宅建 勉強法。 宅建業法の勉強方法とコツ!試験合格への道のり [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

宅建業法の勉強方法とコツ!試験合格への道のり [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

宅建 勉強法

「宅建試験」って何?まとめ 宅地建物取引士 ( 宅建士 )になるためには、 宅地建物取引業法( 宅建業法 )で定める宅地建物取引士資格試験 ( 宅建試験 )に合格しなければなりません。 宅建試験は、宅建業法の規定に基づき、各都道府県知事の委任のもとに一般財団法人不動産適正取引推進機構が実施しています。 宅建業法に基づく 宅建業 を営もうとする場合、国土交通大臣または都道府県知事の 免許 を受ける必要があります。 宅建免許を受けるに当たり、事務所その他国土交通省令で定める場所に、 成年者である専任の宅建士 を置かなければなりません。 宅建業法35条に定める重要事項の説明 、 重要事項説 明書への記名押印 、 宅建業法37条に定める契約内容記載書面への記名押印 は、宅建士の独占業務となります。 宅建試験合格後、宅建士資格登録に当たっては一定の条件(宅建業法18条)があります。 いったん払い込まれた受験手数料は、申込みが受付されなかった場合を除き返還されません。 宅建試験の受験手数料について、消費税及び地方消費税は非課税です。 学生や単身赴任等の事情で住民登録とは別の場所に居住している場合には、現に居住している都道府県で受験することが可能です。 受験申込書には、現住所(郵便物が届く住所)を記入してください。 人気の会場は先着順となりますので、7月に宅建試験の願書受付が開始されたら早めに申込みを済ませましょう。 ・土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。 ・土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。 ・土地及び建物について法令制限に関すること。 ・宅地建物について税の法令に関すること。 ・宅地建物の需給の法令実務に関すること。 ・宅地建物の価格の評定に関すること。 ・宅建業法及び同法の関係法令に関すること。 2018年11月に新設された 宅建アソシエイト資格所持者 も5点免除の対象となります。 宅建試験の合格基準は毎年変動し 、全体の 上位15%ほど (50問中35点前後)が合格 となるように調整されています。 無理に細かい知識まで覚えなくても、 取るべき問題を確実に取れば 【 宅建合格 】 という結果はついてくるということです!.

次の

「宅建業法」の勉強のポイント

宅建 勉強法

宅建試験合格までの道のり!過去問勉強法を一年以上! はじめに筆者の宅建合格までの、 道のりを簡単に紹介したいと思うんですけど、 すみません、筆者自身は 完全に独学で、 宅建試験に合格したわけではなく、 大学の授業で、 宅建試験対策講義というものがあり、 まさかの、 駅前の資格スクール(LEC)で、 宅建の授業を行っている講師が、 非常勤講師として、筆者が通っていた大学で、 授業を持っていた… ということで、 その宅建授業を履修していましたので、 完全に独学ではないんですよね… 宅建の講義は約30回!その後、一年以上過去問勉強法を! 大学の宅建講義は、 一年で30回の授業しかありませんでした。 また、授業の最後にもなると、 最初の方の内容は完全に忘れてしまい、 結果として、 宅建の講義を受けたものの、 一年以上自分で勉強をしました。 宅建試験というのは、 講義(大学や資格学校で)を聞いただけでは、 合格するのは難しく、 どれだけ多くの時間で、 独学(自習学習)ができるか? ということが、合否を分けますので、 以下で、筆者が実際に行った、 過去問勉強法について解説したいと思います。 過去問勉強法!「出る順宅建士」の過去問を攻略せよ! 筆者が実際に行った勉強法は、 至って簡単なんですけど、 「出る順宅建士」という、 LECから出ている過去問を解くという勉強法です。 一応、宅建のテキストは、 理解度に関わらず、 一通り目を通した後の話になります。 宅建の過去問(問題集)ならなんでもいいの? 基本的にはなんでも良いとは思うんですけど、 「出る順宅建士」の過去問は、 問題があって、 次のページに回答(解説)があるんですけど、 4つの選択肢のどこが合っていて、 どこが間違っているのか? という解説が載っていますので、 一問解けば、4つの知識が身につく! という過去問になっています。 「出る順宅建士」のような過去問であれば、 どのようなものでも良いとは思いますが、 中には、 問題があって、その答えはこれです! で、 解説が少しある! でも、 正解以外の選択肢の解説がない… という場合は、一問解いても、 一問分しか勉強できませんので、 非効率的な勉強法だと思います。 宅建テキストの内容を過去問に書き加える! 筆者が行った過去問勉強法は、 まず、過去問を解きます! そして、解いた問題の解説も読みます。 さらに、 解説だけでは足りない情報を、 テキストから引っ張ってきて、 過去問に直接書き加えます! 例えば、 〜は1週間以内にしなければならない。 という選択肢があったとして、 過去問には、 1ヶ月以内が正解ですよ! って書いています。 さらに自分で、 〜の場合は1ヶ月間、 〜の場合は1年間の期間となっている。 みたいな情報と追記します。 筆者自身は、宅建試験講義を受講しましたが、 駅前の資格学校で、宅建講座を受講すると、 授業料は20万円以上… というのが通常ですので、 それでは、高すぎる… ということで、 6万人が実際に利用している、 「 」という、 WEB通信講座のサービスを利用してください。 「スタディング」は、 スマホ・パソコンで宅建試験の、 対策講義が見れる!というサービスで、 駅前の資格学校と比べると、 授業料は10分の一以下で18,500円です。 テキスト・過去問(問題集)は、 LECの「出る順宅建士」がおすすめです! たった、これだけで、 宅建試験に合格した筆者と、 同じ勉強環境を整えることが可能です! 最後に、宅建合格までに必要な、 最低限必要な勉強時間はあると思いますが、 効率の良い勉強をするためには、 それが可能な学習環境を揃える! ということも重要になりますので、 興味がありましたら、筆者と同じ勉強法で、 宅建試験の合格を目指してみてください!.

次の

宅建は独学で合格できる!?宅建のおすすめ勉強法

宅建 勉強法

宅建の勉強時間の目安 最低でも100時間 宅建の参考書などを調べてみると、合格までに必要な勉強時間は100~500時間と幅があるようです。 個人の能力によっても大きく差が開きますが、最低でも300時間は必要そうですね。 実際、私は約350時間勉強して、合格に至りました(2度目の受験で)。 前年の試験を受けた方や、効率よく勉強ができるのなら、100時間程度でも合格を狙えるかもしれません。 ですが、 初受験であれば最低でも300時間は見ておきましょう。 学習期間はどのくらい? 宅建に合格するために必要な勉強時間が300時間だとすると、1日に平均して2時間勉強すると150日、1日1時間であれば300日も必要です。 ゆっくり勉強したいなら1年くらい前からはじめればなんとか合格を狙えますが、できれば 毎日2時間は確保し、試験の150日前から集中して勉強しましょう。 「150日」というと、学習期間は「5カ月間」です。 宅建の 試験日は毎年10月の第3日曜日なので、5月から勉強するのが良いですね。 社会人や学生は何かと忙しいと思いますが、5月であれば新しい環境にも少しは慣れているころではないでしょうか。 宅建の勉強時間も確保できると思います。 学習期間が短くても合格は狙える? 勉強開始は5月ごろがおすすめですが、6~7月からはじめても十分に合格は見込めます。 7月から勉強をはじめたとしても、試験まで3カ月(約90日)なので、1日3時間勉強すれば合格が見込めます。 試験までの期間が短い6~7月スタートにはメリットもあります。 追い詰められるので集中力が上がり、宅建の勉強時間の質も上がります。 あまり期間が長いと、逆に挫折する可能性も高いのです。 ちなみに、宅建の受験申込は、7月ごろまで受付ています。 8月に入ると宅建の受験申込が締め切りとなってしまうので、間に合わなかったら来年を見越して独学でゆっくりスタートしましょう。 勉強時間を確保するコツは? 宅建の合格するためには300時間の勉強が必要ですが、勉強時間を確保するのはなかなか大変。 そこでここからは、宅建の勉強時間をきちんと確保するコツをご紹介します。 朝に勉強する 宅建の勉強をするなら、朝がおすすめ。 夜は学校や仕事で疲れてやる気が起きなかったり、残業や友だちとの急な予定が入ることがあります。 こんなことが続くと、途中で勉強を投げ出してしまう可能性が高くなるので、朝の通勤や通学前を宅建の勉強時間として確保しましょう。 朝に取り組むなら、夜は勉強時間を確保しないと割り切ってぐっすり眠って脳を休ませます。 朝は脳が活性化するので、宅建の勉強に集中ができます。 学生や社会人であれば、学校や会社に早めに行くのもおすすめ。 人が少なく静かなので、誰にも邪魔をされずに勉強に専念できますよ。 仕事終わりや休日に自宅学習はしない 働いている人や学生であれば、仕事終わりや休日での自宅学習はおすすめしません。 仕事や学校終わりに宅建の勉強をしようと思っても、 家に帰ると疲れてやる気が起きない可能性があります。 どうしても仕事や学校終わりに勉強したい場合は、カフェやレストランに行きましょう。 夜ご飯を食べながら勉強ができるので、時間を有効活用できます。 静かな図書館を利用するのもおすすめ。 家だとなかなか勉強する気になれませんが、カフェや図書館など、人目の多い場所だと集中できますよ。

次の