けないために、1日に約2リットルの水分を補給しているそうです。 仮に、塩分を摂り過ぎると体液が濃くなりますから、薄める為にはより多くの水分が必要になります。 すると、本来は排出されるべき水分を身体に残しておく必要が生じます。 こうして体内水分の循環が悪くなると、脂肪の燃えカスが上手く排出されなくなり、脂肪燃焼のサイクルが滞ってしまいます。 また、塩分を摂り過ぎるとむくみが発生しやすくなるので、余計に太って見えてしまう場合もあります。 巷では様々なダイエット情報が流れ、多くのダイエット器具が売られています。 あなたは、そのすべてにダイエット効果があると思いますか? よく、楽して簡単に痩せると言われるダイエット情報がありますが、 あくまでも、 ダイエットの基本は適度な運動と食事の管理です。 ですから、~するだけで痩せる、~を着るだけで痩せる、~を飲むだけで痩せる、といったダイエット情報は、 基本的には信憑性に欠けるというのが実際のところです。 何度も言いますが、ダイエットの基本は適度な運動と食事の管理です。 ですから、この原則から外れたダイエット方法については、まず効果は期待できないと考えて良いでしょう。 (2)皮下脂肪は身体の末端から中心部に向かって順番に落ちていく生理的な傾向があり、ダイエットによる部分痩せは難しい。 (3)お腹回りの脂肪が落ちない、間違った有酸素運動のやり方。 筋トレと並行していない• 食後に行っている• 強度が強すぎる• 継続時間が短い (4)お腹回りの脂肪が落ちない、間違った食事の方法。 食事制限により必要なカロリーが不足している• 水分が不足している• 塩分を摂り過ぎている (5)適度な運動と食事の管理から外れたダイエット方法では、基本的に上手く痩せる事はできません。 いかがでしょうか。 ダイエットでお腹回りの 脂肪が上手く落ちない方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 もし、お腹回りの余分な脂肪がなかなか落ちない場合は、体質的に痩せにくい状態になっているかもしれません。 そんな場合は、ダイエット系のサプリを使ってみるのも一つの有効な手段となります。 こうしたサプリには、ダイエットの効果をサポート的に高めてくれる働きがあります。 あなたは、今までに何かのダイエットサプリをお試しになりましたか? 例えば 機能性表示食品と呼ばれるサプリなら、効果や安全性の面で信頼度が高くなっています。 中でも人気で売れ筋となっているのがです。 こちらの製品は、今なら 980円の特別価格でお試しが可能で、ダイエットサプリの中では特にコスパが優れ、非常に人気があります。

次の

お腹だけ痩せないのは何故?意外なぽっこりお腹の原因|mb(モテコビューティー)

お腹 だけ 痩せ ない

女性に多いぽっこりお腹の代表的な原因3つ! 1.筋力低下による内臓下垂型 女性のぽっこりお腹の一番多い原因は、筋力低下です。 あばらのあたりはうっすら骨が見えるほどなのに下っ腹だけが目立つという場合は、脂肪ではなく内臓の位置自体が下垂してしまっている可能性があります。 【原因】 一般的に男性に比べて女性は筋肉が少ないため、内臓を支えることができずに下にいってしまい、お腹がぽっこりしたように見えてしまいます。 お腹周りの筋力が低下することによって、さらにその周りに脂肪がつきやすくなるという悪循環に陥ることも。 【対策】 お腹周りに筋肉をつけることが大切です。 有酸素運動だけではなく、腹筋運動を行いましょう。 シックスパックが出来る腹直筋だけでなく、下っ腹を改善したいのであれば、脇腹にある腹横筋と腹斜筋を鍛えると効果的です。 2.下っ腹を押すと硬い便秘型 女性に多いもう一つの原因が便秘です。 下腹を触ってみると硬い、詰まったような感じがするぽっこりお腹は、腸内に詰まった便が原因かもしれません。 また、便と同時にガスが溜まることによって、お腹が張ったような感じがすることもあります。 【原因】 男性に比べて女性の方が便秘になりやすいというのを、聞いたことがありますか?これは先ほどの筋力の違いだけではなく、ホルモンの影響であったり、ダイエット経験が女性の方が多いことが理由と言われています。 また、トイレへ行くことをよく我慢してしまう人なども便秘になりやすいので注意が必要です。 また、水分不足でも便秘になります。 【対策】 水分をこまめに摂る、食生活の中に上手に食物繊維を取り入れてみる、マッサージをしてみるなどの対策で、便秘を解消しましょう。 その他にも運動や便秘に効くツボ、入浴法やお腹を冷やさないなどの対策もあります。 すぐに何とかしたい!という方は、サプリや漢方、便秘薬に頼ってもよいでしょう。 3.たぷたぷつまめる皮下脂肪型 特に若い女性は、どうしても皮下脂肪がつきやすい体型になってしまうと言われています。 これは女性ホルモンが関係していると言われており、子宮や卵巣を守るために女性の体に備わった機能の一つなのです。 また、ダイエットをすると内臓脂肪から先に痩せていくので、どうしてもお腹の皮下脂肪というのは最後の最後まで残ってしまいます。 ダイエット半ばでなかなかお腹が痩せずに悩む女性に多いのも、この皮下脂肪型です。 【原因】 皮下脂肪型のぽっこりお腹の原因は、カロリー摂取と消費カロリーのアンバランスです。 特に女性は男性に比べて基礎代謝量が少ないので、痩せにくい傾向にあります。 【対策】 低カロリー高タンパクな食事と、有酸素運動がおすすめです。 食事は単にカロリー制限をするのではなく、お肉や魚、卵などのタンパク質をきちんと摂りましょう。 また、ウォーキング・水泳・エアロバイクなどの有酸素運動を行い、基礎代謝を上げましょう。 あなたはどれ?その他のぽっこりお腹5つの原因と対策 1.お肉がつまめないまんまるお腹の内臓脂肪型 特に男性や、中高年の男女に多いぽっこりお腹です。 「りんご型」とも呼ばれ、内臓の周りに脂肪がつくので、下っ腹だけがぽっこりするわけではなく、お腹全体が膨らんだようにパンパンになります。 通称メタボとも呼ばれますが、女性であっても以下のような生活習慣の女性は注意が必要です。 【原因】 アルコールの摂りすぎや脂っこいものの摂りすぎ、運動不足などが続くと内臓に脂肪がつきやすくなります。 また、ストレスが多かったり、生活リズムが不規則なことも原因の一つと言われています。 【対策】 お酒の量や揚げ物、肉食の食生活からバランスの良い食事へと切り替えましょう。 運動面では普段からなるべく階段を利用するなど、少しでも日常生活の中に運動を取り入れてみましょう。 内臓脂肪が原因となり糖尿病、動脈硬化、脳卒中などの生活習慣病を引き起こす可能性もあります。 放置せずに、健康のためにもダイエットしましょう。 2.骨盤の歪みによる内臓下垂型 筋力低下だけではなく、骨盤が開いてしまったことにより、内臓が下がってぽっこりお腹になっているケースです。 筋トレを頑張っているのになかなか効果があらわれないという方は、骨盤が歪んでいないかチェックが必要です。 【原因】 足を組むのが癖、デスクワークが多く座りっぱなし、片側ばかりで荷物を持つのが癖などにより、だんだんと骨盤が歪んでいきます。 また、出産を機に骨盤が開いてしまい、産後戻りきらずに放置したなども原因の一つとして考えられます。 このように骨盤が歪んでしまうとお腹周りの筋肉を上手に使うことができず、内臓を支えきれずにぽっこりお腹になってしまいます。 【対策】 筋力をつける前に、骨盤体操などで歪みを整えることが先です。 人によっては一瞬でぽっこりお腹が解消する場合もあります。 しかし、日々の生活習慣でまたすぐにぽっこりは再発してしまうので、上記のような原因が思い当たる人は自分の癖を直すように意識しましょう。 デスクワークの多い方は、骨盤座布団や専用クッションなどを利用するのもオススメです。 歪みが解消されたら、緩んでしまった筋肉も腹筋運動で引き締めましょう。 3.背中まん丸猫背型 食事だって運動だって頑張ってるのに、なぜかぽっこりお腹だけは解消しない!というあなた、猫背ではありませんか?まずは猫背を直さないと、どんなにキツイ腹筋運動を行っても、ぽっこりお腹は解消されませんよ。 肩こりが激しい、仰向けに寝た時に肩が床につかない人というは、姿勢が原因でぽっこりお腹になっている可能性があります。 【原因】 普段猫背気味の人は背中が丸くなり、肩甲骨が開き、肩が前に出た状態になってしまいます。 猫背になるとお腹の筋肉が緩み、さらにその筋肉を覆うように脂肪が蓄積されていきます。 【対策】 まずは姿勢を正しましょう。 慣れないうちは、それだけで普段使わない筋肉を使うようになるので、疲れてしまいます。 ですが、ぽっこりお腹だけではなく、猫背型の人は腰痛や肩こり、その他体型の崩れなどにも繋がるので、気づいたその日から意識しましょう。 肩甲骨を柔らかくするストレッチや柔軟性が求められるヨガなどもオススメです。 普段の姿勢を意識しながら、ぽっこりお腹改善エクササイズを並行して行い、腹筋を鍛えていくことでぺたんこお腹になっていきます。 4.婦人科系の病気 便秘ではないのに急に下腹がぽっこりしてきた時には、女性特有の病気の疑いもあります。 しこりのようなものがある、腹痛や出血を伴うなどの症状がある時は要注意です。 卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)、卵巣癌、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がんなどの可能性があります。 女性の下腹部分には子宮や卵巣があるため、男性とは違いこういった可能性もあるのだという知識をつけておくと良いでしょう。 腹痛や不正出血など、少しでも異常を感じた場合はかかりつけの産婦人科へ行きましょう。 5.内臓疾患によるぽっこりお腹 女性特有の病気以外にも、肝硬変、大腸ガンなどの可能性もあります。 単に脂肪がついてきたなと思わずに、出血や腹痛、貧血、便秘と下痢を繰り返すなど、その他体調不良を感じるような症状を伴っていないか確認しましょう。 これらの症状を伴う時には、早めに消化器内科か肛門科に相談しましょう。 さいごに いかがでしたか?基本的に痩せているのにお腹だけがぽっこりしていて悩んでいた!という方も、ダイエット中でお腹だけなかなか痩せなくて困っていた!という方も、自分がどのタイプのぽっこりお腹なのか見つかったでしょうか? 人によっては原因は1つではなく、複数組み合わさっていたかもしれませんね。 まずは自分のぽっこりお腹の原因を把握し、正しい対策で憧れのぺたんこお腹になりましょう! ただし、その他体調不良を含む症状があれば、すぐにかかりつけ医に相談をしてくださいね。

次の

お腹は腹筋で痩せない?効果的に痩せるための腹筋ダイエットと回数

お腹 だけ 痩せ ない

お腹が痩せた?揉むだけで効果があるマッサージ方法とは? お腹を揉むことで痩せたという方も多くみられます。 実際にどのような効果が得られたのか、そのマッサージのやり方も知りたいですよね。 それでは、プチプチしたセルライトも解消できる方法について、詳しくみていきましょう。 お腹を揉むだけでダイエット効果は得られるのか? 実のところ、お腹を揉んでもお腹についた脂肪は無くなりません。 しかし、お腹についた脂肪を揉んでも脂肪は減っていきませんが、お腹をマッサージして揉むことでまったく痩せた効果が得られいというわけではありません。 お腹のようなあまり筋肉を使わない場所は代謝が悪くなっているので、ついた脂肪が燃焼しにくくなっています。 そんな場所についたお腹の脂肪を揉むことによって、燃焼しやすい脂肪に変えることができるのです。 そうした意味では、お腹を揉むと痩せた効果は得られるというのはウソではありませんが、 お腹の脂肪を揉むだけではお腹は痩せません。 お腹を揉むだけでなく運動すれば痩せた効果が得られる? お腹についた脂肪は、お腹の脂肪を揉むマッサージ程度では減りませんから、痩せた効果を得たいのであれば、お腹をマッサージした後に 運動を行いましょう。 お腹を揉むことは、代謝が悪くなって脂肪が燃焼しにくくなっているお腹の脂肪を燃焼しやすい状態、つまり痩せた効果が得やすい状態にできますから、意味のない行為ではありません。 むしろ、お腹の脂肪を減らすために運動をするのなら、運動だけではなく、運動前にお腹を揉むマッサージをして、お腹の脂肪が痩せた効果を得やすい状態にしてから運動をすべきです。 お腹の脂肪燃焼効果が高まる3つのマッサージのやり方とは? お腹を揉んでもお腹の脂肪は減りませんが、揉むマッサージをすることでお腹の脂肪の燃焼効果が高まり、運動でのより多くの脂肪が消費できるようにできます。 そんな脂肪燃焼効果を高めることができるお腹の脂肪を揉むマッサージを3つほど紹介します。 これから紹介する3つのお腹の脂肪燃焼効果が高まるマッサージを行う前に、まず両手を軽く握り拳をつくって、そのつくった拳で揉むお腹全体を軽く叩いてください。 叩く時間は1分程度で、あまり強いチカラでは叩かないようにしましょう。 お腹全体を拳で叩くのは筋肉や皮膚の緊張をほぐしてマッサージの効果をより伝えやすくするためや、マッサージすると少なからず皮膚にも負担がかかるので、マッサージをした時の皮膚へのダメージを少しでも軽減させるためでもあります。 この時、一方からの方向ではなく、いろいろな方向から、お腹についた脂肪を揉むことがポイントです。 マッサージする時間は5分程度で、最初から痛みが感じるほどの強さで揉むのではなく、最初は軽く揉み、徐々にチカラを入れていって、入れるチカラは軽く痛みを感じる程度までにしておきましょう。 両手の親指を除いた8本の指を、指が少しお腹にめり込む程度のチカラで当て、「の」の字を書くよう揉んでいきます。 おへそをスタート地点として、「の」の字を書くようにマッサージしながら内側から外側に指を少しずつ移動させていき、脇腹まで来たら、今度はおへそに向かって外から内に「の」の字を書きながらお腹を揉んでいきます。 10往復したら終了です。 揉むチカラは軽く痛みを感じる程度、痛気持ちよいぐらいのチカラで行うとよいでしょう。 脇腹もマッサージするので、このマッサージをした後に脇腹の筋トレなどをすれば、脇腹をより効果的に引き締めることができますよ。 まず両手をお腹に当て、10本の指でお腹の脂肪を強めにつかんで揉んでいきます。 1分ぐらいまんべんなく掴み揉みをしたら、今度は指先でおへその周りを時計回りに強めに10周ほど押していき、10周指先で押したら、今度は手のひら全体を使って、お腹の脂肪を押しながら、円を徐々に大きくしていきます。 お腹を揉むマッサージをしたらすぐに運動をスタートしよう! 紹介したお腹の脂肪燃焼効果が高まるマッサージを行ったら、すぐに運動を開始しましょう。 お腹の脂肪を揉んだことで得られた脂肪効果は、それほど長い時間は持続しません。 痩せた効果があるうちに、運動をしてお腹の脂肪を燃焼させないと、お腹の脂肪を揉んだことが無意味になってしまいます。 お腹の脂肪を燃焼させるための運動でおすすめなのはジョギングやランニングといった 有酸素運動です。 また、ブランクのような腹筋などの筋肉が鍛えられるプランクや、お腹のインナーマッスルを鍛えることができるドローインやロングブレスなどもおすすめです。 有酸素運動でお腹が痩せた効果を得るための目安は? 有酸素運動は20分以上続けないと脂肪の燃焼が始まらないため、20分以内の有酸素運動だと痩せた効果が得られないと言われていましたが、最近は1日を通して20分以上であっても同じ効果があるとも言われています。 しかし有酸素運動を行う場合、運動時間より運動強度の方を目安にするようにした方がよいです。 運動強度とは運動するときの「きつさ」であり、厳密に言えば少し違いますが、運動した後の心拍数が高くなればなるほど、運動強度の高い運動をしたことになります。 お腹痩せ効果が得られるプランクのやり方は? お腹を揉んでマッサージすると、低下しているお腹まわりの代謝が高まりお腹の脂肪が燃焼しやすくなりますが、代謝が高まったことで筋肉もつきやすくなっています。 つまりお腹の脂肪をマッサージした後は、お腹の筋肉を鍛えるのにも絶好のタイミングでもあるということです。 お腹を鍛える筋トレなら プランクがおすすめです。 プランクはお腹まわりの筋肉を鍛えて引き締めることができるだけでなく、二の腕や背中、おしりの筋肉を鍛えることができ、さらに体幹も鍛えることができる万能筋トレ方法です。 しかも、道具もいらないので、腹の脂肪燃焼効果が高まるマッサージを行った後にすぐに開始することができます。 プランクのやり方は、両肘を床につけ、うつ伏せになった状態で、足を腰幅程度に開いて腰を浮かせます。 この時、おしりを高く上げないことと、頭・肩・腰・膝・踵を一直線にすることがポイントです。 その状態をしばらくキープするだけで、お腹まわりなどの筋肉が鍛えられて引き締まっていきます。 お腹を「の」の字に書くマッサージを行ったときには、サイドブランクの方がおすすめです。 サイドプランクは横向きで行うため、とくに脇腹が引き締めることができます。 サイドプランクを行う場合は、うつ伏せではなく、横向きに寝転がり、片側の肘を肩の真下について上体を持ち上げ、下半身は足を伸ばして足の側面でからだを支えます。 ついていない方の足を持ち上げて、頭から足までが一直線になった状態となったら、その状態をしばらくキープしましょう。 フローリングなどの滑りやすい床で行う場合には、床の上にマットを置くとやりやすいですよ。 お腹痩せ効果が得られるドローインとロングブレスのやり方は? ドローインとは、深い呼吸を行ってお腹を凹ました状態をキープすることでお腹まわりのインナーマッスルを鍛えて、ぽっこりお腹を引き締めるエクササイズです。 ドローインのやり方は、息を吸い込み、ゆっくり深い呼吸で息を吐きながらお腹を凹ませ、その状態を30秒程度キープします。 このお腹を凹ませた状態のままで息を吸い込み、7秒程度息を深く吐く呼吸を何度か繰り返して行うのが ロングブレスです。 ロングブレスはお腹のインナーマッスルを鍛えることができるだけでなく、有酸素運動をしたかのように、心拍数と代謝が上がり脂肪が燃焼するので、よりお腹が痩せた効果を得ることができます。 お腹を揉むマッサージとお腹をリンパマッサージするのはまったく別? ここまてはお腹の脂肪を揉むマッサージで痩せた効果を得る方法を紹介してきましたが、ここからはお腹のリンパマッサージをして効率よく痩せた効果を得る方法を紹介していきます。 お腹の脂肪を揉むマッサージのような筋肉や脂肪を直接揉んで、筋肉の緊張や疲労を回復させたり、血液循環をよくして代謝をあげるマッサージはいわゆる揉みほぐしです。 それに対して、筋肉や脂肪をチカラを入れて揉むのではなく、リンパや血液の流れにそった方向に軽いチカラでマッサージすることで、リンパや血液循環をよくして蓄積された老廃物や疲労物質を取り除くのがリンパマッサージです。 お腹の脂肪を揉むマッサージと同じく、お腹をリンパマッサージするだけでは、お腹の脂肪を減らすことはできませんが、 リンパマッサージの方が、よりお腹を脂肪が燃焼しやすい状態にすることができます。 また一度つくとなかなか落ちてくれない、プチプチとした脂肪の塊であるセルライトの改善にもリンパマッサージは有効です。 セルライトになったお腹にはリンパマッサージが有効? セルライトは揉めばつぶれるというウワサがありますが、 セルライトを揉んだ時にプチプチとした感触がするのはセルライトがつぶれたわけではありません。 プチプチとした感触がするのは脂肪の塊がずれた時の感触であり、お腹の脂肪をいくらチカラ強く揉んでも、お腹についたセルライトは減りません。 それとお腹の脂肪を揉めば脂肪燃焼がしやすくなるというお話をしましたが、セルライトになった脂肪はあまり揉まない方がよいです。 セルライトとなった脂肪をあまり強いチカラで揉むと、セルライトをさらに増やしてしまいます。 お腹の脂肪を揉んだ時にプチプチとした感触がしたり、脂肪がついた場所の皮膚が凸凹していたらセルライトがついたお腹になっているということです。 そうした場合は、お腹の脂肪を揉むマッサージでお腹の脂肪燃焼効果を高めるのではなく、お腹のリンパマッサージをしてお腹の脂肪燃焼効果を高めるようにしましょう。 お腹をリンパマッサージすることで改善できる3つのこととは? お腹をリンパマッサージすることでも、低下していた「代謝が改善」できるので、お腹まわりについた脂肪の燃焼が促進するなどの痩せた効果を得ることができます。 さらにお腹をリンパマッサージすれば「 腸の働きが改善」されますし「 冷え性が改善」するといった、痩せ効果以外も期待できます。 お腹をリンパの流れにそって軽いチカラでマッサージすると、溜まっていた老廃物が取り除かれ、老廃物の阻害によって鈍っていた腸の腸のぜん動運動が活発になります。 腸のぜん動運動が活発になれば、腸内の便を押し出すチカラも強くなるので、しっかりと便が出るようになります。 またお腹には太い血管が集まっています。 そのためリンパマッサージをすれば、これまであまり届かなかった指先や足先の毛細血管まで血液がしっかり届くようになり、指先や足先の体温が上がることで冷え性にならなくなります。 そのためお腹の脂肪が痩せた効果が得たい方だけでなく、便秘や冷え性で悩んでいる方も、お腹のリンパマッサージをしてみましょう。 お腹が痩せた効果が得られるリンパマッサージのやり方と注意点は? それでは、リンパにそってお腹を軽く揉むマッサージすることで脂肪燃焼・便秘解消・冷え性改善効果が得られるリンパマッサージを紹介します。 紹介するのは、ぽっこりお腹やセルライトがついたお腹に悩んでいる方におすすめのリンパマッサージです。 おすすめのリンパマッサージのやり方は? まず両手を下腹部に当て、両手の平でリンパの流れにそって下腹部に向かって上から下にマッサージしていきます。 リンパマッサージをする時の基本は、からだの中心から外側に向かってマッサージすることです。 先ほど紹介したお腹の脂肪を揉むマッサージと違って、往復や回しながらマッサージするのではなく、一方から一方に片道でマッサージするようにしましょう。 お腹のリンパマッサージで注意すべきことは? セルライトになったお腹でも脂肪燃焼効果が高めることができるリンパマッサージですが、お腹のリンパマッサージをする際に注意すべきことがあります。 チカラを入れすぎない リンパマッサージをする際も、少しチカラを入れて揉む必要はありますが、強いチカラでマッサージしてしまうと、リンパマッサージではなく揉みほぐしのマッサージをしたことになってしまいます。 単なる脂肪であれば揉みほぐしのマッサージになっても問題はありませんが、お腹についているのがセルライトだと、マッサージしたことで、かえって症状を悪化させてしまう可能性があります。 脂肪を揉んでマッサージする場合は、軽く痛みを感じる程度の強いチカラで揉まないと、脂肪や筋肉に刺激を与えることはできませんでしたが、リンパは皮膚の表面近くを流れているので 強いチカラでマッサージする必要ありません。 逆に強いチカラで揉んだり、押したりするとリンパの流れを止めてしまうこともあるので気を付けましょう。 リンパの方向を間違えない お腹のリンパマッサージのやり方を紹介した時にも話しましたが、リンパマッサージの基本は、 リンパの流れに沿ってのマッサージです。 脂肪を揉んでマッサージのように、往復の方向でマッサージするとリンパの流れに逆らった方向にリンパを流してしまいます。 そうなると脂肪燃焼効果などの痩せた効果がきちんと得られなくなってしまいます。 良い効果を得るためには、リンパの流れに沿って、正しい順番でマッサージを行うことが大切ですから、マッサージを行う前に揉む方向をしっかり確認しておきましょう。 お腹揉みマッサージにおすすめのグッズとは? お腹の痩せた効果は得たいけど、お腹の脂肪を揉むマッサージをして、脂肪を燃焼させる運動をするまでの余裕がないといった方にはEMSがおすすめです。 EMSはElectrical Muscle Stimulationの略で、 電気刺激を与えることによって筋肉を動かし、収縮させて鍛えるエクササイズ機器です。 最近は家電店でも色々なEMSが販売していますし、Amazonなどの通販サイトでも購入できます。 このEMSを使えば、脂肪燃焼効果を高めるお腹の脂肪を揉むマッサージと、脂肪を燃焼させて脂肪を減らす運動の両方の効果をつけるだけで得ることができます。 しかも、つけているだけで効果が得られるので、家事をしながら、テレビやスマホを見ていながらといった、ながら痩せも可能です。 最近は小型のタイプも出てきて、値段も安くなってきていますから、お腹の痩せた効果は得たいけど、お腹の脂肪を揉むマッサージをして、脂肪を燃焼させる運動をするまでの余裕がないといった方におすすめです。 まとめ リンパマッサージをする時には、ローラーやマッサージクリームのようなグッズを使えば、よりマッサージの効果を高めることができます。 しかし、お腹の脂肪を揉むマッサージと同じで、お腹のリンパマッサージでもマッサージするだけでは、お腹の脂肪を減らすことはできません。 痩せ効果を得るために、マッサージ後に有酸素運動やプランクやドローインなどを行いましょう。

次の