ヤロウ。 ヤロウ

ヤロウの紹介。効能や育て方。使い方の参考も。

ヤロウ

特徴 [ ] ヨーロッパ原産。 空地、道端、野原などに自生しているのが見かけられる。 花期は7-9月頃で、灰色がかった白色、または薄ピンクの小さな花が固まって咲く。 草丈は20cmから70cm程度。 草は直立し木質のように硬い。 は細かい羽状複葉で、ノコギリのように見える。 そのためミルフォイル millfoil 、サウザンド・ウィード(Thousand weed「たくさんのギザギザのある葉を持つ草」)の名前でも呼ばれることがある。 株分けで容易に栽培でき、土質も選ばず根が広がるため、庭に生えると増えすぎて困るほどである。 ヤローという英名は、"gearwe"、"yerw"の訛りである。 、、に帰化している。 繁殖力が強く、本州と北海道の一部で野生化している。 その生命力の強さは、堆肥用の生ゴミに一枚の葉を入れるだけで急速にゴミを分解していく。 また、根から出る分泌液は、そばに生えている植物の病気を治し害虫から守る力があり、のひとつといわれている。 紅色や深紅色の園芸品種があり、「アカバナセイヨウノコギリソウ」の名で流通している。 また、同じ仲間で草丈1メートルに育ち、黄色の花をつけるイエローヤロウ(キバナノコギリソウ)、草丈20センチで黄色の花をつけるウーリーヤロウ(ヒメノコギリソウ)がある。 歴史 [ ] 先史時代から薬草として知られていた。 の墓地のあるからセイヨウノコギリソウの花粉が大量に発見されている。 「兵士の傷薬」という古い呼び名がある。 属名であるアキレア(Achillea は、古代ギリシャの英雄に由来し、アキレスがミュシア王テレフォスの傷を治すのに利用したという。 薬草学の父と呼ばれるも薬効を説いている。 ではが、5世紀頃から薬草として栽培していた。 家で育てたものを乾燥させ、家族のために火傷や切り傷に効く軟膏を作っていた。 古くはのが、この草の茎を使って天候を占っていた。 また、中世では、悪魔を遠ざける強い魔力があると信じられ、結婚式の花束に盛り込まれた。 イギリスでは恋占いにも使われ、アメリカに渡った開拓者たちもこれを栽培し、外傷薬として用いた。 19世紀には、乾燥させた葉をタバコの代用として用いていた。 日本には1887年 明治20年 に渡来した。 利用 [ ] セイヨウノコギリソウの園芸品種 薬効 [ ] 内用にも外用にも使用される。 内用には茎の先端の花部を用いるのが一般的である。 花、葉は強壮効果、食欲増進、発汗、解熱作用があるとされとして飲まれる。 外用には葉の汁を用いるほか、煎剤やワイン剤(ワインで煮出したもの)が用いられる。 冷やして傷口の消毒にも用いる。 また、傷を治すハーブとして、葉をそのまま傷口にあてがったり、粉末にして軟膏にしたものを用いる。 そのほか生の葉を噛むと歯痛を鎮めるといわれている。 の治療にも使われている。 料理 [ ] 若葉は刻んでサラダの材料となる。 では湯がいてからバター炒めで食べられていた。 では、の醸造にフィールド・と呼ばれて用いられていた。 脚注 [ ] []• 暮らしのハーブ150 主婦の友社 2013年P120• ハーブティー大事典 ナツメ社 榊田千佳子 渡辺肇子 2011年P100• コモンズで() ウィキデータの ウィキスピーシーズの•

次の

ヤロウの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

ヤロウ

ヤロウとは ヤロウはキク科に属する植物の一種で、原産地はヨーロッパですがアメリカやオーストラリアなどにも自生している多年草です。 止血作用などの薬効があるとして、古くから兵士たちの傷薬に用いられてきました。 現在ではハーブティーとしても親しまれており、発熱のケアや健胃作用などの効能に期待されています。 ヤロウティーに含まれる主な成分はカリウム、ミネラル、フラボノイド、タンニンなどです。 ヤロウティーの味・香り ヤロウティーには少々辛味があるといわれています。 香りは、薬草のような独特の香りがします。 ヤロウティーの効果・効能 ヤロウティーには発汗作用や解熱作用がありますので、発熱を伴う風邪やインフルエンザ、喉の炎症などのケアに効果的です。 健胃作用など消化器系の機能を高める働きもあるため、消化不良など胃腸の不調を改善することにも役立ちます。 利尿作用もありますので、身体に蓄積した毒素を排出、むくみを解消する効果にも期待でき、膀胱炎など泌尿器系のトラブル改善にも有効といわれています。 また、血液に働きかける作用もあり、毛細血管を拡張して血液の循環を促進し、血圧の上昇を抑えるなどの作用にも期待できます。 さらに、生理不順や生理痛など女性特有の身体の不調にも有効とされています。 その他、もともと止血薬として使用されていたことから外用薬としても役立ち、火傷や軽度のケガのケアに利用することも可能です。 その他にも、インフルエンザや風邪予防に効果的なハーブティーを紹介 ヤロウティーの副作用デメリット ヤロウはキク科の植物のため、キクにアレルギーがある方は注意が必要です。 また、妊娠中の方も飲用しない方がいいといわれています。 ヤロウティーの入れ方・飲み方 ヤロウティーの入れ方 1.カップに沸騰したお湯を入れて温め、カップが温まったらお湯を捨てます 2.カップのフィルターにヤロウを入れます 3.お湯を注ぎ、フタをして5分程度蒸らします 4.フィルターを取って、出来上がったヤロウティーをいただきましょう ヤロウティーの飲み方 ヤロウティーには辛味がありますが、蜂蜜などを加えるとマイルドな味わいになります。 また、発汗作用や解熱作用がありますので、風邪の初期に飲むのもおすすめです。 まとめ ヤロウティーは、飲用外用ともに効能のあるハーブティーです。 他のハーブとブレンドするのもおすすめですよ。 ヤロウティーを日々のドリンクに加えて、身体の内側外側双方のケアに活用してくださいね。

次の

セイヨウノコギリソウ

ヤロウ

この記事のもくじ• ヤロウはキク科の多年草で、別名ミリフォリア、アキレアと呼ばれています。 ヤロウはさまざまな効果があることから、昔から薬用として使われてきたハーブです。 発汗作用があるので風邪の時にハーブティーとして飲むのもおすすめです。 そんなヤロウの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。 ヤロウの特徴について ヤロウはヨーロッパ原産の植物で、草丈は大きくなると1mぐらいまで成長します。 葉はぎざぎざした形をしていることから、和名ではセイヨウノコギリソウという名前がつけられています。 花は上に向かって細く伸びた茎の先に、たくさんの小花が密集して咲きます。 丈夫な植物なので初心者の方でも育てやすいハーブです。 ヤロウの育て方スケジュール ヤロウは春と秋が種まきの時期になります。 夏の暑い時期に花を咲かせ、花を収穫したい時は早めに摘み取ります。 葉の収穫は暖かい時期であれば、いつでも収穫できます。 種まき 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 植え付け 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 開花 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 葉の収穫 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ヤロウがよく育つ土の性質 ヤロウは水はけの良い土を好みます。 地植えの場合 腐葉土を混ぜて通気性をよくしてください。 鉢植えの場合 自分で土を作る場合は、赤玉土7:腐葉土3の基本的な配合の培養土を作りましょう。 草花用の市販の土でも構いません。 ヤロウに必要な肥料 ヤロウは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。 肥料はあまり必要としない植物なので、追肥は必要ありません。 ヤロウの基本的な育て方 ヤロウの発芽温度 15度〜20度 ヤロウの種まき タネが細かいので育苗箱やピート板に種をまくと育てやすいです。 種まきをしたら薄く土をかぶせ、霧吹きか底面吸水で水やりをしながら管理すると発芽します。 間引きをして丈夫なものを残し、本葉が5〜6枚になったら定植します。 苗の植え付け、間隔 生育が良く、地下茎で増える植物なので地植えの場合は50cmほど間隔をあけておきましょう。 鉢植えの場合も1つの鉢に1株だけ植えてスペースに余裕をもたせます。 水やりの頻度 高温多湿を嫌う植物なので、水のやりすぎに注意しましょう。 地植えの場合は雨がふるので水やりは必要ありません。 鉢植えの場合は、朝に土の表面をさわって乾いている時だけ水やりをしてください。 花がら摘み 夏に花が咲き終わったら、花茎の根元の部分から切り取ります。 花がら摘みをしておくと、秋にまた花が咲くことがあります。 剪定・切り戻し 夏の高温多湿には弱いので、暑い時期は込み入った部分を切って風通しをよくしておきましょう。 梅雨時期に株全体を軽く切り戻して、蒸れを防ぐのもおすすめです。 冬の管理 寒くなると地上部が枯れてくるので、茎全体を短く切り取っておきます。 ただし根は生きているので、水切れしない程度に控えめに水やりをして育てましょう。 寒さには強いので、極端に寒い地域でなければ防寒の必要もありません。 ヤロウを育てるのに適した場所 ヤロウは日当たりと風通しの良い場所で育ててください。 夏は半日陰の場所で日光を少し制限したほうが夏越ししやすいです。 ヤロウの増やし方 生育が旺盛な植物ですが、何年も育てていると次第に株が弱ってくるので、3〜4年に1度は株を更新して育てなおす必要があります。 株の更新は、春か秋に株分けか挿し木でできます。 株分け 掘り起こしたら1株に芽がいくつか残るようにして、ナイフやハサミで切り分けてから植え直します。 挿し木 新しく伸びた枝を10cmほどの長さに切って、下のほうの葉を落とします。 湿らせた赤玉土など清潔な土にさして、乾燥しないように管理すると根が出てきます。 根がよく育ったら、定植して育ててください。 ヤロウの収穫 花を収穫する時は、開花したら早めに茎の部分から摘み取って収穫します。 葉を収穫したい時は、花が咲いてしまうと葉が硬くなるので花はつぼみの段階で切り取ったほうが良いです。 まだ若くやわらかい葉であれば、生のままでもサラダとして食べられます。 ヤロウは初心者におすすめの薬用のハーブ ヤロウは生育が良いので、水はけと日当たりのよい環境で育てればぐんぐん大きくなる育てやすい植物です。 葉には少し辛味のあるピリッとした風味がありますよ。 数年おきに株の更新が必要ですが、薬用にも使えるハーブですし、すっきりと立つように育つ草姿も綺麗なのでぜひヤロウを育ててみてはいかがでしょうか。

次の